俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やらない夫は約束を守るようです 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 第五話

667 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:00:01 bov0KbVo
二270.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――
  結局、魔剣の他に細かい物をいくつか買い終えたやらない夫が
  武具屋を後にしたのは、三つの鐘が鳴ってから少し後の事だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



ヽ..  ::::|  ,i´ヽ
ヽヽ.  :::|  |   \
  i i 、:::|  〕____\    ノ;ヽ                           †____
  `: `: |  |;;;;;| ̄| ̄|   _/;;;;;;;;;\_           †__                  /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    `: `: .| ;; |_|;;; |    | ̄ ̄ ̄~|        /ヽ/山                //ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ` ゝ |ソ└ ┘;;;|   .|:::| 口 |::::|       //iiヾ ̄ヽ             // √;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .|  |;;;ゞ;;;;;;;/≡ヽ |:::|::.*.::|::::|       //:皿:ヾ ┌i         //    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,-.、  |  |;;ゞ== /// /ヽ::|  . |::::|┌───// ト=イヾヽ| |         ヽ | || | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,i:::::::i. .|  |(( ─ ))ノ 〔()〕::|  |::::|_ノ;;;;;;;;;;;/L/四 品 四ヾ| |ヽ  ‡       / | || | | ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
l i::::::l  |───┬┬─ ̄|@.~ ̄  ||ノ| /|/イ─────ヽ ゝ/\   /    _,,.. -;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|;;;i:::::| .|ゞヽ .┌┴┴┐ | |ヽ _   |;| Kノ/ || ||ロ||ロ||ロ|| / ̄ ̄\ ̄ヽ  /‐エ''"´──
|;;;i:::::| .|l;;  │Cafe.| | |@/;;;;;;ヽ |;| |ム-|‐|||──┬ /  ー  ‐\;;;ヽ─┌|┌┐l┌┐
|;;;l:::::| .|;|ヾ;ソ└──┘ | | .|   | |;| |_.| .||ト ─ .┴ |   ( ●) ( ●)..;;ヾ l|;;|││|││
|;;;|.....| .|;| ;;ゞ ...:::::|| .|≡| |┘  └!;|| 乍.| ||┌田 田 |     (__人__)|l─ノ|ヾ;;;i::;;ゞ;;;ヽソ
|;;;|  | .|;; ヽヾ .. ::::|| .|三| | |    ヽ. ヽi_,-,-,-,- ヾ;;;i:| u    ` ⌒´ノ||| / ヽ────
|;;;|  | .|;; | | ゝゝ.─┘//      ) ) ! ! ! ! ! |─ |        }丿|/─ヽへ [ ̄ ̄]
|;;;|  |  | |:|=     //       \\──[.ir⌒ヽrヽ,    } .ヽ─|[][| |;;;|.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|;;;|  |  | |:|三三 // /          `'‐.、_/  i/ | __  ノヽ ...| .|;;;;;| |;;;|.|  参った参った、                 |
i;;;|  .|  | トヽ    l l .l             ./  /  /      ) ト‐--.、_____ |  まさか三時までかかるとは………   |
i;;;|─.|-'`| ̄    .| | |             ./ /  /     // ト‐--.、_____ 乂________________ ノ
i;;;|  .|  |      | lヽ            /   ./     / ̄、⌒)、     ̄ ̄ | | |
ヽ|  .|  .|_     | l ヽ          .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄  .``'‐‐‐‐‐‐‐| | |
. l|_ | //     ヽ ヽ \             r    /     |
. ||///       i、 i、 i、           /          ノ
  / /        ヽ. ヽ. ヽ.         /      /    /
                          ./    //   /
                         /.   ./ ./  /
                         i   / ./ /
                         i  ./ .ノ.^/
                         i  ./  |_/    タッタッタッタ
                         i /
                        / /
                       (_/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがに昼食会は終わってしまっただろうな、と空きっ腹を抱えながら、
  なにやらざわついている町を駆けていたのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――
668 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:01:02 bov0KbVo
二271.
―――――――――――――――――――――――
  整列する衛兵の隣を通り過ぎた時、
  耳に飛び込んできたのは緊迫感を孕んだ大声。
―――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、     ヽ人_从人__从_从人__从人_从人_人_从人__从人__从人ノ
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉    <                                >
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V    <   検問の設置、急げーーーーっ!             >
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂    <   容疑者の名前はキル夫、赤い外套の傭兵だ!   >
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{       <                                 >
           〉「二三三三コ,/:.:.i         Y⌒YW⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WYWY
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|      \_人_人_∧_人_从_//
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|       )            >
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/      <  は、ハイッ!  >
         |         ,-l l l        <           (
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^^Y^
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i
670 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:02:01 bov0KbVo
二272.



           / ̄ ̄\
         /       \
         |        |
         |         |     「………え?」
         |         |
         |        }
         ヽ       ノ
           ヽ    ノ
         /      \
         |         |
         |  |.      | |
         |  |      | |
         |  |      || |
         (__)   |   |__)
           |   |  |
           |   | |  |   ピタッ
           |   | |  |
         (__|(__|

671 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:03:02 bov0KbVo
二273.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  耳を疑って立ち止まり、慌てて駆け戻った彼は
  町中に散っていく衛兵達に指示を与えていた、小隊長らしき男に詰め寄った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |      「すみません!
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l       今、何と!?」
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                              ,r'"´ ̄ ̄ ̄`\
                                             /          ヽ
                                             !, -‐''´ ̄ ̄`¨`ー,ハ
                                             「  _,,.-──‐- 、 ハ
                                            ,レ'"´__,.-‐rェュ,-、「 `ヽ
                            「ああ?           i! / ( ゙ー',j) ,lゝ‐='ハ   ,!
                             なんだお前。        i!(!    ̄ ____   jト、_,イ
                                                ヽハ  /r===、ヽ //_>‐-、、
                             我々は忙しいのだ、     `ヾ、! i /二ソ_ノ フ,ィニゝ ̄`ヽ
                             邪魔をするなっ!」      ,イΛヽ`二´,イ/ ̄ ̄ヾ二二ヽ
                                             ,イ/  !ヽ ,ィ´ i/ /´ ̄ ̄ヽ ̄ヽ l
                                            「j i  ! ,l/   }イ  〔 GATE 〕  `!
                                            リ  \ l/    _」 !          !



―――――――――――――――――――――――――――――――
  最初相手は、見知らぬ冒険者らしき少年に話せる内容ではない、と
  手を振って追い払おうとしたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――
672 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:04:11 bov0KbVo
二274.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |  U  (__人__)    「俺はベッケナー公に雇われている冒険者です!
  |     |r┬-|       何かあったんですか!?」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  公爵関係の所属だと明らかにすると、
  チッ、と舌打ちをした相手から知らされたのは知らぬ間に起きていた襲撃の情報。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                          _ _
                                                       γ´-─- ヽ
                                                       ,レ', -─‐-、|
                                                      〈, イ(//)( 7)
                                                       K>.;:",;:;:;:.::}-┐
          「先頃、公の館が襲撃されて錫杖が奪われたのだ!              ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           容疑者は雇われた中の一人、キル夫だぞ!                ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
                                                    /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
           それでお前、こんな所で何をしていたのだ!?」             /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
                                                 / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
                                                 / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
                                                ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
673 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:05:01 bov0KbVo
二275.
―――――――――――――――――――――
  鼓動が早くなり、一瞬目の前が白くなった。
―――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \      「な………?」
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ
674 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:06:03 bov0KbVo
二276.
――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし呆然と立ち尽くす事はしなかった。

  その反応の素早さが、容疑者の身近な一人であるやらない夫を
  尋問しようと考えていた隊長の、制止の声を振り切らせる。
――――――――――――――――――――――――――――――



    ―― [] ]   / ̄三\
   | l ̄ | |   /   \三/\
   |_| 匚. |  三   ( ○) ( ○)
      | |  三 u    (__人__)
       |_|  ≡      ` ⌒´ノ        ヽ人_从人__从_从人__从人__从人ノ
          二        }        <                    >
 [] [] ,-     ニ      rヽ,     <   ありがとうございましたっ!   >
   //   r⌒ヽ     / |      <   すぐ館に戻ります!         >
 匚/     三  ヽ  三   /       <                    >
          三  ヽ三  /          Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YWY⌒⌒
         三三 三  /|
         三 ≡、__./ |
           r       |
         三       |
         三   |三  |
      ニ へ三  .|三.   ヽ          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
     二 | ≡   / 三   ヽ          )                  >
     ニ_ノヽ__ノ  三   ヽ        <   あ、おい!お前!!  >
                 三  )         <                 (
               三  /          /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
              三  /
              ニ  ーヽ
               \_ ノ
675 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:07:14 bov0KbVo
二277.
――――――――――――――――――
  雪華綺晶は無事なのか。
  キル夫は一体どうしてしまったのか。
  そしてエルとコナタ、ベッケナー公は。
――――――――――――――――――



      .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ .l.    :!    !   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./)                  >
   .`'''ー ,,_     `''-..、   \   .\  ヽ .ヽ l   .!   !   / <  雪華綺晶!みんな!   >   _,,
       `''ー ,,    `'-、、  `'-、 .\ .\   l  .|   l   ."  /<                 ( -''''"゛
              `''ー ,,.   ゙゙'-..、 . \ `'‐ .ヽ  ."  :!  .i′  ./ .,/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
‘''''―- ..,,,,_,            `''ー ..,,. `   `'-、        ノ  ./ / ,..-'"    _,, -''''"゛           _,,
        `゙゙"''―- ....,,,_     `゙''ー ...   ` / ̄ ̄\      ‘ ._,, ー'''"゛     . __,,,.... --ー'''''''゙゙ ̄゛
                `゙゙"''―- ....,,_、  /      \   ー''"_,,,,.... --ー'''''''''゙゙゙´
_________________ ″|         |    "゙_______________
                       _、    . |         |   ..,,_,,
         _,,,,.... -―'''''''^゙ ̄.._,,.. . . 、 |        ノ   : ー..,_ `゙゙''''― ..,,,_
..... --ー¬''^゙ ̄      _,,.. -‐''"゛ ._.. ‐'" .  |        }   -、  ,`゙'ー ..、   `゙゙''''― ..,,_,
         _,,, ー'''"゛   ,.. ‐'"     .  ヽ      、     `'-,,゙''-、、 `''ー、,,,           `゙"''― ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/ ,,.. .-‐'        .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /  <"   ,__,,_        .l  ヽヽ \  `'-、 `''、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    .ヽヾ丿  |          i  ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./  ヽ&  |         |   ヽ   \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./   /     |, ,_        i''ヽ、  )ヽ  \    `'-、   .`'-、、
             /      ./    ./      i        , -ii、^゙''" ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l|    へ  i    i   ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       .|   /  \|    | .  ヽ  .ヽ.   \       \
      ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]   ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
      |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐  .|└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
      |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄  .|┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
      └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘     └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
                    └┘                           └┘



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の居ない所で事件が起こった焦燥が胸を灼き、地を蹴る足をますます早めさせる。

  しかしどんなに早く走っても―――
  時流を遡り、選択の前に戻る事は決して出来ないのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
676 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:08:04 bov0KbVo
二278.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  _.,.
              .:.:::"´
              i.:.::
             j    . .:´
             {   .:.:´
             ノ  {´
            {  :.:.
             `ヾ: :..  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     ______ `:. :、、..||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三 `:.. .:: ||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __:.:....||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| }. ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|ノ|...||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄{. . ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三.ヾ. . ''>.l..、/゙||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   _: .: : ;;;'\_ ゛  二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.! |.....| |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ________..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-:|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''


           ,、  _                          ,、  _
       ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__                ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
       '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬             '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
          '-' / /   .゛´   / / __              '-' / /   .゛´   / / __
         //         //  凵. 匚!          //         //  凵. 匚!
         `´          `‐´                 `´          `‐´

     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )
   ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
  (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )



――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに騒ぎを聞きつけた町民達が領主の館を遠巻きに見物していた。
  彼らの注目は大穴の空いた玄関横に集まっており、
――――――――――――――――――――――――――――――――
677 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:09:02 bov0KbVo
二279.
――――――――――――――――――――――――――――
  公式発表が無くても何があったのか大体予想出来る者達は
  好き勝手に色々囁きあっていたが、
――――――――――――――――――――――――――――



      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___              「随分派手にやられてるな………」
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __              「戦技?魔法?
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\             どちらにせよ怖ぇな………」
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |   「この町の証も奪われちまったか………」
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'



