俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やらない夫は約束を守るようです 第二章 魔竜襲来 第三話前半

87 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:00:05 uiHBGRsI
二144.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルとコナタが西地区に近づくにつれて、避難する住民の波は途切れていった。

  代わりに伝令の衛兵や集合する騎士、奔走する冒険者や司祭、
  治療師、薬師に道具屋が雨中の往来を行き交っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ人_人_从人__从人__从人ノ
 <                                            >
<  目標は西地区十一番街を抜けて北地区二番街へ侵入!          >
<  サイサリス、ガーベラ分隊はデンドロビウム隊との合流急げ!!     >
 <                                            >
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY⌒YY
                                                ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノ.ィj、ノv1
                                                 )
                                              ‐=、´  なんで部隊を分けるんだよ!?
                                                )
                                               , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘト、!yヘ!ソ
  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__人ノ
 <                           >
<  また飛んで逃げられたらどうする!      >
<  包囲すら一度も出来てないってのに!!  >
 <                           >
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒YWY




                 ヽ 「      /___  _   .    ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i
\\     \   .i 廴....、  _/ 、 ゛ ┐|       ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |
                r''リ-、 `'、 '''´   、 ナ |  ..      ヘ\_|   i   lソ...\
       \    .ヽ| `'ン' ,,....-=" -∥         ヘ     ゝニ,'′          \
      \      .ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i   .        ヘ'    !
                 ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |           ヘ    i . \         \
     \            ヘ\_|   i   lソ             ゝ、,, -                \
            \   .ヘ     ゝニ,'′ ....          / ̄‐ -l          \
                     ヘ'    !               _ムユ 、  〕 :::::
     \               ヘ    i    .....        ..く- ∟..l/ ::;;::::     \
                   . ゝ、,, -            \
    \                 / ̄‐ -l                    \               \
                      _ムユ 、  〕 ::;.:       \                \
                     ..く- ∟..l/ ::;;;: \
             \       \       _n_n__00        \_n_n__00        _n_n__00
   \                         └i_n┌'    [][]「l  └i_n┌'    [][]「l  └i_n┌'    [][]「l
                               く丿      くノ    .く丿      くノ     く丿      くノ
 \         \              \               \                 \
                    \

88 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:01:01 uiHBGRsI
二145.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  圧倒的な力を前にして騎士達の強固な意志にも亀裂が入り始めている。

  無理もない。
  現時点で希望と呼べるものは殆ど残っておらず、
  多大な犠牲を前提とした最終作戦か壊滅かの二択が突きつけられているのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         _
       // ̄ ̄ヽ
      /--      ヘ
     / ○二二二二l |
     /`// へ__,' /
    ./ // / |   ,'Θ,'
   / // /  |  ,' ,'
   ヽ/ /  └‐┘ ヘ        「ぜ、前線は嫌だ………
   /ヽ______)         邪竜ごと隕石に撃たれる役だなんて………!」
  /  /i     ゝ
  l__/、    / ̄ ̄''''ヽ.
  |\  \  /       \
  |ュュュト'´  |         ヘ
  |ェΞ|   |          |
  \ |   \        丿/
   ヘ|    \\、    / ヘヽ
    l\    ヘ `''''''''''"  {  〉
   ┌|\\    \    ヘ //ヘ
   | |、 `'''‐-、__\─'´::::::::/  |
   /`―-、__,----,―' ̄ ̄   〉
   || 凹叶(◎)||災災|      /
   |`‐‐‐‐‐‐‐‐l__//\    /
   i、ヘ   i    // ヘ`‐‐‐´
   |ヽ、\\   /::::/   ヘ
   |   ヽーlニノ     ヘ
   |   /  `ヽ      ヘ



            _冖___
          / | |  ヽ
         /   | |   ヽ
         |       └|
         ( ニニニニニ l
         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔
         (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )          「バカヤロウ!それでもフリートの騎士か!?
      / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
     /   ,'| i\(0)只(0)// ̄`ヽ、       俺達がやらずに誰がやるってんだよ!」
     |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
     |\_|   ,'     |\     ヽ
     |   |   i     ヘ \―----'゙
     |   |   |      \|     |
     | ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
    |    |ヽ          ヽ __--i
    〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |

89 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:02:01 uiHBGRsI
二146.
―――――――――――――――――――――――――
  その最中、目的も分からずに駆け通しだったコナタが
  とうとう足を止めた。
―――――――――――――――――――――――――



    /:./       ヽ
    {:/           |
    l{
__,,... . .ゝ,,_
: : : : : : : : : :`:`: 丶. .、,,__
.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; `i
: : : : : : : : : : :./: : : : :,!i: : : : : : ト.、
.: : ; :'′   /    / !    .l: :.ヽ
:/: : : : : ; イ: . . . ∨   !. . : : :l: `、`、
: : : : : /:/: : : : : / \ l: : : :/: : :.!、:.ヘ
.; : :'": ::/: : : : : ;.'__`ミ!: :./: : : : l ヾハ
.: : : : /: : : : :, イ {/示牙 !:/: /:: : :.l  Ⅵ
.: : :/: : : ;/|:::j   |:'r! j/::/ i::. :,!  ゙}
: :/:ィ''"!:::: : !::l   ,.ゞユ {/   i::/
.:":::ヘ ゙ l::: : :|::!   `´  `i   !'
: : : : : }''l: : : |:| /``¬ /           「ねえ!
.: : : : / i: : ::!レ'゙    〃
: : : /  _}: : l|_    /              ねえってば、どうするの!?」
.:/三ミ\、i: :.|:::`:¨:´!
〃〃⌒`ヽ!: :!:: : : :.j



                                ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                 |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                 /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                   { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                     ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                       |/l:ハ   、 __    u.  ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                  「……………」          ノ ノ' l心  `ー‐一` u.    ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                          |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                               ハアッ、ハアッ    リ ヽu.     ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                    __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                           ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\  u.    /   : ヾ丶、
                               l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                             | |      ヽ  \   ヽ        i    u.      ノ /  ヽ、
                           、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

90 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:03:01 uiHBGRsI
二147.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  無我夢中で走っている途中に飛び込んできた情報によれば
  邪竜は冒険者や騎士団を馬鹿にするように飛び回っては各個撃破し、
  そのうえ避難中の住民を手当たり次第に襲っているらしい。

  無論、平和を脅かす者を憎む気持ちは彼女らだって同じだ。
  されど竜殺しの称号を持つ超一流の集団ですらない自分達に、
  いったい何が出来ると言うのか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



     _____    _
    `ヽ、:_:.:.:.:.:`ヽ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
       `>: : : : : : : : :.:.:.:.:::.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
        /: :,ィ': : : : :/ : : : : : .:|::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
       /::;//:.:.:.:.::::/:.::::::::/:.:.:/|:.:.::::.:.:.:.:.::|:.:|:::::.:.:. ヘ: : : : `ヽ、.:.:.:.::ヘ
     j:;/ /:.:.:.:.::::/.:.:::::::/:.:.:/  |:.::::::.:.:.:.:.:|:.:|ヽ、::::.:.ヘ.:.:.: .: : ハ::.:.:.:.:ハ
      ´ /:.:.:.:.:.:::::|:.:::::::/::.::/   |.:::i|:.:.:.:.:.:|:.:|  \::::.:ヘ.:.:.:.::::.:.::ヘ:.:.:.:.:}
        j:.:.:.:.:.|:.::::|:.:::::::|:、/    |:::|:i :.:.:.:.:|::|    Χ:::.|::.:.:ヽ、:::.::ヘ:.:.::|
        |:.:.:.:.:.|:.::::|.:::::::::|:.;|\   |::| |:.:.:.:.:.|:|  /  |:.:.|.:.:.:.:.:.ヘ:::::::ヘ:::|
      |:.:.:.::/|: ::::|:.:::::/|;/__ヽ、|:| ∨:::ヽ|j/ ___.|:/.、.:.:.:.:.:.:.ヘ::::.:ヘ|
       |:.:.::/ |:.::::|:::::ハ. }テニ弍オ|:| ∨:.:.::|  テニ弍オ7|:\:.:.:.:.:.:..ト、::ヘ、
      |:.:/   |:.::::|/:::λi |o:tィ::;|`  ∨:::|  |o:tィ::;| '|:::::::|\:.:.:.|:::\::〉
      |:/   ヽ、::::|.|::ハ 、i込:沙     ヽ:|  !込:沙 |:::::::|ノ::`ヽ|::.:.:{`
        i^ヽ    ヽ:|j::::::j       ,          ’ |:i::::.|:::::::::::.::.:.:.|    「住民の救護?
       | ,|       |::::::::l、                 , ':|::|:::.:|:::::::::::::::.:.:|     騎士団の援護?
        j. |       |: ::::::|:ヽ、     Δ     ィ´:::::|::|::::.:|::::::::::::::.: :|
     j^ヽ、.|/´j   |:.::.::::|::|  `>‐ ァ -- -‐ "/    |:'::::::.:|:::::::::::::::.:.:|    それとも………」
   /^ヽ ヽ_〉 /   |:.:.:.::::|::|ィ´   |       /    |:::::::.:.:|`‐-、_:::.: :|
   〈___,>-'´  } ,-‐|:.:.:.:.:::|:|      |-─‐-、/      |:::::::.:.:| ,/ / `ヽ::|
   `ヽ、   ,ノ /   |:.:.:.:.:::|:|      |    /     |::::::.:.:.|/ /   .ハ

92 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:04:01 uiHBGRsI
二148.
―――――――――――――――――――――――――――――
  逃げる?と言う言葉を遮るように、エルは何度も何度も首を振る。
―――――――――――――――――――――――――――――



       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!          「放っておくわけにはいかないでしょう。
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ                ………ですが私達が戦いに加わったところで
              リ 、 /  ―ー '''"""f,            役に立ちそうにありません、
              / _冫'''~            ',             被害の大きいところで救護をしましょう」
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  復讐という究極の目的があるからには、自分達に必要以上の危険が及ぶ行為はできない。
  だが、人としてこの状況を見過ごすこともできない。

