俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三人が、夜の町を泳ぐようです 第五話

201 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 20:59:45 ID:kKfU5WXU





   『その男は、昼夜を入れ替える役割を負った男でした』




           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V




   『それはとても必要で、欠かすことはいけない仕事でした』





.

202 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 20:59:57 ID:kKfU5WXU


   『それもそうでしょう』



           '''''''--;;;;;;;;;;;::::::::::::::::             :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;-''
               :::::::::::''''''''''''''''''''-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-'''''''''''''''''



                   ◇
                  /\
                  /  /
                  \/
                 /\
                /   \
               /     /
               /     /
               \   /
                \/



     『男が昼夜を入れ替えないと、世には、
           
           昼と夜のどちらかしか存在しなくなるのですから』





.

203 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:00:09 ID:kKfU5WXU



   『男にとって、その仕事はとてもやりがいのあるものでした』




            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ




   『誰にも気づいてもらえないかも知れなくても、

       しっかりと誰かに必要とされているようで、男は幸せでした』




.

204 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:00:20 ID:kKfU5WXU



  『今日も男は、手探りで、空の隙間を掴みとります』




 ` 、
   ``、
     ` 、
        ` 、
         ` 、   ____
     ,---、  ヽ/ 〃     ̄`ヽ
     l/´ / ヽ、 ヽ /_  ,ィ     ',
     ヽl    `ヽ/   〃      ',
        ヽ、    ``ミ=-、__,    .',
        ヽ、               ',
────―-,-/`r、              ',
        ヽ_ノ、 ヽ、           ヽ
            `Y, ヽ           ヽ
              `‐ヘ
                 ヽ、
                      `ヽ、
                     ヽ、



           『そして、ぺりぺり、と小さな音を立てて真っ青な昼を剥がします』




.

205 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:00:31 ID:kKfU5WXU


    『男は真っ暗になった空を見て、ため息をつきました』



              |         |
           |        |
            ヽ      .イ_
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |




      『どうして、こんなにも夜は美しいのだろう』


    『男はそんなことを考えながら、引き剥がした昼をくしゃくしゃと丸めました』


.

206 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:00:42 ID:kKfU5WXU


   『やがて、男は、自分の後ろに誰かが立っていることに気づきました』



                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′





          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
   : : :「i|| l|\r‐'::::::/::.::.::.|:::::/ /::::{ {/::._::.', l  |l
    : ||ヘ \ \¨´::.::.::.::.::|::::i !::::::>`´__]',l |!
     . 、 \ ヽイ::.::.::.::.::.::.|::_| l:/ , ィ´/ /::.,  |!
  r─‐ゝ\ ⌒′: : ::.::.::.:|/:|/ /::::/_∠--、::., ||
  >」 ̄ヽイ        : :|::〈 〃::/// ̄)ノ::.',||
. ( (                ∨ / //∠二,`Y-─-、
                   ー'       ゝ-‐⌒ヽ


 
        『振り返ってみても、夜は深いので、ぼんやりとしか顔が見えません』




.

207 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:00:57 ID:kKfU5WXU


    『――素敵な仕事ね』

      『その声が女のものだったので、後ろに居るのが女なのだと男は気づきました』



         | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、   |     、_'      / /
         l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }!   ト、       , イ /
         | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /   爪ミ=-_-==ミ l | イ
         l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  '   ,.イ:i:i:ィ≠ミx'_i:i:i:i:》| ! l!
         | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:i》}  |
         | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  \(i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》|  |
          乂_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   \:i/:i:i:/i:i:i:i:iト、i:i:i{{.:ミ:、\
      _ ィ彡 .:/:.:.:.:,:.;.:.:.:.:.:.:.:./ ̄\   }:i:i:i:i:L:-=、}i:i:ヾ:}}::::ミト、  、
      { ̄ :.:.:.:':.:././.:.;.:.l.:.:.::{   \  /:`¨:/} } ヽ\:厂:.:.:.:.{ }   \
       `ヾ:.:.:.:.:/:.:.:':.:.;.:.:.:l:.:__:>  _У:.:.:.:.:.// ′ ゙ }:.:.:.:.:.:.:|ノ     j!
        \/.:.:/:.:/.:.:.:.:l//´ ̄:.:.:.:\ィイ:{       /ト、.:.:.:. ハ   /
            /.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.\_リ У≧=-=<´:.}.:.:.: {  \{
         l{⌒}V:,:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:/.:.:.:.: \   \
           |}'.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:}).:.:.:.:.:.:.:{ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:イ:.:.:.:.:.:/ ̄ヽ   |
           `{.:.:.:.:.:.:.__/:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:≪:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\_   、j
                \ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧=-:.:.:-=≦´:.:.:.:.:.:.:.:.:< ̄´ { ヽ   \




                   '、'ーー´   'J |
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |



                  『――ありがとう』

                        『ですが、男は照れ屋なので、うまく返事が出来ません』




.

208 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:01:12 ID:kKfU5WXU


 『それもそのはずでしょう』

       『男は自分の仕事など、誰にも気づいてもらえないと思っていたからです』





              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |





     『突然、自分の仕事を褒めてくれる人が現れては、

        もともと持っていた照れ屋の性分が、さらに前に出るのも無理はありません』

209 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:01:25 ID:kKfU5WXU


 『ですが、女はそんなことをお構いなしに話しかけます』


   『――ねぇ、貴方はいつもこうして、昼と夜を行き来してるの?』




          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
   : : :「i|| l|\r‐'::::::/::.::.::.|:::::/ /::::{ {/::._::.', l  |l
    : ||ヘ \ \¨´::.::.::.::.::|::::i !::::::>`´__]',l |!
     . 、 \ ヽイ::.::.::.::.::.::.|::_| l:/ , ィ´/ /::.,  |!
  r─‐ゝ\ ⌒′: : ::.::.::.:|/:|/ /::::/_∠--、::., ||
  >」 ̄ヽイ        : :|::〈 〃::/// ̄)ノ::.',||
. ( (                ∨ / //∠二,`Y-─-、
                   ー'       ゝ-‐⌒ヽ




           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


     『――うん、僕がしなければならないことだから』


     『はじめは照れていた男も、少しずつ慣れてきたのか、返事をします』




.

210 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:01:44 ID:kKfU5WXU


      『――それなら、ひとつだけお願いがあるの』

           『女は言葉を続け、男は頷きます』


        ! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ        ′'' }ヘ \
         | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l     ー ‐   八 \  、
         l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、        /l |   \ \
         | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ辷=-=彳 .l |     ) .)
         l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 l |  / /
         | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:》.l .| / /
         | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》l .(  (









          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|


           『――お願い?』
 

               『その言葉で、男の仕事が変わってしまうとも、知らずに』




.

211 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:01:57 ID:kKfU5WXU


       『――私、夜と昼の間が見たいの』




           }:| l !l ト } ..:.:..  ,     f:i:i:i:i:i:\ v:/}:/|
.           //}_l」L⊥ ゝ-- 、  ー'  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ'〈/i |i
           ///厂:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\‐- :≦′:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉│i |i
.          〈//∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/fくY:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ i||!|
          ⌒ }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}辻iツ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〈.\i||!|
             }:i:i:i:i:iニ=-‐―=彡ヘ:i:i:i:i:_:i:::::-―ヘ:i:}  \八
              {{:∠:i:i:i:i:_ニ=-‐ァ'⌒^マ^ニ=-:i:i:i:i__:i:)ノ:.\  \ヽ
            厂厂 ̄}:i:i:i:i:i/__: :__:.:}__i:i__i:「__/ ァミx.:.:.:.:>  \
       ___/∠二二7f⌒7⌒7⌒7⌒7⌒7{/ r ⌒ヽ´  __ >
.      / _ .斗-―-=ニ { У)  {  {  {  {v r_⌒ }Y≦ _____
      ⌒^¨¨//ニ=-‐7iく{/^)   }   }   }   }{  ァ‐ァ-ノ.:\  / /
        x< ∠_    /:i:iノヘ.厂)        //∠(^〉.:.:.:.:.:.ーく /
        └- . __ ̄ ̄〉i:{:.:.:.:.く )       //⌒¨´.:.:.:.:.:.:.:.:〈三7 /
             /-一7イ::{辷=彡ヘ..、:___:ィ才⌒^ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://




    『――夜の静けさと、昼の暖かさの両方が交じり合った、そんな空が見たいの』




.

