俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三人が、夜の町を泳ぐようです 第二話

66 名前: ◆gDQ5bE8qg2[] 投稿日:2012/04/22(日) 21:03:52 ID:Fa.93N1Q



  「手袋をつけて、私はフラスコを揺らす」


              r 、
              |   .
              |  }        , 'Y
               j   j       ,/ ノ
           /  ,'      ,/  , '
             |   l     /  ,/
             |   |    /   /   _
              j  │  /   /  / `,
.   r─ 、.    /    { /   ,/ /   ,ィ ',
    \.  ` 、 〈     ¨    ,/ ノ  ,r'-<´
.       \.  `、!   〈     ¨   ,/  ,〉
.         `、 `}',     ',   /  ,/   ,/
        ',   ! ',         |      〉
         ', f  ',.       |  /   /
           i |           /   / |
        ヽ            / ,l
          ヽ               /
            ヽ          /
            ハ   ',     ,r─'────‐ 、
             `i、ヽ   ',   /       ,.....、 ヽ
             {、\ヽ ', /  ,ィ─ 、ィ'´     ヘ
            ,ィ代 ` 、 ヽ \ ),>'´        ヽ
         // ,/ ヽ、   >Y´    ,/      ヽ.
.         /│/     ` ̄ ̄〈   ,. ‐'´         \.
         /  !'          /Y´   ,/´          ` 、
      /   :|      /   | _,.ィア                `\




    「そうしていると、まるで科学者になったような気がする」


67 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:04:17 ID:Fa.93N1Q



   「だが私は、一介の発明屋だ」



      f⌒ヽ.        r n⌒ヽ
       |_j  h        | l/   i_____
        j   | 二二二二}ノ   |_}}_____}]⊃=───
      /=‐ イ        /    /、
.     /   /       /    /  }__
    /   /     /     ./  /  }   , ─ァ
    ,     i\__/      ./  /  / ./  /
    i                    /  / /  /
    |                 i  /´   /
    |                 ,ノ  /  ./
    !                ノ /
.   i                   /
.   |               /
   /               /
                 /
                 /



     「それも、仲間内でそう呼ばれているのに過ぎない」

68 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:04:42 ID:Fa.93N1Q



    「私はなにも、全人類を驚かせるような発明がしたいのではない」



                          ,iー..
                       /  /
                         /  /
                      /  /
                   /  /
                     / . /
                  / . /
                 /  /
                   / . /
                 /  /
             / . / -''''^゙''''ー-.._
             , ‐'./ ,i゙.、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ У ./ .|______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l ./丶、___._.ノ┬―-、.. ;;ン'
        .゙/ ./  ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        / .,/ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
          l./    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
       ’                      ̄ ̄




    「特定の人々を少しだけ驚かせるような、そんな発明がしたかった」

69 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:05:06 ID:Fa.93N1Q



   「だから、私の発明は、彼らと共にあるといえるだろう」



                  . : :. -―- 、: : .
                : : 〈(⌒)    ヽ: :
              : :_:}\     }: :
             . : :{、`ヽ、二フ¨´: :
           . : :_ノ\ヽ.__,ン: : :
          . : :∧/  / T〈: : :
          . : :/ / 丶 / _|__〉: :
         : :/,:/-―/―-/、/: :
          : :/:./:.: ー/:.-‐/:./: :
       . : :/:./:.:.:. /.:.:.:./:./: :
       . : :/:./ :.:. / :.: /:./: :
       . : :/:./ :.:.:/.:.:.:/:./: :
       . : :/:./.:.:.:/:.:. /:./ :
      . : : /:./ .: / :. /:./ :
      : :/ \ :/:.:.:/:./ :
     : :\ ` ー‐ァ :
        : :`: :ー一' :



    「少しだけ尊大で、チープな発明は、ふたりと共にある」

70 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:06:08 ID:Fa.93N1Q



   「私は今日も発明品を手に、ふたりに会いに行くのだ」



                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´



      「あの、星読みの先生と、キツツキに会うために」

71 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:06:39 ID:Fa.93N1Q



     「私は今日も、



                        ,′
                     /
                  ,..、 ィ/
              丶  / V/
                `Y  i′
                ィケ  ト、
               /{'⌒'} `丶
                 /  ヽiノ
             /  ,r'┴'ヽ.
              .    ,イ::''n::::,f'
                i:: ll::iYll!
                !:: :l:: : :l

       【三人が、夜の町を泳ぐようです】

                l::l l:: l ll
                 {i l:: . l!
                |j:i:::::li l,
                }i::::::::ll !
               (!..:::::..lll      ,ノ入
                l...::::::..ll     fy' l l!
          .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
       r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
       `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
       ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
    . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
    : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
       : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :




                      淡い夢を描くのだ」

72 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:08:10 ID:Fa.93N1Q


    「私は、本を読んでいるキツツキの名を呼んだ」



                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!    おい、聞いているのかキツツキ。
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |
              }      //      i    :|   `i  !
              /     /:.:.ヽ     :    :!    '  {
           /     /:.:.:.: : \    .i    .:|   {  |、
             /     /ヽ: : :   \   |    ::!  i:.   }
          /     /  Y:     ヽ  |    ::|  |   |



. -──‐- 、
─‐‐‐-   `ー_‐- 、
        ̄ 丶、 _イヘ) __
           、_{_<_  _>
            ヽ∧ \ ̄丶、 ヽ
               \ ヽー、→
                \{ \            うん、聞いてるよ…
  /               _〉〉 丶 \
//                 ,'    ゝ_  ̄ -- ._ ,
/            |   l        ̄ ─- _ \
             | |   |            > _>
            l     | | /           /  ,´
          |    | | ト、        /  ノ
         l    | |  ヽ        /  /
            ',    レ 、 ヽ      / /
            ',      |l   \   <_ <
            ',     ト、    ヽ   `ヽ\
            ',    | ヽ   \    ヽヽ
            ',   |  \    ヽ   ] }





      「キツツキは、私の呼び声に答えるものの、振り向きはしない」

73 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:08:44 ID:Fa.93N1Q




    「彼女は昔から、そんなところがあった」

       「何かに集中すると、そのこと以外に気を向けられないのだ」




                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /     ったく…相変わらずだな、お前は。
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /
           __゙从  \.     , -- ,  /
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /





.