  その狭間で出した判断に頷き、コナタが周囲に視線を巡らせた時だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                __
              / ̄`ヾ:`:.
             {     ゙!:.}
              /:\_,∠.._
         _,. _-_:‐:‐:|: : : : : : : : 、:`: .、
          /´: i.:,!: : :|:i!: 、: : :丶: : ヽ
         /ィ: : : ll. !: : |:!、ト、: : : : \: :i
        .//./: : : ;1! ∨: l|_、斗‐: : : :ド:、
       〃 !: : : {T¬ V:.{. __⊥:ヾ: : l: : !
       '′ |: :.;!:iハ_z=T ゙、:. T不l ハ: l: ;l
         .l :ハl:::i ヾツ  ` ゙ー:i::::ヘ:|/
          V  ゙!::ト..,,_  ,、 _,、イ:::::バ'     「分かった、そうしよう」
             l::::|::::::;フフ .,!'゙'l: :/:::::i.
               l!::|//´>'゛_,!:./ュ::::::l
               l};.|i!.j /,,-''.イ/‐¬;::::l                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
            ./ ゙{、i!/''///     i::::!                     )                  >
            / _,,.-火゙、 '"i    i:::i                    < あ………あなた方は!? >
            ゙く  ィ、  \j    ,l:::|                       <                 (
                                             /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^

94 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:05:02 uiHBGRsI
二149.
――――――――――――――――――――――――――――――
  大声に振り返れば、ぱっと顔を輝かせて向こうから走ってくるのは
  見覚えのある聖騎士。
――――――――――――――――――――――――――――――



                 _______
              ,、-'´         ``'''- 、
            /|   i、           `ヽ、
           r'/|  i |ヽ               \
            |/ /∧ | | ヽ             ヽ
           l// / l |  |  \\...:::|  |       ゙!
           |/ .!フi ヽ|.  |:---\\:|  |i :::::...       |
            || |l l:゙!  ヽ ゙、'´゙i゙ヽ\l|   || |:|:::::...  .::|::: |
             || / /   \ヽ |:::し|| |  || _|:|ヽ::::.. .:::|::: |
             |!.|ヽ      ```''" | |  ||´r'`i:ヽ::::i::::|::: !
             | |!              | |  |rj | |:::ヽ:|::|:|:: |
             | l|゙! ` 一      / j:::  |-‐'ノヽ:::::\|::〈
          | |:::゙i          / /:::: |'T´ヽ::::ヽ::::::\:ヽ       「間違いない!
          | |:::::゙i        __/::/.::::: | ト、:\:::::ヽ:::::::|./:゙i       ビップ様のお仲間ではありませんか!」
           | |::::::::`Tlーt‐‐ '"|//.::/::::::: j__⊥゙!ヽ:\::\:jノ:::∧
           | | ::::::::::||  ヽ==l/.::/::::::::/、-‐'''ト 、:::::` ー-、// }
             |  ::::::::::||   | | r:/.::/:::::::::/:::::::::::::ヽ:::`ヽ、::::::::::/:/
          |  ::::|::::::|   | | |/.:::/::::::::/:::;、-‐'''" ̄ ``''-、:::\ト、
            |  ::::i|:::::| _r'゙r'´/..::/::::::_/'´             `ヽ;:|::|
         | .:::::j|::/_,.rク /..::/:r'´/                ヽ|
          | ::::/---、/ /..::/:::|  |               |\
            | :/    / /|..::/:::::|  |               /  ヽ
        ./|   ,ィ / /:::|:::|::::::j  j              /   }
         /  レ'´/ /   ̄|::|::::/。 /。           ,、-'"    /
      / / /  /    ̄ ̄|::|:::|ーr〈 。       ,、-‐'´      /
      / .|  |   |      |::|:::|::ハ::Yー──''"´         ,.イ:|
      { |  |  |      ヽl::ト〈:::::::ヽ゚          __,、-‐'´|:|:/
      ゙i |  |  |       ヽ \:::::::`i` ー──‐'''"´  _,、-'゙ V‐'"⌒ヽ、
      ゙i. ゙、 ゙i  |          \::::|` ー-----─‐'"_,、-'´      ヽ
         ゙、 ヽヽ  |              `入`ー----ァ'⌒ヽ//        ヽ
        ヽ ヽ-‐┴‐-、、..___,、-イ/ ゙i:::::::;、-'´    Y           ゙!
        ヽ:::_____:::::::::::__,,、-‐Lヽ--'゙´        |              |

95 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:06:01 uiHBGRsI
二150.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  部下の六人を引き連れ、息せき切って駆けてくる彼女に目を丸くしたエルが問うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                      /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                        /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                      ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                      /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                    /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
             「エゥーゴの聖騎士さん?             i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                       'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
              どうしてこんなところに」            'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                           ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                         ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                              リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                  ``ヽ、 //  〃         ヽ



      /  fl   / |l   /|| !  \\   ハ
      |   |l  / |l  / |リ   \\  }}
      |   | / /|    |       ヽミVl}
      l   |l/ /^|    「 ̄¨¨"''  ''¨}lリ
      V  / / :|    | 「|「「`   リ「
      ∧V 人_.,」    |:  じ    ゛{
     _{ {ミ`─---|    |           |
     { \\___|:    ハ          ハ
    こ\ \ 〔77|     ',     ‐ ,イ !
    =─‐==ニニミ〕/∧    ∧r‐rr-イ ! |
            ヽ¨ヽ,      V》》  |  l |        「使節団として訪問していたところなのです!
                }  }      ∨{,  |  | |
                |  l      Vミx|  |l l         あなた達はどうしてここに!?
                |  |l、     V、 |   | l           あの方は居られないのですか!?」
                | ノ∧       V,|   |l |
                |///,∧.     Vl   | l
     ̄¨'''¬=‐- //////A       Vl  |l |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  お互い様です、と少しだけ微笑んだアグリアスは二人しかいないのかと
  その姿を探すように周囲を忙しく見回した。
――――――――――――――――――――――――――――――――

97 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:07:01 uiHBGRsI
二151.



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i    「私達はたまたまこの町にいたところでしてね。
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l    それからご期待に添えず申し訳ないのですが
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i    やらない夫は居りません」
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /



                  ,,、,、、-‐-、.,
               ,、-'゛ '゛   `  ゛'‐、,
              / ,r .i   、  、ヽ, ヽ
.             / ,' /'l; l、ヽ.  \ ヽ ',  ゛、
.            ,' :l;. / l:.l、\、.  \ '、;  l
             ,' .:l:./  '、'、. ヽ、\ ヽ、; :l l,
            ,' .:.:l:l,、--‐'ヽ、 `゛'‐、,ヽ ゛、l .l
            l  ..:リ、,--ェ、 \ ,ィ''‐‐ァ ゛、:. /
.           l  .l ヽー'    .`'‐‐'  l :.:lノ
            l.: :.l.'、     l;      ノ, .:lノ、
            l  l. ヽ、   、ー‐   ,イ:.:.l :.l/)       「………そうですか」
            l  .:l.  ゛i 、.,    / .l.:.:.:l .:lィ゛
            l  .:l   '、,、l゛'0''゛-‐-l:.:..:l  l 〉
.            l  l    l'"゛lll::::::::::::::゛);l. l/
            l  l   ノ::::::lll:::::::::::::::(:.l  l
.           l   l,、‐'゛':::::::lll:::::::::::::::;;;;`l:.  l,,
          ,、-i   lヽ:::::::::::::l l l:::::::::::::::::::ノl  l:::゛"'‐-、,
       ,、-'゛:::::l   l、ヽ::::::/人ヽ:::::::::::::::lノ  l:::::::::::::::::::゛'l



―――――――――――――――――――――――――――――――
  やはり、そのような奇跡はあり得ない。

  アグリアスは口の中だけで呟き、そして、
  自分が思った以上に期待していたことに気付いて内心驚いてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――

98 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:08:05 uiHBGRsI
二152.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  酒場の噂でミネバ王女が訪問している事は耳にしていたコナタが問うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N     「こんなトコにいて良いの?」
         `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
         │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
            .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
           .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
             |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
            |: : : |  .| / // l l /,´/  |l



                                              ,. -──- 、
                                             /        `ヽ
                                             /              ヽ
                                          ,ハ        、     l  l:...|
                                           l:l\     ヽ ヽ   .l  l:.:.|
                                           l:l   \,. イ   l  } ノ:人
                                          !ミ  ´i::ノ人   V⌒).イ`ヽ\
            「フリートを援護せよと                     ヽ:l       ';  l _ノミミミヽ.: .ヽ\
             ミネバ王女のご命令なのです。           ,.小 __    ノ 「_⊥ミミ:ミミヽノ. :人
                                               / } ヽ __,. イ  /.:.:.:.:.:.トミミヽ彡'.:.ノハ
             もちろん王女は護衛と侍女を連れて       / /  .:::::ノ/  /.:.:.:.:.:.:人ミ辷彡'ノノハハヽ,. -─- 、
             すでにこの町から脱出されております」      / /  ,. ィ´/ /.:;.ィ´/ /´  ̄ ̄``ヽ彡'ノノ´  ̄` `
                                         / / // / イ.::://:/  /        ヽ ̄``ヽミミミヽ
                                       l / / ./ / __」 イ/:::′./           j    `ミミヽ
                                       l/′/ / /    {::::l /          /`ヽ    ヽミヽ
                                        { 1 ´        ヽ:ヽ\ /`ー-----‐'   j!     ヽ
                                         Vハ          \\\ヽ     __ ,.. イ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  後顧の憂いはありませんと覚悟を―――
  最悪、母国ではないここで死ぬ覚悟を決めているかのような表情で彼女は頷いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

100 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:09:01 uiHBGRsI
二153.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  逆に、復讐を遂げるまでは何があっても死ぬわけに行かないエルは、
  そんなアグリアスの横顔をしばし見つめてからどうするかを決める。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                 |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                 /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                   { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                     ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                       |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                     ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
      「………コナタ。                           |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
       私達は彼女らに同行しましょう」                リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                    __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                           ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                               l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                             | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                           、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