212 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:02:08 ID:kKfU5WXU




    『――男はその言葉を聞いて悩んでしまいました』



                        ,′
                     /
                  ,..、 ィ/
              丶  / V/
                `Y  i′
                ィケ  ト、
               /{'⌒'} `丶
                 /  ヽiノ
             /  ,r'┴'ヽ.
              .    ,イ::''n::::,f'
                i:: ll::iYll!
                !:: :l:: : :l

       【三人が、夜の町を泳ぐようです】

                l::l l:: l ll
                 {i l:: . l!
                |j:i:::::li l,
                }i::::::::ll !
               (!..:::::..lll      ,ノ入
                l...::::::..ll     fy' l l!
          .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
       r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
       `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
       ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
    . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
    : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
       : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :


          『なぜなら、夜と昼の間など、男は考えたことがなかったからです』





.

213 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:03:00 ID:kKfU5WXU



    「私はキツツキに小説を返しながら、ため息をついた」



            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li     …確かに、先生がモデルの気もするが…
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/        こればかりはなんとも言えんな。
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―




                  ___
             _   .r f:!z     `  .f:Y::l
         ←<二ニ=ゞツ        ヾソ
         // /。/ミ≡            、
        //7 .//      /   ,     ヽ
      // ./   "       .'   〃    l  '.
     //   ′             { !  |l ! !  |   '.
   //   /           ゝ|/_」L」_|l /ト   l
.  ( く     /         /   Ⅳ气ミx从リハ ′
   \\ /        /  /   / ヽ {.ij゙ リ' j/    うぅん…そうかな…
     \\       /  /   /    `¨   '、
.      /\\    /  ′ _.,/   ゛゛゛  /
     /   ヽ\ . '     ,不 ス    `フ′
.    /    }  }/   / /:┴=ー_ ̄7― ´ \\
   /    //   〃/: : _,-――z二ニ=ュ ヽ \
.  /   //    /、_ノ: : : : : : : : : ヾム:.〉   > >
  ′ //    /:/: : : : : : : : : : : : : : :〉:7 //
 / //      .:∧: : : : : : : : : : : : : : : : : ノ:///
. //     .::/.:∧: : : : : 弋_:_: : : : : /くヲ./
"/      .:::/.:/ .:ヘ: : : : /∧ ̄二ニ》: : ヽ


             「キツツキは私の返答が不満だったようで、膨れている」



.

214 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:03:14 ID:kKfU5WXU


    「先生の奥さんが書いた小説をキツツキが持ってきたのは、先日のことだ」


        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ     第一、もし先生がモデルだとしたらどうだというのだ。
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′      そうだとしても、何も変わらないだろう?
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |



    「この小説は、奥さんが先生に宛てて書いたのでは、とキツツキは言うのだ」



.

215 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:03:31 ID:kKfU5WXU


     「だがしかし、私はあまり、そのメッセージ性についてピンとはこなかった」


       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ    あまり、人の事情に首を突っ込むのも、な。
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ
          Yヘ.   l      ミ^レ′
         Ⅵ, 〈     ミソ
          ‘, _   /
             ‘,, ̄,, ,.イ |
             `r― '゙  |
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \
         -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
  ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
 〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |        ヽ
 |         /  ::.: : : : : : : : : :.:|   |         i
 | ‘,     /  ,: : : : : : : : : : ::|_, -┘         |
 |  Ⅵ  _フ  ’: : : : : : : : : : :.:.|\       | ,    |
 |   |  「   ’: : : : : : : : : : : : :|  \ ┃ V'      |
 ト   |  |   ’: : : : : : : : : : : : ::|  / ‐╂ l|       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  ,     |       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  i     |       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  |      |       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  |      |       |



      ___ _ .- ――― ‐ - .
   ← 、_ト-ヲ              r<ニフ_
  /三三>==           =彡ヾ<三《_
   ̄/://   ′    l        ∧ `ト→
.   ム〃/  〃 |  !   l!  } ヾ  ',   Ⅶヾ\
   〃 ′  l!  ヽ、|   }i  | ||l! |    l|  \ヽ
   〃/|   | |ヽ | \  ji  |/_」/|/  l| l!    ヾ\     それもそうだけど…
.  〃/ l| ||l  |⊥ミメ、 `メミノ厶斗┤   ,'|  '.    \ヽ
 〃/  |ノ八ノlヾ {:.i,:ハ ノ ゞ:{薔}:リl!//从ハ ハ    ノ }
 {L{ __ トヘ ` {  ̄´      `=チ レ乂|! l| ハ  //
 `¬7メ、   .:ヽ   ヽ     、__ノ |::. i   l   '//
      }ハ 、::::::ゝ__       /!:::.. i   l //.
      ノノ }l!:l|:::// )、_  <_j:::::.. i   l{ { ,ハ
    / ∠_Ll|_{   '´ / 〉ア≠ト-ヲ___,r‐宀≧ニミ、
  / /: : : : : :| ̄\__,/'~'゙^≠ヘ、 : : : : : : : : : / ) メ、
  ,' 〃{: :ヽ、 _r‐ヘ. . . . .j,≧zく: : : : : : : : :_: :-‐:f´}/ ∧
. /〃 ハ : : : / : : :>―‐|{f必) }: =ニ二 ̄ :_:_:_:_: ://〃 ハ
 `≒=、 ∨: :| : : /: : : :∧゙¬{ヘ、`ヽ、: :/: : : : : j{ {_   ',
   / \\.| : イ : : : ' : |ヽノヽ、フ¬ー"ハ、_,. 彡≒、`ヽ ハ
.  /   ,' .ヽ ヽ/リ: : : : : :.!ハr'´ ̄ : : : /.ハ´: : :: =ヘ 〉 } .∧


   「そもそも、なんらかのメッセージがある場合、当人間で伝わっていれば良いのだ」


      「人の手紙を盗み見たような気になり、私は居心地が悪くなってしまう」



.

216 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:03:41 ID:kKfU5WXU



          「先生もひとりの人間だ」
 


       ≦::::::::::::::::::::::::::::チ ̄l:| ̄ ̄`|:| ‐<::::::::::::::::::::::jノ'
        フ::::::::::::::::::::::::::Z   l:|     !:!     ̄i!ヽ::::::く
       ´Z::::::::/::::::i{:::::::ア  {i    リ __    j  |::::ト ヽ
          イ::::::/:::::::::i!::::::7    ´ ̄ ` ー=ア  、  Ⅵ リ `ヾ
        ノ':::/::::::::::::リ::/     近カ ̄T    f`ー |:i
        リ:/:::::::::::::::::::|      ` ̄      迩ヶ リ}
        从::::/  ̄ヽ:::!               i  |
        }:::::| う { l:i                ヽ !
        ハ::::ヽ    |:!            ー ン  '      で、話はそれだけかキツツキよ。
        ノイ:::\  '                 ′
          V:::::::フ         ー== =ァ /
           リ:::::::|             , `j ′    人のこともいいが、恋人の一人でも出来たか?ん?
          イ::::::;ハ  ヽ            , ;  ′
          ノ':::::リ    `  __     ' , ′'
           从           ‐-     /
            i            r‐   ̄
         へ /              ′
       / V     l       /
      l´     ヽ     |         /、
  -‐/ |      \   !       /  \



    「多くの時間を歩み、ひとりの人間として過ごしてきたのだろう」

          「私たちが立ち入らない方が良い場所もあるはずだ」



.

