fc2ブログ

俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

やらない夫と真紅が、小説を読むようです 6.「骨は珊瑚、眼は真珠」

309 名前: ◆gDQ5bE8qg2 投稿日: 2012/03/20(火) 21:57:59 O7UHVrUo
皆さん、コメントありがとうございます!
返事はまとめて、投下後にさせていただきます!

では、今回の投下中のBGMはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=tH_t1kaOaXY&feature=related

Hana-bi OST - Sea of Blue 03 - Joe Hisaishi
310 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:00:01 O7UHVrUo



  「人は、必ず死ぬ」

   「その死が、誰かを縛ることもあるだろう」

ヾゞ,.ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: lヽ ::::::::::::::::::::::::: / /   /
;;;;ゞ;;;ゞ;;ヾゞ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::、__,,ノ  l::::::::::::::::::::/ /   //| /
ゝ;;;;ゞゞヾ;;;;;;;ゞ;ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__,ノ ::::::::::::::::: |/_ //. /
;;;ゝ;;;;;;;;ヾ;;;;;;ゞ;;;;ゞゞ;ゞ:::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l  |/
;;;;;;;;ヾ;;;;;;;ゞ;ゞヾゞ;;ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::: |/     /
;;;;;ゞヽ;;ゞ:,ゞゞ;ゞゞヾゞ; ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::: /    /  /
;;;;;//;;;;;ゞゞ;ゞ;;;;;;;ヾ;ゞゞ;ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.    /  /
;;;;;/;;;;;;;;;;;ゞヾ;ゞゞ;ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /  //|
;ゞゞ;ゞ;;;;;;;;;;;ヾゞ, :::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l/_.//  .|/
/ゝゞゞヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  | . /
:ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::.::: ::: ::::  . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |/
. .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::. .:  :..     ..  :  ..:::::::..... ...:  ..: .:. ...:::.. ... l/
.: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::....∧::::..... ...:::......:::::... /
:: ::::::::::::: /| ̄ ̄|::::: ::.... .::::..... ...:::.. ... ....:::::... .....: .. | i:::::: ::.... .::::..... .. ::|.       /| ̄ ̄ ̄|
::.. ... :. .:::| : |    |::.. ....::./l::.. .     ::./| ̄ ̄l::| |::.. ... :. .:::::: ::.... .:|   ..:: :. ..| |.: . . '|
.. . ...:::.. ..| . |    |.. . :: / /.. .    . : ::...| : |    |..〉.:|.. ... :. .::::::..:: .. /| ̄ ̄|:...:| |    : . |
:.. :... .. ..:.| : |    | ̄|/ /:.. :...     ..| : |    | | |..:: :.... .. .. .: . | : |    |..:::| |:.. .  ;|
\. .:...:....| . |    |  |_ /.:.. ... .. ../| ̄| :| : |    | | l'w'^~^ヽ/| ̄| : |    |::.::| |   . .; : |
 :|. . . | . |    |  |/. ..   .  .| . |  | .| : |    | | |:::::::::::::: | : |  | : |    |:::::| |.: ' . .|
 :l,,r'"゛''| : |    |  | | ̄ ̄l   | : |  | :| : |    l l ;";::::l⌒l:::| : |  | : |    |:::::| |   . .. : |
 :i:::::::::| ̄| ̄ ̄ ̄i: |_|    |,;''"| : |  || ̄γ ̄ ̄ ll:::: |  |:::| : |  | : |    |:::::| |;.. ..  |
. |::::::| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| .|    l:::::::| : l | ̄ |_| ̄ ̄ ̄|_l:::::|  |:::| : | | ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄|

311 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:00:33 O7UHVrUo



  「死ぬ人の中には、束縛を願うものも居れば、
                あとに生きるものの自由を願うものも居るはずだ」


 ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"  ゙"'' ゙"  ゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"  ゙"  ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"'' "
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"  ゙"''   _____ ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"  ゙"/::ヽ::::..   :: ::ヾ"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
 ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"  ゙"'' ゙" |ヽ/:::: ̄   ̄ ̄ヾ''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
゙"  ゙"   ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"   ゙" |:: |::: ::        | ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''"
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''" "゙" ゙"  ゙"''  |:: l  ;;_::;;; -;:: ;;;;  |゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""''  ゙"''"  "゙" ゙"|: :|::.         .:::|  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
゙"  ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"   "Wv,_|:: l::::  ..      :::|、wW"゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
゙"  ゙"   ゙"  ゙""'  ゙"''"  "wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:_|::\W/ ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
゙"  ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙";;  ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;゙"'' ゙"  ゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙''"
゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: :;;:;:::; ;;;;;; ;;::;;:: ;; ;;;:: :::::: ;;:::;;;; ;;;::""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;;;;; ;;;:: ;:::''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""'' ゙"''" ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;"''"


