俺用チラシの裏

気に入ったネタを無断でまとめる俺得なメモ帳。 of the 俺 by the 俺 for the 俺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やらない夫は約束を守るようです 序章 歌声は蒼月に満ちて

6 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:30:12 ID:34gdlyc+
序1.







       ┌────────────────────────┐
       │         ―序章 歌声は蒼月に満ちて―       │
       └────────────────────────┘







7 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:31:07 ID:34gdlyc+
序2.
シアード大陸の中央にある聖刻の地から見て、南東に位置するローゼン王国。
この国の北の国境付近に位置するマリアンデールは、国内でも中ぐらいの規模の町だ。




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::    /::ヽ
                   I員TTTTTTTTTTTI  _|_    ______   |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田
8 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:32:04 ID:34gdlyc+
序3.
今日の町は普段よりも活気に満ちていた。
いつもの数倍の露店が店先を並べ、昼間から酔っぱらいが往来を闊歩している。




                 /|    /                    /|   /
              ,/ || |   /                        ,/ || |  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |  | ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |   |   -┐    -┐             |  || |  |    し1
  こ  や  き     |,_,||_|   |   ニl  ̄ ニl  ̄   つ り   |,_,||_|  |     ノ
________|  ||   .|_____________|  ||.  |____
             ||   ||   ||   ||                 ||   ||   ||
    ∧ ∧    ||   ||   ||   ||                 ||   ||   ||
,__,_,  (゚Д゚ ,)     ||   ||   ||   ||       /⌒\    ||   ||   ||
__,|_| ⊂i y lつ   ||  / |   ||   ||   ♪~(´ー` )     .||   ||   || ΩΩΩ
. | |   | ̄''||     ||/   |   ||   ||      (__V__,)     ||   ||   || |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |   ||   ||____(__(| | ||______||__ ,.||   | ̄ ̄ ̄ ̄
                |  /  ...|| /∧ ∧ :;Q::OQOQ:;OQQ:||' |    |
                |/      /.:;::;(   ゚),::OQ::O::QOO;:/,||'     ∩_∩
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       | ̄ ̄/  づ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/     (´∀` )  ̄
        ●          ~(__)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       (    )
      ∧((∧               ∧_∧     '⌒⌒丶     /  人
     ( ・∀・)   ∧_∧       ∂ノノハヘヽ (从 从) ,l     (___人__)
     ( ヽy/,)  ( (´∀`)    (⌒ ) |ハ`∀´ノ  ゝ゚‐ ゚ ノソ
     ノ__/∞Lゝ   (  y ,)      ̄と「  y )   ( y  )
    /__|_|   人 , -,        T三三l    l三三」
            (_(__ノ         (__v)v)    (v(v__)


9 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:33:04 ID:34gdlyc+
序4.
それも当然だった。
一週間前にこの国の王女が即位し、それを祝った祭が国内全ての町で行われているのだ。