74 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:13:43 ID:Fa.93N1Q


    「そんな、少しばかり声が大きくなっていた私を、
  
           たしなめるように先生は話しかけてくる」



                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .|    まぁ、落ち着いて発明屋さん。
                          '、           |
                         |        |     キツツキさんはいつも、そうだし。
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i




   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l    分かってるとも。
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′    だが、それとこれは話が別だ。
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ




     「だが、先生も私が本気で怒っているわけではないとわかっている」

75 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:14:04 ID:Fa.93N1Q


   「私はあるひとつの発明をしていた」

     「それを、彼女に知らせにきたのに、彼女が振り向かないので困っていたのだ」




      ≧:::::/::::::イ /   _⊥_        |!\::::::::::::く
      /::::::|!:::::::{ {!ァ==─ T `ヽ   _ ノ  ハ:::::::::ヽ\
      フ::::::::{!:::::イ     . . : {!: .、   二 `ミt、ノ' }::]::::::::ヘ ヽ
    ∠イ:::::::::::::/   r‐‐示‐┐ヘ:ノ  /: : :ヘ   ヽ |::::::::::ハリ!
      ル::::::::::::/   l ヒツ ,,!  ヽ   いr--ミ    }::::::V
       |:::::::i::::′       ^   . .-‐┤_弋心`テ   }:::::::|
     ノ'l::::::|:::l          /:r; : r、} `ー ̄ "   |::::::ハ
      /⌒Vi          \: : : :ノ        ;:::::::|     ほら、そろそろ振り向け、キツツキよ。
       |   ハ|              ヽ/       ∧::リヘ
      い ( リ         ___         'ハ!
       \        /      ヾ      /´l        とっておきのものを見せてやろう。
       ヽ__!     ( ___    |     / /
        |::::|:ヽ            `'    /ノ/
         ハ:::! : ヽ       __..ィ:7   . :/ /
        ノ'l:::|: ヘ: :ヽ    , , ー   /:/イリ
        イ:ハ: : :ヘ : \  ' ; , '  /: :イ:ハ!
          川: : : : ヘ: : ; : ; ー:-:‐: : : /:ハ{
         |: : : : : :ヽ : : :_:_:_:_:_:_/: :/:/
.         __|: : : : : : : : : : : : : : : : : : /ノ'
      /  |ヽ : : : : : : : : : : : : : : : /




.

76 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:14:34 ID:Fa.93N1Q


    「私が呼んでからしばらくたって、ようやく彼女が振り向く」



         j/          ,  /  、       、      、  \
         ,./     /  /   / /   l  l .      }  丶  :.    ,
.      //    /  ,     /  l  __, l  l l       }   l   l    ′
     /  ;  ,   /   ′  、 |(⌒)}l  | | |   ,    |   |
   (〈   l ′ / l  l   /| \| 〃 l l ハ | !   .′   |  |      ごめんなさい。
     \、||  l| l  ┼- Ll,   \{{ } |/_」.斗┼- /    ,   :
     /〉 ||  l| l  |,.∠_{{,\| V、抖-┴┴' <、  / /    l
    . ' /  N   l| |  八{⌒)芥ix l/ (  f({⌒)^ハ  l / / l    |      ちょうど、本がいいところだったから。
   //     \jハ}/'∧ 、Vl)リ       、辷必ツjリ /}/|/l  |    |\
 /       //    /  ;. `¨´      \__`=彡く  |  l  {    |
.         //    /   ハ     〈           }}  \,|  |   .   {
        //    /   {圦     、   ,    ー'′ /.:|  |   \ 丶
       j/   /    l|  \     ̄        __/-┐|  |    \
.      __/__/__ 八 (_ 丶、      ,.  /). : . :L{  :.       丶
    /ヘ,_. . ...:.:.:.:.:.:.:.:.:\ (〔乂尤'ー_   r―f7.:/⌒'ーヘ.  、
    )::/⌒. ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ーヘ.:く⌒´.:\ |.:.:j/.:/.:./..:.:/.:\ \
    └f'⌒つ. . . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ̄L:_;」L:斗'. :/.:/.:.:.:.:.:.:.:\ \




        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|     ふんっ、本などいつでも読めるだろうに。
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |



     「そして、私の気持ちなど気づかないように、彼女は笑うのだ」

77 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:15:09 ID:Fa.93N1Q


    「私は、どうにも彼女に勝てないのかもしれない」



                 .  ´ ̄ ̄ ` ´ ̄ ̄` ヽ
          r:tz .´              \
        , ―ゞイ7彡               、 マfヲz__
.       ←―イ:/!  /  /  /   ',     ヽ Y-イ―→
       / 7才メ| ,′ 〃 l .{     l|   !  }  ∨::!\ ̄
      // ′レ7  !   l| `ト、!  __ ハ  |  |  |∨\|ヽ\
    //    八  '  斗云ミ|ヽ{{⌒j}厶云ミハ  ,}  |   ヽ ヽ    ごめんね。
   //      .′ N ヽり从リ从ト \ム=r≠_=-イ /   |     \\
.  / /      /  / ヽ { x≠ミ `ヽノヾ:(ヾ<Yイ/lイ   ∧       \\   ところで、発明ってのは、なあに?
 / /      /  /  /∧     i  \7})ソム !    ヽ      \ヽ
./ /       ′ ,′ィ‐Zxハ    __    ̄ /_八r-、、  \      }X}
{X{      /  ∧ヘ { トイ_>‐.、` ´   ノーイ r 17ム   ヽ     /〃
\ヽ    .′ .′>_`’ `      Y⌒Y  ̄   `` レイ_    \ /:/
  \\  /  .:i /_: :`ー――ュ   jヾ::イ   ┬―一'’: : : : :>ァ  ∨/
   \ V  . .:K : ヽ、: : :/ムK~~7{f泌ハ__ トミx― : : : : /: : |   /∧
      И}   . :|,ハ: : :  ̄{トミニ≧彡:ム  {:⌒7⌒7lイ7-―~': : :/   { | !
     / 7  . :|: :|\_:_}|l|l|: : : : : :}~ヘ: : : : : |li:|リ : : : : : : ;イ   ヽ\
   //  . : :|: :|才>イハ|リ: : : : :/ : : : } : : : : ∨}: :‐x‐z<: !     \ヽ
 //|   . : :l : |7^∧|7{7: : : : 〈 : : : 〈: : : : : : V : Y∨ヽ→|:.      | ヽ\
,´/  |   . : :l : Kイ|ノヘ/: : : : : イ: : : : :}: : : : : : ヽ: :!:i:\|¨’|: .     |  \`
./    |   . : :l : | l:l |>、: : : : : : : }=彡、;ハ: : : : : : : : :} i:  |  |: .     |
'    八   . : : :l : | l:l |: くヽ: : : : :人ニ=-‐入: : : : : /ヾ:  |  |: .     |



       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ          ふん!良く聞け、キツツキよ!
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \        これが俺の新作だ!
          !  ',       !            ル|  |  \
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /



    「キツツキは私よりも年下なのに、いつも私を手玉に取るのだ」

      「私が発明に力をいれたのも、彼女を驚かせたかったからだ」

78 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:16:16 ID:Fa.93N1Q


   「だから私は、この日も透明な瓶に入った作品を取り出してみせた」



                      >::::::::::::::::::|   /  ∥〃/.||zヘ:::::::::::::::ノ/
                      フ::::::::::::::::/|   /.  ∥.   .||  v:::::::::::::ヽ
                     彡 /^V:/ |i   i|  ∥    ||  |ミ::::::::::ン
                      /:::{.λ|i|   ̄≧x.  ||    ∥ ./ ミ::::::::::>
                       フ::ハ  |i|  T弋ツt\ |   _/―.、 ミ:::::ハ |
                      ̄レハ !!        -' >>tッヽ   从i|
                       ノハ-          /::      ./ ./リ
                       フ:::::::::|         /::      /:ノ/     見ろ、これが我が発明だ。
                       7ハ:::ハ       /::     ./
                        ノ从    、        イ|
                -- 、 .     7 ハ   `'' ―-    イ|
         ,,-- 、__ノ>  ⌒ヽ.    7  ハ , ,, 、 /リ
         /  ;;   /       /^7     、、, / /
        ノ.ヽ    i|       |i  |       7  /
.     ,         ゝ      ノ )ヽ |       /  /`ヽ
     l  ;;         ヽ-- .   /  \  |  .   /   V
    ノ ヽ   \     \.   / |    ヽ |      ヽ   V
   /       \     \./  //  / |      ヽ  ヽ
   |         \   :::::::>.--― ⌒ヽ V. |.   /   |i    \--  、
 / ハ   \      \:::::/         〉-、 /    ハ     \  \



.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、    これは…
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|         〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



    「気づけば、先生も身を乗り出して、私の作品を眺めている」

79 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:16:32 ID:Fa.93N1Q



   「ふたりは、私の発明がどういったものか分からず、首を傾げていた」


             __  r:tz
      __ r:f!ソリx´    ` ミヾ
     ←―≫辷ミイ::}=       `ヽ
      >≦二廴りミヲ/ , l  | i   ヘ
    ≦二≫' ̄7ゞミ /  l! | l| | l! |i |
  ィ ´/7 ムイ/` ̄// ,'| :! l| | l! || !
¨´ / /  ,' /   〃fr气 | l| | l! |l |
_ "   / /  〃   l|く辷ソ ' "r=z〃:|| !    透明な液体…?
    / ,'   .:  '、  圦    、マ函}从ノノ
.   イ /   ム廴 二 ゝ  ‐  ィ! |     これはなあに?
 / . '  ,'  | ゞ-ッ'¨ ̄¨`ミ 爪/ ノ j
´ /   イ  |: :, "´: : : : : : \〃 /
/  / .:   |~ト-~'廴_ノ¨7ノ
    .:    .j: : :ゞx : ニ=斗z;イ
/  ル /  /: : : :ヽ:{ミ: ニ:/
  ./ イ  /: : : : : : ,|: : : :.|          _
  /  ノ: : : : : :/|: : : :,|___,ィ¨ナ7ーz'∠___
 ´  イ二ニ=:∠ ̄!: : 〃入:_ヤ´ニニ(∠   ニニ}
ー ' ": : : : : : : :∧   廴: : :ハ : {___{:.{ゝー一 ̄'´
ト、/ト-、_/: :j : ,':.∧    ̄寸ヘ寸ヘ:_:マ_Y
: : : : : : :廴/: : {ト-A    ∨: :l!√ ̄´
: : : : : : : : ` ̄´リ       ゝ、ソ
: : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : l : : :/
: : : : : : : i : :/



                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `    ふっふっふ…
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i    さぁ、先生も分かるかな?
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \



   「この瞬間ばかりは、自分が偉大なる発明家になれた気がする」

80 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:16:49 ID:Fa.93N1Q



  「ふたりは、面白いほど悩んでくれていた」


                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )          なんだろう…
                     (__人___)    |       ペンキみたいなにおいがするけど…
                   , =二ニニヽ、   |
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|



                            /{
                     __  _ .. - - く/升「 ̄/
           <.__⌒Xヌ<´. : : : : : : : : :ーへソ く
              X/. : :7⌒ー. : : : : : : :ー<\  \
             / /. : /. : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ⌒
           ∠ __/. :/: : :/. : : : : : : : : : : : : : : : ∨\:\
              ノ. :i: : :l:l::_: : :.| :l: : : }: : :リ:.i: : : :リ  \:\
            /: : :{: : :!:l : `メl :l \リ: :ムノ. :ノ.:ハ    \:\    透明なペンキ?
            /.:/{.:人: 从rテ〒k从ル「「芹.T. :!ル'ハ     ヽ.:ヽ
           /.:/  /.:/ 人{{ i必リ   乂苞ソ イ : : i      }. :.}  でも、それに何の意味が…
        /. ::/    /.:/ . :/入""   '   ̄リ: :!: : : l      .|: :.|
          /. ::/  /. :' . ::/ .::/\   -  . イ: : ! : : :l      ノ. :ノ
.       〈. ::〈 /. :: .:: : :/. ::/ く `Yへヘ/⌒> :!:: : :.l    //
        \: X. : :_:_:_:_:./._:/_: _ノ. :: : ::::>:: :::入 _j__::|_  く. :く
        /.\〈 . : : : : : : : : : : : : :,ィ升ト、: : : : : : : : : : :`Y \:\
      / . :: : :|/\: ノ: : : : : : : : : 弋必ソ . : : : : : :_:_:_:_:_/:、 \:\
     . '. : : : : : :∧: : :⌒ヽ.ノ : : : : : :/ Y\ : : : : : ー :ァ'´. : \. ): :.)
    /. : : : : : : :/: :: \: : : :}> 、: : /  i!.  \: : : : /ヽ. : : // Y `i.  /´ !
   .' . : : : : : : 〈\ : : :\ル'. : : : )∨   !    〉⌒. : : : : ∨. :/  | ノ r┤ |



    「私の手はどんどんと大きくなり、彼らはその上で踊っている」

81 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:17:29 ID:Fa.93N1Q



   「私は精一杯もったいぶってから、瓶を取りあげた」



   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }  ふふ…分からないか…
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ    では、実演してみよう!
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ



     l|_∠-ヲ乍= _ノ
   ト.,川F三ミ三三ニミヽノ,
 _k|;:ヾ川彡三;:;:;ミ三三ニミヾ
  フ;彡,.-‐'"゙´ ̄`"゙ミミ川≦ハ
  /ミ,/(        ヽ川lリハレ
  イ川     ,.==‐  リソ´゙}l|ハ   まず、この神秘の液体を、靴底につける。
    リレ‐=ヽ  'でア   {l|!ノリ
     ',えフ}        リイリlレ     なお、この液体は人体に無害だ。
      ', 〈 ,.       l i川
       ',  _,.....__     ノ ノル
      ' ,      /  !ヾ
       ヽ,冫., /    ト、
          ̄ ト、    〉 \
         / k    /   ! 、
        / ノ| l   /    | `>、
    _/´/'"゙´   /     !    ̄`ヽ、
 /´ヽ  ,./ヽ、__ /        !        `ヽ、
/\  // `ヽーー/       l /       ',
   ソ´ /     /       /r'          ',


   「そして、栓を抜き、持参していた小さな絵筆で、自分の靴にその液体を塗って見せた」



.

82 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:17:49 ID:Fa.93N1Q


   「ふたりは、食い入るように私の発明を見入っていた」


        __,、    -―, ― - rく匀ト、___
   ___,ィfKツ}}/        ゛<ゞ彡三三三≫
 ≪三三三≧'¨            ヽ ∧:>、
   /ヽ>イ  /  ′       ',    V |\/:\
.  /:/ / 7 /   |  |  :|     !    ’ |\  ̄¨
 /'   / /  ′  |  |  :|  .! :! :!   Ⅵ  ヽ\
.    / /{  | :| :|  |  :|"⌒|‐|-|ハ   '|   \ヽ
   / / ‘  ' :| 伝ミ  :||  メr≠ミ|    l|     \\
.  / /  ヽ ‘, Ⅵィf:心\八ノ{〈匂イ}|   八      / /
  {7    \ヽゝV:ツ    `辷ソリ   /     / /
  ヽ\      Nトト  ′    、_,)/   /l  :∧ / /
.    \\    ! 个   ``    r/   / :|  .:' : ∨./
.     \\ .|!>イ:i:i:i:>- r</  /ァ :!  : : :/ /
.      // //){ VYY⌒ヽ/  /:.L,⊥-―ォ:/ :\
   //ィf/ / ∧ 、∨ !泌}7   /: : : : :_: .:ノ }ヽ: : :
  // {{レ  ' / :∧ ,ノ|彡/   /_,ノ⌒~: `: : :|ヽ\
. ( {   /:|\  ノヾ/⌒7⌒7   /==ミヽ: : : : .:|  \\
  ヽ \′!: : :Y: :./: : : !: :./ /: : : : : : \: : : .:!  //
   \\!: : .:|ヽ': : :;r=z//: : : : : : : : :/:.:\ /.//
   / ,\\: :l:∧: /: : /〈:.:.:.: : : : : : :ノ:.:.:.:.:.:}′ヽ \
.  / /://:.:.トミ|: : : .:ト∧:.:.:. : : : : : : : : :/ :|   \ \
 / //l: ; : :.| :l|: : : : |: :/==ミ: : : : : /:i:| |    \ \
. '// /:〈 : : :|.:l|: : : : レ: :ヽ: : :/>-イ:i:i:i:i:| |



                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|
                '、` ⌒´      |
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|


     「私の一挙一動に、注意を払っているようだった」



.

83 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:18:15 ID:Fa.93N1Q



   「発明品の発表とは、ある意味では手品のようだ」



  |       ./.:.:.:.:..  -‐ 、            {′      }′                 ヽ       ハ
  人   __  ./.:.:.:./.斗-、                     /             . -‐… 、  ヽ , 厂Y/
  ノハ ′ V {:.:.:.:´.:.:.:.:.:.  \                          /      ̄`   ∨/  |
  / .}│i ヽ} :{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   \、   丶、                 ,,.   /          }/⌒│
   ノイ} _ノ,{ {:.:.:.:.:.:.:┌===ァ=云込、   ` ー‐=ァノ     〈.: ー―===≦__ .斗云======┐    }へノ ,
    ∧   v ハ:.:.:.:.:. {{.  {::{:.(  ).:}:} ̄^}f^:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`⌒^}「 ̄{::{:.(  ).:}:}   }}     }  / そして!
     ⌒∨, 〈V}:.:.:.:.:.:乂  乂:..ー-‐ ソ   }|.:.:.:.:.〈    .. :: .:.:.: .  |{   乂:..ー-‐ ソ   乂   ,小 /
      〈.. `{:.:.:.:.:.:.:`:..       .. ..:.:.:.:´^.:.:.:.:.:.:,,     .. :: :: . .. ^`          ´    ノ.// この靴を履いて歩く!
       ,  }、:.:.:.::.:.:.:.:.           .. :: :: .:.:.″                      〈//
          ′ `、:.:.:.:.:.:.:.:.           .:.:.:.:li                     ,,″ ′
          \ `:.:.:.:.:.:.:.:.:.           .:.:.:.:|                     _ ノ
           ` ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.             .:.:.:.:|                     /
        /   ∧:.:.:.:.:.:.:.:. .          .:.:.:.:|                       /   \
              /..∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.         .:.:.:.:|                       .′   \
       ´       / ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.          .:.:.:.:|                     ∧        \
  /       //../  '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          .:.:.:.:|                    ,,″ V,         \
  ′       .'/.'/  /^ 、.:.:.:.:.:.:.:..     .:.:.:.:.:.:.:.:ー              Х  ∧/
 i          //   ′ \.:.:.:.:.:.:.:.:.   .:.:.: _⌒_⌒_           /    / ∧.′
 |          /          \:.:.:.:.:.:.:. .: .:/^ ̄ ̄ ̄ ̄ `^ヽ        /|    .'../..∧
 |         .〈            i\:.:.:.:.:.:.: {{           }}    / │    ./. /./.〉




    「仰々しい口上を並べて、聞き手を酔わせる」

        「そういった意味では、手品も発明も、同じようなものだろう」




.

84 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:18:43 ID:Fa.93N1Q


   「ならば、私は常夜町で唯一の発明屋であり、


               !       i   i
            ,L. __    /'  /'
            Y´ ̄二 /〉 /〉
            |       /!   /!
            |    ./ 」./ 」
               l       !    !
              |        |    |
            │       .|   |
                !      |   |
                |        !    !
               |        l    l
              |       |    |
             |     /`i ./`i
             |L... _    │  .|
                 「 ̄ `   /   /
              |..__ , /〕、 〕、
             / ̄ `   ̄|  |
                ∠.. _     /!. /!.
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶、 厶
       r‐=≦ ̄ `      ∨  ∨
       iL.. ____r‐=iニニ」=iニニ」
          `  ̄ ̄ ̄ ̄


                    手品師だ」



.

85 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:19:00 ID:Fa.93N1Q


    「私は些細なことを、大きく見せるペテン師だ」


       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ     さあ!しっかり足元を見てるのだ!
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \
          !  ',       !            ル|  |  \
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /


                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´


    「そんなことを思いながら、私は液体の塗られた靴で、玄関を歩いた」



.

86 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:19:19 ID:Fa.93N1Q


   「私の靴が地面を叩くたび、淡いブルーの光が靴底から立ち上る」


             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     } _j|_
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ  ̄|! ̄
               ´          |     ` ー ´          |
              /          ‐'}             __j|__
           { ` ー―――‐ ´ ‐'                ̄|「 ̄
            ー――――― ´                   |!


    「光は一度、ぺったりと地面に張り付いてから、剥がれるように立ち上っていく」




.

87 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:19:46 ID:Fa.93N1Q



     「キツツキの歓声が、私の耳に届いた」


              __
                   \_メ、\ 〃y/、、            \    __
             ___二二ンi  / `==ニ二´   `ニ==彳\/、メ_/
              ` ̄フ==-/.: /            ;   /イ二二_
              // ̄./.: /                   ヽ ノ三へ<´.
            //   /.:イ/  :::|  ::|    :::| :::::|  :::| ::l`K\
           //    /.: ;; ,,―:::|ー卜    .::| :::::| ; ::| :::| :|\\      うわぁ…!
            < (       /.:  ;; i  ::|  ::| \  :::l i:::ll | ::| :::| ::|ノ \\
           ヽ\   /.:  l | |,、/l从/i´|ハ\从ソi |-=|/イ//.:.i   \\
             ヽヽ/.:/  | | |从! ィ代テ}〉   i`Vヘ(f卮}イ} //:. i      \\
             / .: /  il |ト   '辻竺ノ    ヾゞミYシ /ハ/  :. \      \\
              /  ..:  // .||   xxx      `ー…く / /   :..  \    \\
         / .::  .:  /ノノ//ヽ        ´      / / ',   :.   \     \ ヽ
         /  .::  .:  /イ///  ト.、   (  )    ./ /   ',  :      \    \ ゝ
        /   .::   .:  / // ___ノ  ヽ 、       ,. イ /ヽ__  ',   :..      \    / イ
      /    .:  .:  / //<: : : : : : : : :> ‐ <: : : l i/: :: : : > ',   :.         \//
    /    .::  .:  / /(>_`__/⌒'⌒ヽ: : : : : <⌒'⌒Y⌒ヽ ',   :.       //
  (     .::  .:  /  i  \ ̄ ̄i: : : : : : : i/\_: i´`ヽ: : : : : i`´',  :.     ノイ