             「僕は、出来るなら後者でありたいと思っている」

312 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:01:04 O7UHVrUo


   「だが、今はそう思っていても、今際の際になるとどうなるかは分からない」


;;:;::: .__ |;: : :\  |^~~^~^^ ~.:| |;:;:;;;::;:| |;::;;;ノ/ヾヽ| |~~~;;::| |~~゙゙| l丿ノ ^^^^^: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
~~: :~~: :|;|^^:.:.:.|: :|: : : : : : : : :| |^^...^.| |: :| |/~^~ .| |: : : :.:| |: :: :| /": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |: :|: : : : : : : : :| |: :: :: :| |: :| | : : : : | |: :: :: :| |: ゙_ _,,.. .-――――― - 、: : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |:: |: : : : : : : : :| |: :: :: :| |: :| | : : : : | |: :: :,,_| | ,f´三三三三三三三三}       l: :: : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : | ::|: : : : : : : : :| |: :: :: :| |,,,r''''' .゙'゙゙゙: :""": :: ::゙,|三三三三三三三三ニ:     l: : : : : : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |: :|: : : : : : : : r'''゙~:.:. : :|,,|、  ;;'"゙~' ′   ゙^゙ .|三三三三三三三三三:     l
.r゙: : : .: :.:r~゙" ゙ヽ"" ;,:;;、:. ;,       """   """   ""::|三三三三三三三三三       l
   _,,.-‐ … - 、  .,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,       |三三三三三三三三三!:.    l
. Y´l: : : : : : : : : }        __                |三三三三三三三三三}:      l
  | |: : : : : .: :.:.:|       /      /:: ̄:`:.、  ;,:;;、:. ;,:;.  |三三三三三三三三三}:     l
  | |: : : : .: :.: :.:|  __ /    /: : : : : : .:.:.:\     , ,   |三三三三三三三三三}!     l
  | |: : : : : :.: .:.:| ト ."___/: : : : : : : : : : : : :.:`ー...、  ;|三三三三三三三三三}l.      l
;,:;;、:. ;,:; ;; ,""""" |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:}  : ::|三三三三三三三三三il!     l
           |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : :    |    |三三三三三三三三三}l!     l
           |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : :      |; ,   |三三三三三三三三三}l!:.    l ̄ ̄, -' .
       :; ;,:;;、 |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : :        |  ; , |三三三三三三三三三}l!}     L -'"   l
 ,,,,,,,,,,,       |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : :          |   |三三三三三三三三三三           l
:;;、:. ;,:;;、:. ;,: 、     」::::::::: |: : : : : : : : : :.:.   __,,.. .-‐ "_,..-''≡≡ニニ二三三三三三三            l
              /::::::::::: |:.:.:_,,.. .-‐:::::'''""~  _,..-'''"                 _,..-''" ̄            l
            /::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::_,..-'''"                   _,..-'''"    :::::::::::     ::::::::::   l
    ;:...:,:.:.、、;:...:,:.:,:.:.、、;:...:,:      /三三三三三三三三三三三三l        :::::::::::       :::::::::   l
   ;:...:,:.:.、、;:...:,:.            |三三三三三三三三三三三三ニ                        l
                 ;:...:,:.:.、、|三三三三三三三三三三三三ニ     :::::::::::::::           /
    、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、 、:. ;;'        |三三三三三三三三三三三三三      ::::::::::::::::::        /
                      |三三三三三三三三三三三三三}    :::::::   :::::::::      /
      、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、 、:. ;;'"゙    |三三三三三三三三三三三三三ェ        :::::::::::::::::    ',
                          |三三三三三三三三三三三三三ェ       ::::::::::::::::::    ',


   「人は、とても弱いものだから」

313 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:01:39 O7UHVrUo



  「だとしても、少しでも優しくありたいと思っている」



      "    l   i   i (=ヽ  i   /
  ヾ   l ii    i i i/l ヽi r-( ( i)i  /   /
  ヽヽ   i ヽ   ir'l( (ニゝニゝ( (ヽ |))/ ,,,,/  //
   ヽヽ  ヽ,,ヽ,,,,, i .| i i | |/ニヽヽ|ニゝ))<   ,// /
    ヽヽ_  "--l ,l"ニゝ") ) ヽヽニ=ヽ)ゝ""""/ //
     ヽ "''''''''''''('_j'' ヽヽcヽ,,ニヽd/)ヽゝ)) /,,丿/
      """""( ( (ニゝ/丿| | ヽヽ,-----""//
         / / | |しr| |ノ/i iヽヽ丿ノ------''""
         ヽヽヽヽ .""" i i  ""| |
           ゝ ヽヽ  | |   /丿
              "" l l   ""
          i      | |
    i  i    ヽ    ,,,)ヽ /lヽ)
     i  |    iヽ  //ヽヽi i l) )ヽ ヽ    /|
  ヽヽ ヽ \,,,,,, ヽヽ//-,<i j゜ヽヽ//l |ヽ)) ,,,,//
   ヽヽ, ヽ----\( ( | ) )ヽヽ) )|/ヽ/|///    / /
    ヽヽ,,,,,,,,,,,,,,,--/cニニゝ// ヽc/)",)",i,,,,,,,,,,,,,/
     ヽ,,,,,,,,,,,,,;;/,,,,,ヽヽ-- oニゝ|丿\),"    /  /
           i  i iヽ|/| | ヽヽi i\ l"""""",,,,,,,,ノ
           i,,,,,,,l,,丿/ヽヽ i iヽヽヽヽ"""""
             | | | | し ヽヽ\| i丿
             .| |. | |    ""
             | |  | |
             | |.. | |
             | |.. | |
             | | ..| |
             | | ..| |
             | | ..| |
             | |  | |
             | |  | |

        「こんな僕は、傲慢なのだろうか」

314 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:02:02 O7UHVrUo



   「それでも僕は、優しくなりたい」

        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
        | il| ......................................................   | .......................................................   |
.          | il| ......................................................   | .......................................................   |
.         | il| ......................................................  | .......................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´

                 「少しでも、少しだけでも」

315 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:02:34 O7UHVrUo





    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
             6.「骨は珊瑚、眼は真珠」



                   ___
                   |    |
                   |    |
                   |    |
                   |    |
                ,,,.   |    | ,'"';,
              、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
               ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
               ∥  `i二二二!´ ∥
               昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
              | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
              |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
              |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
           ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
             |  |:::  |: :    : : |::   |  |
             |  |:::  |: :    : : |::   |  |
            /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
           _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
           l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