          __
        / ̄`ヾ:`:.
       {     ゙!:.}
        /:\_,∠.._
   _,. _-_:‐:‐:|: : : : : : : : 、:`: .、
    /´: i.:,!: : :|:i!: 、: : :丶: : ヽ
   /ィ: : : ll. !: : |:!、ト、: : : : \: :i
  .//./: : : ;1! ∨: l|_、斗‐: : : :ド:、
 〃 !: : : {T¬ V:.{. __⊥:ヾ: : l: : !
 '′ |: :.;!:iハ_z=T ゙、:. T不l ハ: l: ;l
   .l :ハl:::i ヾツ  ` ゙ー:i::::ヘ:|/
    V  ゙!::ト..,,_  ,、 _,、イ:::::バ'    「うん、いいよ」
       l::::|::::::;フフ .,!'゙'l: :/:::::i.
         l!::|//´>'゛_,!:./ュ::::::l
         l};.|i!.j /,,-''.イ/‐¬;::::l
      ./ ゙{、i!/''///     i::::!
      / _,,.-火゙、 '"i    i:::i
      ゙く  ィ、  \j    ,l:::|


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  知らない間柄ではないし、エゥーゴでは彼女の神聖魔法に助けられた事もある。
  このまま別れを告げて立ち去るには心残りな縁だと思ったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

101 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:10:01 uiHBGRsI
二154.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただこの選択は―――

  アグリアスや彼女の部下、そしてエルとコナタ自身の未来を大きく揺さぶる事になる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              .  -‐…‐-   .
                                            ,.. ´::,,.. ヾ      `ミ、
                                         γ  ! ヾ、    ヽ     ミ\
                                          / 〃 ヽ  ヽ ヽ          ヘ
                                        /  /, ト、 ト、   、、 、       ヘ
                                        レ. / И、\ヽ\弋ヽ、 ヘ       }
                                         | .,'´ ヽ ヽ  ``斗ヘヘ    !    |
                                              ト: :fテァz、     ィラ〒7}  1|: : ∧
                                              ! :| じ'      じソノ{   |〃/ヽ}
                                              / :1          |   | /ヽ 》
                                         /  :人          /   ,|《 彡 ヽ
           「ありがとうございます、               /  :::./\ 「 ̄ヽ   /    ∧彡,/゙\
            あなた達が一緒ならば心強い!」        /    / ./.,>-、 -イ/    / :ヘ///ミ}\
                                      /,/  γ´/  /r-ヘ_,イ    /: : : ヘ/ー-:.:∧ミヽ、
                                        /   / / |/: : { 「 [_ /   /: : : : : :>-‐… ‐-、\
                                     /   ,/ Ⅳ,/´: : :| | |/   /: : : : / /      ヘ
                                   /    ,〃// /::: : : / / /   /: : : : /  /         \



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/     「あまり期待はしないでくださいね。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '           この町はそれほど土の精霊力が強くはないので………」
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |

102 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:11:01 uiHBGRsI
二155.



                       ,、-─'''''''''''''─-、、.__
                    __ ,、-'´-‐'´:.           \
                   |:::.``ー-- 、::::::......         \
                   |ヽ、:..    ``‐- 、 ー‐- 、\ ヽ  ヽ
                   /ヘヾ:..  ゙ヽ、    `゙ヽ、  `ヾ、 ヽ:.. ヽ
                 //:::::ヽ:ヽ、_   `ー-、__   ゙ヽ、   \::. l、
                 //|::i:::::|:ト、:\``ー-- 、..___,. -─ \   \:|ヽ
                |;' |::|::::|::i|. \ヽ、     '゙ ,ィシ;;;;;;ト、ミヾ、  \.゙i
                 || |:::|::::|::|l:!-''ニニ;ヽ    ゞ- '゙ | |``ヾ、  \
                  |! | :|:::::|::|トl!r'i゙..:;;;;l         | |  :| \  ヽ
                  |  | i|:::::|::l:::ヽ`ー''"´  i ,      / /::: :::|  :::ヽ ヽ
                ! /ハ::::l::ヽ:::ヽ     __....., u.///!:::: :::|  i::::|:. \.゙!       「と、とにかく西地区を捜索しましょう!
                 //:::::::ヽ:゙i,ヾ、:ミ、    ´ー‐   / ||:::: :::|i  |、|::|::. ヽ         コウ王子の安否が気がかりです!」
               /:::::/  ..::::>ミヾ:、 ``‐ 、._   /!/ |:::: :::|:|  |川:::::  }
                // .:::/  ..:::::/ |: | `  lく|  `゙´__/ .....:|::: ::|::|  |リ::::  /
            // .::/ ../...:/!  |: |.   |.  ̄「「「 ,/.::::::::|::: :::| |  |フー‐ァ──‐- 、
          //:: .:::/ /:/..::/ |  |: |   ,ノ::::.. | | | /::::::::::|::: |:::|/| ::|/::/        \
        ///:: .::/ /::/! /|:: |  ゙i: | /ヽ ::j j |.,':    j /:! ! |...|/           ヽ
          /:/ ,/::   / /::/|:: | |:: | _|: l´    .j j j |::::..... / |‐| | .|::/             ゙i
       //  /:/ .:/ /::/ .!:: |,.|:: |´  |:ヽ!::..   /ム_゙ヽ、: / :j::::| | //                  |
        〃  // .::/.:/::/ .|:: | |:: |  |:::::::ヽ:../´ ̄ `ヽ、// /:::::| l//                |
       /  l / /.::/::/:/ /|:: | .!:: !  |::::::::/   /|    /::/:| \| //                  |
..      /   | |/ :::|:::|::/ /  |::.! |::.| j:::/   ./| |    |:::| | \ r'´ ̄ ``ー 、           j



―――――――――――――――――――――――――――
  そう。

  復讐のための安全を第一にするはずの二人は、
  この邂逅、この選択により最前線に向かうこととなったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

104 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:12:01 uiHBGRsI
二156.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――
  総勢九名は大雨の中を駆けた。

  すでに西地区に人影は殆ど残っていない、
  雨に打たれた焼け跡に混じる、じっとりとした焼け死んだ人の臭いが
  ただ陰惨な被害を表しているだけだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



  |i    i     !   !   i     i
    i   i |i          i|      i     !   !   i     i
           i   i  !     i      |i          i| i     !   !   i     i
  |i    i     !   !   i     i
    i   i |i          i|      i     !   !   i     i
                                             i   i  !     i      i
三:/:三Zzヽz   . i     i     !   !   i     i  i     !   !   i     i
Z/`ヽ、三 ヽ、zヽ i|      |i          i|      |i       i|      |i
:/三三ヽ、三z:ヽ、三l ィ i      i   i  !     i      i  i   i  !     i      i
─r 、Z/:;\ Z zヽ、三ヽヲ ZY'"ヽzヽ三Zヽ,    i     i   ! i     !   !   ii     !   !   i
三|Zヽ/三l Z\ t7/Z/7三三lZヾ7三ヽ三Zん l    !  l       |i          i| |i          i|
!ソ、_/三Z\三ZVZ:://三三l 三l ヽ三ヘヽ三>                   i   i  !    i     !   !   i
\三ヽ、三Zヽ/ヲ>//三三l三シ Zl 三Zヽ´三ヽ/シ r─-.,__,      l::::l' ̄:l::::   |!    i|i          i|
:::::ヽ 7三ヽ、三!三V/三ヽ三ノニ l三ヘ 三Zヽ三三`ヽ、三三三三三三Z<-、:-r'_,.ノ.  .!   !    ii   i  !     i
::::::::l|;三/ /ヽ/三 Z!三Z:ヽ/ /三 - 、三三ヽ_,. -‐ `l!三三三γ⌒`/`'-z_jヘ-'──'^ヽ三三 r-!,Zl !lZヽ   i   !
:::::::::lヽ/Zl三:ヽ三j-へ- , X -‐≪ 三l l三三三三ヽ,/j!-<三/ jl  !1ヽ,八.j:::l' , '   〈三三!t::l r‐'"~ヽヽZヽ三三ヽ
::::::::::>-,ヽ三_l/:::::::::l:::::lZlヽ三三三V,> 、三三三'"^l_,.j_,/   '   ヽ::l  l:::l  _,. .,-ノ三j^"':::j l::::!:::::::l7三三 ̄ ̄
:::::::::!::::::::'ー.,_Z!j::::::::::::::l:::/-‐'゙ゝ、三l/ヽ,-' >‐- 、三三/ _  r─- _ .l::l l::( r-,  |Z_,-'´::::::::::l::::::::, -‐'ヽ三三三Z|
::Y´⌒ヽ!::::::::l-':::::::::::::::;√=-::::::::\!:::::ヽ_,ノ::::::::::i !ヽz===,/;:ヽ-Z_,::::::::`ヾj-lノ_,.j:::::l .|/- 、 r-‐v-,:::::::::::::::::::::::::::::_,.-'::|
:::::~ ̄`'::‐-z:-<:::::::::::::::::::::::_,:::-‐ , l:::::::::::lー::r - _::::::::_,. -‐":::::::::::::ヾ}:::::::::,::、::く´::::!:::::V⌒t::::::ヽ::: l:ヽ、_,.'^‐-,:::::_,‐´::::: : |
  ─ z _____   _ ,. - ─ - z _ -─ - ─ - 一‐- 、, ...,,::::-─-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7
        _ , .  ィ -z_,. - ──- .,_  _,. -─< , . . . . . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -========ニ== - -  ̄`~' ー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐
  __., -‐''"´       _,.    ,. -─< , . . . . . .- -───────一         -──── ─ ─ ‐ -
 ̄                        _     ̄ "  _ ,.    _ _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _
z=z_  - , . - r7     __,. -‐'´< _ , .... - ─ - , . -─ '''"~´ ̄           ' " ゙      z=z_,. -=z、
   _,.  - ──一' _   ̄`'⌒"` ,、 _,. 、 、 _ _,. ,:    "            _, .  -─ '"'^`'" ̄: : : :_,. -‐': :

105 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:13:03 uiHBGRsI
二157.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いまだ熱を帯びて水蒸気が立ちこめる大市場跡地の地面は
  一部が溶けて変形したりしている。