                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |     これは…!
                    l`⌒ ´    |
               |         |      すごい!
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


       「そして、先生の賞賛も、私の耳で響いている」



.

88 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:20:14 ID:Fa.93N1Q



   「私は一体、ふたりの言葉にどれだけ救われているのだろう」



   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ     ふふふ…
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′    素晴らしいだろう?
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ



     「彼らの言葉は、私の胸の奥にある隙間にまで、届いてくれる」



.

89 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:20:33 ID:Fa.93N1Q



    「私は、まだ喜んでいるキツツキに瓶を渡した」



            、_ノ;;;;;;;ト!;;;;;;;;∧;;;;;;ハ;;;;;;/!;;;;;;;;;;;ゝ
            >;;;;;;;;;;;i!!;;;;;;;;{!;;;∨;;;i!;;;/;;!;;;;;;;;;;;ヽ.
           /´/;;;;;;;;;;ィi!´``i!`゙゙"´ i!´`゙リ゙ミ;;;;;;ド、
          ′'ヘ;;;;;;;;;;/ !  ! !   j  /j ミ;;;;;;ゝ
             ソ{`ヽ!-=≧ミ、ィ 、,,∠二_ !;i´}ハ
             ヘヾ.l| `゚ー'` `!  ´゚ー' ′リノ/! ゙
                ヽニi       |      {/'
               ´ハ;;゙、     ! ,    /'ヘ!       さあ、キツツキよ。
              _ 'ヘハ、  r= 、  .イハ!
        _,=、 /  } イ/| ヽ {____} /リ\           この神秘の液体をお前にやろう!
     ,=―/  ,__(´‐' ノ!/f/!  ゞ--- ' {ヾi. \_
    ,ィ  .,(___ノー__ ̄ー '゙i .| }       | |  ∧`ヽ.           存分に使うといい!
   /(__/ー  ´  -‐ ヾ{___!_   i  i   |  ∧  `ヽ.__
  ノ ∧___,ニ、__      `ー、ノ  /__ /|.   ∧      `ー-、
 `rイ ∧;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/! ̄`ー---'_____//|     ∧         `ヽ
 / 《  `ヽ;i;i;i;i;i;i;i/ /    |、::::::::::::::::::::::::/::|     /          }
 ∨ ゙、   \;i;i;i/,イ  \   |::::::::::::::::::::::::/.:::|   /        ,'   ,′
  \      ̄ /___> !:::::::::::::::::::::/.:::::| <___    i /    {
    \     / |      !::::::::::::::::::/::::::::|      |    |,′   /
     ヽ___/ / |      !::::::::::::::::,'::::::::::|      | _   .!    }
       |    ,'   !     .|::::::::::::::::::::::::::::!       !.|:|  .!    }
      !   , ,′!     .!:::::::::::::::::::::::::::|       ! ̄ ̄ .!    !
      V  ,' .,′ l       |:::::::::::::::::::::::::::|       !    }    |




.

90 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:20:59 ID:Fa.93N1Q



    「私の発明は、キツツキの手の中に移る」



 f::、!::ヽ,. ''"´             ヾ  \  \
 ヽ::ヽ:ノ       イ             l::.   `  ヽ
≡, `´/:!` ー  //.!  .          |::::       ヽ、
/  /:' !     ':::::!  '    '     , |:::::   !::.     l\    私が…
   ':l !    '::::::!  |   |:     i |:::::   |::     !``
    |:!/      i::::: !  |! !   |!   , |ハ::::: r=,、::      ! ヽ    もらっても良いの?
   l/     l:::::::!  |l l   ハ __|ハi! ,!:::,   ハ:! ,  !イl \\
       ,     ':: !::.  |从,.ィ|´!,. _!`リ' 'i::   /リj_メ_ ,リ リ  \\
     /     |::ハ:::、 |´l!ヽ_j≧≡ノミ  ヾヽ/ fr'_::ファ     \\
         !::: ヽ::N  ヾ ヘ>ォi!!      l{_::>:_<        \\
   '     ,ハ::ヽ|`       ` ´       ヽリ´ l           \\
  /      :: |::! !!                イ:|! '               '  )
. .:/        ::! |,ノ !!                    ' ! |           / /
       .:::'  'ヒ_ヽ              r ヤ / | |       / /
        :::/ .::l :::ハl                ':::| | |     ,__ '_ /
      ::/  ::√ `ヽ!rー--、-、  __ ..イ ::::| | ,ハ   \ \
     :::/  :::/>'´~`.!L ____ \rーァ :::|:::::::! l   '.     \ \
   ::::::ノ  ::/ ヽ___ノ/...   ` 、_ _ノ´ フノヽ, !.. ヽ  i       \ ヽ
'´  ̄ ̄ ̄ `ヽ―/ /- 、:::::.、     ヽr ' :::/::::::: !  ヽl        )ノ
         \ ,/::ヽ   ̄ヽ    j、::::/,.. -─- 、 |       /



                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`     いいさ、お前が一番、似合う。
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ



           「こうして、私の作品はまた何処かへ連れられる」




.