316 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:03:32 O7UHVrUo


 「彼女と出会ってから、もうすぐ一年になる頃だろうか」

  「いつもどおり、僕は小説を彼女に貸した」

   「それは短編集で、レパートリーに富んだ小説だったと思う」


        ,.---r--'  lヽ../                `ヽ `ー 、
         〈 、-{   /} .}                   \.   ヽ
      ./ゝ. ヾ)  〃!:´ノ                   、 ヽ  .ィ’
      / ,..ィ"´  .ハ!} ,'       ,      、        ヽ ヾヾ.
     .// /l_   ,' {l ヽ.   /  .!      ',  、     、 ', ',  )
    /.{ /    ) .!  !  ノ   ,'   {       ト. ト、    ', ヽ Yi
   ハ Ⅵー''1´  {  i (   i l i ト、!     ,,.!-!‐-!、!    ト. i! }:|
   .ハ  `T゙∧   {  !  `i  i!_ム-!<:l´ト.    从! lj l` 、  }:} !i ;:|
   ハ  //Ⅳ.Kフ. ', {  ノ,.-〈、 ! ヽN、 ゝ.  .//レ'¨心レ{、! ,' i / } /:|
  ′ .// ' i::{   '.__ヽi ト、 レ'f=心、   ヽ'  弋zソ " } ./ ヘ// :! 『骨は珊瑚、眼は真珠』、ね。
  ,'   // ,'  |::|ヾ、_ f 、 `ト! ヾ 弋zソ         ̄   /ィ/ォ  i´  :|  なかなか重厚なタイトルだわ。
 ,'   〃.Ⅳ  .|::| ',. {:{) ∨ `.、ハ.  ̄       !     ´〃 !|  !  :|
 !  /   .i   !::!  Ⅶi゙ヾi   ト、.ハ             ,'/! :!',  ',.  :!
 ! ,/    !  .|::l  l| |  |  :ト∧. ',       ´ `    ,.イ」 | :| ',  ヽ. :|
. ハ’    .i   レ’ 1 .|  |  :| `ヽ ト.、        ,.ィ≒ュ_..| :| ヽ  ',.:!
/     .l      | |  |  :|r≦:} }'´¨` ー‐r:r<     | :ト、 ',  }|
      |      | |  |  :|ソ´ | |     ヾ.        ヽヽ. \. !|
      |      } }  |  :|  ノノ    f"三三゙ヽ.    \\ノ }|



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)  内容はそうでもないだろ。
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒) たぶん、真紅の好みに近いはずだ。
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


   「ただ、このときは『彼女の好み』に合わせるように、僕は小説を選んでいた」

    「どうやら、彼女との付き合いが長くなるにつれ、
     それなりに、彼女のことが理解できるようになっていたらしい」

317 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:04:20 O7UHVrUo


  「結果的にいえば、僕の予想は当たっていた」

   「彼女は僕が貸した小説に、好意的な感想を抱いているようだった」


          r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
         (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
       __「二X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
       [{~ヾ彡ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
      `ー ' イィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
       /ィ:{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく  ちょっぴり切なくなったけど、良かったわ。
       /´ ∧!Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
     /´  // 乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ} 表題作はとても考えさせられることがあるし、
.    乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ 
   イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「  『眠る女』と『眠る人々』の対比もよかった。
   L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
   ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
.ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
. //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、  生きることを真剣に考えさせられるわね。
. イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
        厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
         /才ニ-ァ…‐テ::::::::/ }:>≦三≧ァ=く    } iリ  ゝ}



            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   …うん。
           |         ノ    俺もそう思うだろ。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


   「彼女はやはり、喪失からの再生を描いた物語を好むのだ」

318 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:04:53 O7UHVrUo


   「表題作『骨は珊瑚、眼は真珠』は、男の独白で始まる」


    r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./   でも、心地いい切なさだったわ。
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ     …少しだけ不安で、寂しくて、
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|        それでいて温かくて。
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ  …それから、救いがあってな。
              .|        |
              人、       |    俺はやっぱり、ハッピーエンドが好きだろ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ


    「だが、この男はすでに、この世のものではない」

319 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:05:18 O7UHVrUo


 「男の身体は荼毘に付され、真っ白な灰になっている」


                      /::::r‐、:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       _          ,.ィ'´:::::/!_‐- 、:::::::::::::::::::::::::(,、
      /:::`ヽ__,.ィ三/::::::::::::r‐、ノ   `ヽ、:::::::::::::::::ノ
    r‐'、::::::::::::::/圭ミ/:::::::::r、:_) l  l    ヽヽ:::::::::ゝ,
    l:::::::`:::::::::/圭/´::::::::::ゝ´  l  l     ヽ ヽ:r‐'´
    ノ::::_::::::/圭/:::::::::::r‐、ノl  l l l     l l  l!
 ,ィタ'l:::::::::::::::`:l圭ミ!::::::/:ゝ、 l l  l l ',    l l l  l
. lミ! /ヽ;::::::::::::::l圭ミ!::::::::::r‐‐'_ム斗孑十弋、  l l! /
 ゞ="〔_:::::::::::l圭ミ!::::::::::`)lヽl  ィ示ョ`   `ュ! l/
 //   l __)::::::::ヾr‐'ー、:(´ l   `辷:リ   カ    でも、やっぱり分からないこともあるわね。
.//!   ト、ゝ-、:::::::lノyヽ 〉:ノ. l     ̄    ヽ
./ l   l. ヽ  ゝ'、:ゞー.'´::) l.l         _´!     私は誰かと死別したこともないから。
  l   l  \ ゝ‐ヾ、圭.l l.l           ´, '
. l   l    `十-、__≧/ l ト、      /
 l   l     l r‐‐'´.l l圭ミ===,ィ=x、
. l   l     l  〉:::::::/ /圭圭圭ミ/ヽ圭圭ゝ、
. !   !     l /:::::::/ /圭圭圭ミ〈 ゞ〉圭圭/
.l    l     /:::::::/ /:《圭圭圭圭!´圭=彳
l    l     /:::::::::〈 `ー‐-、圭圭圭l圭圭》
l    l   /:::::::::::::::: ̄ ̄`ー-、二`>圭/


