俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 【お詫び】

429 名前: ◆gDQ5bE8qg2[] 投稿日:2012/04/07(土) 22:33:14 ID:LzppYjpc


【お詫び】


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)   すみません、私の書いた物語で、
           | U  (___人__)    気分を害された方がいらっしゃったようで…
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    本当に、申し訳ございません。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)  題材が題材だけに、
          .| U   (___人__)  人によればやはり、嫌な思いをされる方が
           |     ` ⌒´ノ   いらっしゃるとは理解していたのですが…
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.  私の認識が甘かった、と反省しております。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',

430 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:33:35 ID:LzppYjpc
                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |   私自身、やらない夫のしたことを肯定はする気はありません。
                  (__人___)    |
                 |      u  |   医療従事者としては、してはいけないことをさせたと思っています。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \


           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     | ですが、それはひとつのメッセージを伝えたかったからです。
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |  言い訳がましくて申し訳ないのですが、
           ヽ 、     イ   少しだけそのメッセージを説明させていただきます。
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

431 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:33:47 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)    私がこの物語を書いて伝えたかったのは、
          .| U   (___人__)     
           |     ` ⌒´ノ      「病気だから、なに?」
           |        |_,-‐、_ -、  
          .人、      厂丶,丶 v 〉.   
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ     ということでした。
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |    私自身、実際にそういった病で、
          (__人___)    |    入院されていた方とお話をさせていただいたことがあります。
              |` ⌒´   u. |
           |        |     そのときに、私と話をしてくださった人は、
           ヽ      .イ      本当に、問題を抱えているようには思えませんでした。
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、    カムアウトされたときに、驚いてしまったほどです。
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

432 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:33:59 ID:LzppYjpc
                /) ̄ ̄\
              /∠___ ヽ、,_ \
             / / ,-イ)(= )!!! |  ただ、その人はとても純粋でした。
             l / /(__人___)   |
             l   ', `⌒ ´  u |   本当に、純粋すぎるほど純粋で、
             ',    ',      |    何もかもに精一杯な人でした。
              j    ノ      /|_
            _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
        ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
      /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
     | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ   その方は一途に、パートナーを愛していました。
    l              / .,.....、ヽ  何度も傷つけ合って、それでも愛し合っていました。
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く     それは、依存と言えるかもしれません。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'     ですが、私はそれを、依存とは言いたくなかったのです。
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

433 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:34:12 ID:LzppYjpc

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)  そんな体験から感じたことを、
.           |    (___人__)   私は物語にして、伝えたかったのです。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |     純粋すぎて互いを傷つけ合ってしまっても、
            人、       |      狂おしく誰かを求めることの、
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ       儚さと愛おしさのようなものを、伝えたかったのです。
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |    もちろん、やらない夫を医療従事者にしなければ、
                  (__人___)    |     このような不快な思いをさせずに済んだと思います。
                 |      u  |   
                    |        .|     ですが、私の中で、もうひとつ感じたことがあったのです。
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

434 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:36:42 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ヽ、_
          | U  ( ●)(●)   それは、「困っている人を支えられるのは、同じ立場にいる人だ」
          .|    (___人__)       ということでした。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉  極論を言ってしまえば、申し訳ありません。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ   職員では、絶対に触れられない部分があると思ったのです。
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )  そのため、職員から、ただの人になる過程も書きたかったのです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|   
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


                     , ´  ̄ ̄ ` 、   当然のことながら、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、 この支える人も、やらない夫である必要はありませんでした。
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j   いずれ、薔薇水晶が出会う誰かでも、良かったのです。
                ,.イ 、    V     /        
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

435 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:37:13 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_  ですが、そうして考えていくと、
          |    ( ●)(●)   「やらない夫は誰が助けるんだろう」という、
          .| U   (___人__)    問題に突き当たったのです。
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ   私は、書きながら物語を考えているのですが、
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、 第一話ですでに、やらない夫に「悩み」を持たせてしまったため、悩みました。
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',