217 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:03:55 ID:kKfU5WXU


     「それは、当然、私たちも同じことだろう」



                            .-― ,. - ―- 、
                     ___rf:!z, ´          `yf:!勾、
                   ≦三才ゞイ             弋乏ソ三三≫
                   ≪二ll二》  /  ′  } ヽ   ' 彡V\\
                  . ////./ /   {   |  |   ',   \|\ヽ
                  / /  " | !  ! .:| .:ト、  ハ:. |:. }  |   |  ヽ\
                   ′  l l .:十士十 `メ十士十 リ   |   \ヽ     …出来てない。
                  /    八N从テ气ゝノ∨《く刋:7Ⅳ   .|    \\
                      /  .:∧ 込ソ   ヾゝレ:/ノハ    |      \\
                  .   /  .:  ハ    ′  `¨メ辷ソ   .|       \\
                    /  .:  / .:ゝ、  ‐‐    /::i::::::.   八        ムイ
                  . /  .:  / .: .:∠> .._  ィ7不>:::::..    \     //
                   ′r―-、 .: .:入≒z、≦丕一'7::::::::::.._ -――z、   //
                  / r{ ̄: : : :` ̄ ̄` 不Y¨ ̄’: : ̄` ̄: : : :_:_:√}\. //
                   { ゝ、:_:_: : : : : : : :f{泌} : : : : : : :_:_:_: : :/: : : : :7 /X
                  . ハ: : :`ーv_:_:_: ;ィ´ ̄く: : : : : /: : ` ̄ : : : : : / // ハ
                   .:}=-: /: : : : :ゝヽ_ノ{`ー''": : : : : : : : : : : : /  { ゝ l
                  三》‐ 7: : : : : : : :` ̄ヾ: : : : : : : :>‐: : : :==く_ \\!
                   /: : :{: : : : : : : : : : : : :\ : : : : : :}:才: : : ∧\l三≫\\
                  ./: : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : :} : : : : :リ : : : : / /\,! ̄   |\\
                  ′: : : : :ゝ: : : : : : : : : : :ノ: : : : : :{ : : : :〃 |:::::::.      |  \\





         __〉、__.ィ≦ニヽ.}) j〉
      ,ィ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ニ'く__
    、__)';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミヽ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ iトリ
      ,'イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ ゙!
      ノj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ i! l   
      {!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヾ.}. !       …そうか、うん、悪かった。
      '^ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ト. |  
        ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(.  |::ヽ}          
         ヘ;;;;;;;;;ノイソ` ├‐′
.          / ̄ ̄ ̄\ |
           {_,.= ‐‐=ー 、\__.-―-、
        /                 ‘,
        /                      ‘,


              「私たちは大きな壁を作り、その壁越しに対話している」



.

218 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:04:05 ID:kKfU5WXU


      「私は、友人である先生とキツツキのことを知らない」



                            /{
                     __  _ .. - - く/升「 ̄/
           <.__⌒Xヌ<´. : : : : : : : : :ーへソ く
              X/. : :7⌒ー. : : : : : : :ー<\  \
             / /. : /. : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ⌒
           ∠ __/. :/: : :/. : : : : : : : : : : : : : : : ∨\:\
              ノ. :i: : :l:l::_: : :.| :l: : : }: : :リ:.i: : : :リ  \:\   今は良いかな…なんて思ってるの。
            /: : :{: : :!:l : `メl :l \リ: :ムノ. :ノ.:ハ    \:\
            /.:/{.:人: 从rテ〒k从ル「「芹.T. :!ル'ハ     ヽ.:ヽ
           /.:/  /.:/ 人{{ i必リ   乂苞ソ イ : : i      }. :.}   いいわけみたいに聞こえるかも、だけど。
        /. ::/    /.:/ . :/入""   '   ̄リ: :!: : : l      .|: :.|
          /. ::/  /. :' . ::/ .::/\   -  . イ: : ! : : :l      ノ. :ノ
.       〈. ::〈 /. :: .:: : :/. ::/ く `Yへヘ/⌒> :!:: : :.l    //     発明屋さんは?
        \: X. : :_:_:_:_:./._:/_: _ノ. :: : ::::>:: :::入 _j__::|_  く. :く
        /.\〈 . : : : : : : : : : : : : :,ィ升ト、: : : : : : : : : : :`Y \:\
      / . :: : :|/\: ノ: : : : : : : : : 弋必ソ . : : : : : :_:_:_:_:_/:、 \:\
     . '. : : : : : :∧: : :⌒ヽ.ノ : : : : : :/ Y\ : : : : : ー :ァ'´. : \. ): :.)
    /. : : : : : : :/: :: \: : : :}> 、: : /  i!.  \: : : : /ヽ. : : // Y `i.  /´ !
   .' . : : : : : : 〈\ : : :\ル'. : : : )∨   !    〉⌒. : : : : ∨. :/  | ノ r┤ |





   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′     ふん!愚問だな…
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
         |:::\_`           ー '  /      俺を誰だと思っているのだ?
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ



           「私のことを、キツツキや先生も知らないだろう」


.

219 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:04:53 ID:kKfU5WXU


     「だが私は、気楽に自身の寂しさを口にすることが出来る」



              rvヘ ,,-''´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ____ {`ヽ}'⌒''        \`、 _,-´v
       >―-ァ ≧f= /    /      `ヽ=´ソ
         ,二///| ,' 丶、 /        `、
        イ∠>く | /  l|l l ∨!            il
 , =≠'´/'      '′ ; lハ | ト」 |\l   |   i  l
〃    /         /l | 弋圷ミx { (^Y! |   |  |   もしかして、恋人、出来たの?
′    /          / ! l   ゞン'` ヽN|斥示、 .ノ
.     /      ′  /  ハ!       {{r迂}7 ,′
    /     /   〃 l| l|        / ヾイl/レ
.   /   /     〃  人 l|    丶、  (廴_,...-ァ
. /  ∠ -―‐-< /ー:/ハ     , イ /:: /
´   r个ー-、 : : : : : : `ヽ::/∧:`‐ァr</ / /:: :::/
  / | : : : :`ー'⌒): : : ∨: : `7ク/ /`ヾ、:::,'
  ,′!: : : : : : : : { : : : : }`ヽ、{::〈 ̄´: : : : :`二フ
// ,' l : : : : : : : : :`ー-v' : : : r行h: : : : : : : :./}
/ /   ヽ、: : : : : : : : .:└-ヘ: {ヾ彳}: : : ; : -‐'ノ






                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`    ふん、馬鹿をいうな。
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i      こんな妙な発明ばかりしてる男だぞ?
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(          出来るわけがあるまい。
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \



      「その寂しさを口にしても、彼らが私を避けることはないと分かっているからだ」


          「そして、私がわかっていたのは、それぐらいだった」

             「それで十分だと、私は思っていた」



..