                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|  俺はばあちゃんを亡くしてるからな、
                '、` ⌒´      | 
             -ーー|        ト、______    少しだけ感じられることはあったかな。
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|


     「そんな男を抱きしめ、悲しみにくれる妻に向かって、男は言葉を連ねるのだ」


            「妻には、男の言葉なんて届かないのに」

320 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:05:51 O7UHVrUo


 「そして、妻はひとつの行動をして、
   それを見届けた男は、妻に別れを告げる」



.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |  …こればっかりは難しいわ。
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ   体験しないで済むなら、体験はしたくない。
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |    でも、ね。
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !


   「そこで話は終わっていた」

      「彼女はそんな小説を読んで、生き死にについて考えたようだった」

321 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:06:22 O7UHVrUo


   「言ってしまえば、喪ったものは永遠に帰ってこない」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)  …これもまた、言葉にならんだろ。
.             |    (___人__)
             |        ノ   だけど、俺はこの夫婦は幸せだと思う。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、  …そうね、それもそうだと思うわ。
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   ー‐─ -| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
      l.l |l l,l下、 , /l.,rfテ卞,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 .r≠ミ 、ノ ! 弋tン |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ弋ソ`   "" .l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヘ""      l /ヾ、    ヽ  ヽ
          //l >-  ̄  <// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'    ヽ   ヽ


    「ならば、再生が意味しているのは、なんだろう」

      「僕もまた、そんなことを考えていた」

322 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:06:49 O7UHVrUo


    「それから僕たちは、何を思いつくでなく、見慣れた町を歩き続けた」


,.;;,;; : : : : : : : : : : : : : ; ”i;,;,。 :;;   从Y:. : : : : : : ; ' ; :| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;:。;:;
,.;i;';.,,;;:.: : : : : : : : : : : : : : : ::,, ;ミ,     {;;:;',; : : : : ; ' ' : : | | : ": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,'。;:;;;
,.;;:。;:;;::、;:.: : : : : : : : : : : : :.:;;冫     〉;;'; : : ; ,' ' : : : : | |' ; : : : : : : : : : ;: : : : : : : : : : : ::;ミ,
::, ;;;;:;:;"”; : : : : : : : : : : : : :.`;,}x    ノ; ; : 'l!゙',: : : : : : :| |:.:.:'┌―┬; : : : : : : : jk; ; : : :.j;,:。:i:
;:。;:;:;;,.:i;,;,:。: : : : : : : : : : : : : :.、;ヾ ─‐‐巛: : ||:.: : : : : : ;| |、;;:。;:';、 |/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :: :
;';.,;;、;、;;:。;:`;: : : : : : : : : : : : :.:冫     ', ;;:.:||:.: : : : : : : | |:。;:;:。;:`;,. :  ̄田 ̄;:~; ̄田 ̄田
,.;;:。;:;;;,.:i;,;,:。; : : : : : : : : : : .:从         : :|| ;: : : : : :.:| |;: ;;,::i;,;;,、____:。;:i;:`;_l;;;;;;l_`'::'
,.;i;';.,,;;、;、;;。从:.:: : : : : : : : : :.;;       ', :||.,, .. . ...: ::| |;:。;::i;,|i:;;:''   ;:::。.;:;、;;     ,:'':';:,''
;::w;:、;;:。;:;:;;,;;,: : : : : : : : : :/          ',:||, '  ''.. '.| |',,、;;i!;:''"  ., ,';:w;:、;;';,、  "'`'::'
i!i ,;;、リj。;:;:。;:`; ,.: : : : : : .” /         ,,::' '.      | | ;;|l |   .    "゙;::jw;:: !;:''"
i!i{;;,.:i;,;:.;;; :;.;:。;;';、,   /         ,::'   、     | |;゙゙"        ;, ;;|l i,;
| l|;;, :i;,;,:;:;,.;i;';.,,;;;",;   /         .     \   .:| |         : :.:; : ""゛   . : ..:
|:.:|;wリ゙;;、:リ;;;j;;从;リj  /             .      \  |_|       _,, :.-‐ { }""~
|l |;:w;;;;ti ijk:;;;k;;;,リj:_ ノ            .     `,:'ー '''  ¨    !:}   ||
|l |;"w;;ミ;wッ';リ":;:;''                    .    ,::'          .   ||     ||_ ,. . - ''
| l|Y;.,;;、;;;;;:w:;ノ                 .  ,::'    .  '       ||" ´,;
| l|y;wリ゛j;;リ;w''                       ;;;i;i; . '           ィf.;;    '
| l|--..: ;; : ::- 、                               { ;: \
| l|       : }                               ',   \
| l|        ; /                                \   \


         「考えるというのも、難しいものだ」

323 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:07:17 O7UHVrUo


   「そんなことを考えながら、僕は彼女の方を見た」

     「すると、彼女は何かを伝えるべく、その小さな口を開いていた」


.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |    …もしも、だけどね。
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ   人が猫みたいに死ぬなら、
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.   私たちは悲しまないんじゃ、って思うのよ。
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)  猫っていうと…
             |        ノ   誰にも見つからない場所で死ぬ、ってやつ?
              .|        |  
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