           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \   結果として、やらない夫は悩みを抱えたまま日々を過ごし、
          (●)(● )    |    自身の心をボロボロに壊してしまいます。
          (__人___)     |
          '、`⌒ ´  u  |   なら、それを救えるのは誰か。
           |        |
           ヽ 、     イ     それは、薔薇水晶だけだったのです。
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

436 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:37:36 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |   やらない夫は薔薇水晶を救い、
          (__人___)    |      薔薇水晶がやらない夫を救う。
              |` ⌒´   u. |
           |        |    それは結局のところ、逃げでしかありません。
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \   ですが、そうすることで二人は生きていけるのです。
                (●)(● )    |
                  (__人___)    |
                 |      u  |   やらない夫は看護師に向いていない人間でした。
                    |        .|    本当は、最初から分かりきっていた話なのです。
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、      
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__     ですが、そんな向いていないやらない夫だからこそ、
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....     薔薇水晶の心の奥の部分に触れることが出来た…
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ということを書きたかったのです。
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

437 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:37:51 ID:LzppYjpc

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_   一度、すべてをリセットした彼らが得たものは…
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)   私たちの言うような日常ではないのかも知れません。
           |     ` ⌒´ノ    自立ともいえないものかもしれません。
            .|        |
            人、       |     ですが、私たちの基準を当てはめる必要がないものだと思います。
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \   作中で書かなかったことを、
                (●)(● )    |    あとがき的に書くのは失礼だと思うのですが…
                  (__人___)    |
                 |      u  |    この物語もまた、「喪失と再生」の話のつもりでした。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ    彼らはまた、再生に向かっているのです。
                 /ヽ,ー-   ト、  
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

438 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:38:09 ID:LzppYjpc



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ    そういった部分を書ききれなかったことは、
    '            ー ´  ヽ    とても後悔しています。
    l              / .,.....、ヽ   書ききれなかった自分の技量のなさを悔やむばかりです。
.   l              l {::::::} l    
.    l              冫.ー く     ですが…
   l               l    ノ!   決してミイラとミイラ取りになってしまったわけではないのです。
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /     やらない夫は、誰よりも彼女を人間として扱った結果、
   ,'                   /         同じ人間として、心を痛めていったのです。
 ̄ `ー -               /
        `  、        /        そして、人として前向きに生きるために、
:.:.:.:.:.:...        、      /          ああいった選択をしました。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ          
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

439 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:39:24 ID:LzppYjpc


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_   病気だから、というわけではなく、
          |    ( ●)(●)    人々は傷つけ合って生きていく。
          .| U   (___人__)
           |     ` ⌒´ノ      それは当たり前のことで、
           |        |_,-‐、_ -、  それでも求め合う人々は決して、悪いものじゃない。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、   そんなことをテーマに書いた作品でした。
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ    そういったことを伝えるために、
                      /    _,ノ_ `ヽ-、   不快な思いをさせてしまったのは、
                  /   (√丶丶´v 〉    本当に申し訳御座いませんでした。
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /     心よりお詫び申し上げます。
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

440 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/07(土) 22:39:41 ID:LzppYjpc
.                   _______
                 /    \,-、__   ですが…
               /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
               | (● ) (● ) ,.! ┴-'、   これが私の作品でした。
               |  (___人___) 〉-‐‐´ l
               .|       u 〉--‐´ l   精一杯書いた、作品です。
                |        iヽソ   l
               Λ      ∧`;"   '、
              __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
        _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
      ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
    / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ   少しでも、何かを感じていただけたならば、幸いです。
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'   あらためて、気分を害してしまった方にはお詫び申し上げます。
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /      大変申し訳御座いませんでした。
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´         そして、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     ◆gDQ5bE8qg2
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


スポンサーサイト
  1. 2012/04/07(土) 22:58:36|
  2. やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
<<やらない夫はひとりぼっちSHINE 漢祭りお泊り会まで | ホーム | やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」  第5話 エース奪還>>