  直撃を受けた犠牲者は熱さを感じることもなく蒸発してしまったのだろう、と思うだけで
  言いようのない恐怖がエルの背筋を冷たくなで回した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j   u.   ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!          「凄まじい………」
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l



                ,. -──- 、
               /        `ヽ
               /              ヽ
            ,ハ        、     l  l:...|
             l:l\     ヽ ヽ   .l  l:.:.|
             l:l   \,. イ   l  } ノ:人
            !ミ  ´i::ノ人   V⌒).イ`ヽ\
            ヽ:l       ';  l _ノミミミヽ.: .ヽ\
                ,.小 __    ノ 「_⊥ミミ:ミミヽノ. :人            「これは極大の息による攻撃?
            / } ヽ __,. イ  /.:.:.:.:.:.トミミヽ彡'.:.ノハ                 フレア・ドラゴン
              / /  .:::::ノ/  /.:.:.:.:.:.:人ミ辷彡'ノノハハヽ,. -─- 、     奴は紅炎竜(※)が邪竜化したものなのでしょうか」
          / /  ,. ィ´/ /.:;.ィ´/ /´  ̄ ̄``ヽ彡'ノノ´  ̄` `
            / / // / イ.::://:/  /        ヽ ̄``ヽミミミヽ
         l / / ./ / __」 イ/:::′./           j    `ミミヽ
         l/′/ / /    {::::l /          /`ヽ    ヽミヽ
          { 1 ´        ヽ:ヽ\ /`ー-----‐'   j!     ヽ
           Vハ          \\\ヽ     __ ,.. イ
           い::ヽ   _ _ _     爪 ミー __--‐‐イ{L_
          /ノ::::.:.::.`Y´.:.:::::::::::.``Y´.:.:.:/ヽ辷三二ニ彡人 `ヽ
        /l.:.:.:::::::::.:.ノ. : : : :.: .: .: ;′.:./  ノ. :. :. :. :. :. ノ l1  j!
       /     ̄`>.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::{  〈 .: .:. :.:.:.:.イ   l1 j!
        〈      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::(  「  ̄ ̄   1   リノ




※紅炎竜:火属性の高位竜

109 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:14:03 uiHBGRsI
二158.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  気になるのはこれだけの破壊を可能とする技能が何であったか、だ。

  たしか父親が高名な竜学者だったはず、と知らない単語を問うと、
―――――――――――――――――――――――――――――――



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ       「エル、極大の息ってなに?」
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|



                                                      , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                                                       r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                                                    r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                                                       /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                                                     ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                                    /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                                    /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                                                     i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
 「ドラゴンは意外に器用でしてね、                                  / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
  息の属性は一種類なのですが                           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
  射程や形状をある程度変化させられるそうです。                   / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                                              |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
  たとえば火なら拡散する帯状の炎にしたり、                  /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
  細く絞った熱線、溜めに溜めた火球にする事も出来るとか」       〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
                                           /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
                                             /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
                                           /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
                                           i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i




――――――――――――――――――――――――――――
  指をぴっ、と立てたエルはやはり、事も無げに解説してみせる。
――――――――――――――――――――――――――――

110 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:15:01 uiHBGRsI
二159.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あのときの閃光はまるで地表に太陽が現れたかのようだった。

  こんなのぱかぱか撃たれたら適わないよ、とコナタは顔を青ざめさせるが
  エルはもっと別の―――もっと強大な竜の力によるものでしょうと見解を述べる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、 u. ー=    ノlハ: :ハl     「じゃあこれは………
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/         その、溜めに溜めた極大の息の仕業なの?」
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                                     ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                               .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                               .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     「………いえ。                  .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      エルダー級の紅炎竜といえども             ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
      ここまでの威力があるとは思えません。         li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                                        ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
      私は竜語魔法によるものと予想します」           ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                           ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                             ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                               l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                             ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                       ヽ ヽソ

111 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:16:01 uiHBGRsI
二160.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、その予想はこれまで伝えられてきた邪竜に無かったはずの技能であり―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    _
                ,、‐'"´  `゙ヽ.、
               /         \
              /          ,  ゙、
             ./          .ハ. i ゙i
            .,゙!   /     , .ノ !.!. ゙,
            j.|  / _,、-'._,、イ/  !|  !
            l.l  /イ'';K゙゙´ /.-‐''''' リ ;. |
            l.| , ,| `゙"    '゙L;ノ> ノ / |
                j |.! ハ,         ,ィ゙./  .!
           / .!| .l:::ト、  _゙_ '   .ノイ   .|      「ですがローライト殿。
           ! リ .|rj ヽ ー ` ,.ィ'´ |i   .|       邪竜は竜語魔法を使わないはずでは?」
           |j. | リ::`'ーrミ';=''-‐'| j.ノ.|   |
             /_j  |:::::::::i 十;j::::::l、./ .|   |
         _,、‐'´ |  |::::::::::|. ( (:::::::::`ヽ、!i.  !
       ,<;:::::::::::!  |:::::::::l  l (::::::::::::::::!.|  ,ト、
    ,r''"´  ゙ヽ;::::j  .|::::::::ノ .人, ゙ヽ、::::::::j.リ  !|:::ヽ,
   /:::::::::::::::::::::::::゙;:!  レ'´/   ヽ、.`ヽ/:l  .j.!::::::::゙、
   |::::::::::::::::::::::::::::j   | /   ,.、,  ヽ、`'!  /:l|::::::::::::l,
   .l::::::::::::::::::::::::/ l 、 |  ト、,/ .| ヽ,.イ`'| ./゙メ;::::::::::::/



                                            /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                           /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                            //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                            /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                          iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                                            リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
              「確かにこれまで、               ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
               邪竜が竜語魔法を使ったと言う記録は     リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
               残っていませんが………」                !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                              i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                                リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                                 `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                     ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                       ヽ'  /     i         ',



―――――――――――――――――――――――――
  アグリアスの意見にもっともですと頷いた彼はしかし、
  何かがひっかかるのです、と見解を収めようとしない。
―――――――――――――――――――――――――

112 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:17:01 uiHBGRsI
二161.



           / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i        「まだどんなドラゴンが邪竜化したのか分からないんでしょ?」
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |           紅炎竜だったらブレス、
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |           他のドラゴンだったら竜語魔法って事でいいんじゃない?」
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く
     |:l l: l: : : l/ / `ーr-l∠ィ"^ヾ、ヽ




 .  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
  / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
 ./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
   |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
   | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
   | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
   |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
      |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/      「確かに今は情報が少なすぎますね。
      | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
      |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.       騎士団が戦った場所に
        |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l          何らかの痕跡が残っているはずです、急ぎましょう」
          |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
               l     ` ̄´    l、
          ,. '´            ヽ、_
    __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
 -‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
     ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
   ヽ  \                         / /       | ヽ
       \                   /       /     ',
         `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
   /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  戦力としては役に立てないかも知れないが、
  ただの素人よりはよほど詳しい竜の知識で役に立てるはず。

  四十年以上も前の、父親の記憶を必死に掘り返すエルは
  こんな事ならもっと真面目に研究を盗み見ておくのでした、と後悔の念を抱きながら先を急いだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

113 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:18:03 uiHBGRsI
二162.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大市場から北に六百メートルほど動くと、すぐに破壊と殺戮の限りを尽くした痕跡が見つかった。

  最大限に集中を高め、さしたる盗賊技能も必要ないままに道筋をたどると
  しばらく行ったところで先頭のコナタに異変が伝わってくる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}    「この辺だけ涼しい………?」
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i     「真夏に氷の精霊力!?」
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i

115 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:19:01 uiHBGRsI
二163.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  気温だけではない。
  冬や雪山か、氷属性の魔法でも使われない限り
  感じられるはずのない精霊力がここには満ちている。

  先頭に立ったエルがより強い方を目指して交差点を曲がると―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



             /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
               /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
           /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ            \_人_人∧_人_从_//
             /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{              )           >
          l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、            <  こちらです! >
              \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',            <              (
             ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\           /^Y ̄∨ ̄∨^Y^
                         `ヽ.:.::::::::::::丶
                             ∨.:::::::::::ハ
                            ∨/.:::::::::::}
                                 V.::::::::::::::ヽ
                             〈.:::::::::::::::::::}         __ 00
                                Y.::::::::::::::入        く,ニ !    [][]「l
                             ` ー=≦∨〉        くノ     くノ
                               }主}`ヽ/
                                j主j_ ,ノ|
                                  /ー‐ヘ.ノ
                              {ー‐彡'

116 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:20:01 uiHBGRsI
二164.
――――――――――――――――――――――――
  視界に飛び込んできたのは季節に全くそぐわない、
  白く凍り付いた世界。
――――――――――――――――――――――――



;;',
,;,;;;「i
;;;),,;;\   _
ヾ,,)ヾ)\|:::::|
,,;;ゞ::;;;)┴\,|'-_
ヾ);"ヾ),;"┴\;;;;,ヘ-
);;;ヾ)ヾ")┬┴\::::::::''、
;;))ヾ",__,,;;┬┴\/;                                            ム\、,,--'',,,,_;;'
;;ヾ::::,,////ヽ;;,,;.:┬|/|:                                           /\..",, |::::::/ノノ、ノ""''''--,,,,_
ヾ);;)/////ヾ\ ┴|/|'      ∧∧            ∧∧                 |:l | |.,,, |:::/ノノ、入入入入入/::
|Vvvwi,iir、;^;;|┴┬|/|i     ∧∧∧∧         ∧∧∧∧            ∧ /゙、.:| | ;;,,) |/ノ、ノ、入入入入/┴::
r'i"i,,i-i,ii| |==|┬┴|/|i     Λ::::ヽ::|i/;::Λ                            |i /∧ 、 ./〉.ヾ)"''-,,_ノ、入入/┴┬::
r'i"i,,i-i,ii|_|==|┴┬|/"     Λ::::ヽ∧::|i/;::Λ                         ゙/ヽ| | | |//'゙  ;;,,  "''-_/┴┬┴::
r'i"i,,i-i/i,==|;;;,,-''"      ,,、                                  ゙| l l |/ :/:/.;::.  ";;. ,|┴┬┴┬::
r'i"i-i'l:::::i';;;;;/                          ∧∧,.,.,.,.,                     ノヘヽ γ"'; . . : |┬┴┬┴::
/iツ"i:::::l/  "⌒"'"⌒    ./\           (:;p:;::#):;:; :; :;つ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   | 、 ,;;|┴┬┴┬::
: : l/./                |:l | |              ヽつ|と:;ノ""        ……じ、………   >.|:. ...|┬┴┬┴::
::::::/,;ゝ            .∧ /゙、.:| |                      /\________/  |;,.; ,|┴┬┴┬::
/ヽ'      "''      .|i /∧ 、 ./〉                        |:l | |        ''""''     ヽl  .: |┬┴┬┴::
               ,゙/ヽ| | | |//'゙                  ∧ /゙、.:| |                  \ ,:|┴┬┴┬::
                ゙| l l |/ :/:/                  |i /∧ 、 ./〉
                                            ゙/ヽ| | | |//'゙
                       ∧∧                ゙| l l |/ :/:/
                      ∧∧∧∧                            ∧∧  /'l/'l
                      ∧∧∩                             ∧∧∧(:; :; ゚;)つ;
                      (。:;:;。:;):;'
                                /;:)/:;)
                               ~;:;; /

