俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やらない夫は約束を守るようです 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 第四話

524 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:00:06 TWaaKKqo
二217.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――
  一方―――
――――――――



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                        /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                       l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、          (どこだ!
                           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',          一体どこに!?)
                          ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                      `ヽ.:.::::::::::::丶
                                          ∨.:::::::::::ハ
                                         ∨/.:::::::::::}
                                              V.::::::::::::::ヽ
                                          〈.:::::::::::::::::::}
                                             Y.::::::::::::::入
                                          ` ー=≦∨〉
                                            }主}`ヽ/
                                             j主j_ ,ノ|
                                               /ー‐ヘ.ノ
                                           {ー‐彡'
                  /  ̄ ̄ ̄ / .__
                  /_/ ̄/  /// 7      /  ̄ ̄ ̄ / .__        /  ̄ ̄ ̄ / .__
                    匚  ./i/i/      /_/ ̄/  /// 7       /_/ ̄/  /// 7
                     / ./             匚  ./i/i/          匚  ./i/i/
                    / ./              / ./              / ./
                                    / ./              / ./
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  館を飛び出したエルは、何事かと庭園を覗き込んでいた町民に赤い外套の男の行く手を尋ね、
  町の出口へ続く街路を全力で駆けていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
525 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:01:07 TWaaKKqo
二218.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  抜き身の剣を構えた男が必死の形相で駆け抜けていく様子はもちろん、
  街路を行き交う人々の注目を集めないわけがなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



       |\         /ヽ
       |  \       /   |
       i    \___/    |
       ヽ,.           |    「うわっ、なんだなんだ?
       /   _ヽ,,  ノ_   |     剣持ったのが、どえらい勢いで走っていったぞ」
       i              |
        ヽ    ノ ̄|      /
        >   ´  ̄ `    <



                                            | _\ _    _/ _.|
                                            | |  >  ̄ ̄ ̄ <  ||
                                            | レ´          \ 」|
                                            ∨●      ―‐    ∨
                                             |    ト―┐    u }
                   「なんかあったのかねぇ………」       、   ヽ_ノ      /
                                              >-      ―'''‐- 、
                                            ∠_              |
                                               <⌒>'' ̄⌒7   /
                                                ̄ _ ―''⌒   /|
                                              ― ̄  ̄''''―‐一' |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  町中においては基本的に、緊急時以外の抜刀は重罪となる。

  しかし、ここ最近領主の館に忍び込もうとしていた連中の噂が出回っていた事もあり、
  彼らも何かが起こった事を予感して顔を見合わせるだけで
  衛兵への通報などは考えていないようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
526 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:02:07 TWaaKKqo
二219.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無論エルとて、抜き身を構えたまま真っ昼間の往来を駆け抜けることが
  どれ程注目を浴びるかぐらいは知っている。

  奇異の目を向けられやすく、迫害を受けやすいハーフ・エルフである事も関係して
  注目を浴びる事を嫌う彼のはずなのに、       ・ ・ ・
  今だけは気にしない様子で両目を極限まで見開き、ある者の姿を必死に捜していた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                           ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                            |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                            /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                              { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                  |:: ハ  `      u       }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
   「ハアッ!ハアッ!ハアッ!」              |/l:ハ   、 __   u    ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                  ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                     |ハ u           , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
   (くそっ!                            リ ヽ   u   ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
    いつも後手に回ってしまう!)          __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                           ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                      ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                          l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                        | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                      、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶に言った言葉は嘘だった。
  追うために館を飛び出したのも、今捜しているのもキル夫ではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――

527 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:03:06 TWaaKKqo
二220.
――――――――――――――
  エルにしか分からない予感。

  否―――
――――――――――――――



                                     ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                               .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                               .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
    (私の父や母を殺しただけでなく               ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
     コナタの村を滅ぼし、                     li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
     他にも数え切れない大勢を弄び、虐げ、            ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
     それでもお前は!                         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                           ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
     まだ飽き足らないと言うのか!)                      ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                               l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                             ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                       ヽ ヽソ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それは四十年もの間、片時も絶えることのなかった暗く激しい憎しみを心の奥底に宿し、
  幾つもの国を彷徨って凶状の足跡を目の当たりにし、
  多くの犠牲の悲しみや涙を知り、
  狡猾にも決して存在や真名をおおっぴらにせず、偽名や変身の魔法などを駆使して
  裏から支配するようなやり口を追い続けてきたからこそ気づける確信。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
528 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:04:06 TWaaKKqo
二221.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それなりに時間が掛かるであろう催眠や薬の類ではない、
  即効性のある禁呪の洗脳は奴がこれまでにも何度か使った手だ。

  そしてそれが出来る者は、この大陸全部でも決して多くないはずである。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         |\     /\     / |   //  /
                                       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                       \                     /
          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\       ∠    ―――ライト!       >
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.      /_                 _ \
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、       //   |/     \/     \|
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だからキル夫の精神の精霊が、かつて見た母と同じ状況だと知った時、
  エルはこの事件の裏に立つ者が、自分が追い続けている男だと確信を得たのだ―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
529 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:05:06 TWaaKKqo
二222.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまで何度か触れられた通り、エル=ローライトはハーフ・エルフである。

  人間の父は大陸南西にあるフォーヴル公国でも高名な幻獣学者で、
  特に竜に関しては大陸随一と太鼓判を捺される程の人物だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /      「エル、知っているか!?
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'       元々ドラゴンは雑食だが、平常時なら何も食べなくても
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l          光や大気中のマナなどを取り込み
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ          栄養に変換することで、生命活動を維持出来るんだぞ!
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!      凄いよな!格好良いよな!ドラゴン!美味しいらしいし!最高だよな!」
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |        ┌─────────────┐
    |     _|_\       /| ./      |.         │ セト=ローライト(人間)     │
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;       │ 魔導師兼学者          .│
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/.      └─────────────┘
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/
530 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:06:06 TWaaKKqo
二223.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルからすれば四六時中幻獣の話を繰り返す父親は少し鬱陶しいが、
  研究への熱心さは尊敬できると思っていたし―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                               _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                              _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                            ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                               ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
  「何度目ですかその話。              〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
   父さんは本当に                  ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
   ドラゴン好きですねぇ………」            i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                  l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                          .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
┌───────────────┐         " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
│エル                  ....│            '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
│当時 四十五歳           ....│ .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
│(人間年齢換算で十一歳程度)  ....│               !'i   j       ~ヽ
└───────────────┘               リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                        / _冫'''~            ',
                                      / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                     l!~    /         ヽ. !
531 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:07:06 TWaaKKqo
二224.



  //;;;::  ::;/.:::::::::.      ヾ:::...  \
/::/;::,〟 /.:;:: .,;:.;;::.       ;.、.丶.ヾ\
__,,;:/⌒勹 /ソ:i::::.;:. ..    :. :.、 ':.. :,, :::〉
../ /二 '゙  ノ i  i;:  :.;:.. 、   ::;、..::.. ..:::/
. |  .|  |  匕 ::i /| ; :, ヾ::.、. .;゙,,i,.:;::、:ソ     ,. へ
. i . | ./  i ノ::广 ノ;. ';..ヾ.゙:::.:,;..丶i;;;;:Λi   ./ ,...、 .\
.:ノ  ∨ .ノ/|:/ /:: :: ::. :.....,_.,.:::.,..:::i/ i .i丶.,∠   ゞ'ソ.. 丶     「ハハハ、すまんすまん。
:.《  /  i:∧ノ ./i :::i ::::i .::,、ァ.,;'i../::i∠丿  "丶、.      i     父さん、これが仕事だからな」
:.∧ .i  .|/ || 〈\ヽ :i ::;匕`ニニ∠:;i .イ      >、    i
〈 i i  || |. 入 丶ヾ.\:i   ノ∠/i:|.l         /   :l
.∥    .'  ゙  l.  .l| ヽヽ  /./l: .l;.l        /     ..、l、l
. 八        | .:i     /i. |i:.:      ../     .(::ソ.|
.┤丶      斤.´ ̄`  ∠// i:│    /       `´:i
.::i  i      i .A   /∠ i: .:i人\   ./         :/
.::∥:|\.   ._,ル' 冫- ´.:   i. .:Y \  ∨、..__     ,,.、./
  li i:::;;,.. ̄ :;. :l/;;;;;;:::::::.... ..::::`:.. \ `"'ヾ=-..、   ヾソ.
 ,丶.:;;;:..  ;:. ..:|i..::.::::... ::;;:...::..::::...:::::...`i    ,:;;''久/ ./
  |::;;;;;:::.. .,;;::...::liヽ::.:::::.. :::::: :::. .:::::....::: .Y ,,彡´    ..:i



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  没頭する余り家庭を顧みない部分があったとしても、
  ハーフ・エルフの自分をこれ以上なく愛し、気遣ってくれる人だと分かっていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
533 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:08:06 TWaaKKqo
二225.