コメント

難しい題材だったのかもしれないけど、100%の人が満足して拍手喝采をする作品なんてないよ。
それに、こういう病気や障害のものになると、なおさら目を吊り上げてあーだこーだ叫ぶ連中が沸くのはしょうがないことだよ。
俺は個人的には1つの話としてはハッピーエンドで良かったな、とも思うし、逆に「これはちょっとなぁ」と思う部分もあった。
けど、感想なんて十人十色。99%がいいと思っても、1%の悪いと思う人も出る。
作者さんはこれにめげずに、また新しい作品を作って欲しいと思う。
クレームも成長の糧の1つだよ!頑張って!
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 03:58:51 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

何を書いたって、テーマとなったものを背負っている当事者からすると
「わかってない!」「間違ってる!」「差別だ!」ってなること、たくさんあるだろうし、
たとえ作者がその当事者だったとしたって、人はそれぞれ考え方、感じ方があるだろうしねぇ。

そういう観点からも、そうでない観点からも、
お話の構成や下地作りとか、荒い部分がたくさんあるのは否めないけれど、
私はこの作者さんの作品の空気感はすごく好きだよ。
また何か書いて欲しいな。

ただ、このお詫びを読んで「病気だから、何?」がテーマだという事実にぎょっとした。
「病気だからこそ」だった、私にとっては。残念。
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 08:20:53 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

患者の陽性転移を医療従事者が肯定することはどう言われようがよしとはできない
ただ、話自体がつまらなかったわけではないしよくできてるから
不快に思う人がいようがそういうテーマの物語なんだから堂々としてていいと思う
それを言い出したら犯罪者の話とかも書けなくなるし
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 10:24:21 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

俺も不快だって書いたけど、テーマと読後の感想が不快なのであって
作品自体を否定してるわけではないよ
登場人物が不快で許せないけどいい作品ってあるじゃん

あとそういう感想をクレーム呼ばわりするのはどうかと思う
作者叩きしてるわけじゃないし
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 10:31:17 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

これを不快だって言う奴はただ単に悲しいから、辛いからってだけで物事を拒絶するおこちゃまだろ
そんな浅い見方しかできない奴の言うことなんか真に受ける必要はない
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 11:06:19 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

医療を看護師を馬鹿にするな、創作だから許されるものではない。

作者自身マジでカウンセリング受けたほうがいい、もう大分兆候が表れてるだろ。
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 12:41:57 |
  3. ああああ #-
  4. [ 編集 ]

作者さんが見てるかは分からんが面白かったと思う
馬鹿にしてるわけではないだろうし、物語で「○○って職業は素晴らしい」だけの物なんて無いよ
そんなこと言ったらアクション映画での警察の無能っぷりも警察を馬鹿に~ってなっちゃうよ
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 13:13:36 |
  3. #4ARdecsc
  4. [ 編集 ]

乙ー。面白かったから最後まで読んで、感想を残す事を忘れないでね。
誤解を恐れずに書いてしまうと、扱った内容に対しての批判ではないと思うんだよ。

やらない夫の弱さを描いて、医療には関わっていたけれど患者との距離を測れずに辞めてしまった後の話だったら。
薔薇水晶の愛情が正常なものなのか、妄想によるものなのか悩んでいれば。
他の誰に何を言われても互いが一緒にいる、という強い意志が感じられていれば……。

話が綺麗に書かれすぎていて、考えが甘く感じられたのが原因だと私は思ったんだよ。

でも、作者さんが書きたいものを書いて当然なのだし。読者様wの意見と聞き流して欲しいよ。
作品を読ませて頂いてるこちらは、感謝しているのだから。
次の作品も楽しみにしてますー。
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 13:36:18 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

やらない夫の選んだ道を、私は不快に感じたけれど
作品内でもそれは肯定的に描かれてはいないし別にいいんじゃないかなあ
話は面白かったよ
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 15:45:14 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>ただ、このお詫びを読んで「病気だから、何?」がテーマだという事実にぎょっとした。
>「病気だからこそ」だった、私にとっては。残念。

「病気だから、何?」ってのは、「病気だからこそ」を内包した上でのテーマであると思うよ。
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 15:47:11 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