324 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:07:52 O7UHVrUo


  「彼女の声はとてもか細く、静かな響きをしていた」

          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉  そう。
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ  どこか遠くに行ってしまえば、
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、    『まだ生きてるかも』って思えるでしょ?
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}  だからね。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   ふむふむ…一理あるだろ。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

325 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:08:15 O7UHVrUo


   「彼女の声は、冬の乾いた空気に染み渡るようで、綺麗だった」


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   …こういうのって、逃避なんでしょうね。
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |    
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)   …まぁ、身も蓋もない言い方をすれば、なぁ。
             |        ノ
              .|        |    けど、『どこかで生きている』って考えるのは、
              人、       |            別に悪いことじゃないと思うだろ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、


   「だが、彼女が最後に口にしたのは、自責の言葉だった」

      「その言葉が途切れると、どこまでも澄んだ沈黙が僕たちを包んだ」

326 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:08:38 O7UHVrUo


 「そして、しばらく沈黙が続いた後、僕は歩きながら自分の体験を話し始めた」

   「少しだけ、思うことがあったのだ」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  …前にも少し話したけど、
              |         |   俺は一緒に暮らしていたばあちゃんと十四のときに死別してるだろ。
           |        |
            ヽ      .イ_    十四にもなると、泣くのが恥ずかしくて、
          __「ヽー'ーー"/ L     下手に泣けないだけ、すごく辛かった。
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

327 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:09:07 O7UHVrUo


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   かといって、人が死ぬことを受け入れられないほど、
          .|    (___人__)    俺も幼くはなかった。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、  けど、やっぱり、怖かったんだろうな。
          .人、      厂丶,丶 v 〉   必死に、『死』のことなんかを書いた本を読んだ。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )   アレックス・シアラーの『青空のむこう』とかね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ  …その本なら、私も読んだわ。
      Nトト.:ト.::V笊V:/ ,.ィ笊〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
         `>.:.ヾヒツ   ヒ ツノ ,/:ハ;:/__/.;:ハ:i i  一人の男の子が亡くなって、
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |  それからひとつずつ振り返る話よね。
         .// .l.:.ト、  r‐ァ   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |

328 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:09:31 O7UHVrUo



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r  そう、そんなストーリーだった。
             (__人___)     |      | |   …思えば、『骨は珊瑚、目は真珠』に近い話だよな。
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、   とにかく、俺はそんな小説を読んで思ったんだ。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i   『あぁ、ばあちゃんも天国にいったのかな』、って。
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  だけどさ、そうやって考えると、
            l / y 「'i___人___)  |   葬式ってのが、暗すぎて嫌になったんだ。
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _  …死んだ人は、そんなことを望まないだろってさ。
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l

329 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:10:03 O7UHVrUo



           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)  だから、葬儀の間はずっと、涙を流さなかった。
.           |    (___人__)   悲しむのが、どこか場違いな気がして。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |   火葬場の炉の中に棺が収められて、
            人、       |     轟々って火の音が聞こえても、ガマンしたんだ。
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ      
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|




   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   ……。
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |

330 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:10:27 O7UHVrUo



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)  昔は、そうすることが正しいと思ってただろ。
.             |    (___人__)
             |        ノ   だけど、この前の帰省で違うって分かったんだ。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)  …葬式は、亡くなった人のためじゃなくて、
           |    (___人__)   大切な人を亡くした人のためにするんだなって。
            .|         ノ__ 
            |     _/  ̄\ヽ    これからも生きていかなくちゃいけない人のために、
               人、   '、/  ̄ ヽ '、     泣ける場を作っていたんじゃないか、って。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、 
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i

331 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:11:12 O7UHVrUo


 「彼女の相槌は、とても心地よかった」


   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|   …そう。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|  なかなか建設的で、いい考えね。
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒~;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |
,__ 〉´ー-ぃ} ./⌒:/⌒/^ }" ∠===⇒'´_. --_}. |

                     ___
                   /:::::::::::::::::ヽ         ____
                 / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                   | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                    | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                     | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /  ・・・ありがとうだろ。
                | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                 r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r




  「だから、僕の言葉はとめどなく、出てきたのだと思う」

332 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:11:41 O7UHVrUo


  「彼女は、僕が話す言葉をひとつずつ、吟味しているようだった」

   「まるで、何かを探しているように、ひとつずつ」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)  でも、ばあちゃんが死んだとき、すぐに
          .|    (___人__)   『自分達のために葬儀をしてるんだ』って言われても、
           |         ノ     俺は受け入れられなかったと思う。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |   だから、やっぱり、あのときの俺には、
              |         |    『天国』の存在が必要だったんだと思うんだ。
           |        |
            ヽ      .イ_    それがあるから悲しみを和らげて、
          __「ヽー'ーー"/ L    こうしていま、大人になることが出来た。
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

333 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:12:06 O7UHVrUo


  「――長々と話したが、結局、僕が言いたかったのはこれにつきた」

     「何事も完全に悪いと言えるものはない、ということ」



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r  だから、俺は逃避的な考えも悪くない気がするだろ。
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.そこからまた、ちゃんと歩き出すことが出来れば。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |



   「どんな過去があるにせよ、前に歩き出せれば、という願いだ」

334 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:12:32 O7UHVrUo


   「そんな話が終わった後、彼女を見ると、彼女は小さく笑っていた」

       「そして、彼女は僕を、強いと言ったのだ」


                     __r―=、ノ⌒ヽ.ノ⌒ヽ._
                     ): : : : : : : : : : : : : : : : : :   `ヽ
                  r―=' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
                 ): : : : : : : _______: : : : : : : : :ヽ.
                 ゝ: : : : ::  ´         `ヽ: : : : : : : :}
                /: \:/                 \: : : : (
                (: : : ,'       | l|   | |!      ヽ: : : : )
                    {: ::  |   | l|  !| l|   | |!   l|    :: : ::<
                    ): :| |   | l|  !| l|   | |!   l|  |  : : : :)
               (:.:.::| l  |_l|_!| l|   | |!   l|  |  l: : :.{
                 }}フ | |   | 从 l:| l|| | |、_. l|  |  |: : : ヽ.  …あなたは強い人ね。
                   / ヽ}.八、.rtテ心レ'j八人ハ:! l.l|! j  :: : : : メ、
                 //  ハ ヽ.ハゞツ    ィテミメ.从}ノ  ,': :__ノゝヽ 
                 〃  人}  ト、 } ::::  .   弋ツノ/´}l  /r ´ | |!:ノ 
               ノ'   イ. / /ヽノ   . _   ::::  / /Y`Y:   | |!    私なんかより、ずっと。
             /  /ハ./ /_.ノ:ヽ.      , ‐v / / /   . | |!
           /  /.ノ: / ̄`ヽ===、ー-r‐='   ' / / .ィ:.Y⌒).| |!
         /  // : 八 ̄`ヽ}==/⌒Y _____/!  ヽ|: :(_ | |!
.      /  / ´: : / ̄ ̄`ヽ{_./: : : {rく__: : : :/.: :.ト、_}! :.:ヽ| |!
       , ′. : : : : : : :ゝ====ソ: :./: : /: : : :}: : /: :: / ∠_ : : : ハ }!
.      /  /l : : : : ハ: :/ ̄ ̄`ヽ}:.:/: /: : : : : :し': : : : {__}: : / : } |




             「僕はその言葉に、盛大に首をひねったものだ」

335 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:13:04 O7UHVrUo


    「僕が色々な視点から物事を考えられるようになったのは、
                           彼女がいたからだった」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    |   そんなことないだろ…
              |` ⌒´   u. |
           |        |   人から学ぶことばっかりだし、
           ヽ      .イ    真紅からはたくさん、教わってるし…
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |



       r'´      ,イ´f´    /          `ヽ          ノ
  ,rー--{       / / |     /            |    ヽ        ノ
  / / ̄!      / 〈  ノ/  /            ∥   ヽ      (_!
  | レ´ ̄_>   / ! 'Y /    !  /           ∥  |  ' ,      `!
  ,ヘ`二彳´    | |  f/ / | | /     |     ∥   |  ',      `!
/     |     | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |
       |     !f   }| { | |,イ|,f/| .∥  .j   / } |  |   |        |
      レ‐イ  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ
     /   |  rュ,⌒)ル'ムィf'乏え坏`ノノ/ /レ'`ナメイァ . // / /    <(´   そんなことないわ。
   /     `ー<@〉},'  / `弋::タソ " ノ.r'   ,. __,, //イ /レ      ノ
  /         `マ  ,'                ⌒ヾ/ィ'   レ'_  _,...-‐´    私は逃げてばかりだもの。
/            ,' | |',             ,     //     ) `´        あなたみたいに、立ち向かえないわ。
            ,'  !! ヽ.     r ー‐ァ    /├‐-‐ '´
                ,' ∥`ヽゝ^ヽ   ` ='  _. イ |
    , ‐ ´ ̄`ー、._  |   |>´   ヽ.._.. -≦  /   |
  /          `┤ ∥       ヽ r-―-、_!  |



      「だから、僕が強くなったと言うならば、
             彼女が僕を強くしてくれたとしか、考えようがなかった」

336 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:13:35 O7UHVrUo


 「彼女はそれから、言葉を続けた」

   「その言葉はあまりにも直線的で、僕はたぶん、赤面していただろう」


       .r: : : : : : /77: : : : : : : :_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.入_
        ): : : : :///: : : : r‐、_「 =ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し、
       く: : : : :.///: : : : : :ヽ     ` 、:.:.:.:.:.:.r―'
       Y⌒: : :///: : :__:r‐‐ ′    |{   ヽ:.:.:.:廴
       廴__ : :{/,{ : : く   i _ |  八!    :.:.:.:.:.ノ
      i r:'’ : {/,{: :r 、ノ  /}  /} //{ ト、    :.:.:(´
.     x| 廴: : {厶く   i ィ斧ミx///八{ハ   l.rく   …あなたは優しい人よ。
     //|   !,{ Y^Y{   |弋うソ   斧ミx} n i八 \
.   〈〈 |   |〈 {ryj |  i|      , ゞ゚' ト.| ト、 ヽ  \   きっと、素敵な人生を送るわ。
.     Ⅵ   |/,ゝ=く| 八          八j V{ヽ.    丶
.     }|    V/》^八  ヽ  `  '  イ7}  八 \,    \
      八  !   i {/,∧  ∨≧=≦////  /  \ \     ヽ
    /   |   |  7/∧  Ⅵ乙 ハ,/《f:⌒Y    \ \    ‘,
.   /    八 |  ,⌒Y,ハ   V⌒ソ//,'}: : : ヽ __ ヽ  \    .
  /     / ′|{ /: : : ∨}   i7777///|: : : : :\: : )} \  ヽ  i
. /     / /  i八{: : : :.:.`|   |/,} ∨//,| : : : : : : \{   )   ) .|




               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i    ――そうだ。
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/   ねぇ、変なことを聞いてもいい?
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ レ',イ}ヽ! /}
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' /xョョュ、   ヽ弋リ ! l 
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ '弋リ      '  八}    
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ       , ,イ
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ-     ̄ ィl !
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ `ヽ二ミ}¨ __l,x=ュ  
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ー―-'寸三ミ}
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : : : : : : :Vミ三!
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : : : : `tリ