91 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:21:43 ID:Fa.93N1Q



    「キツツキは、すぐに自分のブーツに液体を塗り始めた」


                    _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
        〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
.        〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\   ありがとう!
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 }
      〃/  ヘ l! l!  云-‐-、ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //
      {L{..__ l| ヾレ仆从 ,r=≠ミ. V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
      `¬7メ、/    |ヘ       ,    `ーイj/ l|     .∨/
          }ハ 、 〃T 、    _ _ ,    / i l|      y ∧
          ノノ }i! l| . i^i.,ゝ、../ン′ ,ィ>、_l l|      { {ハ
        / ∠⊥⊥ |{. ,//ノ^〉、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
       / /.     { У./シ /〉..゙ヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
      // ハ _ _ ,  ハ   ¨´./ .イ . | | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
    /〃,'  {  し~ 、 _ 〉     イ l `v′ヽ、∨       ノ   / / /
    `≒=、 ハ       i    ノ  ヽ     }    ,r~´   / { {_
    / . \\ヘ.       !   l!       |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ



         「まったく、彼女はどこまでも純粋なものだ」



.

92 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:22:01 ID:Fa.93N1Q



   「そうしていると、先生が私に話しかけてきた」



                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ   今日の発明はすごかっただろ。
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /     
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r



         _ノ///////////彡彡/////ノソ |人ヽ
         フソノ/////イ////////i( |!// ハl  ))
         /フイ/(////ノ///ノl//   |! /_,,..ィ ', '"
        ノソ////ハ/ノ/彡彡ソ/  ヾ!     " __!  ,!
        フハ/i|)//ハ////"ヽ彡i       ィ''"!T゙  i
            ソ|ノ////ノ/;!i ヾヽi!i|          ` ゞ'  ',     でも、先生はもう、タネに気づいたんだろう?
          iソソハi !|ソ/ハV("i |ミ               ヽ
          "ヘソ|ハiソ/i ハヘヾ、゙ iミ                   >
            ゞソハソ/i i|ヘゞ\j "             -,. '
             iソノハ!iソ!リ'   !           _ j
           ヽJイソ/ノiソソ   |; ,       '''ー'")
             !イ/ソ"    i ヾ : .,        i
             "!ソリ      i      > 、    .:|
             /" ヽ、     i       / `   :ノ
                /    ヽ、    i    i
           j- .,_     ヽ、 ';   ,. '
          r"´   二  .,_   ヽ、  i
         /       `'ー` 、 ヽ !
         /       _,.. ..,_   ` 、ヽ、
         ,'    ,. '"     ヽ、   `ヽ ヽ
          ,'    /         \     ヽ\
        i   /                \    ':, ヘ、



    「私たちは、踊るようにはしゃいでいるキツツキに目を向けながら、言葉を交わす」

93 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:22:27 ID:Fa.93N1Q



     「先生は、すぐに私の発明の肝を見抜いた」



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)   多分ね。
           |    (___人__)
            .|         ノ__     きっと、夜光虫だろ。
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、   衝撃を加えて、青く光ったから。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ     ご名答。
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′     さすがは先生だ。
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ



    「だが、私はそれを不快に思わなかった」

              「むしろ、その逆だ」

94 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:22:50 ID:Fa.93N1Q



   「発明も手品も、最後にはタネを明かさなければならない」



       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!     タネを明かしてみると、チープだろう?
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト     夜光虫を集めて、そこから発光器官を集めて…
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \      
          !  ',       !            ル|  |  \      ペンキみたいにしただけだからな。
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /



                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)    そんなことはないだろ。
                .|     (___人__)
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |      面白いし、綺麗だった。
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉       星を描いたんだよ、発明屋さんは。
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、



    「そして、その役目をおってくれるのは、先生だった」



.

95 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:23:24 ID:Fa.93N1Q



     「先生が私の発明を読み取り、名前をつけて、私の発表は終わる」



                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `     「星描きの水」、か。
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '         良い名前だ。
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \




.

96 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:25:53 ID:Fa.93N1Q



   「繰り返すようだが、私の発明はふたりと共にある」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)    なら…
             |        ノ
              .|        |    キツツキさんは、「星描きのキツツキ」になったんだな。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }   ふふ…!
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ     それはいい!
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′   あいつも出世したものだな!
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ



  「先生が私の発明に名前をつけて――

97 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:26:15 ID:Fa.93N1Q




    ――キツツキが、何処か遠くの場所に連れて行ってくれる」




     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! 斗l┼'ト、ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl !l レ' ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! x===、     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'   /
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l .:.:::::::::::      `ヾ='<´\||   !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /      発明屋さん!先生!
       )ヽ   l  l'ー、      、 ___,      /,r||  /.,ィ'
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',       一緒に踊ろう!
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´::::::l___ 'y-, -': : : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::/ /⌒ヽ <ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::Y  ,/⌒ヾ) ::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   |   l´⌒|:           `ー--、:_  /
  l        :l. `ー ー-    `|   l_つ !     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / , !   ,j   :l        ノー'   ー '   / /
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 j  ,ハ、   :V`'ー--<´:::        / / ::::





    「こうして、私の発明は生れ落ちるのだ」



.

98 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:26:41 ID:Fa.93N1Q


   「私たちはこの、薄暗い町で生まれて、いつか溶けるように消えていく」


       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ      ほら、先生。
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト      キツツキがお呼びだ。
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \
          !  ',       !            ル|  |  \    俺たちもいくぞ!
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /



           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |    えっ…!
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |    踊りなんかできやしないだろ!
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V



.