220 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:05:05 ID:kKfU5WXU


    「キツツキは、私のことを悪くないと言ってくれる」

      「よくもまぁ、照れずにいえるものだと私は思ってしまう」



                               _, ィ=ー┐
                     . -―…- 、  √7´Y^i7`Yヽ
                  , _ ´  /´- 、  ̄`ヾぐ 辷>彡ツ| ‘
                 ィ厂         \ ー= ミx__r彡ハ  '.
               / /   i  ハ     ,\ == 「\__ ̄ ̄ ̄_>
              /   ト   __ト il | ト:、  i  ヽ   ヽ `√ ̄「!|
                  ′/ i| 丶t⌒i} l| !ハハ | ,ハ} -‐' }\ 丶 川
             i ィ 从  \{{才大ラミ}ハ/-、 :r=彡'  \{ {ハ
             | | /ド小、 {`く(弌彡イ/  /ヽV   'ノ      ヽ \
                、∧ j/r=ミ`\ ヾ圦{/X   r'ノ/ //         '.   ;
                { \{代リ    ー´\) .:rく彡 /         l   |      そんなに悪くないと思うけど…
                !´ 、       `7ー }ィ/   r_┬t_   l   |
           __, ァrv⌒ヽ   -‐    /  /ノ⌒ー┘}|ト;-;   |
       . -‐ __∠ =ミ   ´\ `   /r=r' ^⌒ヽ、   ' } {  、{       発明屋さんは。
      /          \ー―'`_ーr{vr ´/ ̄{__}L__フー一彡'   ヾ
   _r ´             _}    爿}〃 / /  ヽ/  `ヽ,         \
 /          __,  <  )  {ro/  /′     '. ヽ(⌒ トミx       \
. {         /       `Yーr彡ィ  /       } ̄     V´           '
 \       '   \   /   }/          /       }           |
   ` ー-  ____\___7     /           /      ノ           |
                  /     .′      r< ヽ  __, r '         '      |
                {     /         ノ   厂 ハ  '.          }
              '. . : : :.:}       〃  / .:′! ト  、     ハ    '
               \..:.:.:{         _/ /   '. ハ ハ   / | /
                Vハ     /´ ィノ     }/  }/ i  /   | '
                 }  `ー一 '   xく        /   ′ | /     }/





   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ       お前に言ってもらっても、な。
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′        まぁ、素直にありがとうと言っておくよ。
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ


          「女というものは、そういったものかもしれない」

           「男よりもずっと、芯が通っているような、そんな気さえする」


.

221 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:05:17 ID:kKfU5WXU


    「それから私は、特に考えもせずに、キツツキを誘って家を出た」



       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!     なぁ、ひとり身同士、散歩でもしないか?
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ       家で鬱々としていては、気が滅入るだろう?
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \
          !  ',       !            ル|  |  \
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /




                          _
                     .    ´        `>
                                  ヽ
                  /                      \
            /      //   /            ヽ
               /  /     / /    /     .::          ゙.
.             /  イ   // ム  //      /  .:        ヾ=ニ`ヽ
            //./   / 7厂  `ゝ/    /   /′           ) )
              {/ {/  ,' イ斗 ⌒ヽ、/ \.  X    ,.イ         } / (
              /リ  /ハ;/ ,r=≠ィ、゙⌒  \  ヽ、 ノ /       l.//    うん、いこうっか。
             刈 { ///.  ´   `';    x≦ミxゝ、/        川
          /人匕兆シ             }乂薔人フ /       / ヾ;:.
    〃ニニ≠ ´  ,// l.         ,      }辷ニ彡' /ノ  /  ′  l )
   /  // // l  、.    、         ⌒ / / ′ /   /   /
      / ヒ{ /  ′/,  vヘ.     ` ー     /へ/  イ :/  /    ′
    / 小j'人/ 〈 .,二_, ´__ ヽ. _      _. <乂兆シ } {/   /
    /Yj{//,r-‐―ュ ,_ ,:''  )ヽ    ̄,:''  Y´  ̄`ヽ、 { :/    ′
    / /ヒ//    /|>一 ヒ}    乂_ _ノ     ∨ ′   {
  ./  {ヒフ/、  / 乂シ  }ス   /}刈          }/    |



         「行く宛てのない散歩も、友人となら困らずに出来るのだ」



.

222 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:05:28 ID:kKfU5WXU



    「私の家の近くにはガス燈さえないので、

       私たちははぐれないように、互いの足音を頼りに歩いた」



.   ∨: : : : : : : :|: : : : |           {: : : : : : : l: :;ハ
   V : : : : : : .:!: : : .:!         ヾ:. : : : : :V:. :|
    ∨: : : : : :.:|: : : :|           \: : : .:ヽ::リ
    ∨: : : : :八: : .:|           \: : : :\
.      ∨: : : : :∧: .:|               /\: : : :\
       ∨: : : : :∧.:|.           /: : :/ヽ:. : : :\
       ∨: : : : :∧!           /: : /   \:.:. : ::ヽ
       |V : : : : ∧_          ′イ         ):.:.:.: : :}
       | ∨: : : :_; .:}          {: :∧     ′;:.:. :/
       ! : }: : :´ : : :\         ∨:.:.ヽ    {:. / /
        !: : Y: : : : : : .:ハ       ヽ:.:.:.:.\   ∨:/
.       j7.:/: : : : : : .:>〉       \:.:. ハ   |7
      /´ :! : : : : ∠、:7          >: .:j   ゞミx:.、
.     /: :rt|: : : : :ハ ∨          /:.:/    \}
  rtzィ': : ゞソ: : : :/.ヲ           {:./      /′
  >ヘ: /: : : :>':/             ゞ、     /
./_:_:_:_:_:`:Z爪 |:./                \
` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ¨



     「私が発明した『星描きの水』の効果はすでになくなっており、

        歩くたびに、薄っすらと青い足跡が残る程度にしかなっていない」


      「だから、私は彼女の足音だけを頼りに、ゆっくりと歩いた」




.

223 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:05:40 ID:kKfU5WXU


    「私は、途中で沈黙を破り、キツツキに話しかけてみた」



            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `   俺が言うのもアレだが…
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }        そのうち、誰かと一緒になったほうが良いと思うぞ。
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―




                .-― ― - .
              .´          ヽ
            /             \
        rfTヲ                ィr乞ヘ__
     /二7ゞン                弋乏ゾ。∧
    ./メ,//゚ |  /                | \ヽ∧
    i/ /。/  .{:  l:.       }:.         ∨。\\
    〃/!/!   l!:   {::. |   ト、  l! .l|     \メ,|\\
.   〃/   {   lⅣ≠ミx:l   /チヾ_ノ_lリ       \!  ヽ \
  〃/    Ⅵ从<¨ {テヾゝ、ノ`7{(f卮})        \  \ ヽ _     確かにそうだろうけど…
. 〃/     |  ヾ. 弋ソ     VゞミY/ ./   ヽ.   \  `…  -
 ムイ__    .| ヽ ヘ          `¨¨7 /      \   \
 ` ̄7/     !  ゝヘ     、  /(( 、    丶  丶   `  、       自分の恋愛となるとイメージがわかないの。
   //    |     _{≧、  ー    X `ー    ゝ   ` ー -
.  //       ゙    {=z二x..   ィ≦{ ̄7 \   \ _
  ゞヽ     ヽ 丶\: ヽ: `y~^7ー'’: /:.   ヽ
. __\\_    Y   _〉 : : / : : /: : : : : { ::...       ` ー -
 {ヽ_: ヽ ヽ: `ー―!  λ: : :ー: :=: = : : ノ`: ー―~ー一冖'¨¨ヽ、
 ヘ: : : ノノノ : 二ニ=! / : : : _r‐z-、: : : : : : : : : : : :-―:/ ̄ ̄ハ
  }//}: : : : : : : ゝヽ: : : : }/>-、:.:゙ヲ_: : : : : : : : : : : : :} : : : : : / 二ニ=
. // : : ゝ_:_:_:二ニ \\ : 〉:./{勾ヽリ人: : : :二ニ=一’: : : : : {:.
´/!: : : : : : : : : `ヽ: :/ \\`ヽlx:.:ンイ'": : : : : : : / : : : : : : : : ハ::...