117 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:21:01 uiHBGRsI
二165.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  霜や氷柱に包まれた騎士達の骸。

  生命の感じられないその場に唯一、弱々しい泣き声が聞こえたので
  それが右手の民家からだと知ったコナタが大声を上げる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                           |  王子、しっかり………       .|
                                           |  しっかりしてください………  |
                                           乂_____________ ノ



    /:./       ヽ
    {:/           |
    l{
__,,... . .ゝ,,_
: : : : : : : : : :`:`: 丶. .、,,__
.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; `i
: : : : : : : : : : :./: : : : :,!i: : : : : : ト.、
.: : ; :'′   /    / !    .l: :.ヽ
:/: : : : : ; イ: . . . ∨   !. . : : :l: `、`、
: : : : : /:/: : : : : / \ l: : : :/: : :.!、:.ヘ
.; : :'": ::/: : : : : ;.'__`ミ!: :./: : : : l ヾハ
.: : : : /: : : : :, イ {/示牙 !:/: /:: : :.l  Ⅵ
.: : :/: : : ;/|:::j   |:'r! j/::/ i::. :,!  ゙}
: :/:ィ''"!:::: : !::l   ,.ゞユ {/   i::/
.:":::ヘ ゙ l::: : :|::!   `´  `i   !'
: : : : : }''l: : : |:| /``¬ /          「あそこの家から声が聞こえる!
.: : : : / i: : ::!レ'゙    〃           生き残りだ!」
: : : /  _}: : l|_    /
.:/三ミ\、i: :.|:::`:¨:´!
〃〃⌒`ヽ!: :!:: : : :.j

119 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:22:01 uiHBGRsI
二166.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを聞きつけた生存者側も、やっと助けが来たと生きた心地を取り戻していた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,、、、、、,,_
         ,ィイr''"´     `ヽ,
       ハ,ィイ リ ,,r''"´`ヽ 二ニ_  `ヽ
     ト、l | i j |;:.:::;;  ヽ        .:\
     N ヾミミゞいイ、ト、j       .:.::::::イ
     ミミゞニニヲ"´`ヾミミ、   . . .:.:.:.:::;:;;リ
     |``ヽY´, -─-、ト、三ミミニニ二.:,::;;;/
     ヽ `ミト、,.===-、 ,>==-、「;;;;;;/
      `Yラリ  ,ィテオ ,j=ji fテァ、.::;l!^Y            「王子!助けが来ましたよ!」
       l .:;!L___ノl;::ゝ、 __:.;イリl‐-、
         ヾ「     |;:.  #  ,jレ′ |\
        ,r'´゙、 ## ^^´      リ:.ヽ   !.:.:.ヽ
      /ー- 、ヽ   ,r─-、;;;;;;;ll,/`ヽ.::\|.::::::|ト、
     ,/.:.:.:.:.:.:.:`\  ´二`  /   |.:.:.:.::ヾ:」|:.:\
      !「 ̄\.:.::::::::l\__,, イ  メ ./!.:.:.:.:.:.:.ヾ!:::.:.:.\         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      |ー -、リ.::::::::l!  ヽ  /;;;;;;; ,イ,/::::::::::::/::::.:.:.:.:.:.:\        |  う………   .|
     |.    ヽ:::::::ト、   ′ ///:::::::::/::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\        乂______ ノ
     l i:   l::::::::|ヽ_,二ニニニ_,ノ/::::::/::::::::::::::::::, ヘ::.:.:.:,r'^ヽ
     | |;:.   |::::::::!         /::/ ̄``ヽ:::::/,r',r'ヾ./  ハ、

120 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:23:01 uiHBGRsI

二167.



                                              ,. -──- 、
                                             /        `ヽ
                                             /              ヽ
                                          ,ハ        、     l  l:...|
                                           l:l\     ヽ ヽ   .l  l:.:.|
                                           l:l   \,. イ   l  } ノ:人
                                          !ミ  ´i::ノ人   V⌒).イ`ヽ\
                                          ヽ:l       ';  l _ノミミミヽ.: .ヽ\
                                              ,.小 __    ノ 「_⊥ミミ:ミミヽノ. :人
    ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人人            / } ヽ __,. イ  /.:.:.:.:.:.トミミヽ彡'.:.ノハ
   <                           >          / /  .:::::ノ/  /.:.:.:.:.:.:人ミ辷彡'ノノハハヽ,. -─- 、
  <  アルマとオヴェリアで王子の回復を!  >          ./ /  ,. ィ´/ /.:;.ィ´/ /´  ̄ ̄``ヽ彡'ノノ´  ̄` `
  <  他の四名は周辺の警戒に当たれ!    >         / / // / イ.::://:/  /        ヽ ̄``ヽミミミヽ
   <                           >          l / / ./ / __」 イ/:::′./           j    `ミミヽ
     Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WYY⌒WY          l/′/ / /    {::::l /          /`ヽ    ヽミヽ
                                        { 1 ´        ヽ:ヽ\ /`ー-----‐'   j!     ヽ
                                         Vハ          \\\ヽ     __ ,.. イ
     _/\/\/\/|_                        い::ヽ   _ _ _     爪 ミー __--‐‐イ{L_
     \          /                           /ノ::::.:.::.`Y´.:.:::::::::::.``Y´.:.:.:/ヽ辷三二ニ彡人 `ヽ
     <  はい!   >                        /l.:.:.:::::::::.:.ノ. : : : :.: .: .: ;′.:./  ノ. :. :. :. :. :. ノ l1  j!
     /          \                        /     ̄`>.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::{  〈 .: .:. :.:.:.:.イ   l1 j!
       ̄|/\/\/\/ ̄                       〈      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::(  「  ̄ ̄   1   リノ
                                          /\   /l.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\ L__ __ノ __ ノ
                                       /   \/イ.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\辷ニ三シ'ノノ:.:L/l
                                   /    / L.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  生存者はたった二人しかいなかったが、その一人が捜していたコウ王子だったので
  アグリアスは安堵の息を吐いていた。

  騎士団の壊滅以上に王族の死亡は士気へ悪影響を与える。
  事態は最悪とほぼ同意だが、何とかその一歩手前で踏みとどまっているように思えたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

121 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:24:03 uiHBGRsI
二168.
―――――――――――――――――――――――――――――
  その間、エルは周辺の破壊の状況や死体の傷を確認していた。
―――――――――――――――――――――――――――――



                           ,,、、、、、、、、
                         ,. '゙゙´  ヽミミミヽ
                        .:;;'´      ヾミミミミヾ
                      . :;;;;:;、 ``''     ',、  ''ミ;、
                      ,:;;;;;:;:;:;ヘ、,,, ;,'´      '`ミミ!
                     .:;;;;;;´r'゙゙゙ヾ;;;ソ .;、、,,ィィィ、 ;;, jiil!
                    ,';;;;;;;,' ´ ̄`   ィ彳-ッ、   jiiii!
                    ,';;;;;;;;{  く;;,,,,..、  `゙゙ヽ  イkjjj!
                   ノ;;;;;;;'′ ,,;;;'´ j゙゙`    ‘ .:jィイ
                   {;;;;;;;′ ,イ,==、、     ; .ji! jツ′
                  ;:;;;:;;;;;;:;:;:;:{,、、、,, .:;j     ノノ )
                  ゞ;:;:;;;:;: '´゙゙  ̄`ヽ' ;;'  ,ヘ_ソ
        , . _‐-‐----イ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;ゝ  ji!  .:;;: ;:;;:;ミミヾ
       , .:゙´  -‐===;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:;;;:;ゞ ''´ イ ``ヽヾ;;;;;..、
     , .゙´ ,:;'′    . : ;:;:;;;;;!.: ;;;;;;;;;;;: ;: ;;:!  .:;;;;;;;;:;:};;.、  ヾ;;,、
   , ゙´   ,:;'′      . :.:;! .: .:. :. :;;; ::;ji!  ! ;:;;'゙゙  `ヾ、  `ヽ、
 , ゙´   ,:;;;;'′        .j!  . :. :. :;:; jii!   :;:;      ¨ヾ、  \
. ,:;:;;'´    .:;;;;;;′        ..ji!    . .:jikkii  .:;;;′‘;;.:     `ヽ ヽ\
.::;;;:;:;'´     ;: ;:;;;;′   . :.    jiiii!   jik,,j,j,,jij. :. :. :; :; :jik  ;:;;   ヽヾヾ
   . :;:;:;:;:;{     ;;........:; ′ji{   ji;k;.;j:i;ij:;. ; :; ;;;..。、、       ;.′‘ ;:;;jik



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  殆どの死体の皮膚は虚血により紫に変色していて
  凍傷や低体温が死因に見受けられるのだが、
  一部の氷漬けの死体の中にはそうではない―――
  それ以前に死んでいた事を意味する、別の損傷を受けたものが混じっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

123 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:25:01 uiHBGRsI
二169.
――――――――――――――――――――――――――――
  黒褐色の潰瘍は電流斑、そして樹枝状の火傷はおそらく電紋。
――――――――――――――――――――――――――――