                                       ,イ∠.-7_
                                        i::::::::::::::::::::ミー
                                      r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                     n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                   r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
 「残念ながら私は学院に入れませんので     .     {__. i レ/ 丶        ヽ
  後が継げません。                        ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
                                      〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
  父さんも、母さんも、                            ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
  弟子でも何でも取ったら良いんじゃないですか」         λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                     | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                     ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                       \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                       '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                                         \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                                           〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |



――――――――――――――――――――
  表向きは当然のように、
  内心は拗ねた子供のように言う息子に、
――――――――――――――――――――
534 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:09:06 TWaaKKqo
二226.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルフでありながら人間と結ばれ、王都の魔法学院では封印指定(※)の
  管理と研究を任される程の大魔導師だった母は諭すように言ったが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                              r―-、____r‐、___
                                                         _,..-= '" ̄: \\: : : : : :ヽヽ: : : : : :>
                                                     ,∠二.>、 : : : : : : : : : \ヽ: : : : : | |,. '"
                                                  ,.'": : : : : : \\: : : : : : : : : :| !: : :,. '`′
 「………まだ気にしているの?                          ,∠二`く : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : :| !/
  両親が魔力持ちでも、                            ,.'": : : : : \\ : : : : : : : : : : : \ヽ : : : : : |ノ
  その子に魔力が受け継がれる事は                 ,.'" : : : : : : : : : : \\ : : : : : : : : : : : ||: :/
  まず有り得ない。                         _,.'": : : : : : : : : : : : : : : : :\\ : : : : : : : : ||: /
                                 _z二二二二二二二二二二二、ヽ: :\\: : : : : : :|レ′
  それこそ古代魔法文明の王家の血筋みたいに、<<: : : : /   |  个|  |  | _\\ : \\ : : : : /ノ
  特殊な魔力を持った家系じゃないとね。       \\: /   / !   /n|  ト、千∨` //: : : / ハヘ : : /
                                  \| /   |.  Y止!、 | zr≠、 く二二/ /||: :/
  だからあなたに魔力がない事は               |/    |  |r′∨ { じか/    Y二二二)
  当たり前の事なのよ?」                    レ|     |  | `      ̄¨∠i  r‐、 イ |: : : : : \
                                       |     ヽ. |ヽ`ー     人_`フ´L二二二二)
 ┌──────────────┐               | |    |ヽ| ト--―</ /| ハ | |\   \
 │ マナ=ローライト(エルフ)    │               | |    |   |/     、とう レ′V\|  ` 、   \
 │ 大魔導師             ..│               | ト、  ト .  |!     ヽ , ―-‐       i     ` 、_____
 └──────────────┘             V  \ ヽ ヽハ  |            /    |_______/
                                           \|   ヘ ノ             |     |)\__,.ィ7 ̄ ̄ ̄ ̄L
                                               /      ノ     ',    / : : : : : // ̄ ̄ ̄   |
                                                 /     /         ヽ /_: : : : : //< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



※封印指定:禁呪など、通常は研究や使用が禁じられている理力魔法及び、
        それに関連する知識や資料類は魔法学院で厳重に管理されている
535 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:10:06 TWaaKKqo
二227.
―――――――――――――――――――――――――
  魔力を持っていない事も、ハーフ・エルフである事でも
  陰口を囁かれていると知っていたエルは
  心配はかけたくない、と結局最後まで言わなかった。
―――――――――――――――――――――――――



       /:/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /::/:::i::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::/::::i:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ./:::/:::::l:::/::::::::::::::::i::ヽ::::::::::::::::::::\::::::::::\::\::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
     |::::i::::::l:::l::i:::::::::::::::::l::人::::::::\:::::::::::\::::::::::\:ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::
     |::::ii:::::i:::::i:::::::::::::::::l:||__ヽ::::::::::ヽ:::::\ヾ:r======ヾ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::
     |::::i i::::l::::::i::::::::::::::::i「:::i ヽ:::ヾ::::\::ヽヾ|:;;;l|  :/ \:::::::::::::ヾ::::::::::::::
     |::::l i:::l::::::i:::::li:::::::::::i;::;:il /i\ヽ  \丶ミ=≡彡´  \:::::ヽ::::\:::::::
     |:::i l::i::::::i::::l:::::::::::::iミ彡´/  ヽ\  ヽ  ̄      ヾ:::::ヽ:::::::ヽ::
     i::i  l:li::::::l  l;::::::::::i   /        \        i::::i::i:::ヾ:::::::: 
      il  l i:::i  i::::::::i  く                   i::i l:l:::ヾ::::
      i   i:::l  l:::::::::ゝ  ヽ `丶              i::i i:l::::::ヽ::  「………そんなんじゃありません」
          i::l   i::::::;丶                    i:i i:l::::::l::::::
          ll   l::::i::::丶.   . ____            :::i::;:;l;;:::l::
          l  /  i::::l:::iヽ.  ゙ヽニニニ=`__       :::::::l/l::::i
         /    l:l l:::丶 .::::..---‐‐        ::::/::::::::i:l
       /      i:  i::l \           :::::/:::::::::::::::::i
     /        i  i:i   ヽ        :::::;/:::::::::::::::::::::::
   /             i    ヽ.     .:::/::::::::::::::::::::::::::::
    |                   ト、___::/\::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  身体は少年でも、心はもう十分大人になっていた彼は
  魔法学院に入る事が出来なければ、幻獣研究すら受け継ぐことが許されない現実を思い知り、
  理力魔法の代わりに精霊魔法の修得に躍起になった時期もあったが。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
536 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:11:06 TWaaKKqo
二228.
――――――――――――――――――――――――――――
  転機は強制的に訪れた。

  弟子すら取ろうとしない二人の研究を
  当代で止めたり絶やしたりするのは余りにももったいないと、
  学院の導師達が半ば無理矢理に―――
――――――――――――――――――――――――――――



. /                 '
/   .,、,
  ,r',r ,.,i
 .l l ' .ノ
  l.'-,'"~"lr,
'‐、'i '   ヽ.=':,
  ~''‐、   .'‐,'i         ,
"i,   /   ‐='‐- ;-,_, 、,  , ノ
-'  /.  ヽ、, 、.i~ ',="' " `       「今年学院に入った
   /、_ , 、 .r =,'_' "             ライト君だ。
、, ./'‐、      ./
-、''‐‐ッ     ./      , 、       一応、父さん達の弟子と言う事になる」
 ツ /'‐i    /     /.,r'-,
-'/'  ノi'‐ 、 /"‐' "i, ,ィ' / ,ィ'
./  / i  `','ゝ〇y'" / ,.r'
'  ./. i  ,ィ'i ,ィ'' ノ ,./
l  ./ l /  y' ,,,' - '、,_
l. / l./"i ./  ''  ;;- 、,,_'!、
l /  l ,ィ'      , 、、, '‐!
,@  l,ィ      ノ"  i‐/
'・l,.ィi       ,r'    "'
r'"  '-、__, , r ' "
 ::::;;;;;;,r''



                                        _____
                                   ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
                                   /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
                         .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                               /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
    「ライトです!                  ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                               i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
     ご高名なローライトご夫妻の          |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
     弟子になれるなんて光栄です!        |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                               |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
     エル君、仲良くしてくださいね!」       lハ:ハ   i         〃_才:リ
                               ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                         .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
      ┌───────────┐.           ヽ    /     . '   \
      │ライト=ヤガミ(人間)  ....│             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
      │当時十七歳         .│       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      └───────────┘      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
                              /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
                            /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
                           /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!



――――――――――――――――――――――――――
  一人の、将来有望な見習いを弟子入りさせたのである。
――――――――――――――――――――――――――
537 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:12:06 TWaaKKqo
二229.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを嫌がる権利も、邪魔する権利も半端者の自分にはないと思っていたエルは
  胸中の無念さを大きくさせながらも、
  呪縛のように取り巻いていた状況から少しは解放されると喜んだ部分が確かにあった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/    「こちらこそ、よろしくお願いします」
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ        (これで少しは、
         /\          /ヽ- '             学院の目が逸れてくれると良いのですが)
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                               ●

                               ●

                               ●
538 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:13:06 TWaaKKqo
二230.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、町に出れば有名なハーフ・エルフとして嫌な視線を浴びる事が多く、
  殆ど家から出ない生活で友人の居なかった彼にとっては―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



           __ __....、、
       /´:::::´::::::::<´
.       _i:::::::::::::::::::::、:::::::`≧ー-
    ァ7::::::::::::::::::ヽ::::\\::::ャ、
     /,':::::::::::::::::::::ヽ::\::::ヽ:ヽ`ヽ
   /i:::::i:::::::::、::、::::、:::ヽ:::ヽ:::ヾヽ            「ライト!
   ソ::::l::::::::tj‐リヾミヾ_ヾ::::::::::::::゙i             私のカステラ食べましたね!」
.   /::::::!::::::ト= ゙ ヾヒ'`i!::::::::::::ハ!
   l:il::::::::ハ.   . .  "" l!::::::::::!
、、._ リ i::::::l、  r‐┐   /:::::iヾl゙
   ̄/ リ::::lヽ. =.-'  ,/:::::l !_リ-- 、
   i 〃i!l. ヽ、... ィ::/kン于ラ r' ̄ヾY
    i ヾ'、 'ヾ  ""゙/ i!.lヾ!//ヽヽ | l      へ,、
.    i `、ヽヽ  ,  ノ.i li //  llヽ i l   //:.、>`ー-.、
    ',  ヾ、.ー-‐,ン´,i l l i  〃l iヽヽ  ヾ、:::::::r┴-=、`i
  ',   '    `二――┴リ_l―サ┴'‐‐!l--、、_ヾxし/‐--ヽ!
ii    ,r‐''''''''ー|::::|    |        ~  i   i しー-- i
ii  /       |::::|    |          i   iーレ゙  l
!!/iソ;       |::::!     |           '   | ii   ノ
./ リ/       |::::    !             | i `ー /