> 「病気だから、何?」ってのは、「病気だからこそ」を内包した上でのテーマであると思うよ。

理屈として、作者の言いたいことはわかったけど、表現がそこまでたどり着いてないかなと思った。
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 00:00:48 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

結局誰も救われてない区切りのエンドだったしなぁ
難しいテーマだよ正解はないに等しくてベターを選び続けても
破綻する話だと思う
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 00:18:29 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

気分害した程度で詫びなんて入れる必要ねぇよ
詫びる必要あるのは投下予告時間過ぎた時とエタる時だけで十分
作者なら自分のしたいように物語進めてりゃいいんだよ それで付いてくるのが読者ってやつだろ
読者いなくても物語は進むしな 先ずはしたいようにしろ、だ その後は考える必要ない
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 00:20:10 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

毒にも薬にもならないモノに過剰反応
嫌になるぐらい平常運転だな、おまえら
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 05:43:14 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ここまで※欄が沸騰してのは初めてみたな…当事者的な立場の人が多いんだろうか?
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 15:55:25 |
  3. 鬼女速名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

決してセンセーショナルな展開ではないんだよね。
こういうことは割とよくある。で、そういう状況を「ミイラ取りがミイラになる」と言うんだよ。
作者さんは否定したがってるみたいだけど、現実にそう言われてるもんは仕方ない。
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 18:50:12 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

むしろこの作者が「当事者的な立場の人」のような気がする
で、自己肯定のためにこういうお話を作ったのかなーと。
本人としては美しい話にしたつもりなのに思った反応と違ったから
こんなにショックを受けちゃったのでは。
端から見たら病気の人が一人増えちゃっただけなのよね
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 18:55:06 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さてさて、ちらほら作品とはあまり関係のないようなコメントや、
攻撃的、余計な一言が多い方が見受けられます。
書き込む前に落ち着いて、その内容をもう一度読み返してみてくださいな。

  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 20:27:50 |
  3. 俺裏の人 #-
  4. [ 編集 ]

フィクションでしょ。
  1. URL |
  2. 2012/04/09(月) 23:42:12 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

まー気に食わなかった人が腹いせに悪い感想書くだけで楽しめた人は何も書かないことが多い
題材的にもそういう賛否両論な話だから荒れることはあんま気にしなくていいと思うよ

俺個人としては普通に楽しめたよ、ってか一般人感覚だとああいう恋愛も全然ありだと思ってる
原因がなんであれ相思相愛で、楽とは言えない道を一緒に進むことを選べたんだからな
医療としては~っていう感想は作中でも間違ってる、とはっきり指摘してるしそこを文句言うのはお門違いな気がする
  1. URL |
  2. 2012/04/10(火) 08:12:54 |
  3. #2mSZZoSA
  4. [ 編集 ]

 何かつまらん事を言ってる奴がいるが、二人の主観で幸せであれば誰がケチをつける権利があるんだ?

 つまらん事にこだわらんでも、幸せならそれでいい。人生とはそういうもんだろ。
 この二人が病人であっても、死ぬ時は健常者と何も変わりゃしない。片方だけが死ぬ時はある意味悲劇かもしれなくても。

 それもまた人生。途中で心を病もうが病むまいが、いいじゃないか。病んでる人間が損してるわけでもなしに。
 それもまた一つの人生を歩んでるだけで、それを損だの間違いだのと言うのは健常者とか言う奴の傲慢だろ。自分はおかしくないつもりでいるらしいw
 誰がそんな基準を決められるってのか。笑える。

 えっらそうに持論を展開する奴は、さぞ幸せに死ねるんだろうね?さぞ素敵な思い出に囲まれて死ねるんだろう。
 そりゃあ良かった大団円だ。
  1. URL |
  2. 2012/05/18(金) 02:32:21 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

カウンセラーとしては現実でこの結末は許容できないけど
まあ、物語だからね。
  1. URL |
  2. 2012/05/19(土) 14:32:44 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ですが、私たちの基準を当てはめる必要がないものだと思います。

ようはこの一言だろ。
  1. URL |
  2. 2012/07/19(木) 14:34:23 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/2688-5bc200a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。