      「出来ることなら、彼女もまた生涯の伴侶を見つけるほうが良いと私は思っている」

    「だが、彼女自身はそこまで考えていないようで、私の言葉に戸惑っていた」




.

224 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:05:51 ID:kKfU5WXU


     「私は、キツツキの足音の合間をぬって、言葉を投げかける」



        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ     恋人が出来たら、したいことはないのか?
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |





                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
         〃/l    ヽ、  l| _ ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
        .〃/ l! l  i l| `ヽ、i! "⌒i!  |l ||l  / l/  ハ    丶\
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll≧x i|〒士ナナノノ从ハ  ハ     〉 }
      〃/  ヘ l! l! 云=弌l ヽメ、{::[、Yリj,ィ^h.、l:::|  ハ.   //
      {L{..__ l| ヾレ仆从 弋:l!ノ   ヾト-rァl } } | 〉:::l  '  . , '/     うー…ん。
      `¬7メ、/    |ヘ´ ̄`  、  `ー.ノ  '∧:::i!    ∨/
          }ハ 、 〃T:.、   _ _  / __ ,.ノ::::l|   y ∧       特には…あ。
          ノノ }i! l|:::::i::::,ゝ、 ` ´ / / _ /::::::::::il   { {ハ
        / ∠⊥⊥::::i!::!ゞ≒く`Y´レ' ,r‐'´ハ_ノ´ ̄ 丶、 ≧ニニミ 、
       / /: : : : : : `ヽ、j|_:__ノ^ヽy' ̄´ : :/ハ: : : : r ‐ 、__ヽ、 ハ ) )
      // ハ _ _ ; : : : : : : : :.{f y ′ : : : /: : }ー ´: : : : : :`ー 、 / /
    /〃,'  {: : : し~ 、 _ : : : : : ∨ : : : : : :/ : : |: : : : : : : : : : : :_:// /
    `≒=、 ハ : : : : : : : ヽ: : : : : :/: : : : : : / : : ::l'⌒ー 、 /⌒ン { {_
    / . \\ヘ : : : : : : : `⌒ー/: : : : : :./ : : : :l!: : : : : : : : : /   ≒ 、`ヽ



     「その言葉はキツツキに無事、届き、彼女はもう一度、言葉を口にした」




.

225 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:06:07 ID:kKfU5WXU



    「彼女が一つだけ望んだこと」


                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!      ん?
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |





                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
         〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
        .〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 }     手紙…が欲しいかな。
      〃/  ヘ l! l!  云=ミl ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //
      {L{..__ l| ヾレ仆从 弋:l! }` V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
      `¬7メ、/    |ヘ ´ ̄`  ,    `ーイj/ l|     .∨/       思いの篭った手紙は憧れちゃうかも。
          }ハ 、 〃T 、   _  ,    / i l|      y ∧
          ノノ }i! l|  i ,ゝ、       ィ>、_l l|     { {ハ
        / ∠⊥⊥ i!く_   ` ≒Y r、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
       / /      `ヽ、_ノ`ー'',ヘ^、 ヽヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
      // ハ _ _ ,        { ハ .| | | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
    /〃,'  {  し~ 、 _     .〈 l .l `v′ヽ、∨       ノ   / / /
    `≒=、 ハ      ヽ     |.ヽヽ     }    ,r~´   / { {_
    / . \\ヘ      `⌒ー 、人    |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ



              「それが、手紙だった」




.

226 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:06:38 ID:kKfU5WXU



   「どうやら、先生に届けた手紙が印象深く残っているのだろう」



                             _
                , r ‐ -r '´  ̄ ヽ<匀ヾ ヽ
           /~〈匀}Y´ ̄         ゞ-ノ三ニ==- -ゥ
      _-==ニ三フ            ヾ 彡 ≦ミ三≧ヘ、
     /:::::/:;ィ7/    ′     、   丶  ト、 ヘ  ` ̄´
      ̄フ::/ l ",  /  ,,  i    l   }  l|  ヾ ヽl\ ヽ      この間、先生が奥さんから手紙を貰ってたの。
      //  ,' ./ /  l|  l   !   l!  !  }  i! 丶\
      "  ./ /! l|   l!  |! "⌒)-チ‐|!- リ   l   |   \ヽ     先生はそれを見て、大喜びだったのね。
          / /ヘ リハ  T〒ミx `メr≠ニミl'   l!  l|    ヽ\
        ./ /  ∨ ト、 K弐ヾ、\j{〈{匂イ}j   l|  l!     \丶    それがちょっぴり、羨ましかったから…
       / /   Ⅵヾ∧ゝ__リ    `辷ソイ'   }  i|       } |
      ./ /     ゞⅦハ  ′   、_){   /:.  l|      ムィ
     / /     リ  l ヽ  ``    /  /:.:i:.  !    / /
      / /     / , ク '  l:.:._>- r ≦/  /:.:.:l::. 八_.  / /
     イ ,'      /r' ム-久l:r、Y⌒Y^lノ  ,ハL:.」_;水´{ ∠ く_
   ム l{     // ' ,ィく ヽV /}泌r/  /: : :イ: :_:_:ヘ:》  `ー ニ、-、
   {  ヘ.     /,ト、'xヘヽ ヘ 八弐    /_:_:_:ノ⌒´ : : : }      //
   ヽ  ゝ、_ / |:i:ヘ ´ュ-、 オ: /:.リ   ム: :-: :、: : : : : :リ     〃
    `ー 、/ ハ: : }_/l : ' : : : |: :{  /´: : : : : :`メ、 :_: :l|     //
       {  イ {: :∧人:':_:_: ;ィ :∧/ : : : : : : : : : : : : 了     //
      ハ i  /: : : |: :ハ: : : :l| : :K; : : : : : : : : : : : : :/    //






            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `     ふむ…
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }      手紙…か。
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―


      「キツツキの理想は、幼いものだと私は思ってしまう」

          「だが、同時に少しだけ、悪くないと思ってしまった」

              「誰かに手紙をもらえたら、それはそれで悪くないだろう、と」




.

227 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:06:52 ID:kKfU5WXU



    「だから、私はキツツキに妙なことを言ったのだと思う」



                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `   なら、お前が誰とも一緒になれなくて…
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i      寂しい生活を送っているなら、俺が手紙を書いてやろう。
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(          クドクドと説教を書いた、長い手紙を、な。
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \






          .-― ,. - ―- 、
   ___rf:!z, ´          `yf:!勾、
 ≦三才ゞイ             弋乏ソ三三≫
 ≪二ll二》  /  ′  } ヽ   ' 彡V\\
. ////./ /   {   |  |   ',   \|\ヽ       ふふっ…
/ /  " | !  ! .:| .:ト、  ハ:. |:. }  |   |  ヽ\
 ′  l l .:十士十 `メ十士十 リ   |   \ヽ     発明屋さんが手紙って…
/    八N从テ─ゝノ∨《く刋:7Ⅳ   .|    \\
    /  .:∧ ィ=ミ  ヾゝレ::/ノハ     |      \\      想像つかない!
.   /  .:  ハ    ′  `¨メ辷ソ   .|       \\
  /  .:  / .:ゝ、  マフ   /::i::::::.   八        ムイ
. /  .:  / .: .:∠> .._  ィ7不>:::::..    \     //
 ′r―-、 .: .:入≒z、≦丕一'7::::::::::.._ -――z、   //
/ r{ ̄: : : :` ̄ ̄` 不Y¨ ̄’: : ̄` ̄: : : :_:_:√}\. //
 { ゝ、:_:_: : : : : : : :f{泌} : : : : : : :_:_:_: : :/: : : : :7 /X
. ハ: : :`ーv_:_:_: ;ィ´ ̄く: : : : : /: : ` ̄ : : : : : / // ハ
 .:}=-/⌒>、_: ゝ <⌒)ー''": : : : : : : : : : : : /  { ゝ l


          「彼女は私の言葉を冗談だと思って、笑っていた」



.