.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.           (全員凍死と思いきや、
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l                    一部に雷撃傷が混じっている………?
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、                    竜、邪竜によらず彼らは複数属性の息を持たないはず。
         ,. '´            ヽ、_                紅炎竜、銅氷竜、銀雷竜のどれかはわかりませんが
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__               どれかがブレス、どれかが魔法なのでしょう)
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいは、全てが魔法でまだブレスを見せていない可能性も残っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

125 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:26:04 uiHBGRsI
二170.
―――――――――――――――――――――――――――――
  やはり通常の―――これまでの伝承にある邪竜とは何かが違う。

  そう結論づけた時だった。
  もう一人の生き残りが嗚咽混じりにとんでもない事を言ったのは。
―――――――――――――――――――――――――――――



              ,、、、、、,,_
         ,ィイr''"´     `ヽ,
       ハ,ィイ リ ,,r''"´`ヽ 二ニ_  `ヽ
     ト、l | i j |;:.:::;;  ヽ        .:\
     N ヾミミゞいイ、ト、j       .:.::::::イ
     ミミゞニニヲ"´`ヾミミ、   . . .:.:.:.:::;:;;リ
     |``ヽY´, -─-、ト、三ミミニニ二.:,::;;;/
     ヽ `ミト、,.===-、 ,>==-、「;;;;;;/
      `Yラリ  ,ィテオ ,j=ji fテァ、.::;l!^Y           「あああ、あのドラゴンは
       l .:;!L___ノl;::ゝ、 __:.;イリl‐-、          氷と雷を吐いたんだ!」
         ヾ「     |;:.     ,jレ′ |\
        ,r'´゙、 u.   ^^´      リ:.ヽ   !.:.:.ヽ
      /ー- 、ヽ   ,r─-、  u.,/`ヽ.::\|.::::::|ト、
     ,/.:.:.:.:.:.:.:`\  ´二`  /   |.:.:.:.::ヾ:」|:.:\
      !「 ̄\.:.::::::::l\__,, イ    /!.:.:.:.:.:.:.ヾ!:::.:.:.\
      |ー -、リ.::::::::l!  ヽ  /    ,イ,/::::::::::::/::::.:.:.:.:.:.:\
     |.    ヽ:::::::ト、   ′ ///:::::::::/::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\
     l i:   l::::::::|ヽ_,二ニニニ_,ノ/::::::/::::::::::::::::::, ヘ::.:.:.:,r'^ヽ
     | |;:.   |::::::::!         /::/ ̄``ヽ:::::/,r',r'ヾ./  ハ、



                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /     ヽ、  「………は?」
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /         }〉
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !          l!
      /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !         亅
    /      ` 、    \/       }〈  / /  l        |
    !         ヽ,           )ノ_   /   |l       |
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ      .|
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K      /
     !       \、 ヽ    「           !  /     /
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,     |
     !          |   |_,.-'´     / !  /       /

127 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:27:01 uiHBGRsI
二171.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それだけはあり得ない、と最初から除外していたはずの可能性。

  足早に近づいたエルは彼の精神の精霊がぎりぎり正常である事を確認した上で、
  冷や汗だらけの顔をじっと覗き込む。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '        「すみません、もう少し詳しく聞かせてください」
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



              ,、、、、、,,_
         ,ィイr''"´     `ヽ,
       ハ,ィイ リ ,,r''"´`ヽ 二ニ_  `ヽ
     ト、l | i j |;:.:::;;  ヽ        .:\
     N ヾミミゞいイ、ト、j       .:.::::::イ
     ミミゞニニヲ"´`ヾミミ、   . . .:.:.:.:::;:;;リ
     |``ヽY´, -─-、ト、三ミミニニ二.:,::;;;/
     ヽ `ミト、,.===-、 ,>==-、「;;;;;;/
      `Yラリ  ,ィテオ ,j=ji fテァ、.::;l!^Y           「嘘でも見間違いでもない!
       l .:;!L___ノl;::ゝ、 __:.;イリl‐-、
         ヾ「     |;:.     ,jレ′ |\        追ってくると思ったら雷を吐いたんだ!」
        ,r'´゙、 u.   ^^´      リ:.ヽ   !.:.:.ヽ
      /ー- 、ヽ   ,r─-、  u.,/`ヽ.::\|.::::::|ト、
     ,/.:.:.:.:.:.:.:`\  ´二`  /   |.:.:.:.::ヾ:」|:.:\
      !「 ̄\.:.::::::::l\__,, イ    /!.:.:.:.:.:.:.ヾ!:::.:.:.\
      |ー -、リ.::::::::l!  ヽ  /    ,イ,/::::::::::::/::::.:.:.:.:.:.:\
     |.    ヽ:::::::ト、   ′ ///:::::::::/::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\
     l i:   l::::::::|ヽ_,二ニニニ_,ノ/::::::/::::::::::::::::::, ヘ::.:.:.:,r'^ヽ
     | |;:.   |::::::::!         /::/ ̄``ヽ:::::/,r',r'ヾ./  ハ、

129 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:28:01 uiHBGRsI
二172.



                                              /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                           /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                             //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                    「追ってくる、と言うのは?」    リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                          ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                           リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                               i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                                 リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                                     `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                    ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                     ヽ'  /     i         ',



      /  fl   / |l   /|| !  \\   ハ
      |   |l  / |l  / |リ   \\  }}
      |   | / /|    |       ヽミVl}
      l   |l/ /^|    「 ̄¨¨"''  ''¨}lリ
      V  / / :|    | 「|「「`   リ「
      ∧V 人_.,」    |:  じ    ゛{
     _{ {ミ`─---|    |           |
     { \\___|:    ハ          ハ    「おそらくは町の外におびき出そうとしたのでしょう。
    こ\ \ 〔77|     ',     ‐ ,イ !
    =─‐==ニニミ〕/∧    ∧r‐rr-イ ! |     邪竜は獣並みの知能と聞きますし、
            ヽ¨ヽ,      V》》  |  l |      エゥーゴでも同様の訓練を行っております」
                }  }      ∨{,  |  | |
                |  l      Vミx|  |l l
                |  |l、     V、 |   | l
                | ノ∧       V,|   |l |
                |///,∧.     Vl   | l
     ̄¨'''¬=‐- //////A       Vl  |l |

131 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:29:01 uiHBGRsI
二173.



                                             /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                          /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                            /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                 「なるほど、                    /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                  それが上手く行かなかったと」      i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                           'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                            ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                     ``ヽ、 //  〃         ヽ



              ,、、、、、,,_
         ,ィイr''"´     `ヽ,
       ハ,ィイ リ ,,r''"´`ヽ 二ニ_  `ヽ
     ト、l | i j |;:.:::;;  ヽ        .:\
     N ヾミミゞいイ、ト、j       .:.::::::イ
     ミミゞニニヲ"´`ヾミミ、   . . .:.:.:.:::;:;;リ
     |``ヽY´, -─-、ト、三ミミニニ二.:,::;;;/
     ヽ `ミト、,.===-、 ,>==-、「;;;;;;/
      `Yラリ  ,ィテオ ,j=ji fテァ、.::;l!^Y          「あいつが吼えたら
       l .:;!L___ノl;::ゝ、 __:.;イリl‐-、           怖くて怖くて体が動かなくなって………
         ヾ「     |;:.     ,jレ′ |\
        ,r'´゙、 u.   ^^´      リ:.ヽ   !.:.:.ヽ      近づいてきたと思ったら、
      /ー- 、ヽ   ,r─-、  u.,/`ヽ.::\|.::::::|ト、     今度は氷を吐いたんだよ!」
     ,/.:.:.:.:.:.:.:`\  ´二`  /   |.:.:.:.::ヾ:」|:.:\
      !「 ̄\.:.::::::::l\__,, イ    /!.:.:.:.:.:.:.ヾ!:::.:.:.\
      |ー -、リ.::::::::l!  ヽ  /    ,イ,/::::::::::::/::::.:.:.:.:.:.:\
     |.    ヽ:::::::ト、   ′ ///:::::::::/::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\
     l i:   l::::::::|ヽ_,二ニニニ_,ノ/::::::/::::::::::::::::::, ヘ::.:.:.:,r'^ヽ
     | |;:.   |::::::::!         /::/ ̄``ヽ:::::/,r',r'ヾ./  ハ、

134 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:30:02 uiHBGRsI
二174.



                                             (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                            /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                                           丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                         /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                        │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                        /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                                           │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
                                        丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
                   ホーリー・ドラゴン                /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
 (極々まれに生まれる神聖属性の聖竜のように               ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
      ティアマット                             ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
  邪竜にも屍竜のような突然変異が生まれる事がある、と           .||:::::ゝ                ∧|/、
  父さんも言っていましたが………)                           │入...___             /
                                                丶  \─ゝ          /   /
                                                   |   |,           /| //
                                                /  |        ....////
                                              /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                               /       \<\:::::::/ /      ノ
                                        /   , ----= 、 \// /      //
                                       / >           /  /      /



―――――――――――――――――――――――――――――――――
 人生の殆どすべてを竜研究に費やしたと言っても過言ではない父親ですら、
 複数属性のブレスを吐く竜については触れていなかったはず。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

136 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:31:02 uiHBGRsI
二175.