                                       /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                       /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                      /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                      !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                    「ああ、ごめんごめん。      i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
                     夜食につい」            ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                         ト、::! u         j |::/lj:::!リ
                                           ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                                           リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                          rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                         / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'
540 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:14:06 TWaaKKqo
二231.
――――――――――――――――――――――――
  数年も経つうちにライトは親友のような存在―――
――――――――――――――――――――――――



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!            「『ごめん』で済んだら衛兵も騎士も
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\            首切り処刑人も要らないんです!
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i            私の血糖値がこれ以上低下する前に
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i            替わりを買ってきてください!
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!           早く!今すぐ!大至急!」
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



                                         _____
                                    ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
                                    /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
                          .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                                /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                               ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
     「分かった分かった。               i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      本当にエルは                  |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      甘味の事になると厳しいなぁ」         |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
                                lハ:ハ   i         〃_才:リ
                                ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                          .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                          .           ヽ    /     . '   \
                                       i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                                 , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
                                /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
                               /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
                             /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
                            /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!
541 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:15:24 TWaaKKqo
二232.
――――――――――――――――――――
  彼が住み込みの弟子になってからは、
  兄弟みたいな存在になっていたのである。
――――――――――――――――――――



       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',     「当然です!
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、     甘味の恨みは親の仇より憎し!
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!          お茶淹れて待ってますから
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、         三つの鐘までには戻ってくださいね」
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l



::::::/:::/:::::::/:::/:/:::::::/::::::ヽ::`ヽ
::://::/::/:::/:::::/:::::::/::ヽ:::::::ヘ:::::ヽ
//::/::/:/::/:::::/:::::::/::::ヽ::\::::ヘ:::::ヘ
|/:::::/:/::/:://:::::/:|ヽ::::|:/::|ヽl::ヘ:::::l
::::/リ/:/::/://::::::ソ/ノ-、ヽ///|/::リ',|::',:l
::ノ| /::/:/:::/l:://,-‐tチ-、l:冫ヽ|/',|ヘ::',l
:::::::/,l/|/| // ./ノ   乂ノ |i リ::l://ヽ|ヽ:',         「ちょ、ちょっと短すぎないか!?
::::/i'ハ弋リ/,,  /'ヾ`ー‐' u/ノ|///|/::リ',|::',         あと十五分も無いじゃないか!」
./l' `ー‐'';;l       / 'ソ|/ ハ|ノ::::ヽ|ヘ
::トヘ     、  ,_         / ハ|/ヽ:::::ト、
ヘ|::ヾ     ヽ       u //|/ヘ ヽト
 ヘ|: ヽ    r――、    /ノ  |/ヾ|\
     \  ヾ===='    イ  /    \
       >  ゙゙゙   // /      _=-'`\
           `ー ', . //     /       ヽ
          ヘ|ヾ>'´   , -‐'´          ハ
           ,r' __=-‐',r´ ̄ ̄ ̄`ヽ     ∧
             /リ/   /        \    ∧
          / ソ /               \  ∧
542 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:16:06 TWaaKKqo
二233.



             /:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::、::::::、::ヽ、::ヽ\
         //N/l:l、:::::::::::、::ト、:::::::::::|l:::トl\〉 W\ヽ
.        ///l | l:l└ヘl\v l`¬v::|l:::V  へ Vヽ、:l
.          /イ/::レl ハ l\トト、l| トl\ V l::::∨l::_;r1::::::::ヽ
         ゚ {l|::::::l'::A`l::::::::|ヽN::::::::ヽv:::::::::://, 1::::::::::::l
         l゙|::|::::l:|{i::::::::N〃\::::l::::l|::::::::,' ' ' rヘ::::::ト。l        「え?
.          l/l::::トト∧、:l| i、 {;;)ヽ|::::'l::::::::| | | | l::::::l ゚i         お詫びに東方菓子を山盛り買ってきてくれる?
          ゚ l::::lン  lヘl| `三彡/!::::::::::::;j|| | ';:::::|          いやぁ、ありがとうございます」
.          ヽ:|ヽ、.     //ィ::::::::/ | | 、 、 Vトl\
           l'l::ハ t. 、__, ///::!::::::{ _j ヽヽヽ V` /\
.              |' lヘ ニ¨´ / 从|::l::/ / 、     ∨  ̄ \
           |  ト _ .</。 ノ/ソ ∧ ∨    〉    丶
                l、 |    |、 ヽ{/ .イ ハ  \   /     ∧
               | \|    ∧ヽ {    , }   ` /  _  ――ヘ



                                              ,. -─- .、,
                                                 ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                                               ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                                               ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                                           l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
                                           |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
      「くっ………                               ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                                            ヾヽヘu  |';二::!  入',
       全部じゃないぞ!                            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
       半分は僕が食べるからなっ!」              ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
                                     /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
                                      ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
                                   /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
                                  r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
                                  / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
                                  ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
                                  i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
                                 |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
                                 ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



                               ●

                               ●

                               ●
543 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:17:16 TWaaKKqo
二234.



                                            ,,,-''"´   __,,,,,-―,'"´
                                       ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
                                     ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
                                     /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
                                      (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
                                 ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
                                / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
                               //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                               //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
       「………そう言えばライトは、      ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈
        どうしてうちの両親なんかに       ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``
        弟子入りしたんですか?」        ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                               i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
                               ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
                               '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
                                    ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
                           ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
                         ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
                           ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ
                         _/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
                         _,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
                         ..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
                          _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
                         l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
                         ´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
                           ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \
544 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:18:20 TWaaKKqo
二235.



                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/      「おいおい、本気で言ってるのか?
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/       セト博士もマナ先生も
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/        その筋じゃ知らない人が居ないほど、高名じゃないか」
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
                 丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥



                                        /,.. .:-ニ''"__ _
                                    〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                                    (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                                   ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                   /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                 /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                   ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
     「私にはただの                   ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
     物好きに見えますがね」            _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                             ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                             ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
                          _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
                       _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
                     ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
                     ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
                       ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                         >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
                        _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
                     ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
                          〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
                          ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
                     .       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
545 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:19:07 TWaaKKqo
二236.



          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八  ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ=-メ}ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/   「特に、僕はマナ先生が羨ましい。
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´       エルフは長命だ。
     ::ll {.  \          - ― 、‐'         その分研究に没頭できるし―――」
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  弟子入りしてもう五年経つし、とのふとした呟き。
  それが唯一、漏れ出た本心だったとエルが気づくのは何十年も先の話になる。

  事実、人間との圧倒的な人数差が有りながらも
  高名な学者、研究者の中にエルフは少なくないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
546 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:20:07 TWaaKKqo
二237.



                                           ,ィ
                                         /  ,// _、-
                                     , '/ /‐'::::,、ン'/
                                  , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                   _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                               r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                              /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                             /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
    「……………。                //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                              !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
     その分、色々苦労が             /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
     あるみたいですけどね」          /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
                             /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                          _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
                       ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                      / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                      ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                      ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                      、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                    .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                    .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                       i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                    .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                        ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                        iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その時はただ、目に見えて老いていく父と今だ若く美しい母、
  そして家から一歩出れば、合いの子として蔑まれる自分の葛藤だけがエルの胸中にあった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                               ●

                               ●

                               ●
547 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:21:06 TWaaKKqo
二238.
―――――――――――――――――――――
  やがて、ライトが弟子入りして五年が過ぎる。
―――――――――――――――――――――



        , -―-、,-―- 、
       /   / i     \
     /  / // |l  i ヽ、 \
    //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、   「いやぁライト君は本当に熱心だな!
   ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ
  /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   いつか私と一緒に、この大陸のどこかにあるらしい竜の谷や、
  ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /    聖域と呼ばれる墓場を探しに行かないかね!」
   ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i//
    ヽヽ i   r===┐   |_/i/
     \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l |
       ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |
        | l ト、 ー  / || |
        ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/
        _|::::::::::||::::::::::::::::|_



                                   !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
   「いいですね。                          ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                       !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
    そうすれば竜の持つ力の秘密も                  ヾト、:!               j!/ j|:::リ
    少しは分かるかも知れません」                  ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                                          }ト.、   r ===ァ      /' !:://
                                           リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
                                       rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                      / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/
548 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:22:06 TWaaKKqo
二239.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  研究者としても、魔法使いとしても類い希なる才能を発揮した青年は
  若干二十二歳にして魔導師となり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            ∧
                                          /ヽ|
                                         ≠=、 |
                                 __    __/   ∨
                            _   /\\ ̄ ̄ \    》
                          /^\\//   \\    \  |
                        _/     \\ニニムマム    || /
                      <`ヽ        ̄    ヾ マム __  ||
                       \ >===テ===チヾ   彡ハヽ  r
                         >″   /   ≠->_ ( (、)==)     ハ
                      .  //  / \  irチテ<ノ--ゞ ソ、_ ム__ //
 「昇格試験の合格おめでとう!     |/i  /  i〈\ ii 弋_ソ/    {  ヘヾ=   /
  今日からライト君も魔導師ね!」   { |  |  ⊂⊃ヽ _⊂つ   i   ヽ、_ /
                         | /|  i 人 丶´ }///  ∧     `ー -―フ
                         | / |  i ∧个  _ ィ/ イ / ヽv-ーr┐__ ≦
                         |/ | i/  f´ ヽ 〉/ムレ ___ ムv´ }、  ヽ
                            }/  < ヽ 、 ∪r ´     >、/ ヽ`ー┘┐
                              > _ヽ/ヽ,_}  __ イ\}}_/ <ム    ヽ
                      .       /  _ _(☆} ィ´  i    ヽ、≦ヽ   |,
                             {__ ィ=ヘ ゝ_¨"iム   i、丿    ̄ ∧   |