228 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:07:05 ID:kKfU5WXU


    「だが、そうだ」

      「いつか、キツツキも誰かと共に生きるときが来る」



        、─‐─、}ヽ}:\/、__          - へv'::(:::}='
          ̄ `>ヘ::::V                 \::ノ─'^二二>
        ,-─'  斗^    /    l    |. | !     \丶ニニニ=-
        ´ ̄7≦7/ ′/ l!  !  |  __ l! l |i l  !   ハ\`\ー- 、
         /^< /  } l 斗ォ十=ハ ゙⌒i}八十=ト i|   }:... V>' ̄ヽ\
       //´ /.  l l |八l ハ l リ j/}L_}ノヽノ'Ⅵ   l:... |     \\    でも、期待してるね。
       / /    }∧ |从 .|ィf゚た圷   {(゙ヤタ外八!   八:... |      \\
        / /     / .:} }/八} 弋zツ    ゞヒニヅノ | /::..丶 |        \\
.       / /    /   V:. ノ人        ,     ゚̄}! /':. |::....  |          \ヽ   寂しいときは、手紙を待つから。
     / /    /  ..::/ .:/へ              ノ'f^j:. |:..l:.. 八          ) }
     / /    ノ  ...::/ .:/::.. 丶    ` ´   / :.l:. |:..l:....  ヽ          / /
.    / /  /   ..::/ .:/::..  r=F^>     イY孑、|:. |:人::.....  \      / /
   / / /   ...::/   .:/:..   >iゝー‐、_r=七彡v /:.ノ: ノ:.:.:.:\::.....  \.     / /
  / //  ..::/  >─ ─≦--、 \  }ー7 / /L_}:. {  >─ 、::.....   \  / /
  //  ...::/ r─': : : : : : : : : : : >--┴ォ./_ : : : \_V: : : : r‐\:......   V /
  ´  ...::/   ∧: : : : : : : : : : : : : : :y'^ヽ-──ーァ: : : : : : : : : : }: く_:.......  / /
   ...:/    ノヽ-'⌒ヽ: : : : : : : r'ー   \ ニニつ、: : :>--'´: Y: :.}:....... / /∧
  ..::/    {: : : : : : : : : }: : :._:ノ二   i ̄`ヽ、 ⊆_´: : /: : : : : : : : /:....... / /  }
      ...::/l}: : : : _: : : `ー7´: : ∧ }    ∧>‐`ノ: : : : : : : : 〈::...... / /.   |
    ...::/ __∧__/´: : : `V: :/: : : : : }Y─ ': : : V: : : : : : : : : : : : : 〉::..〈 (    |
   ..://:.://:.}: : : : : : :l/: : : : : : / ∧: : : : : : :V: :/: :⌒ヽ: : : : /::.... \ヽ  |
  ..://:.:/ /:.:.|: : : : :/: : : : : : : :/ / ∧: : : : : : :∨: : : : : /}:下:.\::.....  〉)  |





       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ       あぁ。
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \    まぁ、俺が覚えていたらだけどな。
          !  ',       !            ル|  |  \
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |



         「私は、そのときまででも良いから、一緒に居たかったのだ」


           「だから、このようなことを口にしてしまったのだろう」



.

229 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:07:17 ID:kKfU5WXU


     「やがて、ガス燈がちらほらと輝く大通りに出ると、

        キツツキの姿がぼんやりと、視界に現れるようになった」



                       __  __
               __   -ァ  ̄辷リ≧<
             _辷リ          \ 、
           <≠ 7          ハ\ヽ
           ∠>/   | | 、 |l l |圦  〉 >
              勹 孑十ァ \仄ミ灯 / .X/
         /  /  .ハ !| 弋ツ  弋z戎ハ /丶      少し、寒くなってきたね…。
        /  /    从人   '   ハノ-ミ ヽ
       /  /           r≧ァ゚r≦f´r-=イ.|
      , '   /      _ /: : fY´: : :.ノ: : : : : ::ノ
    /   (       (: ://: : : :_薔斗く: : : : :.:.:.:〈 |
.   /      ̄)    圦ムイ ̄)  ノ:.:|: : : ::/Yヘi
         /      >: : :/Y⌒: : :/: : : :/iル' |
. /     /         ヤ/{ : :{ : : : /: :.:.:./!    |
.,     /           /iハl >:.:.`ヽ/: : : :/:.:!     |
    (            (  /: : : : /: : :/: : :ゝ    |
|     丶        ) ヾ: : : :/: : :/r ヤY人_   |
|       )       / ./⌒/: : :/: : : : : : : : : ̄ミ : .
       /        X: : : ./: : : :./: : : : : : : : : : : : : : : .:..
|       /       /: :.)rfi: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
|           /: : : : : ゝ!:.:/:./: : (⌒之___/⌒i: : : : : : : :l
|             {.: : : :.:.:.:.:.|: :.:/⌒ヽ: : rく     ゝrfて: : :'
|            l: : : : : : :.:|//: : : : : :./_)    |:.:乂: : {
レヘルイメノwルト、ハ冫 : : : : : : :.:.l: : : : : :.( |       |: : :气_≫
           (: : : : : : : : : : 、__父__ノ ..| ............. |: : :(
           ノ_: : :( : : : : : :.:∧::::::::::::::::::!:::::::::::::::|r-′
             ̄ ⌒廴爻⌒ヘ ::::::::::::::l::::::::::::: |
                     ヘ::::::::::::::!:::::::::::: |


        「彼女の言うとおり、薄暗い灯りのせいもあり、少しだけ寒く感じる」



.

231 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:07:46 ID:kKfU5WXU



    「些細な会話とはいえ、少しばかり熱中していたのだろう」


       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ    確かに、少し冷えてきたな。
          Yヘ.   l      ミ^レ′
         Ⅵ, 〈     ミソ
          ‘, _   /
             ‘,, ̄,, ,.イ |
             `r― '゙  |
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \
         -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
  ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
 〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |        ヽ
 |         /  ::.: : : : : : : : : :.:|   |         i
 | ‘,     /  ,: : : : : : : : : : ::|_, -┘         |
 |  Ⅵ  _フ  ’: : : : : : : : : : :.:.|\       | ,    |
 |   |  「   ’: : : : : : : : : : : : :|  \ ┃ V'      |
 ト   |  |   ’: : : : : : : : : : : : ::|  / ‐╂ l|       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  ,     |       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  i     |       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  |      |       |
 |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  |      |       |


    「私はキツツキの一言で、現実に戻されたような気がしていた」



.