                                ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                 |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                 /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                   { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                     ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                       |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
         「鱗の色は何色でしたか?」           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                          |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                         リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                    __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                           ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                               l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                             | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                           、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



              ,、、、、、,,_
         ,ィイr''"´     `ヽ,
       ハ,ィイ リ ,,r''"´`ヽ 二ニ_  `ヽ
     ト、l | i j |;:.:::;;  ヽ        .:\
     N ヾミミゞいイ、ト、j       .:.::::::イ
     ミミゞニニヲ"´`ヾミミ、   . . .:.:.:.:::;:;;リ
     |``ヽY´, -─-、ト、三ミミニニ二.:,::;;;/
     ヽ `ミト、,.===-、 ,>==-、「;;;;;;/
      `Yラリ  ,ィテオ ,j=ji fテァ、.::;l!^Y
       l .:;!L___ノl;::ゝ、 __:.;イリl‐-、        「黒、っぽかったと思う………
         ヾ「     |;:.     ,jレ′ |\       ううっ………うううう………」
        ,r'´゙、 u.   ^^´     リ:.ヽ   !.:.:.ヽ
      /ー- 、ヽ   ,r─-、  u.,/`ヽ.::\|.::::::|ト、
     ,/.:.:.:.:.:.:.:`\  ´二`  /   |.:.:.:.::ヾ:」|:.:\
      !「 ̄\.:.::::::::l\__,, イ    /!.:.:.:.:.:.:.ヾ!:::.:.:.\
      |ー -、リ.::::::::l!  ヽ  /    ,イ,/::::::::::::/::::.:.:.:.:.:.:\
     |.    ヽ:::::::ト、   ′ ///:::::::::/::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\
     l i:   l::::::::|ヽ_,二ニニニ_,ノ/::::::/::::::::::::::::::, ヘ::.:.:.:,r'^ヽ
     | |;:.   |::::::::!         /::/ ̄``ヽ:::::/,r',r'ヾ./  ハ、



―――――――――――――――――――――――――――――――
  色で属性を見分けられる竜族や龍族と異なり、
  殆どが黒―――否、闇色に鱗を染める邪竜族はその限りではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――

137 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:32:01 uiHBGRsI
二176.
―――――――――――――――――――――――
  なのに、とうとう泣きだしてしまった騎士から離れ、
  カリッと爪を噛んだエルにはどうしても
  相手を邪竜と言い切ることが出来なかった。
―――――――――――――――――――――――



',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.::::
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',::
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::'
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ:::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::      .「妙ですね。
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::       邪竜に近い何かなのは間違いないのですが、
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:       邪竜だと断言できません」
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `



              ,、r'''""""''''‐-、、,,
             /          "‐、
           /l:.:..::.:...   、ヽ、:.:. 、:.::.ヽ、
          /:.:..l:..i、:.ヽ、:.:..、ヽ ヽ:.:....:.、:;:.:.:.'、
        /イ/:./、:.:l、:.:ヽ、:.:ヽヽ:.:.ヽ.:.:.:.、:.:.... l
       /,゛i:./.:/ '、:l \ヽ\:.::\\ヽ:.:.:',:..:...l
       '゛ l:.l:..l_  ヽ  \--'r、:.\'、'、:.:.li:.:..l
         iリ、:l,ゝ、  '''゛ ,,、ェ-、 ゛'i-、:、ゝ:.l;l:.l
         ''、:.iイl;;.)    ゛ l;.;;;;ゝ .l:.:.l‐'i,,、:.ll:.l
           l:;l '゛     ー'゛ l:.:.l5 i、l:.:.lll、      「………私達が知る邪竜とは別物だと?」
.           lリ 、        .l:.:l ィ'゛ミ、lノ;ヽ
.           l:.ヽ `        ィ:.:.l l三ミ/ ノ
           l;.;ll'、  ̄`   ,,、r' l:.:.l l=テ'.:/:./ー、
           l:.:.;ll ヽ、  ,ィ'゛,、、‐|:. l;.;.i、/.ノノ:.:./
           l:..:;l;l    ' ,;ii";.;.;.;.l:. l.;.;.;.:l、彡//:./、
.            l ;l:l    {Iiil.;.;.;.;.;l .:l.;.;.;.;;.ヽ、///:..ヽ
            l ;l;l    llli;.;.;;.;.;l:. l;.;;.;.;.;.;.;.;.ヽ,r' /、
            l .:.;;l,,、-、r'人;.;.;.;..l:.:.l,、r''"゛゛  ゛"'-、
           ノ;.;..;.l  ノ.;./ii;.;;;.;.ノ:.:. l.         ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、この情報を得た時点でアグリアスも異を唱えられなくなっていた。
  ならばあの竜は一体なんなのか、その答えを早急に見つけ出す必要がある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

138 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:33:01 uiHBGRsI
二177.
――――――――――――――――――――――――
  だが、あらゆる面で事態は彼らの想像を超えており、
  決定的に情報が不足している。
――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l        「駄目。
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l         他に生き残り、いない………」
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  落ち込んだ空気は犠牲の多さや周囲の冷気のせいだけではない。
  今も暴れ回っているはずの存在が、未知である事の恐怖が大半を占めているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

139 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:34:02 uiHBGRsI
二178.
―――――――――――――――――――――
  そこへ、目を覚ました王子の大声が響いた。
―――――――――――――――――――――



                                    ,r'" ,i"          ,;;;;/           ~`ー、___ |
                                   ,r'_,.....!           ;;;/  ____   / / `ー---
                                    ̄  ,!\      __,,,,--''/"/~;:///,,,,---|/`iー-,-、,,,__,__,,,-‐'"
                                      i  ヽ、 __,,,rit;;ミ、|/j//∠//r';,--,--、||ノノノ!;;;;;;;;;;|  |
                                      i_,-,,;;;`-;;";;;| ゞ-~'|//..........'-ゞ='--‐' ' ' ' !;;;;;;;;|  |
                                     /i  !;;;;;;;;;;;;;;|   丿^              !;;;;;;|   !
           「くそっ!                    /  i   ヾ;;;;;;;;;;|  ,r'                ,〉--|  ,!   ,,;
            あの咆吼が駄目なんだ!       /    i  ヾ;;;;;;;;|  ゝ、 、              /;;;;;;;! i'   ,;;;
                                       i    ヾ;;;;;〉    ,,,__..........,、、      /;;;;;;;;! i   ,;;;;
            屈強な騎士達ですら足がすくんで    ヽ    i    ヾ;;;入  ヽー―‐''`ヽ!      /;;;;;;;;;;i i   ,;;;;;;!,
            手も足も出なかった!」           ヽ     i    y ∧  ||      !    /;;;;;;/ ,/  ,,;;;;;;;;i;;
                                   ヽヽ     i   / /  ヽ ゝ、...........'ノ   /;;;;;/ /,,;;;;;;;;;;;;;;i;;;
                                    ヽヽ     !/ /    ヽ  ̄ ̄  /;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ      「竜の咆吼は厄介です。
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ               精神に作用する魔法みたいなものなので
      /      ヽ、  Y                 静心の奇跡などで解除できるとは思いますが」
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

141 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:35:01 uiHBGRsI
二179.



                                  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人从ノ
                                 <                              >
                                <  サニティじゃ無理だ!                  >
                                <  大勢の騎士達にかけて回る余裕などないッ!  >
                                 <                              >
                                   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒W⌒W
               i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:       /´   ム -イ;‐ァ
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |     .,!      〃 /
                  | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:     ./      ィ! |l i¨7
                    :| :;:;:;:;:;:;: │ :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:   ./     ;'´ i  l| | |
                    :| :;:;:;:;:;:;:││:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:   .l  /|   !: !  |L/| !〉
                | :;:;:;:;:;:;:││:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |   |./  l   |! l  |  .|__|
                    :| :;:;:;:;:;│││:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i       .|   l! |  |
               | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |       !  |l' |  |
                  :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:       .|  |! .|/
                   :/:::.                 |: │    .|/
               :/:                  |: ││                 rーi
                //:                |: ││           i´  | | | 「 ̄!
            //:                    |: │││           |   | i!  ! , |  |
           :/:                  |i r'ノ           レハ」,ハ  ! l|´|  |
              i,':                     ||                        ー' |  |
           l|:                  |:       /                |  |
           :|:        ,::..             |:      ′             |  |
     \、   :|:      /::.:.:.             |i     /                    l_」
       ゞ、_从i|:     / ̄`ヽ::.            ||_从_,. ィ     ’
      ア,:=''" :|:      |   .::ノ:::.         |: "=、て /
___て::/    :|:      | :/ \    /:  /: //:   } ≪    .
    ̄) {    :ヽ___人._____/:. /_/´   ン  {_ _
 -=''''^ヽ'、            ̄ ̄ ̄ ̄  _  = '" .: . :(       ̄
    /⌒`''=一              ̄ ̄ ¨ ̄    ̄  \

142 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:36:11 uiHBGRsI
二180.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  王子の言い分はもっともで、範囲攻撃に単体回復で対抗するなど愚の骨頂。

  だがそれを可能にする、人に与えられた術はあまりにも少なく、
  あまりにも要求される実力が高すぎた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    _
                ,、‐'"´  `゙ヽ.、
               /         \
              /          ,  ゙、
             ./          .ハ. i ゙i
            .,゙!   /     , .ノ !.!. ゙,
            j.|  / _,、-'._,、イ/  !|  !
            l.l  /イ'';K゙゙´ /.-‐''''' リ ;. |
            l.| , ,| `゙"    '゙L;ノ> ノ / |
                j |.! ハ,         ,ィ゙./  .!
           / .!| .l:::ト、  _゙_ '   .ノイ   .|
           ! リ .|rj ヽ ー ` ,.ィ'´ |i   .|
           |j. | リ::`'ーrミ';=''-‐'| j.ノ.|   |       「大勢にかけておける高位の補助系となりますと
             /_j  |:::::::::i 十;j::::::l、./ .|   |             ジハード
         _,、‐'´ |  |::::::::::|. ( (:::::::::`ヽ、!i.  !       私には聖戦の奇跡ぐらいしか思いつきませんが………」
       ,<;:::::::::::!  |:::::::::l  l (::::::::::::::::!.|  ,ト、
    ,r''"´  ゙ヽ;::::j  .|::::::::ノ .人, ゙ヽ、::::::::j.リ  !|:::ヽ,



                                                , -―.―ー- ,
                                              ,,´.::::. . . . . . . . ..:::..`ヽ
                                             ./.; : : : : : : : : : : : : : : : : :.' ,
                                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
                                            ,'.::::::::::::::::i::!::::::/ i!,'ノリソリイ::::::::l
                                           ,イ|:::::::{千ヘ! i,ル' ィrサュ`_ .}::〈.ィハ
                                            .!リ!ヽ'ィrタ` i        j::::}  }
                                               {.´   |        iリ´イ
                「父上なら聖戦を発動できる!             '.    ヽ´       チ|
                                        .        、.  、_, ‐-    . !イ
                 ………だが、効果時間内に       .          \   ‐     ,イ リ
                 奴を斃すことが出来るのだろうか?」            |\     ./   |
                                        .        __」_`ー、´    |、____
                                                 i`ー―--┬┬┬-===ニ`i
                                        .   ____」 .┌─┐.|. ∥ | ┌─┐ ト、,___
                                        :::::::::::::::::::::::::::ゝ└─┘.|. ∥ | └─┘_|:::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして、数少ない手段を使おうにも飛べないように追い込まなければ意味がない。
  だが、その前提を満たす為には精神抵抗力を上げねばならない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

143 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:37:06 uiHBGRsI
二181.