99 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:27:13 ID:Fa.93N1Q


    「私たちは頭上に輝く星を、精一杯眺めて生きている」


                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
        〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ    ほら、早く早く!
.        〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 }
      〃/  ヘ l! l!  云-‐-、ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //   発明屋さん、先生を連れてきて!
      {L{..__ l| ヾレ仆从 ,r=≠ミ. V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
      `¬7メ、/    |ヘ       ,    `ーイj/ l|     .∨/
          }ハ 、 〃T 、    _ _ ,    / i l|      y ∧
          ノノ }i! l| . i^i.,ゝ、../ン′ ,ィ>、_l l|      { {ハ
        / ∠⊥⊥ |{. ,//ノ^〉、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
       / /.     { У./シ /〉..゙ヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
      // ハ _ _ ,  ハ   ¨´./ .イ . | | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
    /〃,'  {  し~ 、 _ 〉     イ l `v′ヽ、∨       ノ   / / /
    `≒=、 ハ       i    ノ  ヽ     }    ,r~´   / { {_
    / . \\ヘ.       !   l!       |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ




                     >::::::::::::::::::|   /  ∥〃/.||zヘ:::::::::::::::ノ/
                     フ::::::::::::::::/|   /.  ∥.   .||  v:::::::::::::ヽ
                    彡 /^V:/ |i   i|  ∥    ||  |ミ::::::::::ン    フゥーハハハ!
                     /:::{.λ|i|   ̄≧x.  ||    ∥ ./ ミ::::::::::> 
                      フ::ハ  |i|  T弋ツt\ |   _/―.、 ミ:::::ハ |
                     ̄レハ !!        -' >>tッヽ   从i| こんなときのために、あらかじめ、
                      ノハ-          /::      ./ ./リ 先生の靴に「星描きの水」は塗ってある!
                      フ:::::::::|         /::      /:ノ/
                      7ハ:::ハ       /::     ./
                       ノ从    、        イ|    逃げられはしないぞ、先生!
               -- 、 .     7 ハ   `'' ―-    イ|
        ,,-- 、__ノ>  ⌒ヽ.    7  ハ , ,, 、 /リ
        /  ;;   /       /^7     、、, / /
       ノ.ヽ    i|       |i  |       7  /
.     ,         ゝ      ノ )ヽ |       /  /`ヽ
   l  ;;         ヽ-- .   /  \  |  .   /   V
   ノ ヽ   \     \.   / |    ヽ |      ヽ   V
  /       \     \./  //  / |      ヽ  ヽ
  |         \   :::::::>.--― ⌒ヽ V. |.   /   |i    \--  、
/ ハ   \      \:::::/         〉-、 /    ハ     \  \



.

100 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:27:39 ID:Fa.93N1Q



    「だが、この日ばかりはその限りじゃない」



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)    え、本当に?
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    …うわ、本当に塗ってあるだろ!
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



      「私がした、小さな子供だましの発明で、私たちは地面に星を描くのだ」



.

101 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:29:55 ID:Fa.93N1Q



   「それから私たちは、てんでばらばらな踊りをした」


          |: : : : : : |
         ξ彡-=‐-{              ∨:.: : : : : :ハ
         Zヲ´: : : : :ハ            ヤ: : : : : : : |
     _rtz/: : : : :_: : : :}           ヤ:. : : : : : :|
    {: : `Y: : : : :./ハ: : :.!             ヤ: : : : : : :|
    ∨: : : : : :/i:i:iハ : :!               ヤ: : : : : : |
      \: : : /i:i:i:i:/  }_/                ヤ: : : : : :.|
       `ー'’¨ ̄                 ヤ: : : : : :|
                              ヤ: : : : : {
                               〉; : : : : :>
                           ξ:´: : : :ハ
                           /: : : : : : : :.!
                         -<ヲ: : : :.r=x:. : :!
                        <´ : : : : : /i:i:i:iハ: :}
                      \ : : : /i:i:i:_/  }:リ
                        ` ー┴ '´    ¨


   「それぞれが、タップダンスのように踵を鳴らし、光を作り出す」


               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´


   「きっと、私たちはいま、淡い夢を描いているのだろう」


             !:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l   l:::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   l::::::::::::::::::.:.: !
             ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l:::::::::::::::::.:. !
               i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::.:.:l
              l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    l::::::::::::::.: l
               !:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l    |::::::::::::.:. l
          ――' 、::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l     l:::::::::::.:. l
        / ´  ̄ `  、 ヽ::::::::::::.:.:.:.:.l.    l:::::::::::.:. l
     / .ィ≦≧=- 、   、 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.   /:::::::::::::.:.:ヽ
      l<///////////ヽ、  ヽ `ヽ.:.:.:.l  〈::::::::::::::::::::/
.      !//////////////ヽ  ヽ  \:l   l- ´  `Y
       V///////////////ヽ \  l!   |     ',
.        \///////////////\ ヽ l   l     ヽ
        ` <//////////////>、 }!   !` ー― 1
            ̄`  <////////V   ` ー― ´
                  ` ー- ´


           「終わらない夜に、小さな明かりを灯すために、踊るのだ」






                       つづく




.

102 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 21:31:32 ID:Fa.93N1Q
ということで、第二話はこれで終わり、です。
やらない夫板なのに、やらない夫があんまり目立ってないので、どきどきです。
相変わらず、変な世界観の話ですが、よろしければ、またお願いします。

では、ご閲覧、ありがとうございました!




第三話へ



スポンサーサイト
  1. 2012/04/22(日) 21:49:19|
  2. 三人が、夜の町を泳ぐようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫でリリカルなメモリアル 舞台裏 エキストラシナリオ 【 [シアター] カリムさんEランクおめでとう 】 | ホーム | やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです 小ネタ:地域性の違い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/2718-888e8281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。