232 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:08:07 ID:kKfU5WXU



   「私の目の前には、薄明かりの下、空を見上げる少女が居る」



            /!_/!_
           ´  ̄ ~`《必)}→
       /  / .′  ゞ=<ニ≫
        !.! lハ从 / / l| |  |
      从ノ{薔7} /l l| |  |
.        | _ フ/ ./|:| l| |  |
         -ィ/ ム斗-z |  |
         _(//~'⌒ヽ} |  |
.      /7ハ ): : : : : : .:ハ:!   、
       _(fくソK: : : : : :_:,:ノヽ   \
    rく{: :ヽ:.:.| トミ: rイ/l ll\\   \
   (、. .! : : ヽ!ノ: .:/: :.{: l l|  \\   \
    })ーヽ: : : : : :/: : :.ゝ、!    \\   \
    \: :_`ー-イし~ーz\     \\   \
      )/(⌒`~´: :~ ̄`:ヽニ二ミ:.、 ヽ\  \
    〃r'’: : : : : : : : : : : :.\: : : ヾ\/ /ヽ   \
     {」7 : : : : : : : : : : : : : : : \: : :∨/:\ \   \
    /~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \/〈 ヽ:::::::}  ヽ    \
   (l_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ ヽ ):::/    \    ヽ
.   〈ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,、\      ‘,   丶
    〉.}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',{::\ヽ       )\    \
.   〈.《: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }|::::| \\  /  ヽ    )
    ( ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!|::::ゝ, \\'   .:ハ  /
.    しく:.: : : : : : : : :、: : : : : : : : : : :ノ: : ゞミ:::::\  > >  .:/://
    >‐へ;_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,: :.、\::::X/l   〈:/ ゝ,
.   (⌒ヽ、 `ヽ/: : : : : : : : ;_: : : : : : : : :、/rく/ヾハ |   \ー >
    ~しへ>~廴r~'⌒ヽ{. . ̄廴r~zイノ〃\ ヾ:!ー- ニ{
       `ーく: :{: :z{⌒ーく ̄´`7: :/⌒// / ヽ  >:、   ) )
             |:.|: : :|ヽ   ) ) (: :.{   { し’  //ヽ:::\
           |:.|: : :|∧ くく  ゞミx  ヽヽ  ゝ  }::::::::)
.            |:.i: : :|.:∧ ヽ\   )::)  )ノ       !:::::/
              |:.l: : :!: :∧  `' ,〉 {::/ /′      }::ノ
             |:.|: :.:|、: :∧ /  ヾ\        /:/
            |:.!: : | ヽ彡ヽ     ` \     {:(
           |:|: : :! /: : :,ィ}       ):)    ヾ\
          ノノミ:.:ハ: : :/ `´     、_/´     ー ==、、
          /´: :,ィ:/‐ ´                   )j
          ̄ ̄ ¨



       「まるで、何かを探すような真剣な眼差しで、空を見る少女がいる」



.

233 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:08:20 ID:kKfU5WXU



    「私は、しばらくしてから、彼女に声をかけた」


        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ    …どうかしたのか?
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |




             _ _
            |ヽ._ v、,、,、        ,、r、   _
          __ \ l:::V::.j _ ___  j::::::| /Ll
       < >─ _`,. -_ゝ-'      `    ` v_!/_∠_
         ' ̄r /:/、、              ヽ‐‐<>
       // /l/  ゛ミ、            彡 ヽ ̄ヽ\
      //   / ハ     ゙             ヘ   ヽ `ー 、      発明屋さん。
      / /     レ' | | !                  ハ   `ー 、 \
      / /      i! ,' /                 |     /  ノ
     ゞ >       レヘ                  |    / /     なんで、小説では…
   < く         |            ',     ハ    { く
     \\.  r‐ ‐ '⌒`ハ/  l      .    ',      ヘ   \ヽ      「昼と夜の間」を、女は求めてたのかな?
      \ヽ ト、: : : : : ::|   l     ::   ',      ∧   \\
        ) }| : { : : : : |    i       :::   ',        ハ    //
       / / ,|: :` ‐^ー'|   !       ::::.   ',       ヘ. //
      <三>: : : : :::|    l|      :::::.   ',       i ヽ \ _
      | | /llト 、: : : ::|   ハ      :::::.    ,       l ヽ- _ `、
      |./|l/: : `才´|   |: i!       ::::::.             |    ヽ ヽ
     /: : :´ : / ヽ|     |: :|       :::::::.          i!    \ヽ



       「彼女はまた考え事をしていたのだろう」

             「先生の奥さんの小説のことを、彼女はまた、私に話しかけてきた」



.

234 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:08:34 ID:kKfU5WXU



   「私はキツツキが何を考えていたのか分からずに、当たり障りのないことを口にする」

       「作中で、『女』はなぜ『夜と昼の間』を求めたのか」


                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!      一度、見てみたかったからじゃないのか?
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |
              }      //      i    :|   `i  !





 /ヽ/メ|\ミ===/    ` ̄         \
.//=彡|ノ:!                   ミヽ
′/ ∧:::|                   ー =
イ  /: ∨   /       / l  ′    ヽ   ‘
/  :/::    /       .:′|  :|       '.    '.
  .:′     ′      :|  |  :|  |   |  }
        {!   :l:」 __i :|  |  :|  |   | .: |
       .:|   .:| |  i :「 iト、 :|  l '⌒Yヽ! |    :}
      :八 :! .:l寸芋ミ、八 :|  |   ノ| :! |
  /   :/ :|:.ゝト从 ゚f ri;/:ド、 ヽ{\{ (‐_」__j :!   ,′      私もそう思ってたんだけど…
 :/   :/ : :|: l :!   乂/ソ      Y7;r~L从  /
.:/   :/ : :/|: l :!     ´¨¨`      {:.V⌒フ:ァ
:′ .:/ : :/ :|レ从           〉 }:.乂彡′イ       なんだか、少しだけ気になって。
 ..:/ : :/ : :|、::::.           └y′!   :|
:/ : : :/⌒f({ヽrヘ:.      - 、  (_,ノ  |  :|
: : : : :/:>イ⌒ヽ. . .):..      `   ィ |  :|  :|
: : : :// : : :ヽ: くr~ァ>ヘr~<}: : :! |  :|  :|
: : :/ :`>=ミ:\ヽ:廴;_. . ({/./: : .:! |  :|  :|
 ̄ ̄: : :ヽ\: : :\: : .:ヽ./⌒フ:: : : :! |  :|  :|
: : : : :`ヽ: : : `: : : : : : : :ゝ<¨フ: : : :! |  :|  :|
: : : : : : : : : : : : : : : : ̄`ヽ)-く}:_:_;. .:! |  :|  :|
:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:{.Yフf¨7-…┴‐ ミ   :


         「その理由が気になるのだと、キツツキは言う」




.

235 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:08:53 ID:kKfU5WXU



    「しかし、私にはキツツキが言おうとしていたことは分からなかった」

       「きっと、私はこういったことに疎いのだと思う」


           rtz   -―z         ゞソ
           トミソ/               ー=彡∧二≧
       ≪二i≧ミ=            \  |:l:|\\
       ∠Y/7               ヽ |:l:|  \\
        //  /   !       | |     l:ハ ∨   \
.     //   .′  |    _| .:|  l |   | |
      /    |   .|    {f^)} .:|:. .:!从  l! !
   / /      .l    !\:. \l|7 >‐十士| /| |           他にも、理由があったんじゃって思うの。
.  / /       !   l├-ミ:..  l|lf::::rくトミィ、/レ}从
 / /       |从从ト{テミ、:. l| \ヽ_Y,./ノl/ /     /      根拠はないんだけれど…
./    ̄ ‐ 、     | .:∧弋ツ ヽl!   ヾ==く7 ∧:..    / /
. ̄ ̄ ̄ ̄ヽ\   | /.:ハ    、     、_ノ| l ヽ:.  / /
       } /  l'.:/ ヽ   -_-     __| |:..   / ム
        //   ′_  >      (: : : | |∧    ̄¨
        〃  / /: : : ̄ ̄:.ヽ⌒V⌒ヽ: :.| l:./ヽ
     /´   /  {_ : : : : : _:_V7)_r~’ ∧ 丶_,\
    /    /  / : : ): : : : /く:>イィ:)7: : / : ヽ.___
. //    /   {: : :.(: : : : :.`ヽYイリ'一: : : : : : : : : : : :
./ /  /    .:ヽ: : :`ーz_r~ミ辷}: 、: : : : :{: : : : : : : :\
{ 〈 /     .:/ .:〉: : /:./: : : :.Vヽ:_\:. : : :ヽ: :\: : : : : :




            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ      ふむ。
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }       別の理由、か。
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―



        「私は発明などをしているくせに、謎は謎で愛しくなる性質なのだろう」



.