: : : : : : : : : : : `:丶.、
.: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ:-:':^ヽ
: : : : : : : : : ;.-:'':´: : : : : : ; : : : l``:丶.、
.: : : : : : ;. '′  . . : : : ィj::: :  |: :ヽ`丶`ヽ、
: : : : / ,.,/: . : : : : :, ' !,!: : : l: : : `、   `
.: :/,.-'゙/::::: : : : : :/-〃!: : : ,!.: : : :.丶
/'": :./::::: : : : :/   〃 l: : :/:::. :|、 : ヘ
: : : : /:::: : : : ;ィ|  __/′,'.: :/::::::. :!ヽ: : l
.: : :/::: : : :/|::|  示牙 ,': :/:::i:::::. :| ヽ:.l
: : /:: : :/: :.:l::l  | |:'::|.//::i::,!::::. :l   ヾ!
.: /:./ |: : : :.!:l   l.Ч'゛|::::,'!ハ::: ,!    |
:/:'゙:.ヽ、| : : : |:!   'ー'  |::/ |  ',::;!
.: : : : / !: : : :!'        Y     /              ファナティシズム
: : : :./ !: : : l      /             「エルの高揚で何とかならない?」
.: : :./ヽ,|: : : l、__, ィ'l´
: : :/  ヾ : : l    l.|
.: /   '、: :.!  ,.-'. !
:/ /,.三ミ、|  / {`_⊥-、
 〃〃'" `ヽ〈 ̄   _,.」



                             ./:::/:::::l:::/::::::::::::::::i::ヽ::::::::::::::::::::\::::::::::\::\::::::::::::::\:::::::::
                             |::::i::::::l:::l::i:::::::::::::::::l::人::::::::\:::::::::::\::::::::::\:ヽ:::::::::::::::\:::::::::::
                             |::::ii:::::i:::::i:::::::::::::::::l:||__ヽ::::::::::ヽ:::::\ヾ:r======ヾ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::
                             |::::i i::::l::::::i::::::::::::::::i「:::i ヽ:::ヾ::::\::ヽヾ|:;;;l|  :/ \:::::::::::::ヾ::::::::::::::
                             |::::l i:::l::::::i:::::li:::::::::::i;::;:il /i\ヽ  \丶ミ=≡彡´  \:::::ヽ::::\:::::::
                             |:::i l::i::::::i::::l:::::::::::::iミ彡´/  ヽ\  ヽ  ̄      ヾ:::::ヽ:::::::ヽ::
 「静心の奇跡同様、                i::i  l:li::::::l  l;::::::::::i   /        \        i::::i::i:::ヾ::::::::
  多人数にかけられる魔法ではありません。  il  l i:::i  i::::::::i  く                   i::i l:l:::ヾ::::
                               i   i:::l  l:::::::::ゝ  ヽ `丶              i::i i:l::::::ヽ::
  少数精鋭の援護が良いところでしょう」          i::l   i::::::;丶                    i:i i:l::::::l::::::
                                    ll   l::::i::::丶.   . ____            :::i::;:;l;;:::l::
                                  l  /  i::::l:::iヽ.  ゙ヽニニニ=`__       :::::::l/l::::i
                                  /    l:l l:::丶 .::::..---‐‐        ::::/::::::::i:l
                                /      i:  i::l \           :::::/::::::::::::
                                  /        i  i:i   ヽ        :::::;/::::::::::::::
                             /             i    ヽ.     .:::/:::::::::::::
                              |                   ト、___::/\::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――
  単体効果で良いなら精神抵抗力を増す精霊魔法はあるものの、
  効果は対象者の精神力に大きく依存する上に
  エルダー級が繰り返し吼えられたら抵抗しきれなくなるに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――

144 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:38:02 uiHBGRsI
二182.



     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!          「超高位の、男性の精霊使いであれば
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|               フレイア       エインフェリア
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |            勇気の上位精霊による勇者の魂、
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、             神聖魔法なら聖戦の奇跡。
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_         あとは………
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、        よほどの詩人であれば、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、   戦の呪歌が役に立つでしょうが………」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局のところ、魔法や戦技の集中が阻害される時点で
  火力や回避が大幅に制限される事になる。

  無準備、無詠唱での発動が可能だとしても、
  あるいは咆吼の間隙を縫って攻撃を繰り出したとしても、
  一撃で仕留める事が出来なければ反撃で致命傷を受けるのはこちらの方なのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

147 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:39:01 uiHBGRsI
二183.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  絶望的な現実。
  不足なのは覚悟以外の全て。

  邪竜との直接対決を選ぶならば咆吼に対する抵抗、ブレスへの耐性、
  鱗を貫くだけの火力が最低条件だと言うのに、
  奴はさらに竜語魔法すら使う可能性があるのに、
  いまだ、どれも人の手にない。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                           ,r'" ,i"          ,;;;;/           ~`ー、___ |
                          ,r'_,.....!           ;;;/  ____   / / `ー---
                           ̄  ,!\      __,,,,--''/"/~;:///,,,,---|/`iー-,-、,,,__,__,,,-‐'"
                             i  ヽ、 __,,,rit;;ミ、|/j//∠//r';,--,--、||ノノノ!;;;;;;;;;;|  |
                             i_,-,,;;;`-;;";;;| ゞ-~'|//..........'-ゞ='--‐' ' ' ' !;;;;;;;;|  |
     「とにかくだ!               /i  !;;;;;;;;;;;;;;|   丿^              !;;;;;;|   !
                           /  i   ヾ;;;;;;;;;;|  ,r'                ,〉--|  ,!   ,,;
      僕は北地区に向かう、      /    i  ヾ;;;;;;;;|  ゝ、 、              /;;;;;;;! i'   ,;;;
      君たちも力を貸してくれ!」        i    ヾ;;;;;〉    ,,,__..........,、、      /;;;;;;;;! i   ,;;;;
                          ヽ    i    ヾ;;;入  ヽー―‐''`ヽ!      /;;;;;;;;;;i i   ,;;;;;;!,
                           ヽ     i    y ∧  ||      !    /;;;;;;/ ,/  ,,;;;;;;;;i;;
                          ヽヽ     i   / /  ヽ ゝ、...........'ノ   /;;;;;/ /,,;;;;;;;;;;;;;;i;;;
                           ヽヽ     !/ /    ヽ  ̄ ̄  /;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;



              ,、r'''""""''''‐-、、,,
             /          "‐、
           /l:.:..::.:...   、ヽ、:.:. 、:.::.ヽ、
          /:.:..l:..i、:.ヽ、:.:..、ヽ ヽ:.:....:.、:;:.:.:.'、
        /イ/:./、:.:l、:.:ヽ、:.:ヽヽ:.:.ヽ.:.:.:.、:.:.... l
       /,゛i:./.:/ '、:l \ヽ\:.::\\ヽ:.:.:',:..:...l
       '゛ l:.l:..l_  ヽ  \--'r、:.\'、'、:.:.li:.:..l
         iリ、:l,ゝ、  '''゛ ,,、ェ-、 ゛'i-、:、ゝ:.l;l:.l
         ''、:.iイl;;.)    ゛ l;.;;;;ゝ .l:.:.l‐'i,,、:.ll:.l
           l:;l '゛     ー'゛ l:.:.l5 i、l:.:.lll、
.           lリ 、        .l:.:l ィ'゛ミ、lノ;ヽ      「ミネバ王女の命により、
.           l:.ヽ `        ィ:.:.l l三ミ/ ノ       我らの命、フリートに預けます」 
           l;.;ll'、  ̄`   ,,、r' l:.:.l l=テ'.:/:./ー、
           l:.:.;ll ヽ、  ,ィ'゛,、、‐|:. l;.;.i、/.ノノ:.:./
           l:..:;l;l    ' ,;ii";.;.;.;.l:. l.;.;.;.:l、彡//:./、
.            l ;l:l    {Iiil.;.;.;.;.;l .:l.;.;.;.;;.ヽ、///:..ヽ
            l ;l;l    llli;.;.;;.;.;l:. l;.;;.;.;.;.;.;.;.ヽ,r' /、
            l .:.;;l,,、-、r'人;.;.;.;..l:.:.l,、r''"゛゛  ゛"'-、
           ノ;.;..;.l  ノ.;./ii;.;;;.;.ノ:.:. l.         ヽ
           /:.;.:.从‐ノソ、,,ll、..;./:..:. .l          ヽ
           /r;:.://ノi// ヾ、;.l:.:.  l彡         i

149 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/12/04(日) 20:40:01 uiHBGRsI
二184.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ        (私達は危なくなったら逃げましょう)
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、  ヒソヒソ
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



             r,/''"´ ̄`
           l::|          /!
             l:!      /.::/
           ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
              , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
    .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
 .        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
         /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
        ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
         i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
        l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
 .        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
          l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|
           !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
 .          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|     (………う、うん)
         },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
 .        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/ ヒソヒソ
          l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
        l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  こんな状況であるからこそ、私達の目的を忘れてはなりませんと言うエルの気持ちはよく分かる。

  なのに―――なぜか、コナタが返事をするまでには数秒の間があった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…




第二章 魔竜襲来 第三話後半へ



スポンサーサイト
  1. 2011/12/04(日) 20:46:48|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです 第29話 | ホーム | やらない夫のメタルサーガ げたーんゲッターさんその17>>

コメント

まとめ乙です。しかしめちゃめちゃ早いですね・・・
  1. URL |
  2. 2011/12/04(日) 21:22:02 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/2335-eef4b910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。