          ,...__
         イ::ゝ、r、`‐.-.-.-.‐ヘ‐-く:ヽィヽr、
          く´:::::::::::::ゝィゝ::::::::::::::::ヽミヽ:::::;;;;;;ヽニヽ_
           r':::::::;. '    `ヽィ;;;::::::::::ヽミヽ::;;;;;;〈―i 〉
         r'::::::/  ,.' /,.'   ゝ::::::::::::i|ミヽ;;;;;;ゝ〈〈      ┌───────────────────┐ 
.         ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ   │ ローゼン王国新女王:真紅=L=ローゼン ....│
         //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、  └───────────────────┘
.       〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ
          ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉
.       〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i
          ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |
       ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |
        ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |
       ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |
       il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|
.      Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',
      Ⅵミミミミ》`ミ二≧、メメヽ ミ〈二ニヽ 〉::::::;;;;ヘ ',',',',',','.,         ,.....    _
.        `ヽミミミハイ二彡' :::::: : ヽミ≧ミミヽ,:::::::;;;;;;;;`‐‐--イ》ヽ        ヽ::::ヽ-く;;ヽ
       r;;;;;;≧ム彡'´ゝ::: : ::;;; : : : :ヽヽイ》:: : : :;;;;; : : : : : : ゝミヽ       }:::{´  {;;メヽr..、
        ア;;;; ;;ム=ニ二ニ〉:: ;;;;;;; : : :::`ヽ〉: : : : : : ; ;: ;_:r'´アミミミヽ、   ,..ィ:::《ィヽ 》;;;;;;;;;r'彡二ム
        ゝ;;;; ;;イ:::::《,ィ´;; : : ;;_: :;; :_:_;; :; :; ; ;; ; ;; ;;,r': : : 〉ヽミミミ三三三ミ三三三三三三三彡彡〉
         ゝ;;;;;!: : ハ;;,イヽハ;r'::ヽィ: : :ヽィ`ヽノヽ/::::: : : ::ヽ、 `、ミ三三ミ三三三三三三,r'彡//
           ヽー'´ヽ: : : : : : : : : : : ;;;;; :ヽ、__ヽ:::: : : : : : :ヽイ: : : : : : : ;;;; ;;; : : : , イ彡/ノ/ _,r=‐、
           /: : : :::}: : : : : : : : : : : : : ::: ::: ::ヽ:::::: ヽ:::: : : : : r‐`- 、: : :;;; : : : : :, イ//,イ´,r≦三三ノヽ
          ,:: : : : ::}: ;; : : : : : ,,;;; ;;; : ;;;;; ;;; ;;; : :`::..、::ヽ::: : ,イ   `ヽヽ、: : :.:.,〃//'´,r'彡/〃ィ彡彡ノ
.            ,:: : : ::::メ.;; : ;; : : ,,;;; : : : : : ;;;; : ;;;;; : : : ;;;;,, ::`:..くノヽ、ヽ`ヽ〉〉〉::メノノノム彡/'´ヽ,r'´ノノ/
          イ;_;_;_::/ : : ;; : ;;;.. : : : : : : : ,;; ; ; ,;;;;;,, : : ;;;; ; : : : : : : :::´::. 、: ::,r'//////メメ´`ヽ,/彡''/
         イ   r' : : : : ;; : : : : : : : : :,,;;; ;; : ;;;;;;;;, : : :,,,, ,; : : : ;;; : : : : : : イ〃〃イ彡イ イ^^///
.          { 、 〈 : : : : : :.:.: : : : : : : : :;; : : : : ;;;;;;;,, : : : .::.: :: : : : : ;;;;;;;;;,, ; ; ヽ∠彡'´{ }///ハ
           | }、〉: : : : : : ;;; : : : : : : : : ;; : : : ;;;,;,;,;, : : : ::: :: : : : : : : ; ,;;;;;;;;,,, ; `:^:´::メ///::::::メ ,,,,r≦三三ヽ
.        /_ソ::: : :;;;;,, : : : : : : : : : : :;;; : : : : ;;;;;;;;;;;, : : :,;;;;;,;,;,; : : : : : : : ,,;;;;;;;;;;;,,;;:::// /〃::メニ彡彡三三,イ〃〉 ,r≦
10 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:34:04 ID:34gdlyc+
序5.
七日続いた祭も今日が最終日とあって、騒ぎは一層大きなものになっている。
そんな浮かれた空気の中、誰とも視線を合わせないように俯きながら街路の隅を歩く少年が居た。



  |         |  |      ________________________________________________
  |         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|     「今夜は寝かさないぜ!」
  |  /  /  |文|/ // /
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         Λ_Λ
/|\/  / /  |/ /           (___)
/|    / /  /ヽ            /〔 祭 〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l            `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   Λ_Λ     / /(_)ドドドド
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    Λ_Λ
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 祭 〕            , -―- 、
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|            l:::::    l
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ           |::::::::::  |
/         ダダダダ             ドドドドド _)            ヽ   .ノ
                                                /   .ヽ
                                               ( |   | |
                                                ゝl  |' コツ…
                                                 `.|_)  コツ…



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    (今日はさっさと宿に入るか。
     |      (__人)    ローゼンを出るのは明日で良いだろ………)
     |        ⌒ノ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、 コツ…
     .|     ij ,ノ   コツ…




せめて祭が終わるまでは、と呟いた少年は、年の頃なら十七、八歳ぐらい。

11 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:35:04 ID:34gdlyc+
序6.

                   / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \
                 (●)(● )  │
          ┌ z=、._.__゙(__人__)    │───────────────、
      ___,-、|rk.| |  |\‐- |        │ _______________\
┬┬┬「!.}.}ノhコ }| |―|―― ヽ        } =」" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
 ̄ ̄ ̄Tフ-ハノト〈| |__⊥ --,‐ ヽ     ノ H}  `ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     }ニニ! ゙―゙‐'    ノ _,/::/ _/::::{. [j}    `ヽ
     ヘニニヘ、   _,、/  ┏━┬━━┓     "┬ 、   >、__
      }j、-} h-r'ハ:::ヽ ┏   ┃    ┓ ノ   >'":::;ィ‐::ヽ
       |::}::}.:.l.:l.:.ハ:::  ┃   ┃    ┃ ヽ人_ノ::/〃.:..:..:.|
       Lj::j.:.l.:l.:..:.}:::: ┃l::::l ╋`l ̄´::┃{:::::::/..: 〃.:.:..:..:.;}




背中の両手剣と身につけている白銀の板金鎧は彼の年齢には似合わない立派な代物で、
見る者が見れば魔法の力を持った装備だと一目で見抜くだろう。
剣と鎧の間に挟まる形の、濃い青のマントが時折吹き抜ける南風に煽られていた。

12 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:36:04 ID:34gdlyc+
序7.
物憂げな視線を巡らせ、通りの隅に建っている「綺麗な沼」と言う酒場兼宿屋に目をつけた彼は
よく分からない店名に首を傾げながらも入り口を開けてみる。



   /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|      「一泊したいんだけど、空き部屋あるかい?」
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||



             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\    「当宿屋は誰でもウェルカム。
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ   空き部屋もちょうどありますよ」
          i / 〃,イ|   | |_L| l l
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/


13 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:37:04 ID:34gdlyc+
序8.

           / ̄ ̄\
      rヽ  / ノ  \ \
      i !  |  (●)(●) |   「じゃあ一人一泊。部屋はどんなんでも良い」
   r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
  〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
  l` ( ``/ .  |        }
  ヽ   l  .  ヽ       }
   |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                    /  ̄ ヽ〆 ̄ニ=
                                   /    ,.ィm、  ヽ
                                  l     l゛  |    ',
       「毎度ありがとうございます。            |    リ`ヽ ,ゝト、 |
                                    |  /!なラ  なラ|ノ
        しかしお客様は運が良い!             ノ  イl    ,`> |
        今夜、当酒場にあの吟遊詩人        1   `|ヾ三三三フ|.
        ミクが来るのですよ」        .     /     ト、  =  ,.!_
                            ----―'―'´|  |. `' 、__、イ≡`''- 、
                            ≡≡≡≡≡.l  |    / l ≡≡≡`''- 、
                            ≡≡,r―っ≡|レリ\ / | ≡≡≡≡≡ r- 、
                             //二つ、 |  /ヽ |≡≡≡≡⊂ニ、'ヽ \
                            / / /二二) |/ 〉8〈ヽ| ≡≡≡⊂ニ、'ヽ ヽ .l




こちらにご記帳くださいと差し出された宿帳に名前を書きつつ、そいつは面白そうだと頷く少年。
と、ちょうどサインを終えるのと同時に酒場の扉を開けて誰かが入ってきた。

14 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:38:04 ID:34gdlyc+
序9.
              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   「ただいま戻りました」
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

                                                _   , -─- 、
                                              / ニ `′二_`ヽ.\
                                             / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
                                            / / , l f'``"" | ト  l l |
                       「お帰りなさいませ。         ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
                        仕事の調子はどうしでした?」  | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
                                           . | /l''==a= , =a==''|r、!
                                             |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
                                           .  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
                                             l l.ト、   __   イ l |
                                           -‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
                                           ::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
                                           :::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
                                           ::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::




入ってきた少女に笑顔を向けた主人は、返された宿帳を受け取ると目も通さずにカウンターに放り出した。
元々何人が何泊したかを確認するためだけのもので、身元を確かめるために書いている訳ではない。
主人にとっては締日に数さえ数えられれば誰が泊まろうとも関係ないのだ。

15 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:39:04 ID:34gdlyc+
序10.
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|     「これが鍵です。
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |     お部屋は二階の一番奥、
. | /l''==a= , =a==''|r、!     廊下の突き当たりの右です」
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::                                     / ̄ ̄ ̄\
                                                    /         \
                                                   ./          ヽ
                                                   .l           l
                                                    l             l
                                                    .l           l
                                                    ヽ          l
                                                      ヽ         l
                                  「分かった、ありがとう」       .)     __,,../
                                                     /===、_〈
                                                    /       \
                                                  /            ヽ
                                                  .i       、    . l
                                                 .l i         l     l
                                                 l .l        l     l
                                                 l l       . l     l
                                                 l l       . l    l
                                                 l .l       、   .ヽ
                                                 ヽ .l       ヽ   ヽ
                                                  ヾ、__  ___ヽ_, ')
                                                   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
                                                   l   l   l  l   l


 <今日で祭も終わりですね。また新しい仕事場を探さないと………
 <占い師なんてどこでも商売出来ると思いますが………



鍵を受け取って階段を上がる少年の耳に、主人と少女の会話が届いてくる。

16 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:40:05 ID:34gdlyc+
序11.

 <それより今日ここに、ミクが来るんでしょう?カード通り今日はツいているみたいです………


      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |    (ミク………
     |       |
      ヽ      /      ミク=初音か?聞いたことあるな)
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))




階段を上がりきり、廊下を進むと次第に声が遠くなった。
無言の彼はあてがわれた部屋に入ると素早く装備を外し、そのままベッドに横になってしまう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
17 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:41:04 ID:34gdlyc+
序12.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)      「親父さん、何か食事を頼むよ」
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´




一眠りした彼は、日が落ちたあたりで夕食にしようと一階に下りてきた。
注文してから見回してみれば、混み合う酒場にはすでに詩人が到着しており、壇上でリュートの弦を
調律している。




       ,.‐: : ´  ̄ `\_            __
.     /: :,.=>.: : : :.i : : ハ        <    /
    / : : ハ¨r=《/ ノト| ,ハ. |         )X/
    ,′: f ∨rj|イ'てリjイ |!ノ       //
    ,′: : !f⌒ヾ.|..ト、 -ィレ/'      //
   .: : : :.||  i ∨\「〈|: :\   rっ./         ポロン♪
  ,′: : :.:||─┤ |/|:| ノハ; : :ヽ/ fjツ           ポロン♪
  ,′: : : : !i  !  .|:|.| '(厶/ / ‐x、
 ,:.: : : : : :.|li  !  j !// /|: : : : : :\          キュイーン♪
./: : : : : : :.l弋、 \_/ <\  |\ : : : : : \
: : : : : : :.:.,′||ハ.  \  \> /  ),: : : : : : :ヘ.
: : : : : : :..′./∧   /ュ.   /`ーx.ハ: : : : : : :∧
: : : : :. :,'../   ‘ーツー'゙  / ,/≧x.}: : : : : : : :.}
: : : : :.:.「 ̄厂 ̄ ̄`|    /<,,厂 ̄ \: : : : : ; ’
: : : : :.:.|  ∨7ニ=-=j    /   \.    \:./
: : : : :.:.|.   ∨,.-‐- |.   /   ,x≦ ヽ     ヽ.
18 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:42:04 ID:34gdlyc+
序13.
少し出遅れたか、殆ど満席のテーブルの、たまたま空いている席に歩み寄って向かいの少女に声をかけた。




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     「すまない、相席してもいいか?」
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


                                           _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
                                           /        |   `ヽ、
                                         /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
                                         | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |
                                         |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj
                       「はい、良いですよ」     〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉
                                         V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
                                           j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |
                                           | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |
                                          ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |
                                         / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |




確か記帳している時に入ってきた娘である。
占い師と言うからには占いに使うのだろう、一瞬だけ少年に視線を向けた彼女はタロットカードを
奇妙な形に並べては熱心にそれを見つめている。
20 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:43:07 ID:34gdlyc+
序14.
近辺の国ではそこそこ名の知られている吟遊詩人、ミク=初音の名を聞きつけたか、
酒場の中はすでに立ち見の客でも一杯になっていた。




 _____________________________
      |  .         ||     綺麗な沼      .||          |
      |  二二二二二二||__________||二二二二..二..|
      |  ┏━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┓ |
      |  ┃        ┃        ┃        ┃        ┃ |
      |  ┃        ┃,、, -‐‐ 、,、         ┃        ┃ |
      |  ┃        r'ー》'´`⌒ヾ‐》,         ┃        ┃ |
      |  ┃O       i  iミ ノ リハリ i         ┃       O┃ |
      |  ┃        ! i゙瓦I゚ ヮ゚ノ! |i|      ┃        ┃ |
      |  ┃        !l! ! f]つリ{つ[]i         ┃        ┃ |
      |  ┗━━━━ノリ | く/_|,〉i ┴━━━━┻━━━━┛ |
  __|/        ゞノ  じ'ノ ル'ノ_                 \| _
 _________∩____________∩________
 _________|__|.──────────.|__|_______

      ∧_∧                        (・∀・ )≡3"
      (    )_______          _______     / ̄ ̄ ̄\
      (    /        ∩_∩    ∩∩          /| ./        )
      (_@_/□    □ (    )   (,,   )      ∧_∧/    /// /
      ∧∧ /        日と    )   (  つ     (´Д`* )\\/ .( ( (
     (,,   ) O      // _@_) /■\ ◎   ⊂二 ⊂二二二二 ∧ \\二
      (  つ日      //     (     )        //     /´。`ーァ
    ∧_∧/      □ /∧_∧  (   つ ▽   □(( ))))    {  々゚l
   ( ´∀`) O   ◎ /(・∀・ )  (_ / ○    ○ (Д` !!)   / っ(ニニ)
   (  つ日⊿      日と   )    /        日と   )  /   /
   (__/                  /          //__)  ∪^∪


21 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:44:04 ID:34gdlyc+
序15.
やがて、湯気を立てながら運ばれてきた食事に少年が手をつけた時だった。
今まで座って調律していた詩人が立ち上がって咳払いを一つ。


             >'"{
            /:::/:::::ヾニニ、ヽ  ノフ≠==、
           /::::::/::::;;;;:::\, ┤「 ̄ `¨" - ,,サ
         /:::::::::/::::::;;;;;L,,-` | .|:::::::::::::::::::::::::::` ー、
.         , '...::::::::::/::::::::;;;;i_,, --'"ノ:::::.....   ....:::::::::::ヽ
.         /...::::::::/:::::::;;;;;l-‐‐''"./=/::::\::......,ィ:::::::::::::::::ヽ   「本来なら………いつも通り、
      /.:::::::/:::::::;;;;;;;;;{.,:´ ̄¨.∀:::::::::::`〆//i l、:::::::::::::i、   お客様のご要望に応えるべきなのですが………」
      /..:::::/:::::::::::;;;;;;;;;l;;|「i「l.lヽi ;::::ト、∠_.// lトi、::::::::..l:l
.     /::::::::/:::::::::::;;;;;;;;;;;l;;|ヒ'ヒi.ゝ'l:::::/`弋少´ .ノ i`::::::::l::l
.     / ::::::/:::::::::::;;;::::;;;;;;|ゞ;ー―‐´i::イ      弋メl;;;;;;:::/l:l
     i : /:::::.......;;::::::;;;;;;| ヽ、;;;;;;;l::::l    __ `  /;;;;;;;:/ l:l
.     |: :: i ..::::::::::;;:::::::;;;;;;| /;;;;;;;ソ|:::l  (ヽ ノ ,.l;;;;;;;;;/ .|
    |:: : :l;; ::::::::::;;::::::::;;;;;;;;| ´ 7;;;;;i . l::l、  ` , イ;;l;;;;;/
.    l::::...l;;;::. :::::::;;:::::::::;;;;;;;l  /;;;;;;;} .l:l/`;;; :|ゞメ/i;;/
   l::::::l;;;::::::.. :::;;::::::::;;;;;;;;;|‐'ー‐ソ--、ll=、ヽノ|///iヽ、
.   l::::::l;;;:::::....:::::;;::::::;;,/´  ̄ ̄/¨\\ ヘ V l l ト、.l
   l::::::l;;;::::::........;:::::::;;/    /    \\ヘ }     }.l
.  l::::::l;;;;;::::::...:::::::::::/     i     \` {     { |
  l:::::::;;;;;:::::::::::::::::::::i     l       . : ´\.   l |
.  l::::::;;;;;;;;::::::::::::::::::::l     l    . : ´     \.ノ ヽ




静まり帰った酒場を見回し、彼女は照れくさそうに切り出した。




        冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1     「実は今日、新作の披露をしたいと思っています。
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |      いかがでしょうか?」
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i
  | |::::::| |:::| .r'⌒v/  /=〈 /7〉-‐'⌒/ .::::::::} ::::i
  | |::::::| |:::|/   ハ__,イ  ∧レ'/   01} .::::::::{ :::::i
  | |::::::| | /  }′  /¨7  V {    {  ::::::::} ::::::i
22 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:45:04 ID:34gdlyc+
序16.
                                          _ ,,, . .,,, _
                                      ,.、;',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.`丶.
                                      /,;;;;;;;;;;;;;:、- ‐ ' ''= 、;;,.ヽ
                                  .   ,',;;;;;;;;;;;i'"         ヽ;,.'、
                                    {,;;;;;;;;;;;;{  _,,;;;;,、    ,,;,、;,.',
                                    _l,;;;;;;;;;厂 〃 .__、` ,r' ゙゙`'};;,.j
                「新作って、誰の伝説だ?」  . { トヽ;;;;;!   '´ ̄ ` { '=ッ{;<
                                  . ヽ.ゞさ;;}      ,.r'_ ,..)、  !;,.!
                                    ヽニY    ,.r' _`;^´!  ,';/
                                      ヾ:、    ヾ= 三;〉 /'′
                                      ノ,;:::\   ` ー" , '
                                   ,.、-',;;;{ ヾ:ヽ、 __ ,∠、
                                  ',,;;;{ {;;;;;;ヽ     }::〈;;;;;;;;l iヽ、
                                  ,;;;;;ヽ、ヽ;;;;\  ,r'::::ノ;;;;;;j j;;;;,.`ヽ、




しかし、誰かの問いにいいえ、と首を振る。




        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|  「いいえ、今はまだ………
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ  i :li|   .l   まだ、伝説ではありません」
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |
     .|   .l  .!l .l .!,,,,,,,l、':,.l  ./ ,,,,l,,、l ! .i.l |   .l
    .l   |  | l |` ゙゙゙゙` ヽ'゙ ´゙゙゙゙´ !':/.!|;| l    .|
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | l    .|
  /    .!  ,!.,:'  |  ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!
  /    /  / !   l    ..l.__,.l,   l    !  !     !
23 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:46:05 ID:34gdlyc+
序17.

        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
       `ー――'′ し∪  (ノ

                     (ヽ、00  ∩
                   ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                    ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                   ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                    `ー――'′ し∪  (ノ



文句らしきつぶやきを含むざわめきを見回し、それでも自信ありげな彼女はご存じでしょう、と続けた。



                     /ヘ
.      ┌,, 、 . . : : : ̄: : : 〈〃,4、
      ,|.{{/, : : : : : : : : : : ∨ : : \
.     / V:.:/l.: : :l: :ト、: : : : : : '. : : : : ヽ
    /.: ム: |-',:.: :|ゝ‐ミ 、|: `iー'. : : : : : :'      「ご存じでしょう?皆さんも。
.    ′: : l.:|ィx\| |rl   |: : !  | : : : : : : :',     この度、この国で起こった大事件の事を」
.     : : : : :l.:',J   `′ |: :,′|: : : : : : : '.
    |: : : : :', |   _.   |:/ァ ´| : : : : : : : :|
    |: : : : : i!ゝ . __.,   f¨´  | : : : : : : : :|
    |: : : : :┗┿__xヘ,_xヘ._ _| : : : : : : : :|
    |: : : : : ,'´ マ、_∧ ハ//  `', : : : : : :|
    |: : : : :.{ ,. -',   | |  /‐ 、 .}.: : : : : :|
    |: : : : : ∨  ∧ | | ./   ∨. : : : : :|
    l: : : : : : .',    ヽ! !/     ′.: : : : : :|
    |: : : : : : :.|    ∨    !.: : : : : : :|
24 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:47:04 ID:34gdlyc+
序18.
たった一言で、酒場内は水を打ったように静まり帰った。
誰かのごくり、と唾を飲み込む音が嫌に大きく響き、数秒遅れて目を閉じた詩人が低い声色で囁く。


        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !   「………大臣が国王を暗殺、
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|   王女様までも亡き者にせんと画策」
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ  i :li|   .l
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |
     .|   .l  .!l .l .!,,,,,,,l、':,.l  ./ ,,,,l,,、l ! .i.l |   .l   
    .l   |  | l |` ゙゙゙゙` ヽ'゙ ´゙゙゙゙´ !':/.!|;| l    .|   
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | l    .|
  /    .!  ,!.,:'  |  ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!
  /    /  / !   l    ..l.__,.l,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  |     .!



透明感のある声は、低い声色でも静寂によく響いた。
この声質だけでも彼女は偉大な詩人になるための素養を一つ、備えていると言えるだろう。
25 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:48:04 ID:34gdlyc+
序19.

               _
          r 、   /,ィ1             _
         , -| ト >'´ ̄ ̄`ヽ ̄ ̄ `ヽ,、    //}
      / : : / : : : : : : : : : : , -‐: : : 〈 、\  / // /
      /: /: :, ': : : : : : : : : : :/, -‐: : : : :ヽヾ、Y__// /
    /: :.:/: :/: : :.// : : : : : /:/: : : l: |: : :l: :', V/ : : `ヽ、      「騎士団は分裂。
   ,': : /: :/: : :./ ! : : : : : //l : : : : l ハ: : l: :! /: : : : : : : \      親衛騎士団すら消滅。
.   i : : !: :i: : : /: :|: : :./:7メ、!: : : :/l:|  ',: :!:.l/|:l: : : : : : : : :.\
   |: : :.|: :|: : /: :/|: : ,' イ rュ、ト、: :/-リ―-ヽ|: :∧',: : : : : : : : : : ヽ   内戦すら起こったこの国が、
   |: : :.|: :|: / : ,' .|: : i :|:! {ィハ ヽ{ zテ云 、 |:./::∧ヽ : : : : : : : : : ヘ  それでも今こうして平和のは何故か?」
   |: : :.|: :|/: : :i. !: /|〃l弋ク     {vイ} 〉! :::::::∧ ヽ: : : : : : : : : :ヘ
.   !: : :',: : : : : | ∨ {{Ⅵ   '    `ー´ /:/:::::/ ヽ: :\ : : : : : : : :ヘ
    V: : ヽ、: : :|    ヾ、/\ ` ‐    /:/`ー′  \: :\: : : : : : :ハ
    V: : : :ヽ: : !  /  /:.:.:.:.:` ァ-‐_ Zイ/          \: :ヽ: : : : : : i
    V: : : : :ヽ:| i ,ィ/:.,:.:.ィ‐くr '':./:.:.}、          \: : : : : : : !
.      V : : : : : \' /´_.. -{__ノ!:.:´:.:.:.:./: :ヽ、         ヽ : : : : : |
       ',: : :.', : : : :\´ / /:.:.|:.:.:.: /:.:.: /ヽ、        ヽ: : : l |
       ', : : ', : : : : : \ ./:.:.:.:|:.:. /:.:.:./     ヽ         ',: : | |
        , : : \: : : : : :.\:.:.:.|/:.:. /        |           ',: :!リ
        ,: : : : \: : : : : : \:.:.:.:.:/ v′ 01 |           } /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     「……………」
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


26 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:49:04 ID:34gdlyc+
序20.

             rt  「l [ト,                    ,ィェ、    , -‐ : :\\彡  \
             i i  l i Y                     _///`‐-y/´≦,_〃/, '\\ュ:、  ヽ.
            l' i   i l                  Y´///. : ; √: : `ヽ.  ミメ、彡〉、.>ヽ :. ::.
            i' ,'  '" rl^レ             !.〈//〃 i: : : :     :. :. ':,ノil!   ':. :. ::.
  _〈\        i/    "7'/                  /    : : |      ヽ. :. :. .i: :l__    . :. ::.
  ゝ\`´\_     ァ- .                     .: ,'     :ト、      .: :':, :. : !"イ|.   ;  :  :.
    \     ̄/::"‐- `  : ,.               i /i  ハ、 .'、`<,.斗:..: : : ::. :.:|f´i |   i  :   :.
        ゝ  ./::::::::::::::::::` ‐- _`>: ..            l:| l iヘ¨ヽ \ "`,,rャ<.、::. :|、/    .l  .  :.
.    〈/  ̄〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧:: ..,   _ i! ',. ',::::汽゚;;、__\"込''夕\:.:|      l:     :.
        《::::::::::::::::::::::::::____:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/¨ ‐-ゝ ::|ヽ.` ´        ル'ヽ!       l:.     :.
         ゝ"´ ̄       `゙ ' <:::::::::::::::::〃     ヽ!ミヘ、`´__, /l ヾ!        |::.    :;
                          ¨  ー!!ー- .     z㌧≧ー<: . :.冫、    ,._  l:::.    :i
                                   ヽ  Z |!: .〆{_八<>/z ` ̄`rュヾ::::`1::     l
 「この詩は、その動乱の中を駆け抜けた、        ,'_} 〆: .´^: / 1: : マ゙ iァ      ¨: :》::::/::     .|
  二人の騎士の物語です!」                / 7^: . : . : / i: . : . : .lr   ,..::'..=彳:/:::      |
                                    / ,':. ..  .: .,'  l 「ニニ] lz /:::::::::::::::/,:::      l
                                /: :i::.. : . : . :,'  .l: :¨¨¨¨ :|1:::::::::::::::::://::   :     !
                            />ー¬/. : . : . : ,'  l: . : . .::::/´:::::::::::::::://::  .:  .   ;
                            ∠/ _: . :.-‐ノ{. : . : . : .,'   .l: . : . .:;:':::::::::::::::::::://::   .: .:   :'
                         /{´: . : . : . {. :ヽ. : . : ,'   l: .:..:/-、ヾ:::::::::::://::   .:  .:   ,'
                        ∠ィ{: . : . : . : .' ,.: . :. . :.,'   .l イ:{ヽ: . :\ゝ=彡::    .:: .:   ,
                         /"{: . : .: . . : . : . : . :,'   l'"ノ: . :.\: . }  /::    .:: .:   /
                          / / ゞ: . : . . : . : ..  ,'〓   |: . : . : . : .ヽ }.ノ:::    .::. .:  /

27 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:50:08 ID:34gdlyc+
序21.


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,           ウオォォォーーーー!!!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;




静から動。遅いテンポから早く激しいテンポへ。
観客の興味を掌握した詩人は満足げに大きく頷くと、立てかけておいたリュートを掴む。

28 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:51:05 ID:34gdlyc+
序21.
┌────────────────────────────────┐
│始まりは人間の月。場所はローゼン王国王都、カーディナルでした――― ......│
└────────────────────────────────┘


外では満点の星空、蒼い月。
観客は早くも、詩人の語り始めた世界に引きずり込まれていた。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_
29 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:52:04 ID:34gdlyc+
序22.








        ┌──────────────────────────┐
        │  ~~   やらない夫は約束を守るようです   ~~    │
        │                                     ...│
        │                      Episode.二人の騎士  ......│
        └──────────────────────────┘









30 名前: ◆GV1zPRS/Lk [sage] 投稿日: 10/07/27 23:53:36 ID:34gdlyc+
本日の投下は以上です。
金曜日の夜に第一章の1(50枚弱)を予定しております。

閲覧ありがとうございました。


第一章 冒険者の少年と貴族の少年 その1へ

スポンサーサイト
  1. 2010/07/28(水) 20:15:38|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫は約束を守るようです 第一章 冒険者の少年と貴族の少年 その1 | ホーム | やらない子でスレイヤーズ! 第2巻第4章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/764-ba9baa11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。