236 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:10:17 ID:kKfU5WXU



     「キツツキは、相も変わらず、メッセージを読み解こうとする」



                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
         〃/l    ヽ、  l| _ ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
        .〃/ l! l  i l| `ヽ、i! "⌒i!  |l ||l  / l/  ハ    丶\
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll≧x i|〒士ナナノノ从ハ  ハ     〉 }    先生には、ちゃんと伝わってるのかな…
      〃/  ヘ l! l! 云=弌l ヽメ、{::[、Yリj,ィ^h.、l:::|  ハ.   //
      {L{..__ l| ヾレ仆从 弋:l!ノ   ヾト-rァl } } | 〉:::l  '  . , '/
      `¬7メ、/    |ヘ´ ̄`  、  `ー.ノ  '∧:::i!    ∨/
          }ハ 、 〃T:.、   _ _  / __ ,.ノ::::l|   y ∧
          ノノ }i! l|:::::i::::,ゝ、 ` ´ / / _ /::::::::::il   { {ハ
        / ∠⊥⊥::::i!::!ゞ≒く`Y´レ' ,r‐'´ハ_ノ´ ̄ 丶、 ≧ニニミ 、
       / /: : : : : : `ヽ、j|_:__ノ^ヽy' ̄´ : :/ハ: : : : r ‐ 、__ヽ、 ハ ) )
      // ハ _ _ ; : : : : : : : :.{f y ′ : : : /: : }ー ´: : : : : :`ー 、 / /
    /〃,'  {: : : し~ 、 _ : : : : : ∨ : : : : : :/ : : |: : : : : : : : : : : :_:// /
    `≒=、 ハ : : : : : : : ヽ: : : : : :/: : : : : : / : : ::l'⌒ー 、 /⌒ン { {_
    / . \\ヘ : : : : : : : `⌒ー/: : : : : :./ : : : :l!: : : : : : : : : /   ≒ 、`ヽ




                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `     伝わってるさ。
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '    二人だけに伝わればいいんだ。
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \


   「私はそのメッセージに蓋を閉めて、考えることをやめてしまう」



.

237 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:10:28 ID:kKfU5WXU



    「そのどちらが良いかなんて、どれだけ時が経っても分からないだろう」



   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ     全ての人が分かってしまうなら…
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′        それはそれで興ざめだろう?
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
         |:::\_`           ー '  /         さぁ、風邪を引く前に帰ろう。
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ




          _  --- 、/^ハ __
    ,、  , -‐ァ´    _ 二V∠ -<
__く`レ-      ̄ ̄ \´〈 トー-、-\
` ァ‐ィ^ー/    l    l   ヽ| | \ー- _
// ′ l      ! |  l    トj   `ト-二 ‐ 、
´  |  l   |__ |  ! | ||| |  :    |、  \\
  | ‐ト、_ l{⌒j}.: | l |_L.L!|: |  :   トヽ   >>
   |   !:ト、` 7ド、∠lAAA|ハリ     |ヽヽ//
   |!| l.士l土メ、|ハ{ }マ{リィjリj|′    ヽ |/,、く
   l小|小_迷j` ヽ ヽー'‐メ 小     / / ヽヽ
     |.バ´ 〈      ̄イ ト.| l |:.  / ハ| _l |
     ! .:ヽ、 -_‐  _/l |ィ! l l   {_‐ 二二二_ー 、     うん。
   / ,、_ノ_ノ>  _ j |!| |ノヽヽヽ:.    ヽ  || > >
.  / {_: : :  ̄ヽてソァj´ ヽ ヽイ \ ヽ:...    ヽ//
  / /´ノヽ、: :ryjァiヘ´{ / >ー--`---ァ―_ニ ヘ||       でも、気になるの…
//{: :{:.. ヽ ヽソ‐イj:._ : : : : : : : : : <<`ヽ.  ヽ
/ |: :ー{__ノス⌒ノ 、: : : : : \: : : : : 、 \\:\ ヽ
   ハ : : /{ rー{´  rヽ: : : : : :_ヽ: : : : : >j,\ヽ'  ハ
 / ノ: :/: :`〉: : : ̄: : :{__: :ノノ--- ⌒`´: : /ヽ\ i
/ //: : {: : : {{ _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /´イ  ト、
/ /: : : :l : : : :j `ヽ: : : : : : : : : .:.:...: : : : : : :/ /ヽ ヽ.  l ヽ、
  i : : ヽハ: : : :!_ノ : : : : : :...〈:.ヽ`_ニ_: :イ /:l  l .ヽ l ヽ、
  {: : : : : ` ー┴- 、: : : : :..:/}:. : /小: : :| / :|  l  i |
  >:- _: : : : : : :` ー-: :{_..:l: ://ハ:.ヽ!j  :!  |  l |
/: : :ヽ:ヽ 丁 ー―――ァ-ヽ{{ /.:..:.ト/ハ  | | | |
: : :...:..∧ .ヽ l .:..: :ヽ: : : :/ `ヽ、== イ ヽ   j!  | |
: :..:/ :ヽ ヽ .:.. : : \∧: : : : } ヽ.:..:..:.|       l!  | |


     「だから、と私は安易に考えてしまっていたのかもしれない」



.

238 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:10:42 ID:kKfU5WXU


        「私では気づけないこともあれば――


                            |
                        ||
                           | |
                       | |
                         |  |      /
                           |  |     /i
                       |   |   /  /
                          l  l  /  /
          `丶、 、          }  {. /  /
              `ヽ、` 、     .、 !  V ./
                     `丶.、`丶、_,ヾ    "',,
                   ` ヽ       `--―¬ ̄`¬― _ --―
      ―‐=ニニニ二二二二二ニ゙       、――---- ‐ ´ ̄
                    ´"' ;,    、ヾ``、`丶、
                     / ∧.  i     `丶、` 、
                        /  / l   l        ` 丶、
                    /  /  |   |
                    l ノ   |  |
                   /´    l  l
                         | |
                          |


              ――私だから気づけることもある」


        「その逆も、当然なのだろう」







                    つづく

239 名前: ◆gDQ5bE8qg2[sage] 投稿日:2012/05/05(土) 21:13:28 ID:kKfU5WXU
ということで、相変わらずわけが分からない話の第五話はここまで、です。
そして、>>230さんが言ってくださったように、妻は真紅でした。
(すでに予想してくださった方が多くいるかも…ですがw)

本編ではまだ出番はありませんが…。


では、ご閲覧、ありがとうございました!





第六話へ




スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 21:19:01|
  2. 三人が、夜の町を泳ぐようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫は欲望に囲まれて生きている 第93話 | ホーム | やらない夫のメタルサーガ げたーんゲッターさんその29>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/2753-38005b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。