         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈     「ありがとうございます。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ      では、約束通り、
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/       禁呪研究の許可を頂けますか?」
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′             ┌────────┐
.  /\.____     人_              │ライト       .....│
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、            │当時二十二歳    │
          \     `ヽ ヽ、  | |   \       └────────┘
          \    \ ` ┘!  \ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  唯一これまで触れる事を許されなかった、
  母親の封印指定関連の研究についても、手を出したいと希望したのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
549 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:23:06 TWaaKKqo
二240.
―――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんセトもマナも、敢えて日陰者の研究をする必要はないと
  説得を繰り返していた。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                /          \ ヽ   | | │ |
                    .            /       、    ヽ ヽ.  | | │ !
                                /  /   \   \.    ヽ 、 ,!-:!、 |  !
                             /  /      \   \   ヽ ∨ ,r、 \! |│
                    .         /  〈  、  ー- ニ≧≠!^ヽ、  '、V } ヽ. ヽ ! |
 「お薦めはしないぞ?             ` 、. \ \\  、__/│   \ '、}_ノ   /│|
                               ` 、\ \≧ィ'}  /     '、 | _/ /| | |
  研究結果は公表できないどころか、           ` 、ー‐ヘjノ '´      Ⅵ´  ,人 l.│|
  全て学院の監視、                         `ァ-、_\.        リ` ̄ \.ヽ | |
  管理下に置かれる事になるしな」               /   `丶.         j__ \ヽ.!
                                     ノ             |     ̄ ̄
                                      `丶、   __         |
                                        `〈           ,.'|
                                      \.        /|│    rf⌒
                                        | ̄\    /ー! |      {
                                        |   `ー'´ r┴l.     ゙'ー=
                                        |       |::::::|
                                        |   ____,|::::::|
                                    ______ノ  \    _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 \     ̄ ̄ ̄\  |│/7




ヘ ',:::ヘ|:::::::::l:::ヘ::ハ:::::\|:::::::::::\:::::::\:::::::::::::::::::::/:|:::::::::/:::::::
 ', \:ヘ::::::|ヽ:::ヘハヽ:::::`ヽ_::::::::::\:::::::\::::::::::::/::::|::::::/:ヘ:::::
  ',  ヽ',ヽ| ヘ\::::ヘ \:::ヘl`ヽ:::::::l\::::: l::::::: /`ヽ|:::/::::::::ヘ:
__ヽ ./ヘ .ハヘ:l \:ヘ. \ヘ  `ヽl::::::\::\::l\::::|/:::ヘ\:::
`ヽ ̄./ ハ:::',ヘ..  `ヽ.  \   `ー-l:::\::\:::\   ',|ヽl
    /.    \ ハ               l:::::::..
.   /       `ヽ              l:::::::::::...          「………ええ、分かっています。
  /         ヘ       `ヽ  _/:::::::::..  , 
. /          /'';;\                       しかし、マナ先生がそうであるように僕も、
 `''ー-=,,,_   /   ';;;;;\     ___ ___           使わずとも知っておくことで、
      '/     ';;;| .\                  /      いざと言うときの対処や別の魔法への応用が
   , r ' ´          |.   \  ` ̄ ̄´       イ;;;      出来るようになりたいのです」
  K              | .     \         /;;;;;;;;
    ∨          |       \      ,イ''''''''
.     ∨          |    ,r‐='`ー― '`ヽ
      ∨          |   /;;'ヘ . / / / /\
     ∨         |  /   ∨ ./ / /   \



―――――――――――――――――
  しかし、ライトの意志は固く―――
―――――――――――――――――
550 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:24:15 TWaaKKqo
二241.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局、根負けした両親が折れた。
  それまでのライトは品行方正で、二人にとって信頼に値する良き弟子でしかなかったのだ。

  また彼が学院の誰よりも強力な、常人とは全く異なる魔力を持っていたため、
  研究者として興味をそそられたのも一因なのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         /: : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : \
                                           /: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : \
                                       /: : : : : : : : : : : : : : : : ::::| : : :、 : : : : 〉
                                         /: : : : : : : : : : : : : ,: : : : :::}: : : : \ : /
                                      /: : : : : : :i: : : : : : :/: : : : }/: : :! : : : ∨
 「それだけの才能を持ちながら、                   ,: : : : : : : : !: : : : : /: : :' : / : : : }、: : :}: 〉
  敢えて過去の暗部に目を向けるか。             /: : :/: : : : : |: : : : /: : :/ :/: : : : /∧:/!/
                                    〈 : : {: : : : : : {: : : /: : :/: /: : : : /:,_,,, ! }
  良かろう。                              \: \ _:_ : :\/: :///ヽ: : :/:/  |/
  これまでどおりの勤勉かつ真面目な態度で臨み、       \: |r-、: : :r―'/__,,//}∧  ,
  決してその力に呑まれぬよう精進してくれよ?」          } !\.\:{       ' /  /
                                         ` ー--ヽ      -ッ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >
                                        〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>'         /
                                           〉、         /ー{      ,< _____
                                         ///\      /  i    ///////////7>、


ヘ ',:::ヘ|:::::::::l:::ヘ::ハ:::::\|:::::::::::\:::::::\:::::::::::::::::::::/:|:::::::::/:::::::
 ', \:ヘ::::::|ヽ:::ヘハヽ:::::`ヽ_::::::::::\:::::::\::::::::::::/::::|::::::/:ヘ:::::
  ',  ヽ',ヽ| ヘ\::::ヘ \:::ヘl`ヽ:::::::l\::::: l::::::: /`ヽ|:::/::::::::ヘ:
__ヽ ./ヘ .ハヘ:l \:ヘ. \ヘ  `ヽl::::::\::\::l\::::|/:::ヘ\:::
`ヽ ̄./ ハ:::',ヘ..  `ヽ.  \   `ー-l:::\::\:::\   ',|ヽl
    /.    \ ハ               l:::::::..
.   /       `ヽ              l:::::::::::...
  /         ヘ    __   `ヽ  _/:::::::::..  ,
. /          /'';;\  \________,//       「………もちろんですとも。
 `''ー-=,,,_   /   ';;;;;\   ``'ー- -――‐ ´ノ        私利私欲のために己の力を使わぬ事、
      '/     ';;;| .\  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    /      約束します」
   , r ' ´          |.   \  ー――       イ;;;
  K              | .     \         /;;;;;;;;
    ∨          |       \      ,イ''''''''
.     ∨          |    ,r‐='`ー― '`ヽ
      ∨          |   /;;'ヘ . / / / /\



―――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――ニィッと歪んだ口元の笑みは何に対してのものだったのか。
  その、約束という言葉の何と軽薄だった事か―――
―――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
551 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:25:06 TWaaKKqo
二242.
――――――――――――――――――――――――――――
  それから三年の間、ライトはそれまで以上に研究に没頭し、
  母の研究や先人達の知識を吸収して力を蓄えていった。
――――――――――――――――――――――――――――



  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i     (父さんも、母さんも、私も。
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/        学院の導師達も皆、騙されていた―――)
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /
   i '' ‐-‐ '   //, ' , '
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r
 ィ:    ,..::' ,.:':::i
  ヽ   ' ::  /  Y



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  思い出す度に後悔が止めどなくあふれ出す。
  何故あの男に潜む邪悪に気づくことが出来なかったのか。

  その中にあったのは理力魔法を人の役に立てると言う使命ではなく、
  手段を一切問わず、ただ貪欲に力のみを求める欲望でしかなかったのに。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
552 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:26:06 TWaaKKqo
二243.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――
  結局今でも元からあった狂気なのか、
  禁忌の力に触れた故に狂っていったのかは分からない。

  ただ言えるのは、突如として本性を現したライトが、
――――――――――――――――――――――――――



 ` ‐ 、!        l.  l、           /
           l  l、         /
. ヽ、        l.   l        ∠ _
.\ `ヽ.  .  |`ヽ、.!.  l.   ,、,ヘ   __ ~`` ‐ 、_
  \ ,へ|\.l    ヽ.   l / | |''"´  _,二ニ=-  >
   /  ,l  .l   |ミミ`ゝ、//! ! l,, ‐'"´   , ‐'"´
___/  .,l  ,l  l   ゙〃 ::::l. |_. L_ ,, ‐'´
_  ._/ / ,/   }:::{  ::::l__ ``‐、、ヽ>
/⌒ヽ./ ./ .∠、 _\     ::::∠-‐`` ‐、!、`\
l./゙ヽ.,| | |、 !、_ノ `i、  ::/!_ノ //./ `\ \    「………エ……エル君、
ヽゝ( ,| | |ヽー─-    、ー'''"l`/            たい……へん、だ………」
 `ヽ、| | |         /  :!/
\  | l |. #  ∈ニ'  # :i          ┌───────────────┐
.  \ !. l|. |`‐、 }:::{     /               │ムトー導師                .│
   `| l ! |`‐、.`‐.、.  /                │セトやマナの旧知の大魔導師   ...│
   _,l ! l | //`` 7`''´‐-、_             .│魔法学院長              ..│
,,. ‐'´ !|. l.|`‐-ニ=〈ヽ    i `ヽ           .└───────────────┘



                                           _____
                                          __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                         /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         「ムトー導師!?                    ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         そのお怪我は一体!」                 /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                      __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                  / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                 / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
┌───────────────┐        |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
│エル                  ....│        |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
│当時 五十三歳           ....│       /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
│(人間年齢換算で十四歳程度)  ....│      /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
└───────────────┘     /    |      \_____/レ´   //    ヘ
553 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:27:06 TWaaKKqo
二244.
―――――――――――――――――――――――
  突如その牙を剥いて多くの命を奪った事―――
―――――――――――――――――――――――



┏───────────────────────────────┓

   突然、マナ導師がセト博士を襲って………
   そこに現れたライト君が、止めようとしていた学院中の者達を………

┗───────────────────────────────┛



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                        /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                       l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、          (父さん!!
                           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',          母さん!!)
                          ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                      `ヽ.:.::::::::::::丶
                                          ∨.:::::::::::ハ
                                         ∨/.:::::::::::}
                                              V.::::::::::::::ヽ
                                          〈.:::::::::::::::::::}
                                             Y.::::::::::::::入
                                          ` ー=≦∨〉
                                            }主}`ヽ/
                                             j主j_ ,ノ|
                                               /ー‐ヘ.ノ
                                           {ー‐彡'
                  /  ̄ ̄ ̄ / .__
                  /_/ ̄/  /// 7      /  ̄ ̄ ̄ / .__        /  ̄ ̄ ̄ / .__
                    匚  ./i/i/      /_/ ̄/  /// 7       /_/ ̄/  /// 7
                     / ./             匚  ./i/i/          匚  ./i/i/
                    / ./              / ./              / ./
                                    / ./              / ./
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
554 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:28:17 TWaaKKqo
二245.
――――――――――――――――――――――――――――
  保管されていた貴重な資料や魔法の道具などを全て奪って、
  学院を焼き払った事――――
――――――――――――――――――――――――――――



  __r───‐、 「 ̄|___________「 ̄| , ───ーi__
 | |  -、, -、 |ヽ. n |              | n ,..:'|  -、, -、 | |
 | | |王| |王| |: :| u |              | u |: :| |王| |王| | |
 | | |土| |土| |: :| n | 三三三三三三三三} | n |: :| |土| |土| | |
 | | |  | |  | |: :| u┌ー─ー─ー─ー─ー─ー┐u |: :| |  | |  | | |
 | | |王| |王| |: :| n| , - 、 ,. - 、  , - 、 |n |: :| |王| |王| | |
 | | |土| |土| |: :| u| ム二ハ. ム二ハ. ム二ハ. |u |: :| |土| |土| | |
 | | |  | |  | |: :| n| |土土| |土土| |土土| |n |: :| |  | |  | | |
 | | |王| |王| |: :| u| |    | |    | |    | |u |: :| |王| |王| | |
 | | |土| |土| |: :| n| |王王| |王王| |王王| |n |: :| |土| |土| | |
 | | r=r=r=rミ.|: :| u| |土土| |土土| |土土| |u | : >=r=r=r=}.| |
 | に二二二リ: に二に二二二二) 、    )ヽ      (二二リ |
 | | |冂| |冂| |: :|>| |\_rー!___) ( (  )ヽ ; ・  ) ; ' |
 | | |l 」| |l 」| |: :(       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;
爻ー| ; : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :
ミ爻; ・ )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;
爻ミ)`、 (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;
メ ( (__ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ
ヽ_,)     _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (
   ;; ; ;,/~      _,,...-                ~~、_ ; ; ヽ_) )


 ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥ ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥
 ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘   ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘
555 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:29:06 TWaaKKqo
二246.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  全身を血に染めて、正気を失った様子の母が最後に残っていた事―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                               r―-、____r‐、___
                          _,..-= '" ̄: \\: : : : : :ヽヽ: : : : : :>
                      ,∠二.>、 : : : : : : : : : \ヽ: : : : : | |,. '"
                   ,.};;;;;;{: : : : \\: : : : : };;;;;;{: :| !: : :,. '`′
              ,∠二`く : :};;;;;;{ : : : : : : \\: : :};;;;;;{ : | !/
            ,.'": : : : : \\};;;;;;{ : : : : : : : : \ヽ : : : : : |ノ
         ,.'" : : : : : : : : : : \\ : : : : : : : : : : : ||: :/
      _,.'": : : : : : : : : : : : : : : : :\\ : : : : : : : : ||: /
  _z二二二二二二二二二二二、ヽ: :\\: : : : : : :|レ′
<<: : : : /   |  个|  |  | _\\ : \\ : : : : /ノ
  \\: /   / !   /n|  ト、千∨` //: : : / ハヘ : : /      「ギギギギ………」
   \| /   |.  Y::::;!、 | ::::::::::、 く二二/ /||: :/
     |/    |  |::::::::::::::::::::::::/    Y二二二)
     レ|     |  | `    :::::::::::i  r‐、 イ |: : : : : \
        |     ヽ. |ヽ`ー };;;;;;{ 人_`フ´L二二二二)
        | |    |ヽ| ト--};;;;;;{</ /| ハ | |\   \
        | |    |   |/     、とう レ′V\|  ` 、};;;;;;{\
        | ト、  ト .  |!     ヽ , ―-‐       i};;;;;;{ ` 、_____
      V  \ ヽ ヽハ  |            / #  |_______/
            \|   ヘ ノ };;;;;;{         |     |)\__,.ィ7 ̄ ̄ ̄ ̄L
                / };;;;;;{ ノ  #  ',    / : : : : : // ̄ ̄ ̄   |
                  /  };;;;;;{ /         ヽ /_: : : : : //< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



        , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
      _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
     _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
   ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
      ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
     〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
     ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
       i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',     「母さん!」
         l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
 .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
         " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
            '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
 .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
               !'i   j       ~ヽ
               リ 、 /  ―ー '''"""f,
               / _冫'''~            ',
             / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
            l!~    /         ヽ. !
556 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:30:06 TWaaKKqo
二247.



          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|     「ハハハハ、
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!      随分遅かったな。
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ      だが、もう終わる所だよ」
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\



――――――――――――――――――――――
  善人の仮面を脱ぎ捨てたライトも居て―――
――――――――――――――――――――――



     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!     「やめるんです、ライト!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|         気でも狂ったんですか!」
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、
557 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:31:06 TWaaKKqo
二248.



                             「僕は元から正気さ。
                              ………ずっとお前のツラにはむかついてたんだ。
                ,...:::‐‐‐‐‐::..       最後ぐらい、絶望に歪んだ表情を見せてくれよ?
              /::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    ―――インサイド・コロード」
               〃:::::::::::::::::::/:::::::::7::::::::::::ヘ
                7:::::::::::/i:::::/:::/:::/i:::::::::::::::::',
                i:::::::::::/::|::/|::/|:≠:i:::::::::i:::::::|                       y-_   __
               ',:::::::i' ィュ/ i//´¨` i:::/::i',:::::i                     /7 i .i .|  7 i
            i:::::::i   、 ,     〃i:/ .i::::i                          / .j 7 i i  .i .|
            ヾ:::ヘ  _ _,     ノ:'::::i                    / i/ 7 .i  ノ ノ
             リヽ:',       /::i/::i:|                    /,, ,   i‐'´〃
               ヾ:、    イ::::::, --,リ  __              r'i      _,y'
                  丁 , -'/  / ̄  / ̄`'-、           /i',    ,-'"
                /-,   /  _ノ     ./      ヽ        /  ヘヘ---'≠
               /:::::::オ, ≠/ /    ./    -=、ヘ_      /    ヽ-'" /
                  //:::/  7  >,.i    ./     /    ̄7√        /
                 〃 j::i   7   .7 .',   ',   , i   i:   :i /        /
              /.7/:::i   i   ./ i .',   ',  i:: ;:  i:    ',      /
            フ .7/:::::|  i   / i   ',   ',  i:::ヘ  i::.....  :.    /
           / .7:::::::::i  i  7  i   、   ', ::::::::::::::...:::::::::,-、::::::.../
          i  .7i::::::::::i  i  .7  .ヘ,   ',  =- y‐‐-、_, , -‐'"



――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ自分を苦しませる為だけに、
  魔界の蟲を対象の体内に召喚して内側から食い破らせる邪悪な禁呪を
  母に使った事は、覚えている。
――――――――――――――――――――――――――――――――
558 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:31:36 TWaaKKqo
二249.