   「そして、彼女は僕に質問してきたのだった」

337 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:14:19 O7UHVrUo


   「彼女の質問は、とても比喩的なものだった」

          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ     
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ    仮に、の話でね、私たちが沙漠で遭難したとしましょう。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、  
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ   そんな、少しでも水分を摂らなきゃいけないってときに、
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}    一杯の冷たい水が差し出されたと想像して。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}   でも、水は一人分しかなくてね、
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}   二人で分けると共倒れになる程度の量しかないわ。
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )    |  …オッケイ、想像しただろ。
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
           / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|


     「僕はその暗示めいた質問が、何か重要な意味を持ってる気がしていた」

        「だから、一言一句聞き逃さないように、細心の注意を払っていた」

338 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:15:04 O7UHVrUo


   「だが、彼女の質問はあまりにも不明確だった」


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ   それでね、やらない夫は私に水を渡してくれるの。
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′  『真紅が飲むべきだろ!』なんて、格好つけてね。
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)   格好つけてって…
             |        ノ     うん、悔しいけど言いそうだろ…。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\

339 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:15:27 O7UHVrUo


  「だから、僕は彼女が何を思っているのか、分からなかったのだ」


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠, でもね、そんな水を私は捨ててしまうの。
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ 『私だけ生き延びたくないのよ!』なんてワガママでね。
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   せめて、あなたに譲ればいいのに、
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |      ばしゃーっと全部、流しちゃって。
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |     ……そんなことをされたら、あなたはどう思う?
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |



           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  あー…そうだな…
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V


    「とはいえ、何かを答えないといけないと思い、僕は考えた」

      「それでも、考えれば考えるだけ、分からなくなっていった」

340 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:16:22 O7UHVrUo


    「結局、僕は素直に思ったことを口にした」

     「意図が分からない以上、仕方ない。そう思ったのだ」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)   そりゃあ、流石に怒るだろ。
          .| U   (___人__)
           |     ` ⌒´ノ     いくら真紅が相手でも、なぁ。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',



        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/   …それは、自分に水を譲らなかったから?
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<


   「だが、彼女から返された言葉に、僕はまた首をひねった」

341 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:17:08 O7UHVrUo


 「それは、彼女があまりにも的外れな質問をしてきたからだった」


                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .|   いや、違う。
                          '、           |
                         |        |   俺が怒るとしたら、真紅が諦めてるからだろ。
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i



  r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:_;ノ⌒ヽ_乂.:.:.:.:入___
  |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.__ノ           ヽ、.:.:..:.:.}_
.   ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:___)   |          ’: ̄.:.:}
    {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i| :.:.___;}__|__ ,!斗'   .! |    '..:.‐〈
  ./`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil::y´ |  ノ' |   '! |ヽ   ' :.:.:.ノ
  /   // l:| } {l(} } j :i   i .,.z=ミ:,  /ハ,| , , .リフ′
. /   // ///|:.:ゞニ彡'l .|   |イf.::_t! }/ ,.ィ圷. ハ/     私が――諦めてるから?
.,'   // /// ヾ;.: ト:i:i:i:iL|   | ゝ=’     .j;ソ|./ン
.|  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l        '  }ヘ\
.! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ     _     八 \ 、
.| |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  ト、  ´¨   .イ .|   \ \
.l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. !`iミー- ´,/'|. .|     ) .)
.| i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ / ノ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:》 .|   / /
.l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' イi:i:={ { {匂)l}:i:i》 |./ /


   「そんな彼女は、僕が口にした言葉の意味が分からないのか、驚いているようだった」

342 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:17:34 O7UHVrUo


   「彼女が何を言おうとしていたのかは分からないが、
     とにかく、僕は自分が言ったことの意味を彼女に伝えた」


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\   そう。
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|
            l / y 「'i___人___)  | そんな状況で水を真紅に譲るのは…
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |  やっぱり、真紅に生き延びてほしいと思ったからだろ。
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___    それなのに、死ぬことばかり考えられたなら、
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _   俺はやりきれなくなる。
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l



            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ   ……。
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j | 
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (

343 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:18:07 O7UHVrUo


    「説明が終わるころになると、彼女がうつむいていることに気づいた」


               _______
             /    \,-、__
           /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ  だからその、自分勝手だけど怒る気がする。
           | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
           |  (___人___) 〉-‐‐´ l   …恥ずかしながら。
           .|       u 〉--‐´ l
            |        iヽソ   l
           Λ      ∧`;"   '、   出来れば、『骨は珊瑚、眼は真珠』のふたりのように、
          __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_    行き着くところまで行き着いて欲しいだろ。
    _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
  ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
/ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



ゝ:::::::::::::L__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー- 、,r  ':::::::::::::::::::::: |_/rヽ
(::::::::::::::::::f:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ::::::::::::::::/_ イ二二 ヌ
 \:::::::::::::つ:::::::. \::::::::::::::::::::::::::::.|   |:::::::::::::::::::::::::::!ニニ´ ' /
  (::::::::::::::::ゝl::_ _:::::::::::::::::::::::::::ー┤   |::::::::::::::::::::::::::ノ\_//
   jゝ:::::::::::/`ーj:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|   |ッ:::::::::::::::::rイヾ ー'\
     \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |
.       Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |     …そう。
      | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |
      ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |    …私はそんなことまで、考えてなかったわ。
             >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |
          ノ ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
.          | | .‐、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
.          | |   ,>/ .| ,.トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
.          | | <r,<ヽ..|./│/ /`ー <_,j  |   | |   |
.          | |   ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ゛ヽ |   | |   |
.          | | /  _j/ . __,∠ノ::::::::\:::::: ヽ|   | |   |
.          | |.イ_,〆/ _,, -―r゙ :::::::::: \::::: ヽ  | |   |
.          | .∠, / ´!   ∠_::::/ l:::::::::::::ゞ :::::.、 | |   |
.          | | |`ー ̄ 二ノ/::/  .:::::::::::::::::::::: ヽ│ !|
.          | |  ヽ  /   i/ヽ::::  :::::::::::::::::::::::::\ l|!