                                     ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノ、ノv1人.ィj、ノv1
                                      )
                                   ‐=、´   済みません、通ります!
                                     )
                                    , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!y、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ

                           >   /ごノ   ダダダッ
                        __,∠     /
                       〈、    / 彡
                        \、__ノ  彡



―――――――――――――――――――――――――――
  その人垣を縫うように、疾風の如く駆け抜ける人影が一つ。
―――――――――――――――――――――――――――
678 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:10:01 bov0KbVo
二280.
―――――――――――――――――――――――――
  遅れてきた主役が門をくぐり抜けて庭園に飛び込めば、
―――――――――――――――――――――――――



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ        )                  >
             二        }       <   みんな、無事か!?  >
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }        <                 (
     //   三    i/ | ノヽ        /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ
679 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:11:02 bov0KbVo
二281.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  右往左往するメイド達と、座り込んで膝を抱えている雪華綺晶の姿があった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        \_人_人∧从从_//
                         )           >
                        <  雪華綺晶!  >
                         <           (
      ,─-、,. ─-、r'f__  | /     /^Y ̄∨ ̄^YY^^Y^
       /  y     :.  ハ   ̄
      }  .:        i   /
      | .:i      |:  .′
     / ,;: 、      :i:. i
    ./  .;i ヾ   /, .:l: |
    l   .:;| `  / " .:l: ∧
    |   .::! .     :|:.  iヽ
    7  :|  i:      :|::  | 〉
    ゞ:.  |:.        ム  { ヽ
     ∧ 》:.       i::  ノ;.∧
     /.::| /.::.        }:, ( i : ヽ
    ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i、_>
   l::. )!::..        )ノ::|.ハ
    !:::.、   :    /.:ノ, .′
    ::::::..ゞ..,,   ,.;: ´ 人 :i
    i::.:.. .   ¨    ; ノ::::∨
    ∨.:::l、, / ,;ル/:::::::::
     `ヾ.// イ::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::
  :::::::::::::


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の声に気がついて、ゆっくりと立ち上がったその仕草だけで、
  彼女が精神的にも肉体的にもかなり疲労していると見て取れたやらない夫の胸に
  様々な感情や想いが去来する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
680 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:12:02 bov0KbVo
二282.
―――――――――――――――――――――
  しかしその全てを押し殺して―――
  静かに、落ち着きを失わないままに問うた。

  まずは彼女の安全を。
  そして、優先度の高い項目を。
―――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く     「怪我はないか?
.     l               l    ノ!     それから、今すぐしなければならない事はあるか?」
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                     __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
                                   ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
                                     l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
                             .       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
                                   /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
     「お帰り。                   .     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
                                      /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
      私は平気。                     .    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
      重傷者は残っていないよ。           l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
                                V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
      色々あったけど、                 ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
       今の状況は落ち着いてるかな………」      ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
                               //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
                             ,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
                              /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
                                {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



――――――――――――――――――――――――――――――
  一番取り乱したいのはやらない夫だろうに、
  雪華綺晶は遅刻に対して文句の一つも言いたかっただろうに。

  彼らは一流の冒険者だった故に、個を捨てて情報の伝達を優先し、
――――――――――――――――――――――――――――――
681 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:13:01 bov0KbVo
二283.
―――――――――――――――――――――――――――
  切羽詰まった状況ではないと確認したやらない夫はそして、
  次に遅くなった事を詫びる。
―――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i     「………済まない、遅くなって。
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ      落ち着いているのなら、
    \.,_  ._ノ /      何があったのか教えてくれるか?」
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



                                       r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
                                      /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
                                     |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
                                     |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
                                    /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
                                    / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
                                   / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
                   「あの、ね―――」    /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
                                  |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
                                  |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .    ゚0.|i /      |  |
                                  |   /   | ノ ト ェニ=-―=ェ-/ik   |    | i |
                                  ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
                                   | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
                                  / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
                                  / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
                                 / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \



――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は小さく二度、首を横に振って仕方ないよ、と呟いた。

  引き継ぎの時間が狙い目かも知れないと思ってはいたが、
  誰もが本当に襲撃があるなどと思っていなかったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――
682 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:14:35 bov0KbVo
二284.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それから、何があったのかを伝えようと唇を動かしたのだが―――

  待っている間、どこからどういう風に伝えようかとずっと考えていたはずなのに、
  彼の顔を見るなりどこかへ行ってしまったようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               _
                                   , , )) 斗  <   ̄_,.== ̄ ミ `ヽ> 、((
                                  斥 .(( >' ,' /        `ヽ、ミ、.ヽ)) ⌒>
                                 .∧ rァォフ                  イ[薔]7、 .`ヽ
                                   ∧ イ[薔]7 ,'                  ゞアソ   |
                                  |  ゞア  ,' ,' .,'    i     i      .∧(( i   .|
                                .|  ((  ,' ,' ,' ,' ,'. .i     i i  .i .i  .∧  i    |
                                |  /  .i .i i ,' .i リi  i i .ハ i i i i   ∧  i     |
                                |i  | i i i  i .i i )).i | | i i i i i i i i  i .i 从 i     |
                                .リ .| i i i  i .i i (( i リ 乂i i /__リ_从_i_i  i .i | i i   .|
                                ./  | iリ . i〉' リ,笊-ゝ从 ソi/リ ェ=≠、V .,' ソリ .i i   |
                               / | ∨从/|Yイrォ{薇}}j      斥:::::::リ リiヾ/  i i   |
  「みんな、頑張ったんだけど―――」       / /  |  ∨从ハ.ゞツy.フ      C:::::::ソ Vイ ハ  .i  i  人
                            .. / /  | i ∨yi ((`~`´'  ,       ̄、 i' |ry) i  i  i ,'  ゝ
                           ./  , '    | . i  ,'ヾソ))    `       .| | r孑  i  i  i     ヽ、
                           /  ,.'    | .,'  ,'  乂     r ==っ     .|ソ  i . i  i  .i    ∧
                          ./  ,'    ./ノ ,'    ,'.〉.、   `⌒′   .イ ヽ、i  . i  i  i i   . ヽ 、
                         厶 .,'   ..// ,'    ,'   >.、     < 气 .i  . i  i  i i.     ヽ
                         (   (   / /  ,' r⌒ヽ、>r⌒y ⌒Y⌒r, '    `ヽy⌒‐フゝ_  i i    ∧
                          ゝ、ヽ  く /  ,'∠弋         / Yフ          . (  `.ヽ、i    )
                           ヽ、i  .|l   ∧  .フ        `ヽ、      `ヽ、   )   |/   /
                            .)  弋,  |    `ヽ、ソヽ、  ,ノ弋 _r-.、、  フ ~丿   |   .人
                            ノ    ∠⌒|   、   //`ヽ彡\__//| 廴ノ        .|  /  `ヽ、



――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫よりも先に来て、事情を聞いてすぐ町に行ってしまった
  この町の騎士団長であるウォン=リーには上手く説明できたはずなのに、
  今は無力感と罪悪感があふれ出し、金緑の瞳を濡らして頬を伝う。
――――――――――――――――――――――――――――――――
683 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:15:02 bov0KbVo
二285.
――――――――――――――――――――――――――――――
  時々しゃくり上げる雪華綺晶を真っ直ぐに見つめ、
  流させてはならなかった涙と向き合い、その気持ちを受け止める。
――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : ノ:ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/ー ´_:_:_:_|
./:/V   l              / .,.....、ヽ
.V.    l              l {::::::} l
.  .    l              冫.ー く
.     l               l    ノ!!    「うん、うん………」
.      l               `ー‐ f r''
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



―――――――――――――――――――――――――
  小さく頷きを繰り返すやらない夫であったが、
  己への怒りは無意識のうちに血が滲むほど唇を噛み、
  手首から先が青黒くなるほど拳を握らせていた―――
―――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
684 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:16:02 bov0KbVo
二286.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――
  変貌したキル夫の事。
  おそらく裏で糸を引いていた妖術師の事。
  生き残りの安全と引き替えに錫杖を渡した事。
  逃げたキル夫を追ってエルが飛び出して行った事。
―――――――――――――――――――――――――



                                ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
                               __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
                            . /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
                            |  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
                             、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
                              ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
                              ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
  「―――で、錫杖を渡したら             ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   キル夫はすぐ出て行って。             l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
                               | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   エルがその後を追っていったの………」     | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
                               |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
                                '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
                               ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
                              /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
                              ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
                            . / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
                            /   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
                               ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
                              ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、
685 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:17:02 bov0KbVo
二287.
――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の説明で、頭の中に情景を思い描いていたやらない夫は
  邪悪な妖術師に捕らわれてしまったキル夫のことを思う。
――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ     「……………」
          │         }
           ヽ、      ソ       (キル夫―――
          イ斗┴r┐` .;         何とか助け出さないと)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  複雑な間柄である。
  嫌われているのは分かるし、自分に心配されても彼は嬉しくないと言うかも知れない。
  それでも、腕を組んで目を閉じた彼にとっては別問題なのだ。

  だから―――
  文句は後で受け付けるが、まずは助けよう。
  そう決めるのに時間はかからなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
686 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:18:01 bov0KbVo
二288.
―――――――――――――――――――――――――
  説明は終わりだよ、と締めくくった雪華綺晶がもう一度、
  錫杖を渡してしまった事を詫びると。
―――――――――――――――――――――――――



                                          r-、  r- ー、
                                          ヽ `ヽ-.、  ヽ _
                            //y        _     ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、    スッ
                          r''´Xメ}) / /  /       ',  `''   `゙  ` ー、
                         ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /     }               ',
                        / | // ./  / / - ´  /,- 、  |               ',
                        | //  /  ./ /    /  ',  ',_  l                ',
                        | |/  ./  .//   /  / {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
                        |/ //  /   //  /、 ノ `ヽ.         /         \
                        |  |/|  / |  / / / / `'-/、_ヽ       /            ヽ
  「ごめん。                |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| \   /               \
   錫杖、守れなかっ―――」      | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  `ヽ、/                     \
                        | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  //         _,.-‐ '''''''ヽ     \
                        .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  / {        , '       \     \
                         ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .// ヽ        /         \
                         |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./     \.    /            ゙ー―-
                         il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./         \
                         |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./         /. \
                         | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    \
                         /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ       \
                                                          \



――――――――――――――――――――
  グローブを外した大きな右手が伸ばされ、
――――――――――――――――――――
687 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:19:02 bov0KbVo
二289.
――――――――――――――
  そっ、と彼女の頭に触れる。
――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ―――やらない夫?    |
乂___________ ノ

             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 r-、  r- ー、
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ      ヽ `ヽ-.、  ヽ _
              /   ,朴_二_ノ   / / /       ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、  ポンポン
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー',  `''   `゙  ` ー、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /       }               ',
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! ,- 、  |               ',
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ',  ',_  l                ',
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l!  {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l!`ヽ.         /         \
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // ヽ       /            ヽ
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! \   /               \
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /`ヽ、/                     \
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,/         _,.-‐ '''''''ヽ     \
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ /{        , '       \     \
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  /ヽ        /         \
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / \.    /            ゙ー―-
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / / \
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ| \
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |   .\
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ       |  君が、無事で良かった。  .|
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |         乂____________ ノ
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  上目遣いの彼女に嘘偽りなく伝わってくるのは優しさ、労り、心配、そして安堵。

  自分を責める気持ちなど微塵も含まれていない、
  純粋に無事を喜ぶ裏には、それを失った場合の恐怖みたいな物と―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
688 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:20:02 bov0KbVo
二290.
―――――――――――――――――――――――――
  笑顔の裏に隠された、己への怒りが透けて見える。
―――――――――――――――――――――――――



                                       ̄ ̄  、
                                  ´          \
                               /         __....--':ヽ _
                                   ,,...-‐''"´\; : : : : : :,;:-ヽ_:::\
                               |,,..-f"´: : : : : : : : : :\ :,;-'"  丶\|
                              i": : |: : : : : : : : : : :, ,ノ'"       丶
                              |: : :|: : : : : : : :.r''"     ヽ       丶
                              ヽ._:|_:_:_:..-'''"´ i イ::::ヽ l        丶
      「コナタも、公も無事で良かった」        ヽ      ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
                                丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                                  ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
                                  ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                                   ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                                    \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                                      \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                        ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                           ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
689 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:21:02 bov0KbVo
二291.
――――――――――――――――――――――――
  その証拠に―――
  堪えきれずに後ろを向いた首筋には血管が浮かび、
  下ろした右腕は怒りに震えている。
――――――――――――――――――――――――



                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|
                     |        .:|
                   |        ...::|       「アストナージさんの事は残念だし、
                      | ノ(   ....::::::|        キル夫も、追っていったエルも心配だが―――」
                      ヽ⌒ ......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
              斤ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             .<::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;}
             .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
             !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i
             !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ ;
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;' ;
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ;
             i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ; ブルブル
             | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ;
690 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:22:02 bov0KbVo
二292.
――――――――――――――――――――――――――
  声色は低く空気をビリビリと震わせ、
  握りしめた拳からは骨が軋む音が聞こえてきそうな程だ。
――――――――――――――――――――――――――



                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |     「錫杖を渡した判断は間違っていない」
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:     (間違っていたのは、俺だ―――)
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:        ノ (        |:
              //:         ノ (      |:
           :/:       //⌒ヽヽ    |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            || グググッ
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄



            _   __
         ,   ´     `` 、 __   ___
   , -‐r=-= ´,           f千ミlfl´  `''i
  / /`l f>}フ、)          lif廻l l !´'i  l
. / l/`'-=='″           `==´   l.  l
. l  l  / l  l  l i l  i i i__    ! l   l  .l
  !  !  i i i -li‐-l l .l li i´ l_ ` l  /. | |  /  l
  !  l l l l l.r千三ミ、i,lヽl . i灯i    l l  l   !
  li  l l l l {ft廻}ンl   弋 汐l   l ,l .. !  l      「やらない夫………」
   li  l ! !i  !ー))-´  ,     l i i l !  i |.|
    !i  l ,i i l '、     ‐    ! / l l l  .l lli l
   li  li  i il. `     __ . ィ // l  l l  ! l il
   l l  l l .lr‐f `f'' i__,、,____ / l l  l l  l l i l
   /l l  .l l l l  'r-′ '-‐/ l  l  l l  l l 入 !
  /l l i  i .i i i\  ヽ    l l  l  l l  .l .l  liil
// i  / i l r  ` /  r、l l  l  l   ! .!   ゞヽ
../ .∥ i / / /-、__f <l__,--、l l  l  ! .l 、  i l   入\
 //  / / i r-,-l  l`'> '<´ l l  l  l l i  入弋   ヾヽ
/ /  / / / /  '-f`い/\\l l  l  l l 入 \\\  l



――――――――――――――――――――――――――
  それでもやらない夫は状況を、不運を、選択を恨まない。
  ただ、無力で至らない自分を呵むだけなのだ。
――――――――――――――――――――――――――
691 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:23:01 bov0KbVo
二293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この世の中にはどうにもならない事が多すぎるが、
  自分だけは自分の好きで変えていくことが出来る。

  可能性を信じ、弛まぬ研鑽を積み、前を見続ける事が出来る信念があるからこそ、
  切り替えが早く、折れる事も諦める事も無いのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l      (後悔している場合じゃない、
        l      /    .!    ヽ       l       念のために司祭様を呼んで二人を診てもらおう。
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l       `  ⌒  ´        l         アンマンに妖術師が侵入している可能性も高い、
       .l                     l         衛兵と学院に連絡をしてから
        l                   l       俺も錫杖捜索に―――)
       . l                        l
         . l                    l                  \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        !                     !                   )                  >
        /!                    ,'^ヽ                 <  この有様は何事だ!? >
       /{ |ヽ                 /| / \                <                 (
     /  ∨| ヽ            / | /                   /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



―――――――――――――――――――――――――
  ―――今は、不足しているものが多々あるとしても。
―――――――――――――――――――――――――
692 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:24:02 bov0KbVo
二294.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫がこれからの事を考えて早速行動に移ろうと思った時だった。

  大勢の軍靴が石畳を叩いたと思ったら人垣が割れ、
  庭園の中に大勢の兵士達が入ってきて、彼に状況の説明を命じた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´      「自分はエゥーゴ王国中央騎士団
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |         第二小隊隊長、リュウ=ホセイである!
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /         そこの者、状況を説明せよ!」
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_             ┌──────────┐
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_       │  王国騎士       .│
         l     ヽ ⊂ ◎.⊃`"''-、 `ヽ、ヽヽヽ  /~ ̄`"''-、ヽl lトi       │  リュウ=ホセイ   ..│
           |     ヽ-- 、 ..,,,_    !   `'ヽヽヽ_/  ,,_ ___ , l l l.|    └──────────┘



                                           / ̄ ̄\
                                         /  \    \
                                        .(●)(● )  u. |
                                        (__人__)  u   |
                                             .(`⌒ ´     |
              (王都からの騎士団、か。               {         |
               予定通りとは言え、遅かったなぁ)       {      u. /
                                        __\     /リ 厂`'‐- .._
                                     / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                      | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                     | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                          | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  庭園を見回して大声を出した、先頭に立つ恰幅の良い騎士の胸には
  輪を持つ星と衛星を現したエゥーゴ王国の紋章があり、
  やっと到着した王都からの応援部隊である事を示している。
――――――――――――――――――――――――――――――――
693 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:25:02 bov0KbVo
二295.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬。
  自分が騎士団に指示を出せる立場だったらもっと早く派遣したのに、との考えが脳裏を過ぎり、
  やらない夫は打ち消すように拳でゴシゴシと顔を擦る。

  その可能性を置いてきた自分がそれを思っても意味が無い。
  むしろ、その選択肢では手の届かない場所を目指して、こうして野に立つのではなかったのか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ  ゴシゴシ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉      (おいおい、なに言ってんだ!
                   ノ U   { )     j       遅れた俺が何様だ!?)
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,
694 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:26:02 bov0KbVo
二296.



                                           ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                          ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                        .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                       ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                      / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                      l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
    「騎士様。                             l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
     彼は当時、現場に居りませんでした。           li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                       ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
     現場に居たのは私の他、公を含めて六名で         ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
     内一名が死亡、一名が逃走、                   .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
     一名がこれを追跡中です」                    /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                       / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                      //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                      l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                      l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



―――――――――――――――――――――――――――――
  背を向けた可能性に並ぶには、冒険者の自分はまだまだ未熟。

  やらない夫がそうした葛藤に複雑そうにしていると、
  説明に困っているのだと思った雪華綺晶が前に立った。
―――――――――――――――――――――――――――――
696 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:27:02 bov0KbVo
二297.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i  ー-- ノ~ r--- レ!
    ヽ,r‐、|           |     リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄
                                            ┏──────────────────────┓
                                       │  もう一人は気を失われている公と共に      ......│
                                       │  向こうで館の者に診てもらっておりますので、   ..│
          ,,  、、                           │  私からのご報告でも宜しいでしょうか。       ..│
        /_;,.: : : ;,\                            ┗──────────────────────┛
        //     ヾ:, ,,.-:''": ̄: : :`:`: : :<
      〃        , :': : : : : : : : : : : : : : : : :\
      i′     /: : : : : : : : : : : :-: ;,: : : : : : `:.
       {      ./: : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、: : : :ヘ
         _, -:'": : : : :.!: : : : : : : : : : : : : : : : `: 、.:.ハ-―- 、
      _,, ‐': /: : : : : : : i: : : : : : \: ヽ: : : : : : :_: :`:、゙‐ /:::゙:、
    _,:,':-‐'' / : : : : : : : : : i: ゙、: : : : ヘ\:`:、: : : : : :ヾッ,、く  `ヾ:、
.   '´   ./. . : : : : :./: : : :i: lヽ: : : : ヘ::`::、ヾ:、: : : : ヘVノ`    \、、
        /: : /: : : :./: : : : !i: l:::ヽ: : : : i::::::::\、`:i、: :.ハ〈    /  ヽ `丶
        /: : /: : : :./:.::. : :.ハ:.l::::::ヽ: : : i:::::::::::::`::::!\: i !  /       /`ヽ、
   _/⌒j: ; :./: : : :/: ::::. : /:::::゙;:i::::::::丶: :.!::::::::::::::::::j/:.ヾ!| ,.∠ _   /_,,.-― ` 、
_j´   、 !ヘ/: : :::/:;:::::::::.: i、:::::::゙:{:::::::::::ヽ:.|    /: : : :/´/ ,.  `丶、"´      ヽ__
 j 丶、 \/: :.:::/:/i:::::::::::.K:::>.、ヽ   ヾ!  /: : : : : / i /  /          ノ
 !、丶_,ンァ: :::::;人{へ:;;::::::{::゙く._ ` ---‐ァ'''"´  ̄ ̄```ー^-(...(_,,.z_ノ---‐ ''"
697 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:28:02 bov0KbVo
二298.



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |        「良かろう、報告せよ」
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /
              /         /-、,,__      /        (こんな若い娘が護衛をしていたと言うのか?
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´          腕は立つのかも知れないが―――)
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  じろり、と値踏みの視線で見回した騎士は納得がいかないながらも了承し、
  これまでの経験で相手が何を考えたかが分かった雪華綺晶はそれでも、
  気づかないフリで報告を始める。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                               ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                             ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                           ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                           _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
                           . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                            l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
     「先頃おいでになりました         }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
      リー団長への報告と              \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
      同一になりますが………」          ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                              / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                           .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                            / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                           ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
698 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:29:03 bov0KbVo
二299.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶がはきはきと報告をする最中。
  ホセイの後ろに立っていた騎士達は興味深そうに冒険者達を見回していたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|     「あの小僧、良い装備してやがんなぁ………」
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i



          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ
.         |∪      └|
.         ( ニニニニニ l
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔          「どういう手段で手に入れたのか、
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )          分かったもんじゃないけどな!ハハハハハ!」
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  居たのが少年一人、少女二人のたった三人と知って揶揄が漏れた。
  わざと、彼らに聞こえるような声の大きさで。
―――――――――――――――――――――――――――――――
699 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:30:02 bov0KbVo
二300.



        _,,......-........ ..、
      / ,,,,,,,- -- -.... _ `''ヽ、
     / /´       `'' 、`ヽ、
    ノ/              、 ゙i
   /                  ̄ヽ、
   /                   ゙i
   |   __,,.._...._               ,,..ヽ
   r‐‐‐'';;;;;;;;;;;;;;;;丶  ___......-‐‐''ニ二二゙i          「おいおい。
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ニニ_ -r─''''' -、;;'〈           あっちにいる奴なんか、まだ十五歳ぐらいの小娘だぞ?
   |丶..---‐―''""` イ";;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ヽ;;ヘ
   | /\\       ヽ;;;;;;;;;;.r'´     ヘヘ          冒険者ってのは因果な商売だねぇ」
   |(⌒) ))......、    丶‐'´         ヘヘ
    |  ノ ノノ\ 、 `''''‐-、,,,,        / ヘ
     | ̄´    ヘ       ``'' ‐  //´  ヽ
     |ヘヘヘヘ    ヽ-------ィ  //     ヽ
    / ヘヘヘヘ _......_......_,,,,   //       /j
    |     ,'//////////7            ( )
    ヽ_ ,'丶       ´         ,r/
      ` ゙i...._、_____〈        //
   __/:::: :::::::::::::::::::::::: ''‐-......_.. |( )   ,―――--、
//    ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄\\      ヽ
/     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \\        ヽ
        \....:::::::::::::::::::::::::::::::/        \\     ヽ
         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (ー)(ー)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/        「……………」
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  目を閉じたやらない夫は、これが普通だと知っていたから何も言わなかった。

  女である苦労が身に染みている雪華綺晶同様、
  冒険者が町の者にどう思われているかなど、とうに思い知っているから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
700 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:31:35 bov0KbVo
二301.



                  r'~⌒            ヾ
               _r"~               ヽ
              / '´                  λ_
             τ                     z,
             ノ´                      〉
            1'                       ζ
             レi               ,          <´
.             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'         「こんな女子供に警護を任せていたとは。
              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、          ベッケナー公は何をお考えだったのだ………」
.             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l
               | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./
                ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
               r'\-`      `"  ~´       ト、
                  |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
            l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
         ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
      , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の報告が終わった後、抑えきれなかった呟きがホセイから漏れる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                   》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                  ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
              ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
              _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
              . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
               l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
  「……………」    .}  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
                \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                 ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                 / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
              .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
               / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
              ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  俯く雪華綺晶は、この場にエルが居なくて良かったと思った。
  この上ハーフ・エルフが居たと知れたら、どんな誹謗中傷を言われるか分かったものでは無い。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
701 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:32:06 bov0KbVo
二302.



                    _,, -――――- 、
                _,, - ''"           `ー-、_
               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l    「しかも自分から渡しただと!?
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /     なぜ命を懸けて錫杖を守らなかったのだ!?」
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /         ┌──────────┐
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_          │  王国騎士       .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|             │  ジェリド=メサ   ....│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;|     \;;;;;;;;/;;|          └──────────┘
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;/;;;;;;;;|       Y;/;;;;|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして話題は当然、雪華綺晶が渡してしまった領主の証に移っていった。

  ホセイの後ろに立っていた血気盛んそうな若い騎士が大声を張り上げたので、
  目を開いたやらない夫が弁護するが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
         「戦技使いを相手に、意識を失ってその場に残った       (●)(● )   |
          公をお守りしながら錫杖を奪われずに済む、             (__人__)     |
          確実な手段がなかったのですよ。                  (`⌒ ´     |
                                          .     {           |
         しかも相手は、洗脳されている仲間ですし………」        {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |
702 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:33:05 bov0KbVo
二303.



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
     i { r、l l       '、  !         「その場に居なかった貴様は口を挟むな!
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃      ………そもそも、お前達全員がグルで、
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃       演技をしているだけの可能性も我々は疑っている」
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´



―――――――――――――――――――――
  鼻で笑った騎士はお前とて容疑者なのだと
  やや乱暴に、一括りにしてしまう。
―――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                                 /  \    \
                                               .(●)(● )  u. |
                                                (__人__)  u   |
         「ティターンズに黒ローブの者が………                    .(`⌒ ´     |
          おそらく妖術師とおぼしき者が加わっている事は             {         |
          お耳に入っているのでしょう?」                     {      u. /
                                                 \     /
                                                 ノ     \
                                                /´        ヽ
703 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:34:01 bov0KbVo
二304.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん黒ローブの情報は、早々に彼らの元へも届いていた。

  しかし妖術師や暗黒司祭に詳しい者が居るわけでもなく、
  魔法を使われていたからと言って、取り調べも無しに周辺の者を解放する訳にもいかない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´    「うむ、それは聞き及んでいる。
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |
                  /   l        ――‐-、   j       しかし、確かな身元の証明もない者を
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /       取り調べないまま、解放する訳にもいくまい。
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´         君達は重要参考人であり、容疑者キル夫の仲間なのだ」
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_
         l     ヽ       `"''-、 `ヽ、ヽヽヽ  /~ ̄`"''-、ヽl lトi
704 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:35:02 bov0KbVo
二305.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに、公的に身元を証明する術がない、
  保証人となってくれる後ろ盾があるわけでもない。

  単純な雇用契約しか自分達の立場を示す物がないやらない夫は、
  騎士の言い分ももっともだったので、困ったようにバンダナを触って頷くほか無かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
            / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l           「それは、分かりますが………」
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /           (何日足止めされるだろうか?
       l   // 、ゝ       / ヽ_          長引くとまずいな………)
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



                                           ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                          {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                        /./       辷ニソ
                                       / /   l  l l  l (( \
                                         / / l  l| /i| i| i| | | l \
     (仲間って、認めるんだ?                 / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                       /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
      元から組んで居たわけでもないし、  .          /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
      公の証言があれば                    /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
      現場に居なかった君だけは      .        /  /   / ノ八  _     / /  i!
      すぐ釈放される可能性が高かったのに)      /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                   .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                   i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                 / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                               /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /
705 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:36:02 bov0KbVo
二306.



              厂           `>、 _
                 ノ´             `> 、
           .,.イ                   `ヽ
           / /                        \
            〈 {                         ',
             ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
           }  `     .,ヘ     }   __       l
            {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
              ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
            ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
            ∨   ,'      {             ミ:  ,'      「隊長!
                ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'       すぐにでも拘束して
              ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'        尋問しましょう!
              !K:!    ̄´   l     ̄´   j_)}
              l(l:!       j        |)/         神殿の検査官を手配します!」
              ∨j        ヾ;>         j イ
                ヾ、      ______       /|:リ
                リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
            ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
             i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
             |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./
             |::::::::::::/⌒/::::::::/::::::::::::く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
             |:::::::::///::::::::/:::::::::::::/´:.:.:.:.:.:.:>:<_______



                  r'~⌒            ヾ
               _r"~               ヽ
              / '´                  λ_
             τ                     z,
             ノ´                      〉
            1'                       ζ
             レi               ,          <´
.             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'
              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、         「落ち着くのだ、ジェリド。
.             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l          彼らは曲がりなりにもベッケナー公が契約した者達だ、
               | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./          公にお話しせずに勝手な事は出来ん」
                ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
               r'\-`      `"  ~´       ト、
                  |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
            l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
         ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
      , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ホセイはいきり立って聖騎士の手配まで言い出す部下を窘める必要があった。
  事情はどうあれ、抵抗する素振りも見せていないのに
  公人との契約を持つ者を乱暴に扱うわけにはいかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
706 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:37:03 bov0KbVo
二307.



                   __
           ,,. -─‐ ''"´ ̄   `ヽ
        ,. ‐'´              \
      /                  ,リ
   /                   ,.ゝ
    !                  // 〈
    |         /⌒>yヽ  fr'"'、 }
   |          , '   ´ ('´ `ー'´  l ノ
   │      /      `      レ'
    |      (._               |
    |       / -─- 、._      __,..ヘ!
   |    r‐、 {  ーヮニニ`ー'  〈ゥニ'‐.|          「その中から略奪者が出ているのですよ!?
   ヽ   | ,ゝ| !         ヽ、 |
     }    ヽ(、Ll           r:ン' l           ………ハッ、所詮冒険者などこの程度!
    { ! { { /`ーi      _,. -─‐ァ  l  ̄ ̄`!        しかも二人はまだ年端もいかぬ小娘、
    ,ゝト、ヽ{  {        `ー-- '   ,'    |           一人は見てくればかりの小僧ではないですか!」
   i(  ヽミ`ヽ  ヽ、       ー   l      |
.   | `'''┴-- 、.._  `''‐、       ,!、    亅
   |   _____ ̄ ̄~ヽ` ー-r-‐ヘ ヽ く´
.   !  |=<>=<>=|    ト、-、r=ニ⌒ヽ.) ヽ
  _,r=ゝ、  ̄ ̄ ̄     | ヽ. \ `ヽ } /
      `ヽ ー-----‐‐┴、 }   ヽ レ',ノ./`ー-



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者を目の敵にする騎士は、かつて辛酸を嘗めさせられた経験でもあるのだろうか。
  真価や内面を知ろうともせずに、見た目のみで評価を下して嘲笑う相手にしかし、
  やらない夫は一切反論をしなかった。

  ただ、心の中で感じている苦みに眉をしかめているだけだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ      「……………」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
707 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:38:03 bov0KbVo
二308.



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |         「とにかくこの場には数名を残し、
                  /   l        ――‐-、   j          手の空いている者はリー団長と合流して
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /          検問にあたれ!」
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_



――――――――――――――――――――――――――
  見かねたホセイが場の空気を入れ換えようと指示を出し、
  敬礼で答えた騎士や衛兵達が武器を持ち直す。
――――――――――――――――――――――――――



                   ,.-===、、
                 /イ   ヽヽ、
                 :l匚ユ_____l
                 jΘ-|l__-‐l.l‐i|        「分かりました!」
                 リ ..ム\ 」∟i
                 ( ( ─,' ヽ'´ ム
             ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、
            ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
            l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ
            l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|
           '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
            | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
             ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
            ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
            にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
           ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )
708 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:39:01 bov0KbVo
二309.



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |         「隊長!
     i { r、l l       '、  !          ここの手勢を減らすのですか!?」
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃            |   かまわん。    |
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__         乂________ ノ
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´



―――――――――――――――――――――――――――
  容疑者を目の前にして手ぬるいとの反論の声を遮ったのは、
  意識を取り戻したベッケナー公だった。
―――――――――――――――――――――――――――



                                    ,.-─‐‐ - 、
                                     /        `ヽ、
                                    /   , ‐-、      \
                                 /   / ,人  Y^ヽ     \
                                j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                   l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                  `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                  /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                  ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
          「ここはもう良い。                 !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
           検問の方に注力してくれ」          `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                        |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                      ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                    / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                 __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                            _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                          //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                         ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                        /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                        /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」
709 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:40:02 bov0KbVo
二310.
―――――――――――――――――――――――
  その場の注目が一気に集まり、
  外傷も無く、意識もはっきりしている様子の領主に
  やらない夫と雪華綺晶もほっと息を吐き出す。
―――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    「ベッケナー公!
  |   `⌒ ´   |      お体の具合はいかがですか!?」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
     7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l      「証を………守れませんでした」
   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \
710 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:41:02 bov0KbVo
二311.



                                    ,.-─‐‐ - 、
                                     /        `ヽ、
                                    /   , ‐-、      \
                                 /   / ,人  Y^ヽ     \
                                j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                   l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                  `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                  /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
 「奪われた―――か。                    ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                       !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
  仕方あるまい、                           `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
  応援も到着していなかったあの時間帯、           |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
  誰が居ても結果は変わらなかっただろう」           ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                    / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                 __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                            _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                          //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                         ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                        /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                        /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」



――――――――――――――――――――――――――――――
  その場に居たからこそ領主も割り切ることが出来た。

  下手にキル夫を退けた所で、
  近くに居たであろう妖術師までも出てこられたら
  証は奪われて更に犠牲が増えていた可能性が高いと分かるから。
――――――――――――――――――――――――――――――
711 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:42:03 bov0KbVo
二312.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも自分の判断で錫杖を渡してしまった重圧は相当なもので、
  深々と頭を下げた彼女の両目から、また大粒の涙が溢れてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|     「―――申し訳、ございませんっ………!」
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、
712 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:43:02 bov0KbVo
二313.
―――――――――――――――――――――――――――――
  言葉の無くなった雪華綺晶が下がった後。
  やっと来たか、と見慣れぬ騎士達を振り返ったベッケナー公に
  王都からきた騎士達は一糸乱れぬ整列、最敬礼で応えたのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |        「君達は応援の者だな?」
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|        (今更だな。
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_        もう一日、せめて半日でも早く来ていたのなら―――)
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



                                            /                  ヽ,
                                           /"                    ヽ
                                          /"    ,-、,-‐-,,/⌒-‐っ,       ゙!
                                          (   ,ノ~^~ ~  ,,ョョヨヨヨョュ,,ヽ,      ゙!
                                          (   j ,,ョョ⇒>ュ  ゙゙゙(゙ヒリ )ゞ !      ヽ,
                                          ゙(  ヾ゛ ((゙;;リ )    ~~~~::::::::\  ⊂ス  ,,!
            「ハッ!                          \ ヽ  ~(   ,,,,;;    :::::::{  ノ丿 )
                                               ゝ !    ヽ=彡″    ::::゙!   ~~  ア
             自分はエゥーゴ王国中央騎士団                ( V             :::ヽ_,ノ入⌒く,,
             第二小隊隊長、リュウ=ホセイであります!」    ゛ !   └‐---‐‐ーつ  :::::::::;;;;;;|;;;;;;;ヽ
                                             ヽ.    ~ヾ---‐^~´  ::::::::::;;;;;;ノ;,,-‐^~ヽ
                                              ヽ    ゙゙゙゙ヾ:::::::   :::::::::;-‐^~     \
                                               ゙ヽ    ゙゙゙゙~   ;;;_,ノ^~         ヽ
                                               /^~~ヽ-,,______,,--‐^~ヽ,,           ゙ヽ
                                               !   /--、∥┌‐^~~ ヽ     __,,,,-‐^~~~~
                                              !゙   !  .!.∥..|     ゙ヽ-‐‐^~
                                              人______!   !.∥ |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その杓子定規っぷりが今の領主にはもどかしかった。
  普段はその規律の厳守が心地よいが、この国には緊急時までそれを持ち込む悪癖がある。

  今回の事も、どうせ手続きだなんだとやっている内に
  王都からの出発が半日、一日と延びたに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
713 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:44:02 bov0KbVo
二314.
―――――――――――――――――――――――――
  対照的に、契約外の時間や情報収集までも
  臨機応変に対応してくれていた彼らに感謝こそすれど、
  余計な疑いまでかけられるのは面白くない。
―――――――――――――――――――――――――



       ,,;;;-―'''''"'ヘ;;;;,,,
      /      _,,ノ-、.,)、
     i    ,从iリ'    ヾl
      l  r''' ヾゝ      ||
.     |  i.   ___゙ヽ,  ___ .l|    「彼らが真面目に取り組んでくれていた事を保証しよう。
      !  i -< ・>ノ~ r<・>ii
     ヽ,r、|   ""  |~"" iノ    契約外の日中に奪われたのは
      !ゞ|   ,,,,,,,_ ソ;;,,,,_ i       私やリーを始めとしたこの町の警護の不手際であり、
   / `ゞ!     r‐'"""y;; /     彼らを責めるのは筋違いである」
  ,((    i ト,,、   ̄二"';./
   ヾヽ  | ヾ"''ゞ,,___,,,,,ノ;;"
.    `i i  !  """'''''''''''''"



                    _,, -――――- 、
                _,, - ''"           `ー-、_
               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l      「しかし、公!
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /       実際に錫杖を渡したのは
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /         この小娘なのですよ!?」
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;|     \;;;;;;;;/;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;/;;;;;;;;|       Y;/;;;;|
714 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:45:02 bov0KbVo
二315.
―――――――――――――――――――――――――――
  まだ若い騎士の反論を、領主は静かな声で封じ込めた。
  おそらく騎士団が居ても結果は変わらなかっただろうと。
―――――――――――――――――――――――――――



                                             ,.-─‐‐ - 、
                                            /        `ヽ、
                                           /   , ‐-、      \
                                          /   / ,人  Y^ヽ     \
                                         j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                             l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                             \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
 「逆に、君達が居ても状況は変わらなかったかも知れん。       `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                          /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
  その場に居たからこそ言うが、                       ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
  あの状況をひっくり返せる者などそうは居らぬ。                !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
                                                 `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
  ―――それこそ、英雄でもない限りはな」                   |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                                 ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                                / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                             __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                    _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                                    //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                                ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                                /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i



――――――――――――――――――――――――
  その皮肉が実は、
  一番身近な可能性だったとは気づかないままに。
――――――――――――――――――――――――



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
     i { r、l l       '、  !         「くっ………!」
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´
715 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:46:01 bov0KbVo
二316.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |           「今必要なのは、責任の所在を彼女らに押しつける事か?
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!           違うだろう?
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_           国王への報告、王都とソロモン残り二つの防衛見直し、
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、        追っ手を差し向ける事が優先ではないのかね。
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__     ―――なぁ、ホセイ君?」
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これ以上の対応遅延は許さぬ、と暗に含ませた言葉に思うところがあったのか、
  汗を浮かべたホセイは部下の失礼を詫びた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   r'~⌒            ヾ
                                _r"~               ヽ
                               / '´                  λ_
                              τ                     z,
                             ノ´                      〉
                             1'                       ζ
                             レi               ,          <´
                 .             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
                              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'
                              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、
                 .             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l
        「仰る通りです………           | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./
         部下の監督が              ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
         行き届いておりませんで」           r'\-`      `"  ~´       ト、
                                |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
                               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
                             l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
                          ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
                       , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、
                   _/_ r'´   |.   !.      | . \.| !`' ―-- 、 =/.  | 〈. |  !.  |/´  | \
                 ,,r'´\\      |   !       |. `〉 /.\ 、         | ノ ||  !  |    |  |
                 \ \ヽ \_,--、|            |  ヽ.ヽ  \        | !   |.  ! |     |  ヽ
716 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:47:04 bov0KbVo
二317.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに冬空は夕暮れに覆われている。
  夜闇に紛れられては追跡も困難であろう、と検問強化と集合を指示した領主は次に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           ,.-─‐‐ - 、
                                            /        `ヽ、
                                           /   , ‐-、      \
                                        /   / ,人  Y^ヽ     \
                                       j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                          l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                       \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                         `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
             「リー団長に伝令を。                /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                         ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
             『王都騎士団と合流、検問強化後に          !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
              役所に集合するように』」                 `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                               |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                             ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                           / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                        __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                   _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                                 //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                                ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久



                   ,.-===、、
                 /イ   ヽヽ、
                 :l匚ユ_____l
                 jΘ-|l__-‐l.l‐i|
                 リ ..ム\ 」∟i
                 ( ( ─,' ヽ'´ ム          「ハッ!
             ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、      直ちに!」
            ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
            l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ
            l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|
           '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
            | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
             ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
            ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
            にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
           ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )
           /   l─-' ̄ ̄ ̄l─‐l┌┘   |   丿
717 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:48:02 bov0KbVo
二318.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  妖術師に町中で暴れられては大事になる為、
  優先されるべきは人民の安全、錫杖の確保は二の次と
  徒に刺激しない程度に留めてから、王都からの者達にも協力を要請したのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.          「家屋の強制捜査などは行わなくて良い。
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!           ホセイ君達も疲れているだろうが、
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|           この町の者と協力して
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_          錫杖を持ったキル夫君の捜索を―――」
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



                                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                          |:: ハ  `     u         }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「………残念ですが、                            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  すでにこの町には残っていないと思います」                ノ ノ' l心  `ー‐一`   u  ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                            リ ヽ u     ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r     u      / / |、:! ヽ、
                              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                | |      ヽ  \   ヽ        i   u        ノ /  ヽ、
                              、  | |       、   \   u       ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――
  走りずくめだったのだろう、
  全身に汗を浮かべているエルが突然割り込んできてそう言った。
――――――――――――――――――――――――――――――
718 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:49:02 bov0KbVo
二319.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      「エル、無事だったか。
  |     ` ⌒´ノ       ………やはり、すでに足取りは全く掴めない?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__ユ¨‐‐- 、_
   |    ___ 三) ` ヽ__  `-
    |    |       ̄    `ヽー、}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  呼吸を整えるのを待ち、そのままじゃ風邪をひくだろうと手ぬぐいを差し出すと、
  頭から被った彼は初見の大勢を見回して頷き―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _,.-'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                              /___       \
                                            / ニ二______       ヽ、
                                            /,.イ´::::::::i::ヽ::\:::ヽ:`ヽ、      !
                                            | l::N::::::::!:::::\:::ヾ、\::ヽ.   i l
                                            l i::レ:::::::ハ::ヽ::::::::,ィ‐-、ヽ::i   l l
                                            | ノ:::::::::::ir‐t:、::ト、::::! {::)〉!::::l     l
         「ええ。                                  l ´i:::::::::::ト、_ソ  ヽ:!`‐´ |:::::l   i l
          あれほど目立つキル夫の目撃談が、                |ノ1:::::::::iゝ   、 _    リ!::l   l  !
          この館を出た直後から完全に途絶えていました。..    ! iハ::::::ヽ.     __    ノ,イi      l
                                            |  i:ハ:ト、::ヽ. ´ - ` /ノリ!   i  `l
          おそらくはこの近くに妖術師が潜んでいたかして、....   l  l! i ヽハ` 、 _,.イ   / |   l   }‐ィ、_
          テレポート  リコール・ポーテーション                      i     l   リV`ヽ.   /|   i  ノ/i   ̄`ヽ、
          転位の魔法や帰還の魔法で                    l    i   ,.イ   !  / i     i  l     / ヽ.
          キル夫ごと町を離れた可能性が高い」           |    l  (ヽ、  l  ,.-‐|   i  |  !    / i   i
                                            i      r‐'\\`゙__ ,.イi   l  |    /|  l   !
                                            |     _j    `‐--‐''イ/!  ソ‐、_l   / |   i  l
                                            l  ,.-‐'!  i /  \ // |  ノ   i   V   i   i  |
                                            レ'´i  ヽ l /         └‐'    ヽ、 !  l    l i
                                              l i   V!l                 ヽl  ハ   i |
                                              l !   i |                ゙i /  !   ! l
                                              l  i   l|     ー==- 、         l/! ,.ヘl   |
719 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:50:02 bov0KbVo
二320.



                |/
          / ̄ ̄\    ̄
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「どちらもかなり高位の魔法だが………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (相手の実力も知らずに判断出来る事じゃない、
      ./ ノゝ     /         エルはその妖術師に心当たりがあるのか?)
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――
  長距離の転位を可能にする理力魔法を挙げられて
  相手の実力を推し量ったやらない夫が気づいた様子なので、
  可能性の段階です、と彼にだけもう一度頷く。
――――――――――――――――――――――――――――



                                               ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                              i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                            i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                               !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                                  .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                              !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
    「ああ、もちろん聞き込みをした上での推測です。                 /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
     見逃した可能性や                                '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
     まだ潜伏している可能性もあります」                        `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                  .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                    ヽ、、      /::::    : //
                                                        i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                       ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                               |.  ヾ、:/
720 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:51:02 bov0KbVo
二321.



                          /:::!:::::::':,::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ、::ヽ::::::::::::::::::::::::::フ
                          /::::::::::!::::::::::':;:::::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::、--く.
                          /::,':::::::::l:::::::::::::'::;:::::::::ヽ、::::ヽ、:::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ、:ヽ、.
                          /!::i::::::::::ハ::::::::::::::':;::::::::::::`ヽ、:ヽ:::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ、:::::::`ヽ、
                        //!::l:::::::/::::ハト、:::::::::::ヽ:ヽー、::::::ヽ::::ヽ、:::::::::ヽ:::::::::::::ヽ::::::ヽ:::ヽー‐ヽ、
                         l l::ハ::::;':::::|., =、::::::::ゝヽ. `ー,=、ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::\::ヽ、
                          !:l:::!:,!::::::K(:::::}ヽヘ::::ヽ. ヽl!l::::::::} )、:::ヽ:::::::::ヽ:::::::::::::、::::::::::ヽ`ヽ
 「………済みません。            !:l:::l:}::::::::!ゝニ彡! ヽ、、 ヽニ´彡 !:::::::!:::::::::::!::::::::::::::ヽー、:::::::\
  キル夫を捕まえる事が          !ハ::!:::::::::!. `´ /    `ヽ   ̄   ヽ::::lヽ::::::::!:::::::::::::::、:ヽゝ`ー‐`
  出来ませんでした」               }!:::::::::{.   ,'            l!:::!::::ヽ、!:::::::::、::::::ト、ミヽTー――- 、
                           ,.」!:ハ::::::ト、  ヾ ‐-          l:::!::::!:::::ヽ、::::::ト、:!. / ヽl
                           / l::! ',:::::',.  _ ___         }::i:::∧::::::! ヽ、ヽ /  /
                        /    !l ヽ::::ト、  `ー―`‐      /!:i:/ ヽ::::l  `ヽ/  /l   /  /
                          |    ヽ  ヽ::! ヽ、 ー‐      , '  !/   ヽゝ、 /  / l      / |
                        !    ',   ヽ.  ヽ      ,....'::::    !  ノ   ヽ! / ./ l      / ,'
                        〉、    ,       ヽ __,∠:::::__  , --、,-、    //  ll     /  ,
                  , -― 7´        ,           r―‐'´r‐' ´   `ー‐く/       l    /



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ       「それは私じゃなくてベッケナー公に。
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧       あと、コナタにもちゃんと説明してあげてね?」
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大口を叩いておきながら、と謝るエルに首を振った雪華綺晶の視線の先には、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
721 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:52:01 bov0KbVo
二322.
――――――――――――――――――――――――――――――
  領主と同じ頃に意識を取り戻してはいたが、空中を見つめたまま
  遠目から見ても分かる程に震えているコナタの姿があった。
――――――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    ; l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ;
.    ;λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l;
     ; l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ ;
    ;j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ;
    ; |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l|| ;
     ;!::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|; カタカタカタ………



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「ええ、分かっています」                       ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                        |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                        |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
 (あんな状態のコナタを放ってまで行ったのに               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!、
  手がかり一つ掴めないとは………!)                  リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                     __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                 ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、
722 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:53:02 bov0KbVo
二323.
――――――――――――――――――――――――――――
  手短に報告をしてさっさとコナタの側に行ってしまったエルの、
  線は細いが背負う物がある後ろ姿を眺めていた領主は
  しばし考えた後にやはり検問を強化する事に決めた。
――――――――――――――――――――――――――――



                                 ,.-─‐‐ - 、
                                  /        `ヽ、
                                 /   , ‐-、      \
                              /   / ,人  Y^ヽ     \
                             j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                             \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                               `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
  「手遅れかも知れんが               /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
  検問の強化は行う。                 ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                  !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
  ホセイ君、役所まで一緒に来てくれ」             `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                     |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                   ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                 / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                              __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                         _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                       //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                      ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´     「了解であります」
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_
723 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:54:02 bov0KbVo
二324.



                  _,,..,_,..;  __
                 ,,-: '"      `'ー‐┐ _
               /'´            ´ <
              _/"               `ヾ
            r'        _  ,            )
          /      _,/´,;;..、ヾr'7 _,      〉
             !'      ,.' "´,_ヾ.、.; ´ーr' ,.    /
           シ  ,:-‐、  r''  〈o__ヾ.、ノ; _ ,,,,;'┐ ,.イ
           〈 .i )、ノ }. `'' ゙`゙  ,,:: r。ヽ`/ r'´
          ヽ;|´ !;.ヾ'~        ._  ヾ';:/r '´       「騎士団!街路に整列!
           ,,..-/ヽ'    ,.. -‐:、_    ‐'' .i
            /  ̄__~" ''ー-、'`'^-‐、`_ -、  |           打ち合わせ後、
           / /<>=,<>‐7  r=ヽ.,,__  ヘ l  〃、_       自分とジェリド班の五名は先に王都へ戻る。
.         / `"" ''‐‐=:-r'` ̄ ''_l ,!__ ,,シ ./ヾ、>、      休息を取っておけ」
      ┌`''" ̄''"~´     /"= _,,ヾ、 //. ヽ
|、       ./       _,,... -ヘ,,___ ‐''´    `゙''-、,  ヽ
. |      /   ,,. -‐''´     /           ヽ、 ;
 l    /  /.´         /              ヽ,
  l   i /          i                ヽ
  l.  |,/              l                ト 、.._
    l. |                |               ,,;:: ''´
    |.            ''               __,,,.....



                     __
                  _ノ´   `ヽ、
               厂           `>、 _
                  ノ´             `> 、
            .,.イ                   `ヽ
            / /                        \
              〈 {                         ',
              ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
            }  `     .,ヘ     }   __       l
             {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
               ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
             ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
             ∨   ,'      {             ミ:  ,'
                 ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'
               ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'    「了解しました!」
               !K:!    ̄´   l     ̄´   j_)}
               l(l:!       j        |)/
               ∨j        ヾ;>         j イ
                 ヾ、      ______       /|:リ
                 リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
             ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
              i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
              |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./
              |::::::::::::/⌒/::::::::/::::::::::::く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              |:::::::::///::::::::/:::::::::::::/´:.:.:.:.:.:.:>:<_______



―――――――――――――――――――――――――――――
  承諾した隊長の号令で、騎士達がぞろぞろと出ていって―――
―――――――――――――――――――――――――――――
724 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:55:02 bov0KbVo
二325.
――――――――――――――――――――
  ようやく静けさを取り戻した庭園の中央。

  前に出たやらない夫が複雑そうに言うと、
――――――――――――――――――――



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)       「………ご無事で何よりでした」
      |     ` ⌒´ノ
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l



                                        ,.-─‐‐ - 、
                                         /        `ヽ、
                                        /   , ‐-、      \
                                     /   / ,人  Y^ヽ     \
                                    j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                       l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                    \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                      `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                      /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                      ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                         !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
            「君達に、警護の延長と              `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
             日中対応の正式依頼を              |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
             相談しようと思っていた矢先に………      ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                        / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
             出し抜かれてしまったな」         __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                              //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                             ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                            /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                            /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」



――――――――――――――――――――――――――
  肩をすくめたベッケナー公は上手くいかないものだな、と
  髭を動かして苦笑いを浮かべる。
――――――――――――――――――――――――――
725 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:56:02 bov0KbVo
二326.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  防衛の主体は騎士達が担うべきだと思っていたとしても、
  今とは別の結果になっていたであろうその選択肢を
  自分の寄り道で潰してしまったやらない夫にはもはや、謝る事しか出来ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',     「遅れてしまい………
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      申し訳ございません」
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                            _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
                                          /       _,,ノ-、.,)、
                                         ./       /'   `ヽ\
                                         i     ,从iリ'      ヽ l
    「過ぎたことは仕方が無い、                        l   r''' ヾゝ        i |.
     敵の方が上手だったと言う事だ。                     .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
                                          !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
     どうやら騎士達の心証も良くないな、               ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
     このまま君達を雇い続けるのは難しいようだ………」     ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
                                        /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
                                      /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
                                     ,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
                                          ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
                                     .  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



―――――――――――――――――――――――――――
  街路に整列している騎士達をちらりと見やった領主に習い、
  視線を巡らせてみると―――
―――――――――――――――――――――――――――
726 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:57:02 bov0KbVo
二327.
――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は、錫杖を渡してしまった責任の重さに黙り込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |      「……………」
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )
727 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:58:02 bov0KbVo
二328.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  重傷を受けたコナタは回復したものの、精神的な衝撃が大きいらしく、
  エルが落ち着かせようと必死になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                            ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                      .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                            ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                             li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         「コナタ………」             ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                               ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                  ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                    ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                      l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                    ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                              ヽ ヽソ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    ; l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ;    「嫌い………
.    ;λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l;     魔法、嫌い………」
     ; l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ ;
    ;j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ;
    ; |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l|| ;
     ;!::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|; カタカタカタ………
728 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 21:59:02 bov0KbVo
二329.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  アストナージは殺され、館は半壊し、メイド達も疲れ果てた顔で座り込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  _.,.
              .:.:::"´
              i.:.::
             j    . .:´
             {   .:.:´
             ノ  {´
            {  :.:.
             `ヾ: :..  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     ______ `:. :、、..||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三 `:.. .:: ||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __:.:....||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| }. ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|ノ|...||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄{. . ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三.ヾ. . ''>.l..、/゙||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   _: .: : ;;;'\_ ゛  二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.! |.....| |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ________..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-:|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''
729 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:00:02 bov0KbVo
二330.



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::|
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'/
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\



――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫は敵の手に絡め取られ、護衛対象の錫杖も奪われた。
――――――――――――――――――――――――――――



                      ,.---ミ、
                      /     ム
                      {      }
                      V     リ
                      `||||___||||
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                         j-.!
                        ` ´



――――――――――
  それでも―――
――――――――――
730 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:01:02 bov0KbVo
二331.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも、まだ出来る事がある。
  歪められた流れを正しき方向へ戻すのに、何のためらいがあるものか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l
        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l       「―――あの!」
        . l      〈        〉       l
       .l        `ー――― '         l
        l                   l
       . l                   l
         . l                    l
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



――――――――――――――
  双眸に燃えるは決意の炎。
  握りしめた拳は覚悟の証。
――――――――――――――



                         ,.-─‐‐ - 、
                          /        `ヽ、
                         /   , ‐-、      \
                      /   / ,人  Y^ヽ     \
                     j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                        l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                     \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                       `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                       /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                       ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                          !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
                         `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
     「ん、なんだね?」             |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                           ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                         / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                      __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                 _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
               //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
              ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
             /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
731 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:02:03 bov0KbVo
二332.
―――――――――――――――――――
  その言葉は、英雄の誓いに他ならない。
―――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!     「錫杖は必ず取り戻します。
.      l               `ー‐ f r'      お約束、します」
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
732 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:03:02 bov0KbVo
二333.
――――――――――――――――――――――
  ところが。
  アストナージの家族に説明に行かなければ、と
  気の重いベッケナー公から返ってきたのは
――――――――――――――――――――――



             /       / / ,.-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ-、   `、
             ,'       ,' // ,'´               ゛!    l
             ,'      ,ヘ(/ノ                   l   |
           ,!     /                    `ヽ  |
           ,'     ,'                      } |
            l: :    'イ                       |  l
            |: : :     /             ヽ             | ,'/
            |: :/´ヽ、 i   ,. -――--- 、  ノ            リ,'
           ∨/´ヽ| ,'  ´ _ "´ ̄`゛ヽ, `"  /―--―-、   ,'/
           ! / /,' |  ;;;'''      `  ''  ,'( '"´ ̄ヾ   /ヘ       「………ハハハ。
          /', ! l| l                 l ヽ     =   lィ l        まぁ、頑張ってくれたまえ………」
          /.:.:.:.!ヽヽ`! ノ              l   l      ,'l ,'
     ,. -'"´:.:.:.:.:.:i l (ヽ_≦              , -、_ノ '´      ,'//
  ,,-'": : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽゝ:.:.彡    , --―- 、,,,,`‐''´__     ,'ン'^ヽ、
 //: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : :.:.l´|    "´´, ̄ ̄`""  ヾ―‐-゙ヽ  /:.:.: : : : \
//: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,|: : :.:.:.:| ',      ´ ̄`ヽー――‐,=-ィ     /!.:.:.:.: : : : : :\
/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:./:.:./,'   :l i           ` ̄ ̄´      //:.:.:.:.:.:.: : : : : : :\
: : : : : : : :.:.:.:.:.:.,'/     ヽ,,'',,         "゛      ,' i:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :\
: : : : : : : : :.:.:.:.,'       |  ヾ、"ヽ,,            _ / /:.:.:,.--、: : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : :.:.:|         ヽ   ヽ、`ヽ、__,,_       _// ̄ヽ/:::::::::ヽ.: : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : :.:.:|       ヽ    ヽ,,_,,_ ゛"` ̄゛_,!:::::/::::::::::::::::/.: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:l        ヽ       `゛^´ ̄´  |::/:::::::::::::/::::!/`ヽニニニニ'''



――――――――――――――――――――――――――――――――
  気休めをありがとう、と期待していないのが丸わかりの冷えた声だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ
733 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:04:03 bov0KbVo
二334.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでようやく、先程からずっと感じていた苦みが何なのか思い出せた。

  その苦みは冒険者の自分の、存在の軽さ。
  言葉の軽さだと言う事を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i      (ああ、そうだった―――)
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  後ろ盾のない自分の言動など、綿毛や羽毛程度に浮薄。

  前に居た国であれほど皆に受け入れて貰えたのは、
  偏に大きな信頼を寄せてくれた親友の父や上司、王位継承者の存在があってこそ。
  もう一つ前に居た国で自由に動けたのは、共に居た王族の存在があってこそ。

  本来、十八歳の冒険者はこれほどまでに軽いものなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
734 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:05:03 bov0KbVo
二335.



       ,,;;;-―'''''"'ヘ;;;;,,,
      /      _,,ノ-、.,)、
     i    ,从iリ'    ヾl
      l  r''' ヾゝ      ||
.     |  i.   ___゙ヽ,  ___ .l|
      !  i -< ・>ノ~ r<・>ii      「もう行きなさい。
     ヽ,r、|   ""  |~"" iノ      今日まで、ご苦労だった」
      !ゞ|   ,,,,,,,_ ソ;;,,,,_ i
   / `ゞ!     r‐'"""y;; /
  ,((    i ト,,、   ̄二"';./
   ヾヽ  | ヾ"''ゞ,,___,,,,,ノ;;"
.    `i i  !  """'''''''''''''"



―――――――――――――――――――――――――――――
  契約金の話はない。
  証を奪われた責を、それで不問にすると言ってくれているのだと
  察したやらない夫はただ頭を下げ―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                     / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                                                 (__人__)     |
                                                  (`⌒ ´     |
                                「お力になれず、   .     {           |
                                 残念です………」       {        ノ
                                                   ヽ     ノ
                                                   ノ     ヽ
                                                    /      |
735 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:06:03 bov0KbVo
二336.
―――――――――――――――――
  後ろにいた雪華綺晶を振り返る。
―――――――――――――――――



   !:::::::::::::::::::::::|          |:::::::::`‐-、:::!
  |:::::::::::::::::::::::l           |:::::::::::::::::::::::|
  i:::::::::::::::::::::::l             !:::::::::::::::::::::::l
  l::::::::::::::::::::::!            |::::::::::::::::::::::|
 /:::::::::::::::::::|               !::::::::::::::::::::l          「―――失礼します」
/_::::::::::::::::::::!                |:::::::::::::::::::|
ヽ、:::、:::::::::l                  i:::::::::::::::::::!
、ヽ、ヾ、:::|               |:::::::::::::::::::|、
:::\::\:::ノ               l::::::::::`ー==!
ヽ、:::ヽ:::!                  ヽ::::::::::::::::::::|         ザッ
 /`ヽ__/                  i:::::::::::::::::::l
 ̄´ ̄ j                   |::::::::::,ィ'=弌!、    ―≪(_  .:
¨ ̄´                    ヽ_ノ !ノ tf==、       \.,し
                        iニ`ヽ〃/  ̄`ヽ_       V
                           `ヽ、_゙ー‐‐'")      }
                                       /
                                     /
                                  ―≪´



―――――――――――――――――――――
  ―――未だ存在が軽くとも。
  言葉が軽くて、届かない事があったとしても。
―――――――――――――――――――――
736 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:07:05 bov0KbVo
二337.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  この国で今はそうだとしても―――
  月下に立ち、宣言したのは英雄の素質を持つ男。
  場所が場所なら、すでに英雄と讃えられる道を歩んできた存在なのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,


                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (●)(●)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll         「俺は錫杖とキル夫を取り戻しに行く」
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|
737 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:08:02 bov0KbVo
二338.
――――――――――――――――――――――――――
  それを受け、当然のように雪華綺晶は同行を申し出る。
――――――――――――――――――――――――――



      __     _
  ,. ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
//    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|       「私も行く。
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l        剣は無くなっちゃったけど―――」
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l      (君一人に背負わせるつもりなんか、ないよ)
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l
| ∧     丿 ,.У゚く ̄\   7|  |」  てヽ..ノ         
ヘ| ヽ  /   ー' ̄)ニ、 ニマ ゚ハ  '、_丿\         !
     /       (__r‐, >く゚/ ヽ  \   ___ヽ ̄\     l
  _r―y′          (__〉 <jヽ__)>、  `<_〈!  丿     l
/   /             >-、丿` ー―-- ニ ー      、
   |         /⌒ヽ_厂 ̄/         | \ ̄  `  、 ヽ
\__广 /7Tヽ   〈       /\       //    ヽ   \ \ \
     ゝ_/ ∨__,ノ      /| | ヽ    〈      '     ',  \
' ̄厂  /rヘ         / | | }┐   /        |     |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  肩代わりしようとしてくれている気持ちはとても嬉しい。

  だが、何の力も持たない町娘ならいざ知らず、自分は戦う力を持つ冒険者だ。
  ならば共に行かずしてどうしろと言うのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
738 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:09:03 bov0KbVo
二339.



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      「雪華綺晶………」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――
  もちろんやらない夫は複雑そうに片目を閉じたのだが、
―――――――――――――――――――――――――



                             / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                           ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                               /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                               //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                               ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                             /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                           _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                            /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
   「待っていられる性格じゃない、よ?」.  ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                                    / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                                  /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                                 /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                              , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                            /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                           __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                              ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                           ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                               /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                           、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                           ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言い合いも辞さないよ、と不敵に笑う彼女を論破出来るとはとても思えなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
739 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:10:02 bov0KbVo
二340.
――――――――――――――――――――――――
  だから、指を一本立てて交換条件を出す事にする。
――――――――――――――――――――――――



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |     「なら、一つ条件がある」
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                               ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                         _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                        ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                        l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                        l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                                        l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                           「条件?何?」    ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
                                      . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                      //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                  (後衛に徹しろって事かな?)   イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                        /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
                                       l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                          ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                         /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                         7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l
740 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:11:03 bov0KbVo
二341.
―――――――――――――――――――――――――――
  あれほど悩んでも見つからなかったこの剣を渡す理由が、
  今ここで生まれた事にやらない夫は驚いたが―――
―――――――――――――――――――――――――――



  O
  ((@))
   ト彡ヽ
    ヽ彡 、
     ヽ彡ゝ__ ___ ノ}          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      )rk´∥nて`-´.           |  この剣を自分の物として     |
     r=‐X)).Y |´           |  使ってくれ。             |
  _ xイ彡チキ.、:::|ヽ|           乂______________ ノ
    ̄  ̄ \`i`' ヽ
         ヽ ミ:ヽヽ
          ヽ ミ:ヽヽ
           ヽヾ.ヽヽ,
            ヽヽ ヽ.' ,
             ヽヽ. ヽ\
              ヽヽ. \ヽ,.
               ヽヽ. \' 、.
                ヽヽ. .ヽヽ
                 ヾ \', ハ
                   \ ゝ |
                    \ヽ |
                     `丶



―――――――――――――――――――――――――
  これも、様々な選択が絡み合っての結果に違いない。
―――――――――――――――――――――――――
741 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:12:02 bov0KbVo
二342.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  戦術でも立ち位置でも、心構えでも何でもない条件と差し出された魔剣。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ     「…………」
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      (まさか―――
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │       それで悩んでいたの?)
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



――――――――――――――――――――――――――――
  全く、女の勘という奴は恐ろしい。

  それだけで購入時に何を悩んでいたのかを知った雪華綺晶は
  じっと彼の目を見つめるが、
  困り顔のやらない夫は視線を逸らすと
  縋るようにバンダナに触れてもう一度繰り返す。
――――――――――――――――――――――――――――



                                    ―― 、
                                 / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
                                / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
                             / //〉  ( ー) (ー )  l
                              l  ´ イl   (___人___)  l
                    .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                    .       /   ハ !.!          !
  「その剣を使ってくれ」            /  /  ' ヽ           /
                           l   // 、ゝ       / ヽ_
  (気づかれた、か………?)      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                    .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                    .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                        / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                    .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                    .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                      /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
742 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:13:02 bov0KbVo
二343.
――――――――――――――――――――――――――――
  二人の間に微妙な緊張が満ち、
  先に解いたのはクスッと笑って剣を受け取った雪華綺晶だ。
――――――――――――――――――――――――――――



                         / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                       ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                           /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                           //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                           ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
               ・ ・ ・            /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
 「―――分かった、借りるね。     _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                          /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
  折ったり無くしたりしても、         ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
  恨まないでよ?」                     / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                              /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                             /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                          , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                        /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                       __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                          ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                       ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                           /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|              「いえいえ、決して恨みません」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./               (ほんと、適わないな)
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、受け取ってくれはしたが、
  その笑顔にも言葉にも含まれているものがある。

  顎に手を当てたやらない夫にはこの先もやられっぱなしの予感があったが、
  それも良いか、と享受する気持ちが生まれていたのも確かだったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
743 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:14:02 bov0KbVo
二344.
――――――――――――――――――――――――――
  と、やり取りが終わるのを見計らって、
  エルとどうやら落ち着いたらしいコナタが声をかけてきた。
――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     「すみません、こちらも落ち着きました」
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|    「……………」
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|



――――――――――――――――――――――――――――――
  見ればコナタの表情は今朝に比べてずっと暗く重苦しい、
  まるでやらない夫が来る前の日にまで戻ってしまったかのようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――
744 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:15:02 bov0KbVo
二345.



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                          「コナタも無事で良かった。      (__人__)     |
                                                 (`⌒ ´     |
                           具合はどうだ?        .     {           |
                           怠いようなら霊薬あるぞ」        {        ノ
                                                  ヽ     ノ
                                                  ノ     ヽ
                                                   /      |



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!   「………平気」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|



――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、話しかけられれば返事をする余裕はあるらしい。
  なら時間が解決してくれるだろう、と彼女から視線を動かすと、
――――――――――――――――――――――――――――
745 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:16:02 bov0KbVo
二346.
――――――――――――――――――
  早速ですが、とエルが本題に入った。
――――――――――――――――――



                                                  ,ィ
                                                /  ,// _、-
                                            , '/ /‐'::::,、ン'/
                                         , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                          _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                      r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                                     /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                                    /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                                    //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                     !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                     /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
 「それで、提案なのですが。                    /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
  私達も同行させてもらって良いですか?           /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                                 _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
  戦力としてはやらない夫や雪華綺晶の     ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  足下にも及びませんが」             / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                             ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                             ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                             、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                           .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                           .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                              i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                           .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                               ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                               iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「いや、精霊魔法や盗賊技能は
   |     `⌒´ノ        喉から手が出るほど欲しい、
   |   ,.<))/´二⊃        願ってもないが………何故?」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
746 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:17:03 bov0KbVo
二347.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  金銭的理由もないのになぜ、と言うやらない夫の疑問は当然なので、
  ここまで来て隠しておく必要も無いと
  エルは自分達の目的が妖術師である事を告白する。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                     |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                     /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                       { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「私達の目的はキル夫でも錫杖でもありません、           ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
  ティターンズの妖術師です。                         |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                           |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  二つの件の協力をしますので、                     ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  妖術師の件も協力してください。                         |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
  それが条件です」                                 リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                        __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                    ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                               ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                   l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                 | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ         「雪華綺晶、良いか?」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;            (やはり、妖術師狙いか。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、         どうやらかなり高位の術者のようだな)
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  どちらにせよキル夫、錫杖を狙う限り妖術師はぶつかるであろう相手だ。
  避けられないのであれば共闘した方が良いだろうと考えたやらない夫が意見を問うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
747 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:18:02 bov0KbVo
二348.



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      「もちろん。
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │                     ミュート
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !      ああでもエルは、どこでも静寂が使えるように
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八      コントロール・スピリット
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ      精霊使役  でシルフを手元に置いといてね?」
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂
  {!  i        | | `ー'⌒ヽ、__,ィ⌒ソ ,人        V     ヽ
  Ⅴ .|         | |   i   |!   / /⌒Vv/      }\    }



――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう言い合いはご免だよ、と頷いた雪華綺晶は一つ条件を出し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――
748 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:19:02 bov0KbVo
二349.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  急にいたずらっ子の様な表情を浮かべると、とんでもない代案も出した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                         / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                        i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                        ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                       .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                        li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
          「それか、風の精霊石でもいいよ?」        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                         !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                        ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                        //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                       / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                     / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                   / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                  /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                 ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ      「買えたら誰も苦労してません!」
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  精霊石は自然界の産物で、それぞれの精霊の力が宿る為に
  どこでも精霊力を利用する事が出来る精霊使い垂涎の品であるのだが、
  産出量がごく微量でお値段が超絶とんでもない。

  故に、エルが金切り声で否定したのも当然だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
751 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:20:02 bov0KbVo
二350.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その場には精霊石の一つや二つ、買おうと思えば買える富豪も居たが
  あいにく荷物には無かったし、
  今すぐ買おうと思っても店頭で販売されている部類でもない。

  精霊魔法は対魔法使いに効果的な魔法が多いとは言え、
  理力魔法にも対抗手段がある事から、頼りすぎないように注意する必要があるな、と
  心に留めておくだけにしておいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「精霊石は俺も持ってないなぁ………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (相手が相手だ、精霊使いが混じっていると分かっていたら
      ./ ノゝ     /        サプレス・エレメンタル  ニュートラライズ・エレメンタル
      i レ'´      ヽ        四大制圧の魔法か  精霊中和の魔法 をされるかも知れないし、
      | |/|     | |        慌てて買う必要はないか)



                               ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                  { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                    ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
   「上位精霊は希に喚べる程度ですので            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    余り期待をしないでください。                 |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                    ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
    それから………」                           |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                        リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                   __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                               ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                          ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                              l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                            | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                          、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、
755 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:21:02 bov0KbVo
二351.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    「戦力の偏りも著しいですし、
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       指揮はやらない夫に任せます」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y                         ,..::;ニ=-、
     /            ー┴、                       i::/     、
.    /               |                       ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
   /            \     |、                    /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
    i   /        \     ハ                   /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
    |  /          ヽ   |                   l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
    |  ,'             }  |                  ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
                                     /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
                                      !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!
                                      |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ  コクコク
                                      |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
                                      !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
                                      l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
                                      ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
                                     l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|    「え?
        r、      |   ` ⌒´  .|     仲間なんだし、対等で良いじゃないか。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     意見を出し合って………」
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



―――――――――――――――――――――――――――――
  年長者で思慮深いエルも居るのに、と突然の申し出に戸惑うと、
―――――――――――――――――――――――――――――
758 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:22:07 bov0KbVo
二352.



       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',       「また戦場で言い合いもご免ですし。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',       ですよね?」
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l



―――――――――――――――――――――――――――――
  襲撃の際に一悶着合った二人の間に、ピリッと火花が散った。
―――――――――――――――――――――――――――――



            , ィヘ ̄>y‐ァ-─ -、 _
            |/ 〈(薔)Y⌒ヽ      ``丶、
           / /( >‐< , /   !         \
         / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |
    / /     〉トト、ト、こ ニソ::::::::::::::r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′   「そうだね。
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′::::::::::::{ ,f○} 〉i::/ / /   , /      やらない夫が適任だね」
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|
        Vr‐-,  , 人_人_人/   / / ~~\ .:.:.::::::|
         ).::<_ノ入 _ _ノ入_/   //´        ヽ:::::::::|
   ─ <⌒Y´.:.:/。゚ /´ ̄`7弐く7 /   //           `,::::::|
759 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:23:02 bov0KbVo
二353.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  少し迷ったが、幸い自分は父の教育のおかげで知識や戦術論をそれなりに備えている。

  何かあったら遠慮無しに意見を述べて欲しいと前置きをしてから
  その役に就くことを了承した彼に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'      「ただ、言いたい事があったら
     !                     /       どんどん言ってくれな」
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                  ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                 i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                               i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                  !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                     .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                  i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                 !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
       「差し当たっては、                   /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
        何処に向かいますか?」            '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                     `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                     .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                       ヽ、、      /::::    : //
                                           i    ., '""'-、,,__.._ //
                                          ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                  |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――
  早速、試すようにエルが目的地を聞いてくる。
―――――――――――――――――――――
760 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:24:02 bov0KbVo
二354.



                       , -、
                  , -   / /
       / ̄ ̄\      / ノ/ /
     /ノ \_  \    / / /`ヽ
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}
    (__人__)     |   {    (__/}
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ
      {        |   /   ,;-ー'´
      {         /  . /  . ノ        「王都か、ティターンズの本拠地か迷ったが、
       ヾ      /  / ./          王都に向かおうと思う」
       ソgヘ二ニ=7./  /
      ∧ii/ oィ/厂  /
     / .|//=≠. r'´
     l  |。     `~/
     /  |。      /



――――――――――――――――――――――――――
  これには間髪入れず、北西の夜空を真っ直ぐに指さした。
  彼の中では行くべき場所がすでに決まっていたのだ。
――――――――――――――――――――――――――



                                         ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                         / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                        i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                        ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                       .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                        li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                      「その心は?」          ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                         !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                        ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                        //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                       / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                     / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                   / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                  /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                 ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、
762 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:25:01 bov0KbVo
二355.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       「盗賊ギルドなり、なんなりに尋ねれば
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ        奴らの本拠地がどこかはすぐ分かるでしょうが………」
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ                (まぁ、四人で踏み込むのも馬鹿のする事です)
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫、錫杖、妖術師の三つを追うのであれば
  錫杖が持ち込まれるであろう本拠地が優先のはずだ。

  何故王都を、と解説を求めるエルに腕を組んだやらない夫は
  自分の考えを告げ―――
――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;                「時間が無いのか分からないが妖術師が表に出た以上、
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、             残り二つも強攻策で奪いに来る可能性が高い。
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_           なら、確実に来るであろうどちらかの町で待つべきで、
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ         ここから近いのは王都の方だ」
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
763 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:26:01 bov0KbVo
二356.



                                ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                 |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                 /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                   { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                     ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    「………ああ、なるほど。                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
     まずはキル夫を助けたいんですね」           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                          |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                         リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                    __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                           ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                               l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                             | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                           、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルはそれだけで、襲撃の場に居たいと言う彼が何を考えて居るのかを察した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ 
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!   「?」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|
765 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:27:01 bov0KbVo
二357.



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     「そうだ。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/      人前で利用された場合、遅くなればなるほど
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       キル夫を助けられる可能性が下がる」
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



―――――――――――――――――――――――――――
  命を助けるだけではない。
  社会的な立場をも助けようとしているやらない夫の考えに、
  雪華綺晶もようやく話が見えた。
―――――――――――――――――――――――――――



                                _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                               ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                             ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                           ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                           _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
       「確かに、王都強奪に        . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
        利用される可能性は高いね。    l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                            }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
        そして、洗脳されているとは     \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
        誰も知らないわけで………」       ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                              / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                           .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                            / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                           ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                             /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )
768 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:28:08 bov0KbVo
二358.



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',      「それもだし、 洗脳されているからと言って
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      やってしまった事が消えるかどうかが分からない。
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l     前例を殆ど聞いたことがないから、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!    余計な事をさせられる前に助けたいんだ」
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
                                        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
                                        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
                                       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
                                        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
                                      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
                                       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
    「アストナージさんの件もあるし、ね………」       7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
                                  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
                                   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
                                  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
                                  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
                                 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
                                ..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
                                    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
                                  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
                                 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
                                 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \
769 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:29:03 bov0KbVo
二359.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫の言うとおり、
  戦いに利用される可能性が高く、さらには単なる敵と認識されて殺されるか、
  捕縛される可能性が高く、
  洗脳されているからといって無罪になる可能性も分からないキル夫の身柄を優先すべきだろう。

  場合によっては妖術師との接触も考えられるので実に合理的です、とエルは納得し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、        「良いでしょう、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_       その案で行きましょう」
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /
771 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:30:02 bov0KbVo
二360.



                         , ----- 、               / ヽ
                        / ___ \              /ヾ /
                         i.ノ/: : : : : : `ヽ;-,           /ヾ/
                     |:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ:|            /ヾ/
                        | ( ●) (● ) |.、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i       「よし、早速―――?」
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ           グウッ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |



――――――――――――――――――――
  出発しようと促しかけた耳に届いたのは、
  腹の虫からの苦情だった。
――――――――――――――――――――
773 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:31:02 bov0KbVo
二361.



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V     「………お腹すいた」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l   グ~
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/   キュルルルル
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



――――――――――――――――――――――――――――
  どうやら音の出所は、お腹を押さえて蹲るコナタだったようだ。

  言われて気がついたが四人とも昼飯を食べ損ねており、
  このまま出発するには心許ないのも確かである。
――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)           「そう言えば昼飯食いっぱぐれたままか。
          |     ` ⌒´ノ          どこかで晩飯を食べて、
        |         }          準備をしてから出発しよう。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,        せっかくだし、今日は俺がご馳走するよ」
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
774 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:32:08 bov0KbVo
二362.
―――――――――――――――――――――――――――
  微笑んだやらない夫の申し出に、まず食いついたのはエル。
―――――――――――――――――――――――――――



                     , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
                      ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
                 / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
               / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
               ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
        .       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
            ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
           ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
            メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
            イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
           ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
        .  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
        .  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
         ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
            !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
        .   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
           '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
                    ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
                  !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
                       `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                             /             ゙'ヽ、    ヽ
                             /              \ ヽ,     \
                             ゙|                   \ i       ヽ
  「何処へでもお供します。             l                 i   、.i.',     ヽ
                              i              !   ヽl ',     ヽ
   ですが、せっかくなので              !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
   高いところを希望します。             ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                                 ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ
   走り通しで血糖値が足りないんです」        ヽ、       / ,'     ', ヽ      ',ヾ.
                                    `ヽ、     / / !     ',  ゙i        ', ヽ




―――――――――――――――――――――――――――――――――
  冗談なのか本気なのか分からないが、
  すでに庭園から出ていこうとしているその顔は戦っている時よりも真剣だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
776 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:33:02 bov0KbVo
二363.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  毎回奢りは問題だが、記念日にリーダーとなった者がふるまうのなら問題ないだろう。

  目的が見えて、前に進めるようになってやっと、
  明るい笑顔を浮かべることが出来た雪華綺晶も後に続き、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                /⌒フ薔}r -  ─ -  ─- .
                                  /  ≫'"             \((r-r── 、
                              /  / /                 {斤心}   ハ
                                 { / /                 辷炒、     :
                              /  /   /      |    |       ノハヽ   
                             ,'  .′         |    |  |     ´ | |   |
                              |  |    /| |     l  |    |  |  }      | |   |
                              |  | | i | |     l-‐|‐-  | ,  !      | |   |
                              |  | |ィ{{ヘ. !  , / / ハ  /| .  .′   | |   |
                             !ハ!{⌒くΧハl / /! r=ミ、_!//l/  /       .′|   |
                               | { { 必イソ`   f泛沁㍉/  /      |  |   |
                               | {込ニイ     ,込r:少 /  /  /    |  |   |
 「今日は甘えちゃおう、かな」              / l |/l '          /  /  /     .|  |   |
                                / ハ| ヽ  、 __      /  /  /      |  |   |
 (結成記念だし、まあいいか)  .          / /.// // )      /  / .ィ⌒゙\    |  |   |
                              / / /゙ / /`ー─‐t /  //     ヽ  ハ |   |
                            / / / / /⌒i(Y⌒Y´/  /´         ∨、∧|   |
                    .     /   / / {  ' /⌒l_沁t  }             ∨  |   |
                    .    /  / / ∧    / ,)沁t|  /            人  |   |
                    .. /  /  {  | ∧     イ⌒(_人 {           /  \!.  |
                    . /    /   | 八 ハ    |≫≪ンリ                ヽ  |
                    /    /    Y   \ハ_   |⌒Y⌒)|              /  |
                        /     |i     ) (ノ⌒卜-イ八              /l   |
779 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:34:02 bov0KbVo
二364.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  食べられれば何でも良いが、とにかく空腹で辛いコナタが三番目に庭園を出る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|    「何でも良いから、早く………」
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|   グゥ~~~
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!
783 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:35:02 bov0KbVo
二365.
――――――――――――――――――――――――――――
  この時、肩を並べて歩く四人の道は確かに重なっていた。

  生まれが、育ちが、これまでの道のりが異なっていたとしても、
  同じ目標を目指して歩を合わせていた。
――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  コナタは無口なのに、           |
|  腹の虫は雄弁なんだな、ははっ。    |
乂_________________ ノ
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:.
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:.
          : :. ::..       .: :. .:.::.
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :.
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:;     |  育ち盛り………   .|
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:                 乂_________ ノ
|  やらない夫!                |. .. ;:   ,.,.,
|  甘味も頼んでいいですか!?   |
|  もちろん食前と食後に!     |
乂______________ ノ
                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  エルは甘い物好きなのに       |
                            |  身体の線が細くてずるい………   |
                            /乂_______________ ノ
                              / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
                          / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
                           / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:# :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
:.:.: :.: .:.I/l⌒l\I:;; .:.:.:.: : . I/l⌒l\I .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
:. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.||    |    ||:
:. .:.:.:.:. |==|==|==| .:.:.:.: : .:.: |==|==|==| .:.:.:.: :|  |:.;.:.:.:.:||__|__||:.;,:.:.:.:.:,:.:.:.:.||__|__||:
:. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |┏───────────┓:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. .:.:.:.:. |==|==|==| ;; .:.:.:.: : .:|==|==|==| .:.:.:.: :|  |∥:.:..【料亭】 ~新しい絆~ :.∥"゙ ̄ ̄ ̄
√:.:.:.:.:|_|_|_| .:.:.:.Χ.:.: |_|_|_| .:.:.:.: :|  |┗───────────┛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. .:.:.:.:.  ̄ ̄ ̄ ̄:. .:.:.:.:.::..:.: ̄ ̄ ̄ ̄ .;.:.;,: :| [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



――――――――――――――――――――――――――――
  このように互いの境遇に捕らわれず、
  力を合わせて戦う冒険者の姿に憧れる者は多い。

  ―――たとえその後、それぞれの道が分かれていくとしても。
――――――――――――――――――――――――――――
784 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:36:02 bov0KbVo
二366.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  果たして、キル夫の道がこの四つに重なる未来はあるのだろうか。
  重ならずとも、暗い闇の中から引っ張り上げる事は出来るのだろうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(○)ヘl;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")
786 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/02/06(日) 22:37:02 bov0KbVo
二367.
――――――――――――――――――――
  今言える事は一つ。
  英雄の手が、やがて差し伸べられるだろう。
――――――――――――――――――――



                                   (´`ゝ;_
                                   ヽ,   `ゝ、
                                     ゝ/  `;:,
                                      `ゝ、 ;;;;\、
                                      /(;;;;;;;:  ;;;;ヽ、
                 r'"::::::::::::::         __,,.:;,:;:;,:;:;.:; :゙´´゙゙\:::::;;;;   ::::;;;;`ヾ;;;;; ̄
               /   }/⌒;       (´ ::::::;; _;;__...,;;;  ::::ヽ;;\;;;;   ;;;;;;;:
             ,,/,,  ,、.,/ 丿       `´´ ̄ .,:;イ ::;  ::;::ゝ;;;;;;;;    :
           /~   ヾ::::ツ,、/        ,,;:;::;:´´`:::::;;;;入;:;;   :::ヽ;;;;;;;\:::::::::::::::  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         , '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;ツ        ( ....,,,,,;:;;;:;;:;:;::; ̄;;;;;;       ,.,,.,.;:;:;-‐゙´
     ,    ,.'      j゙,,, ´ 7          (  ,,,...:::;-‐゙゙゙゙^> :::;; ;;,:;:;:;-‐~´
         /    __,,.ノ:::::::: /_____          `´    ∠::;:ゝ´ ̄
        /  '''"/;;;;;;;;;r:::::::ゝ  丿              ,.;::;;/
       ,'     '、;;;;;;;;   / ̄              ゝソ
       ,'            /
     V           /
     /         /
     /   ,.、     /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その時掴むのか、振り払うのか、邪魔が入るのかはまだ―――誰にも分からない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
788 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. [sage] 投稿日: 2011/02/06(日) 22:37:28 bov0KbVo
本日の投下は以上になります。
閲覧と合いの手をありがとうございました!

次回は第二章第六話(ラスト)になります。



第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 第六話へ


スポンサーサイト
  1. 2011/02/06(日) 22:47:55|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫が破滅の剣を手にするそうです 第二十六話 | ホーム | やらない夫は職探しをするようです デミトリ編1:自信の持ちすぎには注意しましょう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/1422-4c1df3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。