    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,           ,r''''、、'"´:.:.:.ヾ´''=                  ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,     ,r'_   ヽ:.:.:.:.:. :./:.:.:.:ノ゙ヽ,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,/ ゙ー'":.:.:.:!l:.:_,,.ノ__r-'、 ノ    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;; /_:. .. :.:.ヾ_, -''´         ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;;;'''''' ,:':.:.:. `ヽ:./   ゚           '';;'  __ ___   ._
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''   /_:.:.: .:.:.:.:, '         _ --‐‐ ̄i  | |  | .   !  |
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''     /:.:.`丶、:, '            |    ,.   ハ_| L.-┘_,,| └ヵ .   _
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''        /:.:.:.:.:. .:.:/           レ-‐''"/   <    i-‐¨ ,.  ┌┘┌┘└‐┐
                    !-===、i               / ∧  ゝ.   └'二フ /l.  |    フノ|. | ̄
                     |:.:.:.:.:. .:.:|      _,,./.. ---==∠ - ' `´       レ'  L_」    ´ L.l
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'   ノ-‐==、!   ,ィ´.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.`゙''r‐- 、    ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  !:l!:.:.:.:._ヽ,,,......__!_:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:`丶、....__  ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:ヽヽ,.フ´      、`゙''丶、:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ヽ- 、 ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .:.:.:.:.', ';/ '''''ー-- 、  ヽ、  `゙丶、ノ:.:.:.:.:.:.:ヽ 丶''';;;;,,,,,,  ''';;,
                  ',:.:.:.:.:.:.:.:_,,,,,__:.:.:./ /7"´/7``゙''7ー- 、_`   /ヽ`ヽ:.:.:.:.:/:ヽ-'´
            _,,,........._   ヽ、r'Y´:,、-==ニ!'´/´ ̄`゙'''7''ー-- 、,,,,ニ''ー、'  `゙ ヽ:.:':.:.:.:.!
          /:.:.:.`ヽ:.:`丶、 /::/、//:.:.:.. :.:ヽ:l|:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.`゙゙'''''r- 、.../'__:.:.:/
         ''´`ヽ:.:.:_,,'_:.,ィ.:.ノ/::/ /:/、:.:.:,r==ヽ- ....__:!__:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.`゙i、-'"
         ::::} ノ'´  //、'/::/:/:/  ヽ:.:.:.:.:.:. :.:\   `゙'''ーァ-'-,、,,,_:.:./:.:.:.:.:.:.:!:)
         ='‐'´ _,..-':::'"´{:/://'、   ヽ:.:.:.:.:.,.---ヽ   ''"´,. ‐'"  、  `゙''ーr--'-'
559 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:32:06 TWaaKKqo
二250.



                               r―-、____r‐、___
                          _,..-= '" ̄: \\: : : : : :ヽヽ: : : : : :>
                      ,∠二.>、 : : : : : : : : : \ヽ: : : : : | |,. '"
                   ,.'": : : : : : \\: : : : : : : : : :| !: : :,. '`′
              ,∠二`く : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : :| !/
            ,.'": : : : : \\ : : : : : : : : : : : \ヽ : : : : : |ノ
         ,.'" : : : : : : : : : : \\ : : : : : : : : : : : ||: :/
      _,.'": : : : : : : : : : : : : : : : :\\ : : : : : : : : ||: /
  _z二二二二二二二二二二二、ヽ: :\\: : : : : : :|レ′
<<: : : : /   |  个|  |  | _\\ : \\ : : : : /ノ
  \\: /   / !   /n|  ト、千∨` //: : : / ハヘ : : /      「ギ………?」
   \| /   |.  Y::::;!、 | ::::::::::、 く二二/ /||: :/
     |/    |  |::::::::::::::::::::::::/    Y二二二)
     レ|     |  | `    :::::::::::i  r‐、 イ |: : : : : \
        |     ヽ. |ヽ`ー     人_`フ´L二二二二)
        | |    |ヽ| ト--―</ /| ハ | |\   \
        | |    |   |/     、とう レ′V\|  ` 、   \
        | ト、  ト .  |!     ヽ , ―-‐       i     ` 、_____
      V  \ ヽ ヽハ  |            /    |_______/
            \|   ヘ ノ             |     |)\__,.ィ7 ̄ ̄ ̄ ̄L
                /      ノ     ',    / : : : : : // ̄ ̄ ̄   |
                  /     /         ヽ /_: : : : : //< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



――――――――――――――――――――――――――――――
  そこからの記憶は、余りの凄惨さ故か途切れ途切れになっていた。
――――――――――――――――――――――――――――――



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\         |\     /\     / |   //  /
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i       \                     /
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i       ∠   母さん!しっかり―――   >
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!       /_                 _ \
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !        ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_         //   |/     \/     \|
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i
560 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:32:42 TWaaKKqo
二251.



ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ



――――――――――――――――――――――
  残っている映像は赤と灰色を交互に繰り返し、
――――――――――――――――――――――
561 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:33:06 TWaaKKqo
二252.



                /:i  /:/ /:!
             /:/ /::/ ./::/
        -=ニ二´:::::二,:::r''7::/
           _/:/,,,...!:/..//
        ‐=ニ.._::::r--―''7/          ゚
              !::|   _,. -、        o
              |::!   ニ7:ノ_
            ゙´   ゙''''''''''''''''"     __,,,.....,,,,_
         , ------―--、 ,r'''''、、'"´:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.',`゙''''ヾ´''=
          ̄ ̄ ̄ ̄/::/{:{__ノノ ヽ:.:.:.:.:. |!:.:.:.:.:.:ノ:.:..:.:./:.:.:.:ノ゙ヽ
             /// ゙ー'":.:.:.:!l:.:_,,.ノ-―‐'-r 、ノ__r-'、 ノ
            ///_:. .. :.:.ヾ_, -''´
          /'" ,:':.:.:. `ヽ:./   ゚



                                 ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从
                                <                       >
                               <  う、うわああああっ!!?       >
                               <  か、母さん!かあさぁぁぁん!!!! >
                                <                       >
                                  Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒Y



―――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、自分が幾度となく悲鳴を上げた事ぐらいしか覚えていない。
―――――――――――――――――――――――――――――
562 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:34:06 TWaaKKqo
二253.



                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l     「ああ―――実に良い反応だ。
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i      その声が聞きたかった。
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i     その顔が見たかった」
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i
564 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:35:12 TWaaKKqo
二254.
―――――――――――――――――――――――
  そしてライトは悠々と姿を消した。
  その場の全てを、茫然自失のエルに押しつけて。
―――――――――――――――――――――――



                     __
                 ,:<::::::::::>、
                /:::::::::::::::::::::::::::\
.               7:::::::::::、ー,:::::::, ---- 、
.               |:::::::::::::ヽ、 ./:::::::::::::\:\
                 i::::::ヽハ`   i:::::::::::::::::::ヘ::::ヘ
               ',:::ヽ:::、 , |ヽ:::::::::::::::::::::::',:::::',
                ヾ:::::::リ ̄',::::::::::::::::::::::::i::::::',
                         i:',:::::::::::::::::::i::i::::::::',         「―――後始末は任せたよ。
                         i∧::::::::::::::::|:::',::::::::',         では、さようなら」
                     7:::i::::::::::::::::!::::::::::::::::ヽ
                       i:::::!::::::::::::::::|::::::::::::::::i:::',
                     i:::::i:::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::',
                     7:::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::|:::;;;;',
                    7:::7:::::::::::::::/::::::::::::::::::::|:::::::::i
                     /:::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::i::::::::::i
                       フ:/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::!
                   /:/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|
                    ∠/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::j
.                  /::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::',
                7::::',;;;::::::::::7::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::|
               ..7:::/ `¨´i~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::i
                /i::i'      .',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i---i"
.             /::::::::i /', ,    .',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ',
          /::::::::::::::iノ | .i~i i iヘ.i::::::::::::::::::::::::::::::/ r'- 、 ',
         /:::::::::::::::::::::::::| .i::| i |::i.i:::::::::::::::::::::::::::::iノ   ', -, i
        /::::::::::::::::::::::::::::::::',_i::', /:::~:::::::::::::::::::::::::::|    .ヘ ノ7
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::!
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ',:::::::::::::::::::::::::::::::|
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::/      ',:::::::::::::::::::::::::::::i
    /::::::::::::::::::::::::::::/        ヘ:::::::::::::::::::::::::::\
.   /::::::::::::::::::::::::::::/           ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\
  〈::::::::::::::::::::::::::::<              \::::::::::::::::::::::::::::\
   ヘ::::::::::::::::::::::::::::',              \::::::::::::::::::::::::::::\
565 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:36:06 TWaaKKqo
二255.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  学院の魔導師が妖術師に堕ち、あろう事か導師達を皆殺しにした後、
  資料類を全て奪って逃げた大事件はもちろん国主の耳にも入り―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ           ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!          <                   >
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\        <   待て!ライト、待てぇぇぇ!   >
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ       <    父さんと母さんを返せ!     >
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i         <                    >
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i           Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i
566 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:37:06 TWaaKKqo
二256.
―――――――――――――――――――――――――
  セト、マナの両名は妖術師を育てた罪として財産没収、
  学院からは除名扱いとなる。
―――――――――――――――――――――――――



                     |\     /\     / |   //  /
                   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                   \                     /
                   ∠  返せええええええっ!!!   >
                   /_                 _ \
                    ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                     //   |/     \/     \|

  __r───‐、 「 ̄|___________「 ̄| , ───ーi__
 | |  -、, -、 |ヽ. n |              | n ,..:'|  -、, -、 | |
 | | |王| |王| |: :| u |              | u |: :| |王| |王| | |
 | | |土| |土| |: :| n | 三三三三三三三三} | n |: :| |土| |土| | |
 | | |  | |  | |: :| u┌ー─ー─ー─ー─ー─ー┐u |: :| |  | |  | | |
 | | |王| |王| |: :| n| , - 、 ,. - 、  , - 、 |n |: :| |王| |王| | |
 | | |土| |土| |: :| u| ム二ハ. ム二ハ. ム二ハ. |u |: :| |土| |土| | |
 | | |  | |  | |: :| n| |土土| |土土| |土土| |n |: :| |  | |  | | |
 | | |王| |王| |: :| u| |    | |    | |    | |u |: :| |王| |王| | |
 | | |土| |土| |: :| n| |王王| |王王| |王王| |n |: :| |土| |土| | |
 | | r=r=r=rミ.|: :| u| |土土| |土土| |土土| |u | : >=r=r=r=}.| |
 | に二二二リ: に二に二二二二) 、    )ヽ      (二二リ |
 | | |冂| |冂| |: :|>| |\_rー!___) ( (  )ヽ ; ・  ) ; ' |
 | | |l 」| |l 」| |: :(       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;
爻ー| ; : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :
ミ爻; ・ )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;
爻ミ)`、 (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;
メ ( (__ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ
ヽ_,)     _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (
   ;; ; ;,/~      _,,...-                ~~、_ ; ; ヽ_) )


 ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥ ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥
 ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘   ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  残されたエルは国外追放とされ、着の身着のままで町を追い出される事となった。
  あまり認めたくはないが、やはりハーフ・エルフである事も悪い方向に働いたのだろうと思う。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
567 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:38:06 TWaaKKqo
二257.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それからは復讐鬼の旅路だった。
  ただ毎日をライトへの憎しみに満たし、
  見つけたらどのように殺すかだけを考える日々が何十年も続いた。

  もちろん、ハーフ・エルフ故の要らぬ迫害を受けた事も多く、
  なるべく目立たないように、なるべく人と関わらないようにするのが彼のやり方になった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                         |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                         /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                           { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                             ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                               |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                               |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
   「ライト=ヤガミ―――」            ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                  |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                 リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                            __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                        ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                   ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                       l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                     | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                   、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何年か、十何年かに一度は足跡を見つける事が出来たが、
  全て事後で犠牲者達の悲しみと、無慈悲なやり口に憎しみを募らせるばかり。
  奴の本性に気づけず、野に放ってしまった責任や罪悪感に胸が痛むばかり。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
568 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:39:06 TWaaKKqo
二258.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その罪悪感からか、犠牲者の一人で保護者を失ったコナタを引き取ったのが十年前。
  実際には一人往く復讐の旅路に心が疲れ果て、同じ傷を背負った仲間が欲しかっただけかも知れない。

  しかし、心を壊して人らしい反応を殆ど見せない彼女の存在は少しずつではあるが、
  エルの中の父性みたいなものを目覚めさせたのも確かで―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


┏──────────────────────────────────────────────┓


                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     「今日からあなたの
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.      保護者代わりになりましたエルです。
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ   よろしく」
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /


          /.:/    `ヽ
            l.:/       |
          !{   _ _ _      _
          , .-:'':":´: : : : : : `:`: :.':´:.ヽ. __
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヾ.: :`:丶、
     ,  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : :i:::.ヽ``丶:.、
     ,'           . . . . /: : ::i::. : i:::::::`、   ``
      i. . . . . . . : : : : : : : : : : : :./: : : ::!:: :.i !:::::::::゙:.
      !: : : : : : : : : : : : : : : : : :./; : : .::i:::: ,|:.|::i、:::::::i
      !: : : : : : : : : : : : : : : : :.//: : : :/::::/:|:|:::!`、:::::!
     i: : : : : : : |: : : : : : : : :/イ : : :.イ::::/i::l;!::j  ヾ::!
.     l: :: : : : : :|: : : : : : : :/'┤: :./ !:;イ:ハ:リ::l   `:!
      !:.:: : : : : :j: : : : : : :/'{. !: ; ':.!j/ |/ !:/       「……………」
      l ::: : : : : :j: : : : : : :.:: |7イ: : |  ,!  !'
.     l:.::: : : : : :.|: : : : : : .:: |'_!|: : :|‐'′
     j: ::: : : : : :.!: : : : : : ::: !/7 ヾ:|
      i: :::: : : : : :|: : : : : : ::::.|/ /´`:!
     ,!:.::::: : : :.|: l: : : : : : :::::l' /  `、
     !.:::::::: : : l: :!: : : :.: : :::::l /    i
    j ::::::::: : :.i.:.l.: : : :.: .:::::::l l    |



┗──────────────────────────────────────────────┛


―――――――――――――――――――――――――――――
  それ以降、ライトの足取りは全く掴めそうになかったし、
  そもそも人間である奴はもう六十歳を越える老人になるはず。
―――――――――――――――――――――――――――――
571 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:40:06 TWaaKKqo
二259.
―――――――――――――――――――――――――――
  放っておいても老衰で死ぬだろうし、
  あるいはすでに死んでいるのかも知れない。

  ふとした切っ掛けで人間性を得つつあるコナタを見て、
  先日までは別の生き方もあるのかも知れないなどと思った。
―――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     「絶対に許さない。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/        許せる訳がない―――」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――
  だが。
  こうして奴の気配を感じ取ってしまった今、
  その考えは完全に消え去っている。
――――――――――――――――――――
572 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:41:06 TWaaKKqo
二260.
―――――――――――――――――――――――――――
  たとえ奴が寿命で死んでいたとしても、
  確実に死んでいる事を確認するまで心は決して安まらない。
  その墓を暴いて死体を切り刻んでやらねば気が済まない。
―――――――――――――――――――――――――――



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                        /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                       l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、          (地の果てまでも追いかけて、
                           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',          必ず報いを受けさせてやる!)
                          ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                      `ヽ.:.::::::::::::丶
                                          ∨.:::::::::::ハ
                                         ∨/.:::::::::::}
                                              V.::::::::::::::ヽ
                                          〈.:::::::::::::::::::}
                                             Y.::::::::::::::入
                                          ` ー=≦∨〉
                                            }主}`ヽ/
                                             j主j_ ,ノ|
                                               /ー‐ヘ.ノ
                                           {ー‐彡'
                  /  ̄ ̄ ̄ / .__
                  /_/ ̄/  /// 7      /  ̄ ̄ ̄ / .__        /  ̄ ̄ ̄ / .__
                    匚  ./i/i/      /_/ ̄/  /// 7       /_/ ̄/  /// 7
                     / ./             匚  ./i/i/          匚  ./i/i/
                    / ./              / ./              / ./
                                    / ./              / ./
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――完全に手が届かないならば忘れる事が出来たかも知れない憎しみは
  なまじっか足取りが辿れたばかりに、
  長い間彼の心を蝕み続ける事になったのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
573 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:42:06 TWaaKKqo
二261.
―――――――――――――――――――――――――
  そしてエルは、赤い外套の背中を見つけ出していた。
―――――――――――――――――――――――――



┏─────────┓

   居た!
   赤い外套!!!

┗─────────┛

         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i __     /   /     /      /
             ヽ     \        /´;;;;;;;;;;;;;;;;;\                /
                     \     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                         {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉   「~♪」    -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
____________             λ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;У               -----------
            二二二         イ;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|、           === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐       /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;\       ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
             ---‐‐‐‐‐      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   ‐‐‐‐---
                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
               /  /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
              /  /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
            /  /  /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ    〈X,,;;""ヽ  \
              /  /   /;;;;rー'ゝ;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   ヘ,, 〈_,;;ノ  \
            /  /      ̄ノヾ;;;;,> /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに、その手に錫杖は握られていない。
  目的を果たして解放されたのか、ゆっくりと歩く相手の後方から駆け寄ると、
――――――――――――――――――――――――――――――――――
574 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:43:06 TWaaKKqo
二262.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
                                スネア
  石畳の街路の脇、街路樹の根元に居るノームに転倒の命令を飛ばした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                               ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                         .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                         .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                               ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
            <土の精霊よ!           li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
             奴の足を絡み取れ!>        ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                                  ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                     ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                       ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                         l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                       ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                 ヽ ヽソ
575 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:44:06 TWaaKKqo
二263.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  ぼんやりと空を眺めていた土の精霊は突然の命令に飛び跳ねると、
  むき出しの地面から土の触手を延ばし―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



                             i⌒j、ィ⌒j
                          ,. ‐-ゝ,J'ー'`li'
                         」、_)´ ||,r´ ̄lj⌒j
                        r'´、_ノヾ lj    人 ,)
                         { 、jヽ、‐-u-─イ  lnj
                        lj   {,nl  rJ   ~
                      , ',ニ __7 lj {j ,l L==、丶
                     ( ( (  'ー'-‐'^ーー‐` ) ) )
                       ヽ、ヽニ二二_二二ニ‐' ノ
                   ,,,,、                              r‐ー',!
            .t'''''|  ___. | .| 冂                          r‐ー1  l゙  .l゙
             | ‘,,,_ ,! .| .|.| .|         _,,,,---,              ,l゙  ,i´ l゙  l゙
            .} |^  .| | "'""'"     .,,,-‐''″._、 〕    ,,、 .r‐┐  │ ,"  l゙ │
            .ノ,,ノ   | |      ...,,,-‐'゙` _,,―''゙,i´ / ._,,-,'l″,!,/ /   |  ,l゙  .|,,,,,ノ
                .| ,!      〔 ._,,-‐,ニ-ッ 丿 ./ `゙l、.゙l゙l-'ナ /   .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
                ,/ 丿      ."″ /  ,i´‘''''''"  .゙‐'` 丿 丿   r'"^゙l  ヽ-'゜
              .,,/ .,/            │ .l゙         `冖'"    ヽ-'゜
              .゙l/          丿 .l゙
                          .,__,,i´



――――――――――――――――――――――――――――――――
  狙い通り右足を捕まれた外套の男が、もんどり打って地面に倒れ込む。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                             _/\/\/\/|_
                             \          /
                             <  うわっ!?  >
         , -─‐──‐-、            /          \
          /        ゚    \            ̄|/\/\/\/ ̄
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

    ドサッ!
577 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:45:20 TWaaKKqo
二264.
―――――――――――――――――――――――――――――
  そのまま走り寄り、レイピアの切っ先を喉もとに突きつける。

  もちろんキル夫との近接戦力差は承知の上で、
  少しでも抵抗する素振りを見せるのなら即座に貫くつもりだった。
  ―――たとえキル夫が、妖術師の犠牲者だとしてもだ。
―――――――――――――――――――――――――――――



                               , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                             _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                            _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                          ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                             ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                            〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                            ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
                              i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
      「あいつは何処だ!」             l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                        .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                  " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                   '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                        .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                      !'i   j       ~ヽ
                                      リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                      / _冫'''~            ',
                                    / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                   l!~    /         ヽ. !
                                   ソ.    /   ン      、 ', l
                                   /    /   /          ', ', 'i
                                  /    '   /            i. ', l



――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし。
  落ちたフードの中から現れたのはまだ幼さの残る少年の顔で、
  二度目の悲鳴も、キル夫のしゃがれ声とはお世辞にも似つかない。
――――――――――――――――――――――――――――――



    ,r‐┐/)
    / ////>
  / イ └'´/
 ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ        「ヒィ!?」
../  .__...二つヽ、_(._'弋 \\
(   / o゚( > ) ( <)\`┘ ヽ\
.ヽ  .ヽ、 .  __´,_┌─‐' /   .ヽ、
  \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
  . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'
579 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:46:06 TWaaKKqo
二265.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  目を疑うように剣を突きつけたまま顔を覗き込んで、たっぷり十秒は確認した。
  その後、毒気の抜けた声が漏れて、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
                                    /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
                                   /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
                                  //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
                                 /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
                                 |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
                                 |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
              「別、人………?」        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
                                 |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
                                 / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
                                   .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                   r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
                                 /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
                                ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
                               |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / u   ___'__    \
    |       `ー'´     |         「あ、あの?
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    わ、私は何もしてない、と思いますが………」
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/ 
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /   /   /



――――――――――――――――――――
  両手を挙げた少年は冷や汗を流しながら
  何かの間違いですと繰り返し訴える。
――――――――――――――――――――
581 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:47:06 TWaaKKqo
二266.



                            /:/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            /::/:::i::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           /:::/::::i:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          ./:::/:::::l:::/::::::::::::::::i::ヽ::::::::::::::::::::\::::::::::\::\::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
                          |::::i::::::l:::l::i:::::::::::::::::l::人::::::::\:::::::::::\::::::::::\:ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::
                          |::::ii:::::i:::::i:::::::::::::::::l:||__ヽ::::::::::ヽ:::::\ヾ:r======ヾ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::
   「すみません。               |::::i i::::l::::::i::::::::::::::::i「:::i ヽ:::ヾ::::\::ヽヾ|:;;;l|  :/ \:::::::::::::ヾ::::::::::::::
    人違いでした」              |::::l i:::l::::::i:::::li:::::::::::i;::;:il /i\ヽ  \丶ミ=≡彡´  \:::::ヽ::::\:::::::
                          |:::i l::i::::::i::::l:::::::::::::iミ彡´/  ヽ\  ヽ  ̄      ヾ:::::ヽ:::::::ヽ::
                          i::i  l:li::::::l  l;::::::::::i   /        \        i::::i::i:::ヾ::::::::
   (何と愚か。                 il  l i:::i  i::::::::i  く                   i::i l:l:::ヾ::::
                           i   i:::l  l:::::::::ゝ  ヽ `丶              i::i i:l::::::ヽ::
    完全に我を見失って                    i::l   i::::::;丶                    i:i i:l::::::l::::::
    暴走していた―――)                  ll   l::::i::::丶.   . ____            :::i::;:;l;;:::l::
                                l  /  i::::l:::iヽ.  ゙ヽニニニ=`__       :::::::l/l::::i
                                    /    l:l l:::丶 .::::..---‐‐        ::::/::::::::i:l
                                  /      i:  i::l \           :::::/:::::::::::::::::i
                              /        i  i:i   ヽ        :::::;/:::::::::::::::::::::::
                              /             i    ヽ.     .:::/::::::::::::::::::::::::::::
                             |                   ト、___::/\::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  見れば背格好もかなり違うし、新品と一目で分かる外套の色も似ているだけ。

  それすらも気づけないほど怒りと憎しみで目を曇らせていた事に気づいて、
  エルはただ己の暴走を恥じ入るばかり。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
582 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:48:06 TWaaKKqo
二267.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そしてこの人違いは、ある意味幸運な人違いだった。

  彼は冷静さを取り戻す事が出来たし、相手がこの人の良い少年でなかったら、
  町中での抜刀、魔法に寄る他人への傷害で容赦なく詰め所にしょっ引かれて
  それなりに重い刑罰を食らっていた事だろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
..     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    「いえ、分かってくれたのなら良いのです。
  |        '      |    ………何かあったのですか?」
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                             /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                          /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                            /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                          ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   「本当に申し訳ありません。                       /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
    少々事件があり、赤錆色の外套を纏った                 i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
    中肉中背の二十五歳ぐらいの男を追っていました。         'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                           'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
    あなたの外套が遠目から被ってみえたので                  ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
    良く確認もせずに足止めをしてしまい………」              ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                                  リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                      ``ヽ、 //  〃         ヽ
583 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:49:06 TWaaKKqo
二268.
――――――――――――――――――――――――――
  ただ突然の狼藉を申し訳なく思い、謝罪しながらも
  視線は目的の相手を捜して街路を睨め回しており―――
――――――――――――――――――――――――――



          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \     「ああ、それで。
    /   (●)  (●)  \    大丈夫ですか、顔色が悪いですよ?」
     |       ´      |
    \      ⌒     /
     ノ           \



                                             /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                              /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                           //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                           /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                           iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
              「いえ、もとからこんなものです。         リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
               ハーフ・エルフなもので」             ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                            リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                             !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                               i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                                 リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                                 `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                     ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                       ヽ'  /     i         ',
586 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:50:07 TWaaKKqo
二269.
―――――――――――――――――――――――――――
  余程の事なのだろう、と察した少年は
  お気を付けて、と忠告をしただけで彼を送り出してくれた。
―――――――――――――――――――――――――――



           ____
         /     \
       /        \    
      /  \    /  \    「………誰かを追っているのでしたね?
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /     怪我もありませんでしたし、
     /      ̄ ̄    \     私の事は気にせず行ってください」



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    「………済みません。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       恩に着ます」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――――――
  頭を下げたエルも分かっていますと心遣いに感謝し、
  レイピアを鞘に収めてから町の出口へと急ぐ。
――――――――――――――――――――――――
587 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/03(木) 21:51:06 TWaaKKqo
二270.



                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー      >>>       ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''             (:::::∋:)    ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒      彡´^:::::〉   ... . ........:::::: :::::::::';::::::....
(;;⌒;;;⌒ ) ... ....::: ::::::::::::::::::::::;'            __|√_________;;:::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.......            / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(´(:: ⌒ / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
::::::::::::::(´(;;;⌒;;;⌒ ):::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:# :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
 :.:.: :.: .:.I/l⌒l\I:;; .:.:.:.: : . I/l⌒l\I .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
 :. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.||    |    ||:
 :. .:.:.:.:. |==|==|==| .:.:.:.: : .:.: |==|==|==| .:.:.:.: :|  |:.;.:.:.:.:||__|__||:.;,:.:.:.:.:,:.:.:.:.||__|__||:
 :. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |┏───────────┓:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 :. .:.:.:.:. |==|==|==| ;; .:.:.:.: : .:|==|==|==| .:.:.:.: :|  |∥:.:.武具 是得太の鼓動 :.:.∥"゙ ̄ ̄ ̄
 √:.:.:.:.:|_|_|_| .:.:.:.Χ.:.: |_|_|_| .:.:.:.: :|  |┗───────────┛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 :. .:.:.:.:.  ̄ ̄ ̄ ̄:. .:.:.:.:.::..:.: ̄ ̄ ̄ ̄ .;.:.;,: :| [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :. .:.:.:.:. :.:.#;:. .:.:.:.:. :.;;:. .:.:.:.:. :. .:.:.:.:. :. .:.:.:.:. :. .:|  | )~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:)~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、町の出口までに手がかりは得られず、
  そのまま夕暮れ時まで闇雲に町の中を走り回った彼は結局、
  キル夫も、仇も見つけ出すことは出来なかったのである―――
―――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
588 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. [sage] 投稿日: 2011/02/03(木) 21:52:03 TWaaKKqo
本日の投下は以上になります。
閲覧と合いの手をありがとうございました!

次回は第二章第五話になります。


埋めネタから間を開けずに投下をするつもりでしたが、
遅れに遅れてしまい済みませんでした。



第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 第五話へ


スポンサーサイト
  1. 2011/02/03(木) 21:59:23|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫と導かれし仲間達 第25話 | ホーム | 第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り 彼と彼女の暮らしぶり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/1410-3bd3cc17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。