     「僕はなにか失言でもしてしまったかと思い、居心地が悪くなってしまった」

344 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:18:40 O7UHVrUo


   「しばらく経って、彼女が顔を上げると、
      少しだけ困ったような笑顔がそこにはあった」

              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ    ・・・答えてくれて、ありがとう。
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'  
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'     少しだけ、何か掴めたような気がするわ。
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_
     | | |       ク ∧/r-┴-┤ リ  r,i'__



                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (=)(= )    |
               (__人___)     │  あー、その、こんなことしか言えなくてすまん。
                   '、'ーー´   'J |
                |        |    意味なく、真紅を責めてるみたいだろ。
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


       「一体、どんな失言をしたのだろうと、僕は心中で焦ってしまう」

345 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:19:05 O7UHVrUo


     「結局、僕は、彼女の質問の意図が分からないままだった」


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   いえ、あなたと会わなかったら、
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、     こんなことを考えなかったでしょうし…
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}     いま気づけて良かったこともあるわ。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}        ――怒ってくれて、ありがとう。
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}



            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)   どういたしましてって言うのも変だし…
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、   こちらこそ、いつもありがとうだろ。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


     「正直に言えば、今でもまるで分かっていないから困りものだ」

346 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:20:49 O7UHVrUo


 「繰り返すようだが、僕は焦っていた。それが顔に出ていたのだろうか」

   「やがて、今まで困っていたような顔をしていた彼女が、大きな声で笑い出したのだ」


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : : 
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :   ふふ、
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :    あなたって、本当に変な人だわ!
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   面と向かって言われると
                   ノ U   { )     j     キツイ言葉だろ、それ。
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r        …というか真紅も大差ないだろ…
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


     「僕はなぜ自分が笑われたのか分からず、
        ただ笑われるのも癪だからと、彼女に毒づいたりもした」


       「だが、僕の抵抗はあっけなく終わってしまった」

347 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:21:13 O7UHVrUo


   「この日、僕が分かったのは、彼女と口喧嘩をしても勝てないということぐらいだ」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  あなたよりはマシだと思うわ。
            /::::::イ  i  :|    |ハ  / ! --j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 /,ィレ'_ _,jハ |ト イ  .|.| | ハヾ;;、  
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/´爪「;;うiヽ| ! ||:イ   .|.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从     V:ヅ'’| ! ||彡  ,.任i!   V/シ
                 |   ヽ八 .{:心      〃 .| ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧Vツ          | ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ〃 ′   ノうi .| ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人.   < ´ノ  | ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ| ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!::::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  廴{:::::::::人::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::::: ヽ |



       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/   えー、そこで拒否するのか…
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /     地味にヘコむだろ…
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|


    「僕は数分と持たずに、まともな返しが出来なくなっていたのだ」

     「そんな自分が少し情けなくて、僕はそっぽを向いた」

      「有り体に言えば、拗ねたのだ」

355 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:27:50 O7UHVrUo


   「だが、彼女が放った言葉で、僕は笑ってしまった」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ  でもね、やらない夫。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧   あなたは変な人かもしれないけど――
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `



         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ   ――私はあなたに出会えて、
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//             良かったわ。
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽ ___ヤヾ' lゞ!,ハl |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ 彡≠≡ミ        _メ_!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ   ¨ ¨          メ≡≠ミ |!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l                ¨ ¨ ./ イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \


    「その言葉は魔法のようで、僕の中に深く染み渡るのだ」

      「僕の心の中で、パレードの行列が大騒ぎで走り始めるような言葉なのだ」

349 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:22:06 O7UHVrUo


   「その日、心に灯った小さな火が、
        もう一度燃え上がるのを、僕は感じていた」


                        ,′
                     /
                  ,..、 ィ/
              丶  / V/
                `Y  i′
                ィケ  ト、
               /{'⌒'} `丶
                 /  ヽiノ
             /  ,r'┴'ヽ.
              .    ,イ::''n::::,f'
                i:: ll::iYll!
                !:: :l:: : :l
                l::l l:: l ll
                 {i l:: . l!
                |j:i:::::li l,
                }i::::::::ll !
               (!..:::::..lll      ,ノ入
                l...::::::..ll     fy' l l!
          .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
       r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
       `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
       ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
    . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
    : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
       : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :


   「僕は彼女に何度も恋をして、何度も胸に火を灯している」


       「その度に僕は、優しくなりたくなるのだ」


          「少しでも、少しだけでも」





                   つづく

350 名前: ◆gDQ5bE8qg2 [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:23:35 O7UHVrUo

ということで、第六話『骨は珊瑚、眼は真珠』はここまでです。
今回、土台にさせてもらったのは池澤夏樹さんの同名小説でした。
池澤さんはユーモラスで、それでいて知的な雰囲気が漂う作家さんで、>>1が敬愛してやみません。

そんなこんなで、現時点で本編6話と番外編1話を投下させてもらいましたが、
本編は残り数話で終わる予定です。

なんとか終わりまで書き上げてみますので、どうかお付き合いくださいませ…!




7.「アジアンタムブルー」へ



スポンサーサイト



  1. 2012/03/20(火) 22:29:15|
  2. やらない夫と真紅が、小説を読むようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない子でスレイヤーズ! 第7巻その⑤ | ホーム | やらない夫は約束を守るようです 第三章 疑心暗鬼 第四話後半>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/2626-39969487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR